遺品整理で出たテレビはどうやって処分する? 方法や費用をご紹介


遺品整理をする際は、故人が生前使っていた大量の家財を処分しなければなりません。家財の中でも家電は処分に困るもので、家電リサイクル法が関連しているテレビは、捨て方の手順などが分からない場合があるでしょう。

そこで、本記事では、テレビの具体的な処分方法や処分費用などについてご紹介します。

  1. テレビを処分する際に確認すべきポイント
  2. 遺品整理でテレビを処分する方法
  3. 遺品整理で出たテレビの処分費用
  4. 遺品整理業者を利用するメリット
  5. 遺品整理やテレビの処分でよくある質問

テレビの処分は、法律が関連していることもあり、難しいと感じてしまうものです。しかし、手順や楽に処分する方法を覚えておくだけで、簡単に処分することができます。本記事を参考に、テレビの処分を行いましょう。

1.テレビを処分する際に確認すべきポイント

テレビの処分を行う際は、どんな点に注意すればいいのでしょうか? チェックポイントをご紹介します。

1-1.テレビは自治体回収ができない

テレビは家電リサイクル法の対象品目であるため、自治体回収ができません。粗大ゴミなどとして無断で出した場合、回収されずに残ってしまいます。テレビはリサイクルが推進される製品なので、リサイクル回収の手順をしっかり確認しましょう。

1-2.購入した店舗

リサイクル回収は、購入した店舗に依頼することができます。保証書や購入時のレシートなどから、店舗名を調べましょう。

1-3.テレビの状態をチェックする

処分するテレビの状態をチェックしましょう。メーカー・年式・サイズなども確認が必要です。サイズは、テレビのインチ数を指します。インチ数によってリサイクル料金が変わるので注意してください。

2.遺品整理でテレビを処分する方法

遺品整理で出たテレビは、どんな方法で処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

2-1.購入した店舗に引き取りを依頼する

購入した店舗にテレビの引き取りを依頼する方法があります。店頭で申し込みをし、リサイクル料金と収集運搬費用を支払いましょう。

2-2.購入した店舗が分からない場合

購入した店舗が分からない場合は、一般財団法人家電製品協会が推奨している店舗に引き取ってもらう方法があります。大手家電量販店などであれば、だいたい引き取りを受けてくれるでしょう。あらかじめ店舗に連絡しておくと、手続きなどがスムーズに進みます。

2-3.指定引取場所へ持ち込む

指定引取場所へ自分でテレビを持ち込む方法もあります。最寄りの指定引取場所は、一般財団法人家電製品協会のホームページで確認してください。持ち込む前に、郵便振込でリサイクル料金の支払いをしなければなりません。複写式の用紙になっており、控えは家電リサイクル券となっています。家電リサイクル券を添えて、指定引取場所へテレビを持参しましょう。

2-4.業者に依頼する

不用品回収業者や遺品整理業者に依頼し、テレビを引き取ってもらう方法があります。不用品回収業者は迅速に回収してくれるため、急いでいる場合におすすめです。ただし、回収費用が割高になるデメリットがあります。遺品整理業者は、テレビを単なるゴミとして扱わず、処分前にきちんと供養をしてくれるので、安心感を抱くことができるでしょう。

2-5.買取に出す

状態が良好なテレビであれば、買取に出す方法も検討してみましょう。リサイクルショップなどで査定を受ける方法以外に、不用品回収業者や遺品整理業者などの買取を利用する方法があります。時間にゆとりがある場合は、ネットオークションやフリマアプリを使い、個人売買でリセールする方法もおすすめです。

3.遺品整理で出たテレビの処分費用

遺品整理で出たテレビの処分費用はどのくらいかかるのでしょうか? 費用の目安をご紹介します。

3-1.リサイクル料金について

リサイクル料金は、テレビの種類やインチ数によって決まります。ブラウン管テレビと液晶テレビでもリサイクル料金は異なるため、以下を参考にしてください。

3-1-1.ブラウン管テレビ

  • 15インチ以下:1,320〜3,151円
  • 16インチ以上:2,420〜3,701円

3-1-2.液晶・プラズマテレビ

  • 15インチ以下:1,870〜3,206円
  • 16インチ以上:2,970〜 3,756円

3-2.収集運搬費用

収集運搬費用は、2,500〜3,000円程度となっています。業者や店舗によって異なるため、依頼時に確認しましょう。自分で指定引取場所へ持ち込む場合は、収集運搬費用の負担はありません。

3-3.不用品回収業者は割高になる傾向がある

不用品回収業者は迅速に回収してくれるメリットはあるものの、費用が割高になる傾向があります。テレビ1台あたり数千円程度です。また、出張回収が基本であるため、出張費用が加算されます。トータルで1万円ほどかかるケースもあるでしょう。事前に見積もりで費用を確認することが大切です。

4.遺品整理業者を利用するメリット

遺品整理業者にテレビの回収を依頼すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

4-1.供養してもらえる

テレビなどの家財も、生前故人が使っていた大切な品です。ゴミとして扱われては、遺族としても不快な思いがするでしょう。遺品整理業者なら、故人を偲(しの)び、きちんと供養してから適切に処分してもらえます。

4-2.遺品整理と同時にテレビの処分ができる

遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理と同時にテレビの処分も終えることができます。別の業者を手配したり、リサイクル回収に出したりする手間を削減できるのがメリットです。

4-3.遺品整理にかかる費用に含めてもらえる

遺品整理業者は、部屋の広さや荷物の量に応じ、費用を算出します。テレビの回収費用が別途かかることがないため、コストダウンが実現できるのがメリットです。

5.遺品整理やテレビの処分でよくある質問

遺品整理やテレビの処分に関する質問を集めました。

Q.テレビのリモコンや付属スピーカーもリサイクル回収の対象になるのか?

A.はい、リサイクル回収の対象となります。回収時、テレビと一緒に出しましょう。ただし、リモコンの電池は抜き、自治体のルールに沿って処分してください。

Q.遺品整理で出たテレビを粗大ゴミとして出した場合、罪に問われるのか?

A.はい、不法投棄として罪に問われる可能性があります。不法投棄は、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金です。安易にテレビを粗大ゴミとして処分してはいけません。

Q.テレビを購入した店舗が遠方だった場合はどうすべきか?

A.最寄りにある系列店舗へ引き取りを依頼しましょう。事前に電話で問い合わせておくとスムーズです。系列店舗が近隣にない場合は、最寄りの家電量販店に依頼してみましょう。

Q.遺品整理で出たテレビでも買取対象になるのか?

A.状態が良好なものなら、買取対象となる可能性があります。製造から5年以内と高年式のものだと、買取価格がつきやすいでしょう。傷や汚れ・動作不良などがないことが前提です。

Q.テレビのリサイクル料金はATMでも支払うことができる?

A.いいえ、できません。郵便局の貯金窓口だけです。郵便局に備えつけてある振込用紙に必要事項を記入し、窓口で支払いをしてください。

まとめ

遺品整理で出たテレビは、家電リサイクル法に基づいた処分が求められます。購入した店舗に依頼し、リサイクル回収に出しましょう。回収してもらうためには、リサイクル料金と収集運搬費用の支払いが必要です。自分で指定引取場所へ持ち込む場合は、収集運搬費用の負担はありません。手続きの手間を削減したい・コストダウンや時短を意識したいという場合は、遺品整理業者の活用がおすすめです。遺品整理業者なら、テレビなどの家財を供養して処分してくれるので、安心感を抱くことができるでしょう。