遺品整理のゴミ処理でお悩みの方! 主な処分方法や注意点を詳しく!


「遺品整理のゴミ処理について詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 遺品整理では、想像以上に大量のゴミが発生します。単に物量が多いだけでなく、ゴミの種類も多種多様なので、仕分けるのも一苦労です。それに、どんなゴミをどんな方法で処理すべきかよく分かりませんよね。スムーズに遺品整理を進めるためにも、主なゴミの処分方法を詳しく知っておくことが大切です。

そこで今回は、遺品整理のゴミ処理について詳しく解説します。

  1. 遺品整理で出るゴミにはどんな種類がある?
  2. 遺品整理で出たゴミはどんな方法で処理する?
  3. 遺品整理で出たゴミでも買取に出せることがある
  4. 遺品整理業者にゴミ処理を依頼するのがおすすめ
  5. 遺品整理のゴミ処理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理のゴミ処理をスムーズに進めるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.遺品整理で出るゴミにはどんな種類がある?

最初に、遺品整理で出るゴミにはどんな種類があるか詳しく見ていきましょう。

1-1.可燃ゴミ

遺品整理で出るゴミで最も多いのが、可燃ゴミです。可燃ゴミとは、焼却処分できる素材でできたゴミのことで、以下のようなものが当てはまります。

  • 手紙や日記・書類
  • 書籍類
  • 衣類
  • CD・DVD
  • 木製の置きものなど

なお、自治体によっては、ほかの自治体で不燃ゴミに分類するものを可燃ゴミとして回収していることもあります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

1-2.不燃ゴミ

不燃ゴミも、遺品整理で大量に発生します。不燃ゴミとは、主に以下のようなもので焼却処分できないゴミのことです。

  • 小型の家電製品
  • 陶器製の食器類や置きものなど
  • 主な素材がガラス・金属などでできたもの

なお、小型の家電製品については、自治体によって小型家電リサイクル法の対象品目として処分してもらうこともできます。詳しくは、この記事の「2-2-1.小型家電リサイクル法に沿って処分する」を参考にしてください。

1-3.資源ゴミ・金属ゴミなど

自治体によっては、ペットボトルや空き缶・ガラス瓶などを資源ゴミや金属ゴミなどで別途回収しています。回収後は、自治体によって資源リサイクルされ、有効活用してもらえるのがメリットです。特に故人が高齢だった場合はゴミの仕分けがうまくできず、資源ゴミなどで出すべきものがたくさん残っていることがあります。貴重な資源を有効活用するためにも、自治体のルールを確認して、可燃ゴミや不燃ゴミと区別して出すことがおすすめです。

1-4.粗大ゴミ

粗大ゴミも、遺品整理で大量に出ます。テーブルやこたつなどの家具類のほか、家電製品で一定の大きさや重量があるものなどは、粗大ゴミとして処分することになるでしょう。物量によっては、何回にも分けて出す必要があります。なお、粗大ゴミは自治体ごとに回収ルールが異なるので、事前にチェックしておくことが必要です。粗大ゴミの処分方法については、この記事の「2-1-2.粗大ゴミの出し方」も参考にしてください。

1-5.自治体に回収してもらえないゴミ

遺品整理のゴミには、自治体にゴミとして回収してもらえないものもあります。たとえば、以下のようなものです。

1-5-1.回収困難品

大きさや重量があり過ぎる、回収に危険を伴うなどの理由でゴミとして回収してもらえないものもあります。以下は、回収困難品の一例です。

  • 自動車
  • バイク
  • 古タイヤ
  • 石油ストーブ
  • ガスボンベ
  • 消火器
  • ピアノ
  • 大型金庫
  • 薬品類
  • 廃油

なお、自治体によっても回収不可としている品目が異なります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

1-5-2.家電4品目

遺品整理のゴミの中でも、以下のような家電4品目は家電リサイクル法の対象品目となるため、粗大ゴミとして出すことができません。家電リサイクル法とは、対象品目に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。

  • 洗濯機・乾燥機
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ

なお、より詳しい内容は、一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表をご覧ください。

1-5-3.パソコン・パソコン用モニター

最近では、パソコンも遺品のゴミとなるケースが多く見られます。パソコンはパソコンリサイクル法の対象品目となるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。パソコンリサイクル法とは、パソコンとパソコン用モニターに含まれる資源を有効活用することなどを定めた法律です。パソコンリサイクル法に関する詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを参考にしてください。そのほかにも、スマホやタブレットなど、いわゆるデジタル遺品と呼ばれるものは、取り扱いに注意が必要です。故人が急に亡くなった場合などは、パソコン内部に多くの個人データが残ったままになっていることが多いでしょう。適当に処分してしまうと、個人データが流出してトラブルに巻き込まれる可能性があるため、きちんとデータ消去する必要があります。

2.遺品整理で出たゴミはどんな方法で処理する?

遺品整理で出たゴミ処理にはどんな方法があるか、詳しく見ていきましょう。

2-1.自治体回収にゴミとして出す

遺品整理で出たゴミのうち、再資源化できないものは自治体回収にゴミとして出すとよいでしょう。一般的なゴミの出し方については、以下を参考にしてください。

2-1-1.可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなどの出し方

可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミなどは、自治体ごとに決められた集荷場所・曜日・時間に出しておくと無料で回収してもらえます。ただし、自治体によって指定ゴミ袋に入れて出すなど細かなルールが異なるため、必ず確認してください。

2-1-2.粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの出し方には、自治体に回収してもらう方法と自分で自治体のゴミ処理場に持ち込む方法があります。それぞれの一般的な流れを確認しておきましょう。

自治体に回収してもらう

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡して受付番号・集荷場所・集荷日時・料金の指示を受ける
  2. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に受付番号などの必要事項を記入し、粗大ゴミに貼り付ける
  4. 集荷当日になったら、集荷時間より前に集荷場所に運んでおく
  5. 集荷時間以降に自治体の集荷車両により回収される

なお、一部の自治体では、高齢などの理由により自宅前回収を依頼できることもあります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

自分でゴミ処理場に持ち込む

  • 自治体のゴミ処理場の営業時間や持ち込みルールを確認する
  • ゴミ処理場の営業時間内に自分の車などで粗大ゴミを運ぶ
  • 粗大ゴミを引き渡して完了

なお、自治体によっては、ゴミ処理場に持ち込む前に事前予約が必要になることがあります。また、無料で回収してもらえる場合と料金の支払いが必要になるケースに分かれるので、ゴミを持ち込む前にチェックしておきましょう。

2-2.法律に沿って処分する

家電リサイクル法などの指定品目を法律に沿って処分する方法を、詳しく見ていきましょう。

2-2-1.家電リサイクル法に沿って処分する

家電4品目は、家電リサイクル法に沿って処分することができます。家電リサイクル法に沿って処分する場合の流れを、それぞれ確認しておきましょう。

料金販売店回収方式

料金販売店回収方式とは、販売店の店頭で家電リサイクル料金と運搬費用を支払って対象家電を回収してもらう方法です。

  1. 販売店の店頭で家電リサイクル料金と運搬費用を支払い、対象家電の回収を申し込む
  2. 販売店から家電リサイクル券の控えを受け取る
  3. 指定日時に運搬業者がやってきて家電リサイクル券の控えと共に対象家電を回収する
  4. 運搬業者がメーカーの再生工場に運んで完了

料金郵便局振込方式

料金郵便局振込方式とは、郵便局の窓口で家電リサイクル料金を支払い、自分で自治体の指定引取場所に対象家電を持ち込む方法のことです。

  1. 郵便局で対象家電の家電リサイクル料金を支払い、家電リサイクル券の控えを受け取る
  2. 自治体の指定引取場所に連絡し、持ち込み日時を予約する
  3. 予約日時になったら自分で自治体の指定引取場所に対象家電を持ち込む
  4. 対象家電に家電リサイクル券の控えを添えて引き渡す

なお、対象家電の家電リサイクル料金は、家電の種類やメーカーなどによって異なります。詳しくは、一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センターの家電リサイクル券システムリサイクル料金一覧表を参考にしてください。

2-2-2.小型家電リサイクル法に沿って処分する

タブレットやスマホなどの小型家電は、小型家電リサイクル法に沿って処分することができます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源を有効活用するための法律です。小型家電として処分する場合は、役所や商業施設に設置してある「小型家電専用回収ボックス」に投入してください。無料で処分でき、回収後は自治体によって再資源化してもらえます。小型家電の対象品目は自治体ごとに異なるため、自治体のホームページなどで確認してください。なお、自治体によってはノートパソコンも小型家電として処分できる場合があります。

2-2-3.パソコンリサイクル法に沿って処分する

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法に沿って処分することができます。PCリサイクルマークが付いているものは、すでにリサイクル費用や運搬費用を購入時に支払っていることになるため、無料で処分可能です。実際に処分するときの一般的な流れは、以下をご覧ください。

  1. メーカーの受付窓口に連絡しパソコン・パソコン用モニターの回収を依頼する
  2. メーカーから宅配便の着払い伝票が送られてくる
  3. メーカー指定の方法でパソコン・パソコン用モニターをこん包する
  4. こん包の外側に配送伝票を貼り付け、都合のよい日時に宅配業者に回収してもらうか宅配業者の営業所に持ち込んで発送する
  5. 宅配業者がメーカーの再生工場にパソコン・パソコン用モニターを運搬して完了

なお、パソコンやモニターにPCリサイクルマークが付いていない、PCリサイクルマークを紛失したといった場合は、PCリサイクル料金と運搬費用の支払いが必要です。この場合、メーカーにPCリサイクル料金と運搬費用を支払った後、宅配便の着払い伝票が送られてくることになります。

2-3.知人や福祉施設に譲る

遺品整理で出たゴミでも、キレイでまだ十分に使えるものは知人や福祉施設に譲ることも考えてみましょう。まずは、もらってもらえそうな知人や福祉施設をリストアップし、譲り受けてもらえるか聞いてみてください。譲り先が見つかれば、喜んで使ってもらえることで故人の供養にもなり、ものの寿命を延ばすこともできます。なお、福祉施設に譲る場合は配送手段を自分で手配し、配送費用を自己負担することが一般的です。

2-4.遺品整理業者に処分してもらう

遺品整理のゴミは、遺品整理業者に処分してもらうことができます。中でも、遺品整理で豊富な実績がある業者なら、汚れがひどいものでも問題なく回収してもらえるので安心です。なお、遺品整理業者に処分を依頼する場合は、1回数万円程度~が費用目安になります。実際には、部屋数や物量・汚れ具合によって金額が異なるので、業者に見積もりをもらって確認してから正式に依頼するとよいでしょう。

3.遺品整理で出たゴミでも買取に出せることがある

遺品整理で出たゴミでも、条件によっては買取に出すことができます。

3-1.買取してもらえるのはどんな遺品?

遺品の中でも、以下のような条件を満たすものは買取してもらえることがあります。

  • 比較的新しくてキレイ
  • ひどい臭いがない
  • 不具合や故障がなく正常に使える
  • 購入時の付属品や箱などがそろっている
  • 金銭価値が高い
  • 趣味のコレクションなどでマニア人気が高い

3-2.遺品整理で出たゴミを買取に出す方法

遺品整理で出たゴミを買取に出す方法を詳しくご紹介します。

3-2-1.リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップでは、あらゆる不用品を買取してもらえます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどの方法で査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま引き渡して代金を受け取ってください。その場で査定~代金受け取りまで済むので、急ぎで買取してもらいたいときに便利です。なお、物量が多いと持ち込むのが大変、買取不可になった場合は引き取り処分も依頼できないことがあるなどのデメリットもあります。

3-2-2.遺品整理業者に買取してもらう

遺品整理で出たゴミは、遺品整理業者に買取してもらうことも可能です。買取を希望するときは、業者に査定を依頼してください。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼しましょう。遺品整理業者なら、遺品で出たゴミの買取と処分を同時に依頼できる、買取金額と処分費用を相殺することができるなど多くのメリットがあります。なお、買取不可の場合でもそのまま引き取り処分を依頼できる点でもおすすめです。

3-2-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに遺品を出品して売ることもできます。ネットオークションやフリマアプリでは、自分が売りたい価格を設定できる、傷や汚れがあるものでも出品できるなどが主なメリットです。一方、タイミングによってはなかなか落札されない、クレームや支払い遅延が発生したら自分で対応する必要がある、こん包や発送の手間がかかることなどがデメリットになります。そのため、普段から出品し慣れている人におすすめの方法です。

4.遺品整理業者にゴミ処理を依頼するのがおすすめ

遺品整理のゴミ処理は、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。

4-1.遺品整理業者にゴミ処理を依頼するメリット・デメリット

遺品整理業者にゴミ処理を依頼すると、以下のようなメリット・デメリットがあります。実際に依頼する前に、両方ともよく理解しておきましょう。

メリット

  • 大量にゴミがあっても1回で回収してもらえる
  • 仕分け作業から依頼できる
  • 自分たちでやるよりも仕上がりがキレイ
  • 時間と労力の大幅な節約になる
  • 都合のよい日時と場所を指定して作業してもらえる
  • 家電リサイクル料金やパソコンリサイクル料金の支払い手続きが不要になる
  • 業者によっては同時に買取も依頼できる
  • 業者によっては同時に消毒作業や害虫駆除作業も依頼できる
  • 第三者に作業を依頼することで気持ちに区切りが付く

デメリット

  • 一般的には数万円以上の費用がかかる
  • 部屋数・汚れ具合・物量によっては費用が高く付くことがある
  • ほかの人に家の中を見られることになる

4-2.信頼できる業者に依頼することがポイント

遺品整理のゴミ処理は、以下のポイントを参考にして信頼できると判断した業者に依頼しましょう。

  • 遺品整理のゴミ処理で豊富な実績がある
  • 遺品整理で詳しい知識がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 回収後の遺品を適切な方法でリサイクルしている
  • 現場視察および見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 希望の日時に作業してもらえる
  • スタッフの対応が親切で顧客からの評判もよい
  • 古物商など業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、遺品整理のゴミ処理を数多くお受けしており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

4-3.悪質業者に依頼しないこと

遺品整理のゴミ処理は、悪質業者に依頼しないことが大切です。大切な遺品を雑に扱われたり、依頼していないものまで勝手にゴミ処理されてしまったりします。特に、以下のような特徴が見られる業者には依頼しないでください。

  • 突然訪問してきたり勧誘電話をしつこくかけてきたりする
  • 「今だけ通常料金の80%引きで契約できる」などお得感を前面に出す
  • 何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • 見積もりだけでも有料
  • 不透明で法外に高い料金システム
  • キッパリ断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • 身分証や社員証の提示を渋る
  • きちんとした見積もりや契約書を作成しない
  • 不法営業をしている可能性が高い

5.遺品整理のゴミ処理に関するよくある質問

最後に、遺品整理のゴミ処理に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.遺品整理のゴミ処理を自分たちで行うメリット・デメリットは?

A.以下を参考にしてください。

メリット

  • ゴミ処理費用が安く上がる
  • 自分たちのペースで作業できる
  • 達成感がある

デメリット

  • 時間や労力が多くかかる
  • ゴミの仕分けや処分が大変
  • 汚れや臭い・害虫などにより気分が悪くなることがある
  • 孤独死などの後では、特殊清掃や消毒作業を別途依頼せざるを得ないことがある
  • 状況によっては感染症にかかる恐れがある

Q.自治体回収で粗大ゴミをまとめて出すと節約になる?

A.いいえ。粗大ゴミは、基本的に1点ずつ回収費用がかかるため、まとめて出しても節約にはなりません。また、自治体によっては1回3点までなど、処分できる数量が限られていることもあるので注意してください。

Q.遺品整理のゴミを回収する際、業者が家に傷を付けたのですが?

A.信頼できる業者なら、万が一のときに備えて損害賠償保険に加入しています。明らかに業者の落ち度による傷なら保証してもらえるので、確認してみてください。

Q.遺品整理のゴミ処理はいつから始めるべきか?

A.特に決まりはありません。一般的には、49日法要などの法事が済んだ後に作業を始めるケースが多くなります。特に、遺産相続が関係する場合は、急いで作業すると親族間でトラブルになりがちなので注意しましょう。なお、賃貸物件で退去期限が迫っている、孤独死などで早急に消毒作業や特殊清掃が必要な場合は、できるだけ早めに手を付けてください。

Q.業者が作業している間は在宅すべきか?

A.多くの場合、最初と最後に立ち会いすれば、ずっと在宅する必要はありません。ただし、業者によっても対応が異なるので、詳しくは業者に確認してみてください。

まとめ

今回は、遺品整理のゴミ処理について詳しく解説しました。遺品整理では、想像以上に大量かつさまざまな種類のゴミが出ます。遺品整理をスムーズに進めるためにも、ゴミ処理の方法を考えておき、早めに片付けることが大切です。なお、遺品整理のゴミ処理は、信頼できる遺品整理業者に依頼することをおすすめします。大量のゴミがあっても自分で仕分けする必要がなく、都合のよい日時を指定して作業してもらえる、可能なものは買取してもらえるなど、多くのメリットがあるからです。まずは、この記事を参考にして信頼できる遺品整理業者によく相談してみるとよいでしょう。