遺品整理業者の選び方は? 安心して依頼できるポイントを徹底解説!


「近々遺品整理を行う予定があるので、信頼できる遺品整理業者の選び方を知りたい」とお考えではありませんか? 数多くある遺品整理業者から選ぶにも、どんなポイントをチェックすべきかよく分からないですよね。それに、中には悪徳業者も含まれているため、選び方を間違えると大変なことになります。思わぬトラブル避けるためにも、信頼できる遺品整理業者を選んで依頼することが大切です。

そこで今回は、遺品整理業者の選び方について詳しく解説します。

  1. 遺品整理業者と不用品回収業者の違いは?
  2. 悪徳業者を見極めるポイントは?
  3. 遺品整理業者の探し方
  4. 料金が安い業者と高い業者の違いは?
  5. 信頼できる遺品整理業者の選び方は?
  6. 遺品整理業者の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、信頼できる遺品整理業者を選ぶポイントが分かり、安心して遺品整理を依頼できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理業者と不用品回収業者の違いは?

最初に、遺品整理業者と不用品回収業者の違いを見ていきましょう。

1-1.遺品の扱いに関する知識が必要

遺品整理業者は不用品回収業者と違い、遺品の扱いに関する知識が必要になります。遺品は故人の持ちものであり、遺族にとっても思い入れのある品々です。したがって、作業時には細心の注意が必要になります。また、遺品の中には、相続に関係するものが含まれている可能性もあるため、慎重に扱うことが大切です。しかし、単なる不用品回収業者では遺品整理の知識に乏しいため、一般的な不用品と同等に扱われることがあります。遺品を大切に扱ってほしいのなら、専門知識のある遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。

1-2.遺族への配慮も必要

遺品整理業者と不用品回収業者の違いとして、遺族への配慮の有無も忘れてはいけません。遺品整理では、故人の持ちものを遺品整理業者が片付けることになります。遺族の中には、第三者に遺品を触れてほしくないと考える人もいるでしょう。こうした遺族の気持ちをきちんと受け止めつつ、必要な配慮を行うことで作業がスムーズに進むのです。一般的な不用品回収業者では、遺族への配慮が行き届かないこともあるでしょう。

1-3.特殊清掃などを依頼できる

特殊清掃などを依頼できるのも、遺品整理業者と不用品回収業者との違いです。孤独死などの現場では、遺品の汚れがひどい場合が多くあります。中には、片付ける前に特殊清掃が必要になることもあるでしょう。遺品整理業者なら、必要に応じて特殊清掃や消毒作業・害虫駆除作業なども依頼できます。しかし、単なる不用品回収業者の場合は、作業を断られることも多いでしょう。

2.悪徳業者を見極めるポイントは?

遺品整理業者には悪徳業者も多く存在します。悪徳業者を見分けるポイントを詳しくご紹介しましょう。

2-1.飛び込み訪問や勧誘電話が主な営業手段

悪徳業者の多くは、飛び込み訪問や勧誘電話が主な営業手段になります。強引な営業スタイルで契約を取ることで、何とか売り上げを確保しているのです。たとえば、高齢者や女性が一人になるタイミングでやってきたり、電話をかけてきたりします。ほかの家族に相談する機会を与えず、強引に契約を取るためです。一方、信頼できる業者であれば、強引な営業をしなくても自然と口コミなどで依頼が舞い込みます。したがって、飛び込み訪問や勧誘電話を主な営業手段にすることはありません。

2-2.料金システムが分かりづらくて高額

料金システムが分かりづらくて高額なのも、悪徳業者の特徴です。見積もりをもらっても、遺品整理作業一式で50万円などと、何を根拠に見積もっているのか不明なパターンが多く見られます。明細の説明を求めてもきちんと対応してもらえず、料金システムが不透明です。高額かつ分かりづらい料金システムの業者に依頼すると、無駄に高い出費になるだけでなく、さらに何かと理由を付けて追加請求される可能性もあります。大きなトラブルになりやすいので、契約しないのが一番です。

2-3.スタッフの態度や言葉遣いが悪い

悪徳業者は、総じてスタッフの態度や言葉遣いが悪いものです。たとえば、家の前の道路に平気でゴミを捨てたり友人同士のようになれなれしく接してきたりします。特に、女性や高齢者に対しては、強い言葉を使って契約を迫ることも多いので注意してください。いずれにしても、スタッフの態度や言葉遣いが悪い時点で、何らかのトラブルに発展しやすいことは明らかです。

2-4.必要以上にお得感をアピールする

必要以上にお得感をアピールする業者にも注意してください。「今だけ通常料金の8割引きで契約できる」「キャンペーン特典で不用品を10点まで無料回収中」など、一見して魅力的な内容を提示してきます。しかし、通常料金がいくらなのか、どんな不用品が無料回収の対象になるのかなど、肝心なポイントを説明してもらえません。そのため、割り引きした後でも、法外に高い金額であるケースも多いのです。また、無料で回収してもらえるのは一部の貴金属類だけで、結局回収費用を支払って処分することになった例もあります。目先のお得感に引っかからないよう、十分に気を付けてください。

2-5.何かと家に上がりたがる

悪徳業者は、何かと家に上がりたがるのも大きな特徴です。玄関先だと近所迷惑になるからとか、立ち話では気の毒だからなどと家に上げてしまうのはいけません。いったん家に上げてしまうと業者の態度が一転し、勝手に家の中を物色して金銭価値が高いものを無理やり回収してしまうことがあります。また、何回断っても契約を取るまでしつこく居座られることもあるので注意してください。

2-6.きちんとした見積もりや契約書を発行しない

きちんとした見積もりや契約書を発行しないのも、悪徳業者によくあるパターンです。後日正式な見積もりや契約書を発行するとしながら、口約束のままで結局発行してもらえないこともあります。主に、顧客からクレームが出たときに証拠を残さないためです。特に、契約書を書面で発行しないのはありえません。思わぬトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、取り引きを中止しましょう。

2-7.顧客からの評判が悪い

顧客からの評判が悪い業者は、契約してはいけません。特に、複数の顧客から悪い評価が上がっている時点で、何らかの問題を抱えた業者であると判断できます。スタッフの態度が悪い、低品質な仕上がり、依頼したとおりに作業してくれないなど、理由はさまざまです。遺品整理は、何度もやり直しできるものではありません。いくら料金が安くても、顧客から評判が悪いのなら依頼しないことが大切です。

2-8.無許可営業の可能性が高い

悪徳業者は、業務に必要な許可を得ず、無許可営業をしている可能性が高いので注意してください。たとえば、不用品回収や処分には廃棄物収集運搬許可、不用品買取には古物商の許可が必要になります。無許可営業をしている業者に依頼した場合、不法行為に加担したと見なされることがあるほか、遺品を不法投棄される可能性もあるので気を付けましょう。業者のホームページなどで許可番号の記載が見当たらない場合は、契約を見送るべきです。なお、無許可営業をしている業者は、スタッフが社員証や身分証を提示したがらないことも多いので、併せてチェックしてみてください。

3.遺品整理業者の探し方

遺品整理業者の探し方を詳しくご紹介します。

3-1.NTTの電話帳で探す

NTTの電話帳で探すと、近隣の遺品整理業者を見つけることができます。主に、業者名と電話番号を調べるのに便利です。業者によっては、簡単な広告を出していることもあるでしょう。ただし、電話帳なので、ホームページのアドレスなどの情報を調べるのには向きません。ネットでの検索など、そのほかの方法と併用することをおすすめします。

3-2.ネットで評判のよい業者を調べてみる

ネットで検索し、評判のよい業者を調べてみるのもおすすめです。ネットで調べると、どんな業者がどんなサービスを行っているか、簡単にチェックすることができます。数多くの遺品整理業者の中から、信頼できそうな業者をピックアップしてみてください。大体の料金目安や、営業エリアも同時に調べてみるとよいでしょう。

3-3.実際に利用したことがある人に聞いてみる

実際に遺品整理業者を利用したことがある人に聞き、よい業者を紹介してもらうこともできます。紹介してもらうときは、どんなポイントが決め手になって契約したかも聞いておくとよいでしょう。また、よかった点と今一つだった点も同時に聞いてみてください。できれば、複数の人に聞いてみて、業者の評判を含めて総合的にチェックすることをおすすめします。

4.料金が安い業者と高い業者の違いは?

料金が安い業者と高い業者にはどんな違いがあるか、詳しく解説します。

4-1.料金が高くてもサービスがよいとは限らない

遺品整理の料金が高くても、サービスがよいとは限りません。遺品整理の料金設定は業者ごとにまちまちであり、業界で統一した基準があるわけではないからです。高い料金を支払ったのだから、満足できるサービスを受けられると思いきや、ほかの業者と比較しても特にメリットがなかったというパターンもあります。また、依頼者に専門知識がないことを逆手に取り、わざと高額な料金プランを提示する業者も存在するので注意が必要です。

4-2.契約プランによっても料金に差が出る

遺品整理の料金は、契約プランによっても差が出ます。そのため、一見して料金が高いと感じても、充実したサービスを受けられることで、むしろお得なこともあるでしょう。たとえば、2社の遺品整理業者に見積もりを依頼し、A社は20万円、B社は10万円だったとします。金額だけを見れば、料金が安いB社がお得に見えるでしょう。しかし、A社の提示したプランに含まれているサービスが、B社ではオプション扱いになっていることもあります。すると、A社と同じ内容で契約した場合、B社のほうが高くなる可能性もあるのです。遺品整理では、契約プランの金額と内容のバランスをきちんとチェックしましょう。

4-3.激安価格をウリにしている業者も要注意

激安価格をウリにしている業者も注意が必要です。遺品整理は、単に料金の安さだけで決めると後悔します。たとえば、雑な作業をしたり依頼したことをしてもらえなかったりなどで、大きな不満を残しやすいからです。また、激安価格で注目させておき、実際には高額な契約プランをすすめてくる業者も多いので注意しましょう。

4-4.企業努力で安いこともある

料金が安い業者でも、企業努力の結果が理由なら安心して依頼できます。たとえば、作業手順を明確にし効率よく作業できるようにしたり、経費のスリム化を行ったりなどによりコストダウンしているといった感じです。1件当たりの単価は下がっても、より多くの依頼をこなすことができるので、実は業者にとってもメリットが大きくなります。こうした業者は顧客からの評判もよいので、併せてチェックしてみてください。

5.信頼できる遺品整理業者の選び方は?

遺品整理は、信頼できる業者に依頼することが基本です。どんなポイントをチェックして業者を選ぶとよいか、具体的にご紹介しましょう。

5-1.遺品整理の実績が豊富にある

まずは、遺品整理の実績が豊富にある業者を選びましょう。遺品整理は、依頼ごとに部屋数・広さ・物量・汚れ具合などがまちまちです。数多くの実績を積んできた業者だからこそ臨機応変に対応でき、細やかな気遣いにつながります。遺品整理の需要増に伴い、新規業者の参入も目立ちますが、長年にわたって豊富な実績を持つ業者のほうが安心できるのは確かです。なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、数多くの遺品整理をお受けしてご好評をいただいております。ぜひ、ご検討ください。

5-2.丁寧な作業と高品質な仕上がりで高い評価を得ている

遺品整理業者を選ぶなら、丁寧な作業と高品質な仕上がりで高い評価を得ていることが大切です。遺品には故人との思い出がつまっていることから、雑に扱われるとよい気持ちはしません。また、作業が完了した後も、ゴミや汚れがそのままにしてあったり、残されたものが乱雑に置かれていたりするのでは、不満を感じるでしょう。その点、信頼できる業者は、丁寧な作業と高品質な仕上がりにより、高い満足度を得ることができます。

5-3.現場視察や見積もりは無料

現場視察や見積もりは無料であることも、忘れずにチェックしてください。遺品整理には、現場視察や見積もりが必要不可欠です。遺品整理の現場は多種多様であり、それぞれに必要な作業や作業量が異なります。したがって、まずは現場視察と見積もりを依頼してもらうことが大切です。このとき、費用が無料なら依頼者の心理的なハードルが下がり、気軽に依頼してもらうことができます。結果的にそのまま正式契約につながることが多いことからも、賢い業者と判断してよいでしょう。

5-4.リーズナブルかつ分かりやすい料金システム

信頼できる業者は、リーズナブルかつ分かりやすい料金システムがあります。数多くの依頼を受けることにより、コストを抑えて作業するノウハウがあるからです。そのため、リーズナブルな価格ながらも、高品質なサービスを提供できます。また、見積もりも明細まできちんと明確に記載してあるため、分かりやすいのが特徴です。料金システムに不安がなければ、安心して依頼できるのも当然といえるでしょう。

5-5.希望の日程・場所で依頼できる

希望の日時と場所で依頼できることも、重要なポイントです。いくらよい業者であっても、都合のよい日時が押さえられないのでは困ります。たとえば、賃貸物件の退去日が迫っているなどの理由で、すぐにでも遺品整理を行う必要がある場合もあるでしょう。また、仕事などで多忙な場合は、都合のよい日時が限られているものです。そもそも、遺品整理を依頼したい場所が業者の営業エリア外では話になりません。業者選びの段階できちんとチェックしておきましょう。

5-6.不用品の処分を適切に行っている

不用品の処分を適切に行っているかどうかも、必ずチェックしておきましょう。遺品整理業者では、不用品の回収および処分も重要な業務の一つです。大切な遺品の処分を依頼するにしても、その後ずさんな方法で処分されるのではいけません。また、まだ十分に使えるものは積極的に買取してもらえるところも多いので、問い合わせてみるとよいでしょう。

5-7.スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい

信頼できる遺品整理業者は、スタッフの対応がとても親切です。遺族の気持ちを思いやることができるほか、円滑に作業するには遺族とのコミュニケーションが重要であることを理解しています。質問や問い合わせにも分かりやすく迅速に対応してくれるので、助かることでしょう。スタッフの対応が親切な業者は顧客満足度も高くなり、評判がよいのも特徴です。すでに利用した人の多くが高評価を付けている業者なら、まず問題ないでしょう。

5-8.業務に必要な許可を取得済み

廃棄物収集運搬許可や古物商など、業務に必要な許可を取得済みであることを確認してください。信頼できる遺品整理業者なら、いずれも取得済みのはずです。遺品整理には、不用品の回収および処分は必要不可欠といえます。また、遺品の買取が発生することもあるでしょう。いずれにしても、きちんと公的な許可を得て営業しているのなら、安心して依頼できます。

6.遺品整理業者の選び方に関するよくある質問

最後に、遺品整理業者の選び方に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.夜間や休日に作業してもらえる業者なら顧客満足度が高い?

A.断言できません。確かに、夜間や休日に作業してもらえると都合がよい人もいるでしょう。しかし、スタッフの質が悪い、遺品を雑に扱われるなど、そのほかの点で不満が出る可能性があります。都合のよいタイミングで依頼できることも重要ですが、そのほかの点も総合的に判断することが大切です。

Q.知人に紹介された遺品整理業者を選ぶメリット・デメリットは?

A.以下を参考にしてください。

メリット

  • 紹介による値引きサービスを受けられることがある
  • 知人の紹介なので信頼できる

デメリット

  • ほかの業者のほうが安くて充実したプランがあることもある
  • サービスに不満があっても文句を言いにくい

Q.新規参入業者はすべて悪徳業者?

A.いいえ。新規参入業者であっても、信頼できる場合もあります。ただし、実績が少ないことから、信頼できることを証明するのが困難です。また、スタッフが未経験者だったり経験が少なかったりするケースもあるため、すでに実績が豊富な業者を選ぶほうが確実でしょう。

Q.複数の業者に見積もりを依頼しても大丈夫?

A.見積もりだけなら問題ありません。ただし、やみくもに依頼しても時間と労力が無駄になるので、この記事を参考にして信頼できると判断した2~3社に絞って依頼するとよいでしょう。

Q.遺品整理業者でも担当者を指名できる?

A.業者によっては、指名できることもあります。特定のスタッフに担当してもらいたいのなら、相談してみるとよいでしょう。ただし、指名できる場合でもスタッフのスケジュールがすでに埋まっている場合などは、希望の日程に作業してもらえないこともあります。

まとめ

今回は、遺品整理業者の選び方について詳しく解説しました。遺品整理で後悔しないためには、信頼できる業者を選んで依頼することが何よりも大切です。遺品整理の実績が豊富にあり、顧客からの評判がよいなど、さまざまなポイントをチェックして選びましょう。なお、遺品整理業者には悪徳業者も多いので、十分に気を付けて選んでください。この記事を参考にして、信頼できる業者か一つずつポイントを確認しながら選ぶと間違いありません。遺品整理で後悔しないためにも、業者選びで手を抜かないようにしましょう。