親の遺品で残すものは何? 選ぶ基準や保管方法などを詳しくご紹介


親の遺品を整理する際、残すものと処分するもので迷うことがあります。近年は、遺品整理のニーズが高まると同時にトラブルも増加しているため、遺品整理を行う際は慎重に作業しなければなりません。とはいえ、どのように大切な品を見極めればいいのか、残したものをどう保管すればいいのかなど、遺品整理に関する疑問が出てくるでしょう。

そこで、本記事では、親の遺品で残すものを選ぶ際の基準や、保管方法などについてご紹介します。

  1. 親の遺品で残すものを選ぶ際の基準
  2. 親の遺品で残すものの具体例
  3. 親の遺品を保管する方法
  4. 遺品整理業者に依頼する方法
  5. 遺品整理でよくある質問

遺品整理をトラブルなく終えるためにも、残すものの基準をしっかり知っておくことが大切です。自分で遺品整理ができない場合は、業者に依頼する方法も検討してみましょう。

1.親の遺品で残すものを選ぶ際の基準

親の遺品は、どのような基準で残すものを仕分ければいいのでしょうか?

1-1.故人が大切にしていたもの

故人が大切にしていたものは、形見分けなどで継承することが多いものです。愛用品などは、継承先が決まるまで、大切に保管しておきましょう。

1-2.コレクションアイテム

コレクションアイテムは、故人が生前大切に集めてきたものです。同じ趣味を持つ方へ譲るか、寄付するなどの方法も選択肢としてあります。また、コレクションアイテムにはプレミア品が眠っていることもあり、思わぬ価格がつく可能性もあるため、処分せずに残したほうが安心です。

1-3.処分するか判断に迷うもの

仕分けをする際、処分するか迷うものは、いったん保留にしておき、親族で話し合ってから決めましょう。価値が判断しにくい場合も、専門家に鑑定してもらうまで保管しておくことをおすすめします。

2.親の遺品で残すものの具体例

遺品整理では、具体的にどんなものを残しておけばいいのでしょうか? 事例を挙げてご紹介します。

2-1.金銭価値があるもの

金銭価値があるものは、相続に影響するため、必ず残しておきましょう。たとえば、現金・通帳・有価証券・土地や不動産の権利書などです。土地や不動産は、売却して親族で分け合うこともできます。遺産相続協議でどう対処するか話し合って決めましょう。

2-2.写真など故人を思い出すことができるもの

写真にはたくさんの思い出が詰まっているため、できるだけ残しておいたほうがいいでしょう。過去に戻ることはできないからです。写真の数が多い場合は、デジタル化する方法もあります。

2-3.借りているもの

故人が会社や他人から借りているものは、いったん保管しておき、時期を見て返却することが望ましいでしょう。また、借りていることが明らかになった場合は、速やかに借りた相手へ連絡することが大切です。

2-4.カギ類

カギ類は、スペアがない場合があるため、処分せずに保管しておいてください。自宅だけでなく、車や倉庫などのカギも同様です。解約や売却時に必要となる場合があります。

2-5.身分証明書・印鑑

身分証明書や印鑑は、さまざまな手続きをする際に必要となるため、紛失しないよう注意してください。マイナンバーカードや年金手帳なども同様です。紛失した場合、手続きに時間がかかるなど支障が出る場合があります。

2-6.貴金属類

指輪やネックレスなどの貴金属類は、資産価値がある品です。金やプラチナなどは市場価値が見込め、高値がつくケースがあるでしょう。きちんと鑑定してもらい、親族で誰が継承するのかを決めることが大切です。

2-7.クレジットカード

クレジットカードが遺品整理で出てきた場合は、大切に保管しておきましょう。また、契約をそのまま放置してしまうと年会費がかかる場合があるため、クレジットカード会社へ連絡し、解約手続きをすることが大切です。

3.親の遺品を保管する方法

残した親の遺品は、どのように保管するのが望ましいのでしょうか? 具体的な方法をご紹介します。

3-1.親族が保管する

親族で話し合い、保管する人を決める方法が安心です。主に、喪主を務めた人が親族を代表し、遺産相続協議が終わるまで保管する場合が多いでしょう。

3-2.貸金庫などで保管する

紛失や盗難などが心配な場合は、貸金庫を利用して保管する方法があります。ただし、月額利用料などが発生するため、誰が費用を負担するのかを明確にしておくことが大切です。

3-3.写真や書類などはデジタル化する

写真や書類などは、数が多いとかさばります。デジタル化して保管しましょう。デジタル化しておくことで、親族がそれぞれ手元に同じものを保管しておくことができ、思い出を共有できるのがメリットです。また、デジタル化することで、劣化による色あせなどを防ぐことができます。

4.遺品整理業者に依頼する方法

近年は、少子高齢化社会となり、遺品整理をする人手が少ないのが現状です。自分で対処するのが難しい場合は、業者を利用することも考えてみてください。

4-1.実績が豊富なところを選ぶこと

遺品整理は、貴重品や金銭価値などがあるものを仕分けてもらう作業であるため、紛失や盗難などが起こらないよう注意しなければなりません。そのため、遺品整理の実績が豊富で、遺品の取り扱いや価値を熟知している業者を選ぶことが大切です。一般社団法人遺品整理士認定協会の認定資格である遺品整理士の有資格者が常駐している業者であれば、遺品をより慎重に扱ってもらえるでしょう。

4-2.業者のサービス面も重視する

業者のサービス面に着目することも重要です。遺品は単なる不用品やゴミではありません。故人が生前愛用していた品であるため、不用品であってもきちんと供養してくれる業者を選ぶといいでしょう。

4-3.業者のホームページなどから問い合わせをする

遺品整理を依頼する際は、業者のホームページなどから問い合わせを行ってください。複数の業者から見積もりを出してもらい、内訳やサービス内容を確認することが大切です。また、遺品整理を気持ちよく終えるためにも、費用だけでなく、担当者が丁寧で誠実に対応してくれるかどうかも併せてチェックしてください。

4-4.業者のクチコミや評価を確認して依頼すること

業者を比較検討する際は、クチコミや評価などをチェックしましょう。実際に利用した方の評価などを見ると、見積書だけでは判断できない部分が見えてきます。なるべく高評価を得ている業者を選んでください。

5.遺品整理でよくある質問

遺品整理に関する質問を集めました。

Q.親の遺品に日記がある場合、残したほうがいいのか?

A.残したほうがいいでしょう。親の思いが込められているだけでなく、文字を見ることで故人を思い出すことができます。形見として大切に保管しておきましょう。

Q.親の遺品整理をする際に、親族間のトラブルを防ぐ方法はあるのか?

A.遺品整理を一人で行わず、なるべく相続人全員が集まって行うことです。全員で遺品整理を行うことで、対処に困ることがあっても、すぐに話し合いができるため、金品などの分配・遺品の紛失や処分などでトラブルにならずに済みます。

Q.遺品整理業者に依頼する際、どんな点に注意すればいいのか?

A.料金トラブルなどが起こらないよう、良質な業者を見極めてください。見積もりで正確な料金を出してもらい、追加料金などが発生しないことを確認しましょう。遺品などの盗難を防ぐためにも、教育が行き届いた自社スタッフが作業にあたる業者が安心です。

Q.親の遺品をうっかり処分してしまった場合はどうすべきか?

A.相続人全員に相談しましょう。処分してしまったものは戻りません。遺品整理でトラブルを防ぐためには、ミスをしないよう慎重に時間をかけて作業するか、プロの業者に依頼しましょう。

Q.遺品整理を業者に依頼するメリットは?

A.遺品整理にかける時間と労力を大幅に削減できることです。遠方で足を運べない・仕事を休むことが難しいなどの場合、業者に依頼したほうが、スムーズに遺品整理を終えることができます。貴重品や資産価値があるものも、短時間で確実に捜索してもらえるのがメリットです。

まとめ

親の遺品を仕分ける際は、残すものと処分するもので悩むことがあります。資産価値があるものだけでなく、故人の愛用品なども保管しておいたほうがいいでしょう。残すものの基準を知っておき、仕分けに役立ててください。自分で遺品整理が難しい場合は、プロの業者に依頼する方法も視野に入れておきましょう。