DVDプレーヤーの適切な捨て方は? 自分に合った処分方法を見つけよう!


「DVDプレーヤーの捨て方が分からない」「手間をかけず処分するにはどうしたらよいのか?」とお悩みではありませんか? 使わなくなったDVDプレーヤーの処分方法が分からず、新しく買い替えた後もそのままにしてあるという家庭も多いと思います。いつまでも取っておいても場所を取るだけなので、早めに処分したいものです。

この記事では、DVDプレーヤーのゴミ区分や処分方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. DVDプレーヤーは何ゴミになるのか?
  2. DVDプレーヤーを捨てる前にやるべきこと
  3. DVDプレーヤーを自治体の回収で処分する場合
  4. DVDプレーヤーを自治体の回収以外で処分する方法
  5. DVDプレーヤーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、DVDプレーヤーを粗大ゴミとして処分する際の手順や、不用品回収業者に依頼するメリットなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.DVDプレーヤーは何ゴミになるのか?

まずは、DVDプレーヤーのゴミ区分について解説しましょう。

1-1.ゴミ区分は自治体によって異なる

DVDプレーヤーが何ゴミに区分されるかは、自治体によって異なります。ゴミ処理施設の能力に自治体ごとの差があるためです。そのため、DVDプレーヤーをゴミとして出す際は、自分が住んでいる地域では何ゴミになるのか確認しなければなりません。

1-2.小型家電として回収する自治体もある

DVDプレーヤーを小型家電リサイクル法の対象品目として回収している自治体もあります。小型家電リサイクル法とは、家庭から出た小型家電をリサイクルし、資源を有効活用するための取り組みです。小型家電の回収をしている自治体と回収していない自治体があるため、事前の確認が必要になります。

1-3.サイズの大きいものは粗大ゴミになる場合も

DVDプレーヤーの大きさしだいでは、粗大ゴミ扱いになる自治体も多くなっています。粗大ゴミとして出す場合は事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるため、手順を確認しておきましょう。また、DVDプレーヤー以外にも処分したい粗大ゴミが多数ある場合や、回収日まで待つ余裕がない場合などは、自分でゴミ処理場に持ち込むことも可能です。

2.DVDプレーヤーを捨てる前にやるべきこと

DVDプレーヤーを捨てる前にやるべきことや確認すべきことをまとめました。

2-1.状態を確認する

まずは、DVDプレーヤーの状態を確認しましょう。購入してからの年数にもよりますが、状態のよいDVDプレーヤーは買取の対象にもなります。買取に出して処分できないか確認してみましょう。目立つ傷はないか・動作に不具合はないかなどをチェックしてみてください。

2-2.データを消去する

HDD搭載のDVDプレーヤーには、個人情報を含む重要なデータが入っている可能性があります。そのまま処分するとデータが流出し、第三者に悪用されてしまう危険も考えられるでしょう。そのため、処分する前に必ずデータを消去することを忘れないでください。

3.DVDプレーヤーを自治体の回収で処分する場合

自治体による回収を利用してDVDプレーヤーを処分する方法について、詳しくご紹介しましょう。

3-1.小型家電として処分する場合

小型家電リサイクルの取り組みを行っている自治体では、回収ボックスを設置してDVDプレーヤーを回収しています。公共施設や大型の家電量販店などに回収ボックスを設置している場合が多いため、インターネットで検索してみるとよいでしょう。ただし、投かん口に入らない大きさのものは回収できないため、サイズを確認しておいてください。また、自治体によっては回収ボックスを設置せず、自分で指定場所まで運ぶことになっているところもあります。

3-2.粗大ゴミとして処分する場合

DVDプレーヤーを粗大ゴミとして出す場合は、事前に電話やインターネットで回収の申し込みを行います。その際に、回収日時と回収場所・料金を確認しましょう。コンビニや郵便局で料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、DVDプレーヤーの目立つ場所に貼ってください。回収日の朝に指定された回収場所へ持っていくという流れです。

3-3.自分で持ち込む場合

自分で指定場所へ持ち込む場合も、事前に粗大ゴミ受付センターへ申し込みをする必要があります。現地で処理手数料を支払うことになるため、事前に料金を確認しておいてください。

4.DVDプレーヤーを自治体の回収以外で処分する方法

自治体の回収以外にも、DVDプレーヤーを処分する方法には以下のようなものがあります。

4-1.不用品回収業者に依頼する

DVDプレーヤーのほかにも不用品が多数ある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。希望の日時を指定して自宅まで回収に来てもらえるため、手間や時間をかけることなく不用品を処分できます。また、回収と同時に買取を行っている業者もあり、状態のよい不用品は買取してもらうことも可能です。

4-2.家電量販店に引き取り・下取りしてもらう

家電量販店によっては、新しいDVDプレーヤーの購入と引き換えに古いDVDプレーヤーを引き取ってくれるところもあります。条件に合えば下取りの対象になることもあるため、そのようなサービスを行っているか問い合わせてみるとよいでしょう。購入と処分が同時にできるのは大きなメリットです。

4-3.買取に出す

使用年数が短く状態がよいDVDプレーヤーは、買取に出してみるのがおすすめです。そのーやパナソニック・東芝など有名メーカーのものであれば高価買取も十分期待できるでしょう。買取に出す方法には、リサイクルショップに持ち込む・家電専門の買取業者に依頼する・ネットオークションに出品するなどがあります。事前に買取先をしっかり比較し、大まかな買取相場を把握しておきましょう。

5.DVDプレーヤーの処分に関するよくある質問

「DVDプレーヤーを処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.DVDプレーヤーの寿命は何年ぐらいですか?

A.使用頻度や使い方にもよりますが、一般的には5年前後といわれています。

Q.DVDプレーヤーを少しでも高く売るコツを教えてください。

A.きれいに掃除をし、付属品をすべてそろえておきましょう。できるだけ早く買取に出すことも高価買取のポイントになります。

Q.不用品回収業者を利用すべきなのはどのようなケースですか?

A.不用品が大量にあり、自分で運ぶのが難しい場合や、事情があってすぐDVDプレーヤーを処分したい場合などに利用するとよいでしょう。

Q.不用品回収業者を選ぶ際のポイントは何ですか?

A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・無料見積もりを受け付けているか・一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているかなどをチェックすることをおすすめします。

Q.悪質な不用品回収業者に多い手口を教えてください。

A.突然訪問してきて強引に不用品の回収を迫る・無料回収を宣伝しておきながら高額な追加料金を請求するなどの手口が多くなっています。

まとめ

DVDプレーヤーを処分する方法について詳しくご紹介しました。DVDプレーヤーが何ゴミになるかは自治体によって異なります。また、自治体を利用する以外にも処分方法はいくつかあるため、自分に合った方法を見つけるとよいでしょう。