HDDレコーダーの寿命が近づくと起きる症状や処分方法を詳しくご紹介


HDD(ハードディスク)レコーダーは、長く使っていると不具合が起きることがあります。不具合やトラブルが起きるのは、寿命が近いサインである可能性が高いでしょう。寿命を迎えたHDDレコーダーは、処分を検討しなければなりません。とはいえ、どんな症状が出たら寿命が近いと考えるべきか、HDDレコーダーはどう処分すればいいのかなど、さまざまな疑問が浮かぶと思います。HDDレコーダーの寿命が近づくと起こりやすい症状を知っておけば、処分する時期などを考えるきっかけになるでしょう。

そこで、本記事では、HDDレコーダーの寿命や処分方法などをご紹介します。

  1. HDDレコーダーの寿命について
  2. HDDレコーダーの寿命が近いと起こる症状
  3. HDDレコーダーの寿命を延ばすには?
  4. 寿命を迎えたHDDレコーダーの処分方法
  5. HDDレコーダーの寿命でよくある質問

HDDレコーダーの平均寿命などを知るとともに、寿命を延ばすためにできる対策も覚えておきましょう。

1.HDDレコーダーの寿命について

HDDレコーダーの寿命はどのくらいなのでしょうか? 平均寿命について考えていきます。

1-1.5〜10年が目安

HDDレコーダーの寿命は、5〜10年が目安とされています。メーカーによって品質に違いがあるため、平均寿命に幅があるのです。また、使用環境や使用頻度によっても、寿命に差が出てくるでしょう。

1-2.購入時の価格が安いものは寿命が短い傾向がある

HDDレコーダーの寿命は、購入時の価格が影響する場合があります。購入時の価格が安いものは、高いものより品質が劣るため、寿命が短くなる傾向があるでしょう。パナソニックや東芝など大手メーカーのものは、高品質であることから、寿命が比較的長い傾向があります。

2.HDDレコーダーの寿命が近いと起こる症状

HDDレコーダーの寿命が近づくと、どんな症状が起きるのでしょうか?

2-1.電源が入らない

HDDレコーダーの寿命が近づくと、電気系統に問題が生じ、電源が入らないという症状が出始めます。電源が入っても、頻繁にフリーズする場合も、寿命が近いサインと捉えておきましょう。

2-2.映像や音が出ない

HDDレコーダーの寿命が近づくと、映像や音が出なくなることがあります。内部の部品が摩耗し、接触不良や断線などが起こるためです。

2-3.録画されない

HDDレコーダーの寿命が近づくと、録画されないなど動作に問題が生じる恐れがあります。録画機能に問題が生じると、予約しても録画できない場合が多いのです。

2-4.トレーの開閉ができない

トレーの開閉ができないなどの不具合も、HDDレコーダーの寿命が近づいているサインです。中に入れたディスクを取り出すことができず、動作に支障をきたす場合があるでしょう。

3.HDDレコーダーの寿命を延ばすには?

HDDレコーダーの寿命を延ばすためには、どのようなことをすればいいのでしょうか? 具体的な対策をご紹介します。

3-1.使用環境を見直す

HDDレコーダーは、使用環境が悪いと劣化が進みやすくなります。ホコリ対策などをしっかり行うなど、環境を改善することが大切です。また、喫煙する環境でHDDレコーダーを使用することも、寿命を縮める原因となります。ヤニなど付着し、通気口を塞いで、熱がこもってしまうためです。

3-2.定期的にクリーニングを行う

HDDレコーダーは定期的にクリーニングを行いましょう。光学ドライブをきれいな状態にしておくことで、寿命を延ばすことができます。ホコリや汚れなども拭き取り、常に清潔な状態にしておくことが大切です。

3-3.レンタル品の使用を避ける

レンタルDVDなどは、さまざまな人に使われているため、すでに盤面に汚れや傷がついている場合があります。そのため、レンタルDVDを頻繁に使用すると、HDDレコーダーに負荷がかかり、劣化を進めてしまう恐れがあるのです。HDDレコーダーの寿命を延ばしたいなら、なるべくレンタル品の使用は避けましょう。

3-4.長期間使用しない場合も注意が必要

使用頻度が高い場合、HDDレコーダーの劣化が進みやすくなります。しかし、DVDレコーダーを長期間使用せずに放置している場合も、内部の部品が自然と劣化し、寿命を縮めてしまう恐れがあるのです。DVDレコーダーは定期的に使いましょう。

3-5.衝撃や落下に気をつける

HDDレコーダーは精密機器であるため、衝撃や落下には気をつけましょう。安定した場所に設置し、できるだけ動かさないようにしてください。

3-6.使用後、必ず電源を切る

HDDレコーダーを使用したら、必ず電源を切ってください。電源が入ったまま放置すると、熱がこもってしまい、劣化の原因となります。ただし、頻繁に電源をオンオフする行為も寿命を縮める恐れがあるので注意しましょう。

4.寿命を迎えたHDDレコーダーの処分方法

寿命を迎えたHDDレコーダーは、どのように処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

4-1.粗大ゴミとして処分する

HDDレコーダーはサイズが大きいものが多いため、自治体回収では粗大ゴミとなる場合がほとんどです。粗大ゴミとして処分する場合、事前に自治体へ申請手続きを行ってください。また、粗大ゴミ処理手数料の支払いも必要となります。粗大ゴミ処理券を手数料分購入してください。

4-2.小型家電としてリサイクルする

HDDレコーダーは、小型家電としてリサイクルする方法もあります。自治体が設置する小型家電リサイクルボックスを利用してください。ただし、小型家電リサイクルボックスは、投入口の大きさが決まっています。あらかじめHDDレコーダーの大きさを測っておき、投入口に入ることを確認しておきましょう。小型家電リサイクルボックスを利用する場合、費用などはかかりません。

4-3.無料回収業者に依頼する

無料回収業者に依頼し、HDDレコーダーを回収してもらう方法があります。HDDレコーダーをこん包し、業者に発送するだけです。ただし、送料無料で回収してもらうためには、業者が定めている送料無料対象品目と同こんされていることが条件となります。依頼する際は、業者の条件や利用規約などを確認しておきましょう。

4-4.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、家電や家具などの回収を行う業者です。HDDレコーダーだけでなく、大量のブルーレイディスクやDVDなどの同時処分も依頼できます。出張回収が基本であるため、こん包や運搬などの手間がかかりません。ただし、HDDレコーダー1点だけだと、回収費用が高くなります。できるだけ不用品をまとめて処分し、お得な料金プランを利用して処分費用を節約する方法がおすすめです。

5.HDDレコーダーの寿命でよくある質問

HDDレコーダーの処分に関する質問を集めました。

Q.HDDレコーダーは、放熱を意識すると寿命が延びるのか?

A.はい、延びる傾向があります。熱がこもると不具合が起こりやすくなるためです。通気口の目詰まりに注意するだけでなく、直射日光や暖房によって高温にならないよう意識してください。

Q.HDDレコーダーに寿命が近いサインが出てきた場合、修理することはできるのか?

A.修理するのは難しいでしょう。というのは、メーカーによるHDDレコーダーの部品保有期間は、製造から7年以内が目安となっているためです。古い機種だと、修理に必要な部品を調達することができず、寿命を迎えたら処分することになるでしょう。

Q.HDDレコーダーは、無料回収業者の送料無料対象品目に含まれていないのか?

A.業者によって異なるため、業者のホームページなどで無料となる条件を確認しておくことが大切です。送料無料対象品目ではない場合は、発送者負担でHDDレコーダーを発送し、回収してもらいましょう。

Q.HDDレコーダーを処分する際、買取に出すことはできるのか?

A.高年式で状態が良好なものであれば、買取に出すことができます。ただし、寿命を迎えたものや年式が古いものは、買取価格がつかない可能性が高いでしょう。家電などを多く取り扱っている業者で査定を受けてみてください。

Q.小型家電リサイクルボックスを利用して処分する場合、事前に申し込みなどは必要となるのか?

A.いいえ、必要ありません。小型家電リサイクルボックスが設置されている場所へHDDレコーダーを持参し、投入口に入れるだけでリサイクル回収が完了します。小型家電リサイクルボックスの設置場所は、自治体のホームページで確認しておきましょう。

まとめ

HDDレコーダーの平均寿命は5〜10年です。寿命が近づくと、さまざまな不具合が生じます。寿命が近づいたら、処分を検討しましょう。HDDレコーダーの処分方法は、粗大ゴミとして出す・小型家電としてリサイクルするなどです。また、業者に依頼し、引き取ってもらう方法もあります。 HDDレコーダーは使用環境や使い方を見直すだけで、寿命を延ばすことも可能です。処分方法だけでなく、寿命を延ばす方法も覚えておきましょう。