マイクを買取に出したい! 一番簡単&最も高く売れる方法とコツ!


「もう使わなくなったマイクを買取に出したい」とお考えではありませんか? 買い替えなどで不要になったマイクでも、まだ使えるものを捨てるのはもったいないですよね。それに、できることなら高く買取してもらえるに越したことはありません。しかし、マイクを買取に出すとしても、どこにどんな方法で依頼できるのか、買取に出す前にどんな点を押さえておくべきかなど、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、マイクの買取について詳しく解説します。

  1. 高く売れるマイクのポイントは?
  2. マイクの買取相場
  3. 買取対象にならないマイクの特徴
  4. マイクを買取に出す前に確認すべきポイント
  5. マイクを買取に出す方法
  6. 信頼できる買取業者を選ぶポイント
  7. マイクの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、マイクを買取に出すポイントがよく分かります。マイクの買取で損をしないためにも、記事を読んでみてください。

1.高く売れるマイクのポイントは?

最初に、高く売れるマイクのポイントについて見ていきましょう。

1-1.外観に汚れや傷・破損がない

外観に汚れや傷・破損がないマイクは、高く売れます。中古マイクでも、キレイな外観のものは人気があるため、すぐに売れる可能性が高いからです。特に、マイクの先端や手に触れる部分がキレイな状態だと、高額査定が期待できるでしょう。また、外観がキレイな状態のマイクは、扱いや手入れが丁寧だったことを想定させることも査定で有利に働きます。

1-2.有名メーカー品

有名メーカー品のマイクは、高く売れます。特に、以下のようなメーカーのマイクは中古市場でも人気です。

  • audio-technica (オーディオテクニカ)
  • SENNHEISER(ゼンハイザー)
  • Shure(シュア)
  • AUDIX(オーディックス)

1-3.ハイクラス・高性能機種

ハイクラス・高性能機種も、高く売れます。特に、プロ仕様で新品価格が高いマイクは、高額査定が出やすいでしょう。ハイクラス・高性能機種は、新品だと高価なため、簡単に購入を決意できない人もいます。しかし、中古品なら手頃な価格で手に入れることができるので、人気が高いのです。

1-4.年式が新しくて使用感が少ない

不要になったマイクでも、年式が新しくて使用感が少ないものは高く買取してもらえます。年式が新しいものは、古いものと比べて高性能・高機能であることが多く、中古市場での引き合いが多いからです。人気メーカーの現行機種なら、特に有利な条件で買取してもらえます。また、使用感が少ないとさらに高額査定が期待できるでしょう。

1-5.購入時の付属品がそろっている

マイクを購入したときの付属品がそろっていると、高く売ることができます。主な付属品がそろっていれば、中古品として販売する際に業者が高値を付けることができるからです。マイクの主な付属品には、以下のようなものがあります。

  • 変換ケーブル
  • マイクスタンド
  • キャリングケース
  • 使用説明書
  • 保証書
  • 外箱

なお、付属品の種類は機種によって異なるので、メーカーのホームページや使用説明書で確認してください。

1-6.限定生産品

限定生産品のマイクも、高く売れるでしょう。限定生産品のマイクは、特別仕様で一般機種よりも高性能だったり特別なデザインや色を採用していたりする場合が多く見られます。そのため、マイクに強いこだわりを持っている人をはじめ、コレクターからも需要があり、状態のよいものを中心に高額査定が出やすいのです。

2.マイクの買取相場

マイクの買取相場を主なメーカー4つについて、それぞれ詳しくご紹介します。

2-1.audio-technica (オーディオテクニカ)

audio-technicaのマイクは、2,000~60,000円程度が買取相場です。限定モデルになると、100,000円以上の価格が付くこともあります。audio-technicaは、国内の音響機器メーカーとして世界中から高い支持を受けており、マイクに関しては音質やコストパフォーマンスのよさが特徴です。主な機種の買取相場は、以下をご覧ください。

  • AT-4050:20,000~33,000円程度
  • ATH-W2002(40周年モデル):100,000~120,000円程度

2-2.SENNHEISER(ゼンハイザー)

SENNHEISERのマイクは、2,000~80,000円程度が買取相場になります。SENNHEISERはドイツの音響メーカーで、マイクやヘッドホンの評価が高いことで有名です。世界中のコンサートホールや劇場などにも多く採用され、音質にこだわりのあるマニアからも高い評価を受けています。買取相場の一例は、以下をご覧ください。

  • e609:2,000~5,000円程度
  • ew135G3-JB:12,000~25,000円程度

2-3.Shure(シュア)

Shureのマイクは、1,000~40,000円程度が相場です。Shureはアメリカの音響メーカーで、初心者モデルからプロ向けモデルまで、幅広いラインナップをそろえています。クリアな音質が魅力で、有名ミュージシャンにも愛用者が多い高品質なマイクです。主な機種の買取相場は、以下を参考にしてください。

  • SRH1840:10,000~32,000円程度
  • KSM27/CG:6,000~10,000円程度

2-4.AUDIX(オーディックス)

AUDIXのマイクは、1,000~60,000円程度です。AUDIXはアメリカの人気音響メーカーで、マイクに関してはクリアな音質と音抜けのよさで定評があります。主な機種の買取相場は、以下のとおりです。

  • OM6:1,000~5,000円程度
  • SCX25-A:3,000~10,000円程度

3.買取対象にならないマイクの特徴

買取対象にならないマイクの特徴にはどんなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.正常に使うことができない

音量調節ができない、異音が入るなど、正常に使うことができないマイクは買取してもらえません。買取対象になるのは、最低限でも正常に使うことができる状態のマイクです。簡単な調整や修理で直る場合は、場合によっては買取してもらえることもあるでしょう。ただし、業者がマイクに関する豊富な専門知識と修理技術を持っていることが前提で、かつ、希少価値が高い機種に限定されます。

3-2.汚れや破損・傷が目立つ

汚れや破損・傷が目立つマイクも、買取不可になります。中古品であっても、汚れや破損・傷がなく、キレイな状態のマイクが圧倒的に有利です。マイクは手に持ち、顔を近づけて使うことから、外観に難点があるものは人気がありません。いくら正常に動作するものであっても、外観の印象が悪いことでなかなか売れず、買取しても不良在庫になってしまうため、買取対象外になるのです。

3-3.ひどい臭いがある

ひどい臭いがあるマイクは、買取対象外になります。マイクは顔を近づけて使うものなので、臭いがひどいと気になるからです。たとえば、タバコなどの臭いがひどいものなどは特に敬遠されやすいので注意しましょう。業者でも買取後に消臭作業をするものの、こびり付いた臭いはなかなか落ちにくて手間がかかるため、買取してもらえないのです。

3-4.不人気メーカー品

不人気メーカー品のマイクも、買取価格が付かないことが多いでしょう。中古マイクでは、圧倒的に人気メーカーのマイクに需要が集中しています。そのため、不人気メーカー品である時点で、査定を受け付けてもらえないこともあるでしょう。業者の中には、ほぼ新品のものなら買取してもらえるところもありますが、1本100円程度など相当安い金額を提示されるはずです。

3-5.元値が安価な機種

元値が安価な機種も、買取してもらえないことが多いでしょう。不人気メーカー品・無名メーカー品のヘッドホンは、人気メーカー品に対抗するために新品でも価格が安い傾向があります。しかし、新品でも安価に入手できる機種は、中古人気がありません。したがって、状態がよいものであっても買取価格が付かないことが多いのです。

3-6.年式が古く使用感が目立つ

年式が古くて使用感が目立つマイクは、買取対象外になるでしょう。年式が古い時点で、経年により内部部品の劣化が進んでいる可能性が高くなります。また、年式が古いマイクは、最新機種と比較して機能や性能で大きく見劣りすることから、中古市場で人気がありません。したがって、買取してもらうのが難しくなるのです。

4.マイクを買取に出す前に確認すべきポイント

マイクを買取に出す前に確認すべきポイントを具体的に解説します。

4-1.汚れをクリーニングしておく

マイクを買取に出すときは、汚れをきちんとクリーニングしてください。汚れたまま買取に出すと、査定時に業者の印象が悪くなり、査定金額が低くなりやすいからです。マイクには、だ液・汗・手あか・ホコリといった多種多様な汚れが付着しています。できるだけ高く買取してもらうためにも、使用説明書などを参考にして汚れをキレイにクリーニングしておきましょう。

4-2.購入時の付属品をそろえておく

購入時の付属品をそろえておくことも忘れないでください。購入時の付属品がそろっているほど、高額査定が期待できます。買取後に出てきても無意味なので、買取に出す前に家の中をよく探してみてるとよいでしょう。なお、付属品の種類については、この記事の「1-4.購入時の付属品がそろっている」も参考してください。

4-3.大体の買取相場を調べておく

マイクを買取に出す前に、大体の買取相場を調べておくとよいでしょう。買取相場の目安を知っておけば、業者から不当に安い査定金額を提示された場合でも、疑問に感じることができます。マイクの買取相場を調べる方法は、以下を参考にしてください。

  • 業者の公表買取価格を調べる
  • ネットオークションやフリマアプリの平均落札相場を調べる
  • 実際に査定を依頼してみる

上記の方法のうち、実際に査定を依頼してみる方法が一番確実です。今は、ネットで簡易査定してもらえる業者もあるので、利用してみるのもよいでしょう。

4-4.マイクを買取に出す方法を検討する

マイクを買取に出す方法を検討しましょう。それぞれの買取方法のメリット・デメリットをよく理解し、最もメリットが大きな方法で進めることをおすすめします。なお、どんな方法でマイクを買取に出すことができるかは、この記事の「5.マイクを買取に出す方法」を参考にしてください。

5.マイクを買取に出す方法

マイクを買取に出す方法について詳しく見ていきましょう。

5-1.中古オーディオ機器買取専門業者に売る

中古オーディオ買取専門業者に依頼すると、不要になったマイクを買取してもらえます。豊富な専門知識と買取実績があるので、安心して査定を依頼できるのがメリットです。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けましょう。ヘッドホンが買取可能かつ業者の提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、中古オーディオ買取専門業者は買取専門なので、買取不可となった場合は引き取り処分も依頼できません。また、専門知識が豊富なことから、細かなマイナスポイントまで厳しくチェックされ、査定金額が下がることもあります。

5-2.リサイクルショップに売る

不要になったマイクは、リサイクルショップでも買取してもらえます。買取を希望するときは、直接業者の店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けてみてください。業者の提示金額に納得できる場合は、そのままマイクを引き渡して代金を受け取りましょう。なお、リサイクルショップでは、マイク以外の不用品を同時に買取してもらえるので、検討してみてください。ただし、リサイクルショップでは査定金額が相場より相当安い、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないことなどがデメリットになります。

5-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、不要になったマイクを買取してもらえます。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けてください。業者の提示金額に納得できる場合は、正式に買取を進めましょう。なお、不用品回収業者に依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえて便利です。また、買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できるのもメリットでしょう。ただし、引き取り処分になった場合は別途回収費用が必要になることもあるので、事前に確認してください。

5-4.ネットオークションやフリマサイトに出品する

不要になったマイクは、ネットオークションやフリマサイトに出品して売るのも一つの方法です。普段から取り引きをしていて、手続きの流れに慣れているのなら出品してみるのもよいでしょう。ただし、支払い遅延やクレームが発生した場合、自分で対応する必要があります。出品後はこまめにチェックする必要があったり、こん包や発送の手間がかかったりするのもデメリットです。思わぬ高値落札もある、自分で好きな価格を設定できることなどがメリットですが、出品初心者にはハードルが高いといえるでしょう。

6.信頼できる買取業者を選ぶポイント

信頼できる買取業者を選ぶポイントを詳しくご紹介します。

6-1.マイクの買取実績が豊富にある

マイクの買取を依頼するときは、買取実績が豊富にある業者を選びましょう。業者によっても、得意な買取分野が異なります。不用品の買取実績が豊富にあっても、マイクの買取実績が乏しいのでは不安が残るので注意してください。なお、当リサイクルショップの埼玉出張買取コールセンターでも、マイクの買取を数多くご依頼いただき、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6-2.査定は無料

査定は無料であることも、信頼できる買取業者の特徴です。マイクを買取に出す際、査定が無料なら高確率で依頼してもらえます。買取業者にとって、査定を依頼してもらうことは何よりも大切なポイントです。気軽に査定を依頼してもらえれば、より多くの顧客から買取を検討してもらえます。実際に、査定を無料で行っている業者は、そのまま正式な買取依頼につながりやすく、経営が安定していることからも安心できるといえるでしょう。

6-3.丁寧かつ誠実な査定で定評がある

丁寧かつ誠実な査定で定評がある業者なら、安心してマイクの買取を依頼することが可能です。マイクは精密機器なので、扱い方が雑だと不具合が起こる可能性があります。査定を依頼した時点では、マイクの所有権はまだ依頼者にあることを忘れてはいけません。なお、査定が雑な業者は口コミなどで指摘されることも多いので、併せてチェックしてみるとよいでしょう。

6-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

マイクの買取を依頼するなら、都合のよい日時と場所で回収してもらえる業者が便利です。都合のよい日時と場所で回収してもらえると、マイクをこん包したり運搬したりしなくて済みます。また、業者の店頭に持ち込む手間も省けるので、とても楽です。貴重な時間と労力を節約するためにも、重要なポイントといえるでしょう。

6-5.買取不可でも引き取り処分を依頼できる

万が一マイクが買取不可になっても、そのまま引き取り処分を依頼できると便利です。たとえば、正常に動作するマイクでも、年式が古いなど何らかのマイナスポイントがあると買取不可になることがあります。買取専門業者では、買取不可になったマイクは基本的に引き取り処分も依頼できません。したがって、持ち帰ったり返送してもらったりする必要があります。手間と時間を無駄にしないためにも、買取と引き取りが同時に依頼できる業者がおすすめです。

6-6.スタッフの対応が親切で顧客からの評判がよい

スタッフの対応が親切で顧客からの評判がよい業者を選ぶのも、忘れないでください。終始気持ちよく取り引きすることができます。たとえば、スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で、質問に対する回答が的確な業者なら安心です。反対に、問い合わせをしても雑に対応される、言葉遣いが悪いといった業者は避けましょう。スタッフの質は、業者の質をそのまま表しているものです。問い合わせる前に口コミなどをチェックし、評判がよいこと確認しておきましょう。

6-7.古物商許可を取得済み

マイクをはじめ、業務として不用品買取を行う場合は、古物商許可が必要です。まずは、業者のホームページや名刺などを確認し、古物商許可を取得済みかどうかチェックしてください。信頼できる業者なら、許可番号を必ず明記してあります。反対に、許可番号が見つからない、問い合わせても明確な回答がないといった場合は、無許可営業をしている可能性があるので注意しましょう。無許可営業を行う業者に買取を依頼することは、違法行為に加担したとみなされる場合もあるので気を付けてください。

7.マイクの買取に関するよくある質問

最後に、マイクの買取に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.中古マイクはどんな人から需要がある?

A.主に以下のような人です。

  • 高価なマイクをお試しで使ってみたい
  • 高性能なマイクを安く買いたい
  • 予備のマイクが欲しい

Q.複数本のマイクを1回にまとめて買取に出すメリットは?

A.それぞれ買取に出すよりも、まとめて出したほうが手間がかからないことです。また、業者によっては、買取数が多くなるほど査定金額がアップすることもあります。

Q.3か月前に提示された査定金額で買取してもらうことは可能?

A.難しいでしょう。多くの場合、提示された査定金額には有効期限があります。業者にもよりますが、査定してから数日~1週間以内が目安となるでしょう。したがって、前回の査定から3か月以上経過している場合で改めて買取を希望するのなら、査定を依頼し直す必要があります。

Q.マイクと同時に買取に出すとよいものはある?

A.中古オーディオ機器買取専門業者なら、アンプやスピーカーなどのオーディオ機器を同時に買取してもらうとよいでしょう。リサイクルショップや不用品回収業者の場合は、ジャンルを問わず買取に出すことができます。いずれにしても、もう使わないものがあれば、この機会にマイクと一緒に買取してもらうことがおすすめです。

Q.業者の査定金額に納得できなかった場合はどうする?

A.業者に査定理由を聞いてみるとよいでしょう。正当な理由があるのなら、相場と考えてそのまま正式に買取してもらうのも一つの方法です。なお、査定理由をきちんと説明してもらえない、査定理由を聞いても納得できないといった場合は、ほかの業者に改めて査定を依頼しても構いません。

まとめ

今回は、マイクの買取について詳しく解説しました。不要になったマイクでも状態がよいものは買取してもらえることがあります。なるべく高く買取してもらうには、クリーニングをしておく、購入時の付属品をそろえておくなど、しっかり準備しておきましょう。また、買取相場を事前に調べておき、マイクの買取を強化している業者に依頼することも大切なポイントです。なお、マイクの買取は、不用品回収業者に依頼することもできます。マイク以外の不用品も同時に買取してもらえる、買取不可になってもそのまま引き取り処分を依頼できるなど、何かと便利です。この記事を参考にして信頼できる業者を選び、問い合わせてみるとよいでしょう。