オフィスチェアを買取に出したい人必見! 買取相場や高く売るコツも


「オフィスチェアを買取に出すにはどうすればよいのか?」「買取してもらえるか心配」とお悩みではありませんか? 事務所の移転や閉鎖などで不要になったオフィスチェアは、買取に出して処分するのがおすすめです。

この記事では、オフィスチェアの買取相場や買取業者を選ぶポイントなどを詳しくご紹介します。

  1. 高く売れるオフィスチェアのポイント3つ
  2. オフィスチェアの買取相場を紹介
  3. 買取対象にならないオフィスチェアの特徴は?
  4. オフィスチェアを買取に出す前にやるべきこと
  5. オフィスチェアを買取に出す方法
  6. 買取業者を選ぶポイント
  7. オフィスチェアの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、オフィスチェアを少しでも高く売るコツや、優良な買取業者の見分け方などが分かるはずです。

1.高く売れるオフィスチェアのポイント3つ

まずは、高く売れるオフィスチェアの条件をまとめました。

1-1.状態がきれい

「再販できるかどうか」がポイントになるため、オフィスチェアの状態は査定に大きく影響します。革やメッシュなどの素材部分に破れ・変色がない、キャスター部分に目立つ傷がついていないなどのオフィスチェアは、高く売れやすいでしょう。

1-2.機能に不具合がない

オフィスチェアには、昇降機能やリクライニング機能・アームの高さ調節機能などがついています。そういった機能に不具合がなければ高価買取の対象になりやすいでしょう。各機能はオフィスチェアを快適に使用する上で重要な役割を果たすため、査定の際は念入りにチェックされることになります。

1-3.人気メーカーのもの

人気メーカーのオフィスチェアはもともとの値段が高いこともあり、中古市場でも人気があります。特に、カッシーナやハーマンミラー・イトーキなどのオフィスチェアは高価買取が十分期待できるでしょう。

2.オフィスチェアの買取相場を紹介

オフィスチェアの買取相場を、メーカーごとにご紹介しましょう。

2-1.ハーマンミラー

世界的に有名なオフィス家具メーカー、ハーマンミラーのオフィスチェアは、元値に幅があるのが特徴です。デザインや機能がシンプルなものでも5,000円前後の買取価格がつきます。人気のモデルなら10,000~40,000円前後、ハーマンミラーを代表するアーロンチェアは50,000円以上の値がつくこともあるでしょう。

2-2.カッシーナ

カッシーナは300年以上の歴史を持つイタリアの家具メーカーです。オフィスチェアは高額なものだと600,000円以上するため、高額買取が十分期待できます。買取相場は10,000~50,000円前後が相場です。

2-3.イトーキ

国内オフィス家具メーカーであるイトーキのオフィスチェアは、デザイン性と機能性のバランスが優れているのが特徴です。シンプルなタイプだと5,000円前後が買取相場ですが、ハイスペックなモデルは100,000円以上で買取されることも多くなっています。

3.買取対象にならないオフィスチェアの特徴は?

買取対象にならないのは、以下のような特徴のオフィスチェアです。

3-1.目立つ破損や汚れがある

破損や汚れが目立つオフィスチェアは買取対象になりにくいでしょう。「再販しても売れない」と判断されてしまうためです。使用年数が長く経年劣化が目立つものも、買取対象から除外されるようになります。

3-2.機能に問題がある

昇降機能やリクライニング機能などに問題があり、正常に使用できないオフィスチェアも、買取対象にならない場合がほとんどです。一部の機能でも異常があれば買取を断られるため、査定前にしっかり動作確認をしておきましょう。

3-3.元値が安いノーブランドのもの

ノーブランドのオフィスチェアは基本的に元値が安いため、中古品を購入しようとする人はほとんどいないでしょう。そのため、買取対象外になる可能性が高いと考えられます。

4.オフィスチェアを買取に出す前にやるべきこと

オフィスチェアを買取に出す前にやっておきたいことをまとめました。

4-1.きれいに掃除する

掃除してきれいな状態にしてから買取に出しましょう。変色や傷などは自分で直すことができなくても、ホコリを取り除いて拭き掃除するだけで状態の印象はよくなるはずです。買取先としても再販前にクリーニングをする手間が省ける分、査定額アップにつながりやすくなります。

4-2.付属品があればそろえておく

取扱説明書や交換用の部品など、付属品があればすべてそろえておきましょう。高価買取のポイントは「できるだけ新品の状態に近づけること」です。

4-3.なるべく早く、買取先の条件などを比較して売る

できるだけ使用感が少ないうちに、買取に出しましょう。買取に出すのが遅くなるほど買取価格は下がっていきます。また、買取先は条件などを比較して慎重に選んでください。数社に無料査定を依頼することで大まかな買取相場を把握できるはずです。

5.オフィスチェアを買取に出す方法

オフィスチェアを買取に出す方法には、主に以下の2つがあります。

5-1.リサイクルショップに持ち込む

まずは、リサイクルショップに持ち込む方法です。その場で査定を受け、すぐ現金化が可能なため、急いでいる場合は利用してみるとよいでしょう。ただし、オフィスチェアが多数ある場合は、自分で持ち込むのが難しいことも多いと思います。また、オフィス家具の買取に特化しているわけではないため、相場以下の買取価格になってしまう可能性も高いでしょう。

5-2.買取業者に依頼する

有名ブランドのオフィスチェアをできるだけ高く売りたいとき、大量にあって自分で運搬できないときなどは、買取専門の業者に依頼するのがおすすめです。出張買取に対応している業者も多いため、手間をかけず買取に出すことができます。

6.買取業者を選ぶポイント

買取業者を選ぶ際に知っておきたいポイントや注意点をまとめました。

6-1.優良業者を選ぶためにチェックすること

安心して利用できる優良な業者を選ぶために、以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料査定を受け付けているか
  • 一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

6-2.悪徳業者に注意

相場よりはるかに安く買い取ろうとする悪徳業者なども存在します。特に、ホームページがない業者や、見積書・領収書の発行を拒む業者などは要注意です。また、依頼していないものまで強引に買取しようとする業者もいるため、トラブルに巻き込まれないよう十分気をつけてください。

7.オフィスチェアの買取に関するよくある質問

「オフィスチェアを買取に出したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.オフィスチェアの型番はどこに書いてありますか?

A.座面の裏やキャスターの近くに型番が書かれたラベルが貼ってあるはずです。確認してみてください。

Q.オフィスチェア以外にも処分したいものが大量にあるのですが、どこに依頼すればよいでしょうか?

A.買取も行っている不用品回収業者を利用するのがおすすめです。埼玉出張買取コールセンターでは、状態のよいものは買取・状態の悪いものは回収という形で対応しています。

Q.買取してもらえなかったオフィス家具は、どうやって処分すればよいですか?

A.家庭で使用していたものは、自治体のルールに従って粗大ゴミなどとして捨ててください。オフィスで使用していた場合は産業廃棄物収集運搬業の許可を持つ回収業者に処分を依頼しましょう。

Q.突然訪問してきて不用品を買い取ろうとする業者は、悪徳業者だと思ったほうがよいですか?

A.すべてが悪徳業者というわけではありません。ただし、アポなしの訪問による営業は悪徳業者による手口として多いものの一つです。慎重に対応したほうがよいでしょう。

Q.悪質な買取業者とのトラブルはどこに相談できますか?

A.国民生活センターの窓口に相談することが可能です。適切なアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

オフィスチェアを買取に出す方法や買取相場などを詳しくご紹介しました。オフィスチェアの状態やメーカーによっては、高値で買取してもらうことも可能です。ぜひこの記事を参考に高く売るコツや業者選びの注意点などを知り、安心してオフィスチェアを買取に出してください。