遺品整理で出た冷蔵庫の処分方法は? 楽に捨てるコツと注意点を解説!


「遺品整理で出た冷蔵庫を処分したいけど、どこに依頼すればよいのだろう」「冷蔵庫を簡単に処分するコツを知りたい」とお考えではありませんか? 実は、冷蔵庫は家電リサイクル法の指定家電なので、自治体に粗大ゴミとして出すことができないのです。しかし、冷蔵庫の処分をどこにどんな方法で依頼できるのかよく分からないことでしょう。それに、冷蔵庫は大きくて重いので、なるべく楽に処分できるに越したことはありません。

そこで今回は、遺品整理で出た冷蔵庫の処分方法について詳しく解説します。

  1. 冷蔵庫を処分する前に確認するポイント
  2. 遺品整理で出た冷蔵庫を処分する方法
  3. 遺品整理で出た冷蔵庫の処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 遺品整理で出た冷蔵庫に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出た冷蔵庫を処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.冷蔵庫を処分する前に確認するポイント

最初に、冷蔵庫を処分する前に確認するポイントについて見ていきましょう。

1-1.冷蔵庫は自治体回収にゴミとして出せない

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象家電となるため、自治体に粗大ゴミとして出すことができません。家電リサイクル法では、メーカーが責任を持って対象家電を回収・再資源化することになっているからです。したがって、冷蔵庫を処分するときは、自治体に粗大ゴミとして出す以外の方法で考える必要があります。

1-2.いつまでに冷蔵庫を処分すべきか確認する

遺品整理で冷蔵庫を処分する場合、いつまでに処分すべきか確認しましょう。たとえば、持ち家ならある程度余裕を持って処分できます。しかし、賃貸物件で退去期限が迫っている場合や孤独死の現場など、早急に対応が必要な場合もあるでしょう。急ぎで冷蔵庫を処分したいのなら、なるべく早く手配することが大切です。

1-3.冷蔵庫の処分方法をどうするか考える

冷蔵庫の処分方法を考えることも大切です。冷蔵庫の主な処分方法は、この記事の「2.遺品整理で出た冷蔵庫を処分する方法」を参考にしてください。それぞれの処分方法にメリット・デメリットがあるので、最もメリットが大きな方法を選ぶとよいでしょう。このとき、処分費用の安さだけを重視せず、作業効率や手軽さもチェックして決めるのがポイントです。

2.遺品整理で出た冷蔵庫を処分する方法

遺品整理で出た冷蔵庫を処分するにはどんな方法があるか詳しく見ていきましょう。

2-1.家電リサイクル法に基づいて処分する

家電リサイクル法に基づいて冷蔵庫を処分するときは、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2種類から選ぶことができます。

2-1-1.料金販売店回収方式

料金販売店回収方式とは、家電販売店の店頭で家電リサイクル料金を支払い、冷蔵庫を回収してもらう方法です。詳しい流れは、以下をご覧ください。

  1. 家電販売店の店頭で冷蔵庫の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  2. 家電販売店から家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時に運搬業者がやってきて冷蔵庫を回収する
  4. 運搬業者により冷蔵庫がメーカーの再資源化工場に搬入されて完了

2-1-2.料金郵便局振込方式

料金郵便局振込方式とは、家電リサイクル料金を郵便局で支払い、自治体の指定引取場所に自分で持ち込む方法です。具体的な流れは、以下を参考にしてください。

  1. 郵便局で家電リサイクル料金を支払い、家電リサイクル券の控えを受け取る
  2. 自治体の指定引取場所に冷蔵庫と家電リサイクル券の控えを持ち込む

なお、自治体の指定引取場所に持ち込む場合、事前予約が必要になることがあります。詳しくは、自治体の回収ルールを確認してください。

2-2.遺品整理業者に処分してもらう

遺品整理で出た冷蔵庫は、遺品整理業者に処分してもらうのが一番楽です。遺品整理業者に冷蔵庫の処分を依頼すると、多くのメリットがあります。具体的には、この記事の「遺品整理業者を利用するメリット」を参考にするとよいでしょう。まずは、業者に連絡して見積もりをもらって検討することをおすすめします。見積もりの内容に問題がなければ、正式に依頼しましょう。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、冷蔵庫の処分をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。

2-3.買取に出す

遺品整理で不要になった冷蔵庫でもまだ十分に使える状態なら、買取に出すことも検討してみるとよいでしょう。

2-3-1.リサイクルショップに買取してもらう

冷蔵庫は、リサイクルショップで買取してもらうことができます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込んで査定を受けましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま正式に依頼してください。なお、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないので、持ち帰る必要があります。冷蔵庫を店頭に持ち込むのは大変なので、事前に買取可能か電話などで聞いておくとよいでしょう。

2-3-2.遺品整理業者に買取してもらう

遺品整理業者に買取してもらうのもおすすめです。買取を希望するときは、業者に問い合わせて査定を受けましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に依頼してください。遺品整理業者に買取を依頼する場合、都合のよい日時・場所を指定できるほか、冷蔵庫以外の不用品も同時に買取・処分してもらえます。遺品整理のように、なるべく早く買取してもらいたい、楽に買取してもらいたいといった場合におすすめです。

2-3-3.ネットオークションやフリマアプリへの出品はおすすめしない

遺品整理で出た冷蔵庫をネットオークションやフリマアプリに出品するのは、おすすめしません。ネットオークションやフリマアプリに出品しても、落札タイミングが読みづらいからです。また、出品後すぐに落札となっても、落札者とのやり取りや支払い確認などで何かと手間がかかり、発送まで日数が必要なことが多くなります。また、タイミングが悪いとなかなか落札されないこともあるでしょう。それに、こん包や発送が大変なことや、クレーム対応なども自分で行う必要があるなど、デメリットが多いのも事実です。

3.遺品整理で出た冷蔵庫の処分費用

遺品整理で冷蔵庫を処分する場合、費用がいくらかかるか見ていきましょう。

3-1.家電リサイクル法に基づいて処分する場合

不要になった冷蔵庫を家電リサイクル法に基づいて処分する場合、以下のような費用がかかります。

  • 料金販売店回収方式:冷蔵庫の家電リサイクル料金+1,500~3,000円程度の運搬費用
  • 料金郵便局振込方式:冷蔵庫の家電リサイクル料金

なお、冷蔵庫の家電リサイクル料金は冷蔵庫のメーカーや大きさによって異なります。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表を参考にしてください。

3-2.遺品整理業者に依頼する場合

冷蔵庫の処分を遺品整理業者に依頼する場合は、1回数千円程度~が費用目安になります。冷蔵庫を回収するには、最低でも2人の人員と車両の手配が必要になるからです。マンションの高層階などでエレベーターを利用できない場合や、玄関の前が狭い・急な坂道になっているなどの場合は、オプション費用がかかることもあります。冷蔵庫1台だけの回収だと割高になることもあるので、そのほかの不用品も同時に処分してもらうとよいでしょう。

3-3.買取に出す場合

冷蔵庫を買取に出す場合は、手数料や経費がどれぐらいかかるかもチェックしてください。たとえば、業者の店頭に持ち込む場合は、ガソリン代を負担することになります。また、冷蔵庫を回収してもらった場合、買取不可で引き取り処分を依頼するケースでは、数千円程度の回収費用を負担するケースもあるでしょう。

4.遺品整理業者を利用するメリット

遺品整理で冷蔵庫を処分するなら、遺品整理業者に依頼すると多くのメリットがあります。

4-1.集荷場所まで運ぶ手間や労力がかからない

冷蔵庫の処分を遺品整理業者に依頼すると、集荷場所まで運ぶ手間や労力がかからないのが大きなメリットです。冷蔵庫は大きくて重いので、集荷場所に運ぶだけでも大変な労力がかかります。また、運搬途中にぶつけたり引きずったりして家に傷を付ける可能性もあるでしょう。遺品整理業者では、冷蔵庫の運搬も慣れているのでスムーズに運んでもらえます。もちろん、運搬する際に細心の注意を払うので、家に傷が付く心配もありません。

4-2.都合のよい日時を指定できる

都合のよい日時を指定して冷蔵庫を回収してもらえるのも、メリットの一つです。特に、仕事などで忙しい人にとって、都合のよい日時を指定できるのは重宝します。業者によっては、土日や夜間でも回収してもらえることがあるので確認してみるとよいでしょう。賃貸物件で退去期限が決まっている場合や、孤独死の現場などでできるだけ早く遺品整理をしたい場合にもおすすめです。

4-3.そのほかの不用品も同時に処分してもらえる

遺品整理業者では、冷蔵庫以外の不用品も同時に処分してもらえるのもメリットです。遺品整理では多くの不用品が発生します。冷蔵庫以外の家電や家具・衣類・食器類など、大量の不用品を処分するのはとても大変です。しかし、遺品整理業者に依頼すれば、まとめて1回で処分してもらえます。仕分けの手間もかからないので、時間がないときにも便利です。

4-4.条件によっては買取してもらえる

遺品整理業者に冷蔵庫の処分を依頼した場合、条件によっては買取してもらえることもあります。買取条件については、業者によって異なるので確認してみてください。なお、冷蔵庫以外の不用品を買取してもらえるのも便利です。また、買取後は、中古品として再販してもらえるので、ものを大切にすることができます。冷蔵庫などが買取になれば、そのほかの不用品を処分する費用と相殺できるのもメリットです。

4-5.特殊清掃や消毒作業なども依頼できる

遺品整理の片付けでも、ゴミ屋敷だったり孤独死が発生したりした場合は、想像以上に過酷な作業になります。しかし、遺品整理業者に依頼すれば、特殊清掃や消毒作業なども同時に依頼できるので助かるでしょう。冷蔵庫の処分と別々に依頼する手間も省け、遺品整理にかかる時間も短縮できます。

5.遺品整理で出た冷蔵庫に関するよくある質問

最後に、遺品整理で出た冷蔵庫に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.汚れや臭いがひどい冷蔵庫でも処分してもらえる?

A.問題ありません。ただし、状態によっては別途オプション費用がかかることがあるので、業者に確認してください。

Q.遺品整理で出た冷蔵庫はいつまでに処分すべきか?

A.賃貸物件なら退出期限までに処分しましょう。持ち家の場合や、特に急がない場合は都合のよいタイミングで構いませんが、できるだけ早く処分することをおすすめします。

Q.冷蔵庫を処分する前に掃除する必要はある?

A.単に処分する場合は必要ありません。ただし、買取に出す場合は査定金額に影響するので、きちんと掃除しておきましょう。

Q.高額買取が期待できる冷蔵庫の条件は?

A.以下を参考にしてください。

  • 人気メーカー品(パナソニック・日立・三菱電機・シャープなど)
  • 年式が新しい
  • 高性能・高機能
  • 目立つ汚れ・破損・傷がない
  • 不具合や故障がない
  • 購入時の付属品がそろっている

Q. 冷蔵庫の処分はどんな遺品整理業者に依頼すべきか?

A.以下のポイントを参考にして選んだ業者に依頼すると安心です。

  • 遺品整理業で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金設定
  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフが親切で顧客からの評判がよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

まとめ

今回は、遺品整理で出た冷蔵庫の処分方法を詳しく解説しました。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電となるため、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。そのため、家電リサイクル法に基づいて処分する、遺品整理業者に依頼する、買取に出すなどの方法を考える必要があります。なお、遺品整理で冷蔵庫を処分するときは、遺品整理業者に依頼すると何かと便利でおすすめです。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、見積もりをもらって検討してみてください。