さいたま市で冷蔵庫を処分する方法〜 不用品回収業者に依頼するコツ〜


さいたま市で冷蔵庫をどのように処分すればいいのか、頭を悩ませている方は多いでしょう。冷蔵庫は重量がある家電なので、自分で処分するにも手間と時間がかかります。無理に運べばケガをする恐れがありますし、そもそも自治体で処分できるのか不安ですよね。そこで、本記事では、さいたま市で冷蔵庫を処分する方法やコツなどについて解説します。

  1. さいたま市で冷蔵庫を捨てるには?
  2. 家電リサイクル法に則った処分方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. まだ使える冷蔵庫は買取に出せることも
  5. 冷蔵庫の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、さいたま市で冷蔵庫を処分する際の注意点や買取のポイントなどがわかります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.さいたま市で冷蔵庫を捨てるには?

最初に、さいたま市で冷蔵庫を捨てる際の基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.冷蔵庫は自治体で処分できない

まず押さえておきたいことが、冷蔵庫は自治体で処分できない点です。家電リサイクル法の対象品目になっているため、メーカーによる回収とリサイクルが義務づけられています。冷蔵庫(冷凍庫)のほか、エアコン・テレビ・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目が家電リサイクル法の対象品目です。これらの家電を家庭ゴミと一緒にゴミ捨て場に持っていっても回収してもらえないので、その点は注意してください。誤って廃棄すると不法投棄とみなされ罰金が科せられる可能性があるため、きちんとルールに基づいて処分しましょう。

1-2.家電リサイクル法の目的は廃棄量の減少と再資源化

家電リサイクル法の対象品目になっている家電には、鋼・銅・レアメタルなどの貴重な資源が含まれています。それらの有用資源を再利用すること、家庭から出る家電製品の排出量を減らすことを目的としているのが家電リサイクル法です。メーカーが回収したものは再資源化され、新しい製品の部品として再利用されます。限りある資源だからこそ、消費者もリサイクルに協力することが大切です。

2.家電リサイクル法に則った処分方法

それでは、家電リサイクル法に則(のっと)った処分方法を解説します。

2-1.購入店に引き取ってもらう

洗濯機を購入したお店に引き取ってもらう方法があります。お住まいの地域の近くに購入店があれば、処分したい旨を伝えるといいでしょう。引き取ってもらう場合は、リサイクル料金に加えて収集運搬費用がかかります。収集運搬費用は店舗によって異なるため、事前の確認が必要です。あくまで目安となりますが、冷蔵庫の場合は、約2,000~3,000円が収集運搬費用になるでしょう。事前に、引き取りでいくらかかるのか店舗側に確認することをおすすめします。

2-2.新しく購入するお店で回収してもらう

新しい冷蔵庫の購入を検討している方は、購入するお店に古い洗濯機を引き取ってもらう方法を検討するといいでしょう。買い換えの場合、新しく購入した冷蔵庫が家にやってくると同時に古い冷蔵庫を引き取ってもらうことになります。買い換えのいい点は、購入と処分が同時にできることです。ただし、買い換えの際もリサイクル料金とは別に収集運搬費用がかかる可能性があります。いくらかかるのか見積書を確認することが大切です。

2-3.さいたま市の指定引取場所まで運ぶ

冷蔵庫を自分で指定引取場所まで運ぶ方法も選択肢の1つです。自分で運ぶ場合、先に郵便局でリサイクル料金を支払ってから、さいたま市が指定する引取場所に持っていくことになります。引取場所は以下のとおりです。

  • 森田運送株式会社首都圏営業所:さいたま市桜区上大久保1012(電話番号:048-749-1589)
  • 日運埼玉運輸株式会社 岩槻取扱所:さいたま市岩槻区上野5-2-19(電話番号:048-796-0846)
  • SBS即配サポート株式会社岩槻デポ:さいたま市岩槻区馬込1529-1(電話番号:048-748-5304)

自分で持ち運ぶ場合は収集運搬費用がかからないので、支払いはリサイクル料金だけで済みます。なるべく費用を抑えるために自分で運ぶ方がいますが、無理はしないでください。冷蔵庫は重いものが多いので、複数人での運搬が必要です。自分で運べない場合は、さいたま市から認可を受けている一般廃棄物収集運搬業者に依頼するといいでしょう。

3.不用品回収業者に依頼する方法

ここでは、不用品回収業者に依頼する方法とポイントを解説します。

3-1.自治体で処分できないものも回収してもらえる

不用品回収業者は、冷蔵庫を含めた自治体で処分できないものも回収してもらえるのが大きなメリットです。処分方法が分からず悩んでいたり、不用品が大量にあったりする場合も、不用品回収業者への依頼をおすすめします。不用品を1点ずつ処分するよりもまとめて処分したほうが安く押さえられることもあるのです。大量の不用品は自治体で処分できませんが、不用品回収業者なら冷蔵庫以外にも処分してもらうことができます。回収費用は不用品の量や回収業者によって異なるため、見積書を細部まで確認してから正式に依頼しましょう。

3-2.出張回収を利用しよう

多くの不用品回収業者では、出張回収・宅配回収・持ち込み回収の3つの方法が用意されています。自分のペースで処分するなら宅配回収がおすすめですが、冷蔵庫は重いので出張回収を利用してください。出張回収なら業者スタッフが家にやってきてくれるので自分たちで運搬する必要がありません。プロに任せれば壁紙やドアなど家の中のものに傷をつけず、搬出・運搬ができるでしょう。運搬費用を節約するために自分で運ぶ方がいますが、冷蔵庫の下敷きになるなどケガをする恐れがあります。搬出や運搬はプロに任せたほうが無難です。

3-3.買取サービスを行っているところもある

不用品の回収を行っている業者の中には、買取サービスを実施しているところもあります。不用品の回収と買取が同時に利用できれば、買取不可になったとしても処分できるので手間と時間がかかりません。わざわざほかの業者を探す必要がないため、スピーディーに冷蔵庫が処分できるでしょう。また、ほかにも処分したい不用品がある場合、その中から買い取ってもらえるものがあるかもしれません。買い取ってもらうものが多ければ多いほど、処分費用も節約できるので一石二鳥です。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取を行っています。悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

4.まだ使える冷蔵庫は買取に出せることも

ここでは、冷蔵庫を買取に出す方法やポイントについて解説します。

4-1.正常に稼働するか

冷蔵庫の買取基準は、正常に稼働するか否かが大きなポイントとなります。多くの買取業者では、最初に冷蔵庫の状態をチェックすることになるでしょう。問題なく稼働しているか・不具合が起きていないかなど細部まで確認し、再利用できる状態なら買い取ってもらえます。ただし、異音がしたり、不具合が起きたりしている冷蔵庫は買取不可になる可能性があるので注意が必要です。必ずしも売却できるとは限らないため、査定前に自分で稼働をチェックしてください。気になるところがあれば、査定時にその旨を伝えることも大切です。

4-2.メーカー・発売年月・型番をチェックする

冷蔵庫を買取に出す前に、メーカー・発売年月(使用年数)・型番をチェックすることも大切です。特に、発売年月は査定額を大きく左右する重要な項目となります。冷蔵庫の平均寿命は約15~20年といわれているため、20年以上使い続けている冷蔵庫は買取不可になりやすいでしょう。発売年月が新しい冷蔵庫ほど高く売れる傾向があります。また、パナソニック・三菱・日立・シャープ・東芝などの人気メーカーも高価買取が期待できるでしょう。最新の冷蔵庫ほどさまざまな機能がついているため、中古市場での需要も高めです。

4-3.買取専門業者・リサイクルショップに依頼する

主な買取先としては、買取専門業者・リサイクルショップがあります。中古市場の状況を把握している買取専門店は、リサイクルショップよりも高値で売れる傾向があるでしょう。特に、家電を中心に買取を行っているところは、最適な値段を提示してくれるものです。査定が厳しいというデメリットはありますが、価値が高いものほど高く売れます。そのため、買取専門店で売れなかったものは、リサイクルショップに依頼するといいでしょう。ただし、洗濯機は重く自分で運ぶのが困難なので、出張買取を行っているか確認しなければなりません。

4-4.買取業者選びのポイント

どの買取業者に依頼すべきか悩んでいる方は、以下のポイントに注目して選ぶといいでしょう。

  • 家電類の買取実績があるか
  • 出張買取を行っているか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 無料査定や無料相談を受けつけているか
  • 不用品の買取だけでなく回収も行っているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較することが大切です。複数の業者を比較することで、悪徳業者を見極めやすくなります。悪徳業者には悪い口コミや評判がついているものなのでインターネットで評判もチェックしましょう。

5.冷蔵庫の処分に関してよくある質問

冷蔵庫の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.冷蔵庫のリサイクル料金はいくらぐらいか?

A.容量とメーカーによって異なりますが、目安は以下のとおりです。

  • 170リットル以下:3,740円
  • 171リットル以上:4,730円

リサイクル料金は郵便局または販売店で支払うことになります。具体的なリサイクル料金が知りたい方は、再商品化等料金一覧表でチェックしてください。

Q.下取りサービスは利用できるのか?

A.販売店の中には下取りサービスを行っているところがありますが、稀(まれ)なのですべての店舗が実施しているとは限りません。下取りサービスを利用する場合は、古い冷蔵庫がいくらで下取りしてもらえるかが重要となります。使用年数が15年以上経過していたり、使い古したりしている状態は下取り額が低く、数千円になってしまう恐れがあるでしょう。少しでも新しい冷蔵庫を安く購入したい方は下取りサービスを行っている店舗での購入を検討するのも選択肢の1つです。

Q.高価買取のポイントは?

A.取扱説明書・予備の部品など付属品をそろえることです。付属品をすべてそろえることで、査定額がアップする可能性があります。買取業者の中には、付属品がついていなければ買取不可になるというところもあるので要注意です。また、早めに売却する・きれいに掃除することも高価買取のポイントとなります。

Q.事業用の冷蔵庫を処分する際の注意点は?

A.事業目的で使用した冷蔵庫は、産業廃棄物扱いになるので自治体回収での処分ができません。産業廃棄物は、産業廃棄物収集運搬許可を取得している不用品回収業者に依頼するのが一般的です。自治体で処分できないものを廃棄すると不法投棄とみなされるので注意してください。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、産業廃棄物の処分と買取も行っているので悩んでいる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Q.悪徳業者の特徴は?

A.悪徳業者は、安く見積もったり、すぐに買い取ったりするなどスタッフの対応が悪い傾向があります。特に、電話対応は最悪なケースがほとんどなので、スタッフの対応に注目するといいでしょう。また、なぜこの値段になったのか査定について説明しないという特徴もあります。少しでも不安要素がある場合は安易に依頼せず、慎重に見極めるべきです。金銭トラブルも増えているため、見積書の内容も入念にチェックしましょう。

まとめ

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、さいたま市に限らず自治体での処分ができません。基本的に、製造業者に回収を依頼する方法で処分することになるでしょう。その際は、リサイクル料金がかかるので注意が必要です。ただし、まだ正常に使える状態であれば、買取業者やリサイクルショップに買い取ってもらえる可能性があります。不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので1度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。