業務用エアコンの処分方法を解説! 家庭用エアコンとの違いは?


「業務用のエアコンを処分したいが、やり方がよく分からない」と悩んでいる人はいませんか? 業務用のエアコンは個人が自己流で取り外すことも、処分することもできないのです。また、取り外しや回収を依頼する業者も、よく調べて選ぶ必要があります。

そこで今回は、業務用のエアコンを処分する方法を紹介しましょう。

  1. 業務用エアコンの処分方法
  2. 業務用エアコンを処分する流れ
  3. 悪徳処分業者に注意しよう
  4. 業務用エアコンの処分業者は実績で選ぶ
  5. 業務用エアコンの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、業務用エアコンと家庭用エアコンの処分方法の違いや、処分する際の注意点も分かります。業務用エアコンの処分を考えている人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.業務用エアコンの処分方法

はじめに、業務用エアコンと家庭用エアコンの処分方法の違いや、注意すべき点を紹介します。

1-1.業務用エアコンは法律に沿って処分する

家庭用エアコンは、「家電リサイクル法」に沿って処分を行います。一方、業務用エアコンは「改正フロン回収・破壊法」に沿って処分しなければなりません。「改正フロン回収・破壊法」とは、業務用エアコンや冷蔵庫を整備したり破棄したりする際、使われているフロンを回収、破壊した上で整備、破棄しなければならないことを定めた法律です。つまり、業務用エアコンを処分する際は、専門業者にエアコンの取り外しやフロンの回収を依頼しなければならず、個人で処分することはできません。

1-2.フロンを空気中に漏らすのは違法行為

家庭用のエアコンは自分で取り外すことはできます。しかし、業務用エアコンを個人で取り外すと、フロンが漏れることもあるでしょう。フロンを法律に基づいた方法で回収せず空気中に放出させた場合、1年以下の懲役もしくは、50万円以下の罰金が科せられることもあります。また、フロン未回収のエアコンは、一般的なリサイクル業者や家電量販店では回収することはできません。必ず、各自治体からフロン回収の許可を得た登録業者に依頼しましょう。

1-3.フロン回収済みのエアコンの処分方法

フロンを回収したエアコンには、「フロン回収済み」と記されたシールが貼られます。このシールを貼ったエアコンは一般的な産業廃棄物として処分が可能です。フロンを回収してくれる業者はエアコンの取り外しや回収まで行いますが、何らかの理由がありフロン回収をしてもらった後で別の業者にエアコンを回収してもらいたい場合、必ずシールを貼ってもらいましょう。

2.業務用エアコンを処分する流れ

この項では、業務用エアコンを処分する流れを処分する方法を紹介します。

2-1.回収業者を選ぶ

業務用エアコンを処分する際、まずはフロンを回収してくれる業者を選びます。業者は必ず自治体の許可を得ている登録業者を選びましょう。分からない場合は、各自治体のWebサイトを確認するか、環境科などの担当課に問い合わせてください。業務用エアコンのフロン回収や処分には、マニフェスト(産業廃棄物管理票)以外に、行程管理票が必要です。

2-2.業者に見積もりを出してもらう

業務用エアコンの処分費用は、フロン回収費用・工事費・本体処分費・運搬料などに内訳されます。大型なエアコンほど処分費用が高くなる傾向です。また、業務用のエアコンは部品が売却できる可能性があります。その場合は、処分費用から買取費用を引いてもらえるので、お得に処分することができるでしょう。見積もりに納得がいったら契約です。

2-3.実際の作業

契約が成立したら、業者にフロンの回収やエアコンの取り外しを行ってもらいます。何らかの理由があり、フロンの回収とエアコンの取り外しと回収を別の業者に依頼したい場合は、フロンの回収から先に行ってもらいましょう。なお、マニフェストと工程管理表は一定期間保管が必要です。

3.悪徳処分業者に注意しよう

業務用エアコンからのフロン回収やエアコンの取り外し・回収を格安で回収することを宣伝文句にしている業者もあります。しかし、業務用エアコンの処分やフロンの回収は一定の費用がかかるものです。極端に費用が安い業者や「無料でフロンの回収やエアコンの処分を行います」という業者は、違法性が疑われます。相場が分からないという場合や、複数の業者のどこに依頼していいか迷っている場合は、見積もりを出してもらって比べてみましょう。極端に費用が安い業者や高い業者には依頼しない方がいいですね。

4.業務用エアコンの処分業者は実績で選ぶ

業務用エアコンの回収を依頼する業者は、値段よりも実績で選びましょう。実績が豊富な業者ならば、それだけ信頼もあるということです。口コミサイトを参考にする場合は、長期にわたって優良な評価がある業者を選ぶといいでしょう。また、回収や処分だけでなく、買取も動じに行っている業者もあります。「可能ならば、エアコンを買取してほしい」と考えている人は、買取・回収・処分を行っている業者を選びましょう。

5.業務用エアコンの処分に関するよくある質問

この項では、業務用エアコンの処分に関するよくある質問を紹介します。

Q.業務用エアコンを個人で使っていた場合も、処分は専用の業者に依頼しなければなりませんか?

A.はい。使用状況にかかわらず、業務用エアコンの処分には専用の業者への依頼が必要です。

Q.業務用エアコンは小さいものでも自分で処分はできませんか?

A.はい。大きさは関係ありません。

Q.業務用エアコンのフロン回収や取り外しはどのくらいでできますか?

A.設置状態によって異なりますが、長くても2時間以内に終わることが多いでしょう。

Q.業務用エアコンの取り外しを申し込んでから実際の作業までどのくらい時間がかかりますか?

A.業者によって異なりますが、混み合っていれば申し込みしてから1週間後に作業開始ということもあるでしょう。時間に余裕を持って依頼してください。

Q.売却する場合も、フロンの回収は必要ですか?

A.売却する場合は必要ありません。業者に取り外しを依頼しましょう。

まとめ

今回は、業務用エアコンの回収方法について紹介しました。業務用エアコンは、家庭用エアコンと同じ廃棄方法では処分できません。必ず自治体の許可を得た登録業者に依頼しましょう。