遺品整理で出た衣類の処分方法4つ! 注意点や業者の選び方も紹介!


「遺品整理で出た衣類を処分するにはどうすればよいのか?」「業者に依頼すべきか迷っている」とお悩みではありませんか? 遺品整理では大量の遺品が出ますが、処分に困るものの一つが衣類でしょう。量が多いのでどのように処分すべきか迷ってしまいますよね。

この記事では、遺品整理で出た衣類の分類方法や処分方法・処分前の注意点などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 遺品整理で出た衣類の分類方法を紹介
  2. 遺品整理で出た衣類を処分するには?
  3. 遺品整理で出た衣類を処分する前の注意点3つ
  4. 遺品整理業者を選ぶポイント
  5. 遺品整理で衣類を処分する方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で衣類を処分する際のトラブルを防ぐポイントや、処分する衣類を決める基準などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理で出た衣類の分類方法を紹介

まずは、遺品整理で衣類を分類する方法についてご紹介しましょう。

1-1.すべての衣類を出してみる

まずは、家の中にあるすべての衣類を出して並べてみましょう。クローゼットやタンスの引き出しにしまってあるものもすべて出し、どんな衣類がどのくらいあるか把握することが大切です。故人にとっての愛用度を知るために、どのように保管されていたかもしっかりチェックしておくとよいでしょう。

1-2.衣類を3つに仕分けする

すべての衣類を出したら、「処分するもの」「残すもの」「保留」の3つに仕分けしていきます。明らかに何年も着ていない衣類や傷んでいる衣類などは、処分すべきです。処分に迷ったものはいったん保留にしておき、段ボールなどにまとめておきましょう。時間がたって心の整理がついてから、再び処分方法を考えてみるのがおすすめです。

1-3.処分方法を決めてさらに仕分けする

次に、「処分する衣類」の処分方法を決めていきます。処分方法は廃棄以外にもいくつかあるため、慎重に考えていきましょう。また、衣類の状態によっても選択すべき処分方法は変わってくるので注意が必要です。

2.遺品整理で出た衣類を処分するには?

遺品整理で衣類を処分する方法についてまとめました。

2-1.形見分けをする

まずは、衣類を形見分けしましょう。四十九日法要など、親族が集まるタイミングで形見分けの場を設けるのがおすすめです。それぞれ引き取りたい衣類を選んでもらうことで衣類の量も減り、大切に保管してもらうことで悔いなく処分できるでしょう。親族だけでなく、生前親しくしていた友人などにも声をかければ喜んでもらえるはずです。

2-2.家庭ゴミとして捨てる

引き取り手がなく買取に出すこともできない衣類は、家庭ゴミとして廃棄しましょう。衣類は可燃ゴミか資源ゴミに分類している自治体が多いため、必ず自治体のホームページなどで確認してから捨てるようにしてください。

2-3.買取に出す

状態のよい衣類は買取に出して処分する方法もあります。比較的新しい衣類や有名ブランドの衣類などは、高価買取の可能性も十分にあるでしょう。リサイクルショップや買取業者などに買取を依頼し、お得に処分してください。

2-4.遺品整理業者に依頼する

遺品が大量にある場合は、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。遺品の処分だけでなく買取を行っている業者に依頼すれば、状態のよい衣類は買取してもらえます。衣類以外の遺品についても、きちんと仕分けをし、適切な方法で処分してもらえるため、安心です。

3.遺品整理で出た衣類を処分する前の注意点3つ

遺品整理で出た衣類を処分する前に知っておきたい注意点をまとめました。

3-1.遺言書が残されていないか確認する

故人の遺言書が残されていないか必ず確認しておきましょう。遺言書には、形見分けの内容が記載されている可能性があります。また、高価な衣類について処分方法に注意するよう記載されていないか確認してください。

3-2.悔いが残らないよう慎重に行う

気持ちを切り替えて前にすすもうとすることは大切ですが、勢いで大切な衣類まで処分してしまわないように注意しましょう。処分してしまってから後悔しても、取り戻すことはできません。また、遺品整理は親族トラブルが起こりやすいため、しっかり話し合いをして慎重に行うのがおすすめです。

3-3.遺品整理業者に依頼する場合は慎重に選ぶ

遺品整理業者を利用する場合は、業者選びを慎重に行いましょう。中には、高額な料金をだまし取るなど悪質な営業をしている業者も存在します。回収した遺品を不法投棄された例もあるため、十分注意してください。遺品整理業者選びのポイントについては、次項で詳しくご紹介します。

4.遺品整理業者を選ぶポイント

遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

4-1.豊富な実績があるか

遺品整理業者を選ぶ上で、実績は重要なポイントになります。実績が豊富ということは、遺品整理に関する知識や経験が多く、たくさんの人に選ばれているという証(あか)しになるでしょう。信頼できる業者であることを判断するために、過去の実績を必ずチェックしてください。

4-2.見積書の内容は明確か

見積書の内容もしっかり確認しましょう。何にいくらかかっているのか、詳細をきちんと見積書に記載している業者は安心できるでしょう。逆に、「作業代一式」というように、ひとまとめにされている見積書には注意が必要です。

4-3.料金は相場の範囲内か

料金が相場の範囲内であるかどうかも確認してください。遺品整理にかかる費用は業者によって異なりますが、複数の業者を比較することで大まかな相場を把握できるはずです。数社の業者に無料見積もりを依頼し、内容を比較しておきましょう。

5.遺品整理で衣類を処分する方法に関するよくある質問

「遺品整理で衣類を処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はいつ行うべきですか?

A.特に決まりがあるわけではありません。賃貸物件の明け渡し期限が迫っているなど、理由がある場合は急ぐ必要があるでしょう。そうでない場合は、四十九日法要など、親族が集まるタイミングで遺品整理を行うケースも多くなっています。

Q.遺品整理業者に依頼すべきなのは、どのようなケースでしょうか?

A.処分したい衣類が大量にある場合や、遠方に住んでいて遺品整理をするのが難しい場合・手伝ってくれる人がいない場合などに利用すべきです。

Q.衣類を買取に出す前にやるべきことは何でしょうか?

A.洗濯する・ホコリを取り除くなどきれいな状態にし、穴やほつれなどがないか確認してください。

Q.できるだけ短い時間で遺品整理を終えたいのですが、どんな方法がおすすめでしょうか?

A.遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。短時間で遺品を分別し、適切に処分してもらえます。買取も行っている業者に依頼すれば、別途買取先を探す必要もないので手間がかからずに済むでしょう。

Q.悪質な遺品整理業者に多い特徴を教えてください。

A.依頼していないものまで強引に買取しようとする・勝手に遺品を処分する・遺品を雑に扱うなどの特徴が多いでしょう。

まとめ

遺品整理で衣類を処分する方法や注意点などを詳しくご紹介しました。遺品整理では、大量の衣類を処分する必要があります。どんな方法が適切なのか、どうすれば手間をかけずに処分できるのか、知っておくと安心でしょう。ぜひこの記事を参考に、スムーズに遺品整理を進めてください。