遺品整理のポイントは? 成功させるコツや進める際の注意点なども


遺品整理が思うように進まず、途中で諦めたり逆にゴチャゴチャな状態になったりすることもあります。実際に、どのように遺品整理を進めていけばいいのかと悩んでいる方は多いでしょう。遺品整理で押さえるべきポイントや注意点をきちんと事前に把握しておけば、スピーディーに片付けられるはずです。

そこで、本記事では、遺品整理で押さえておきたいポイントなどについて解説します。

  1. 遺品整理とは?
  2. 遺品整理で押さえるべきポイント
  3. 遺品整理を成功させるコツ
  4. 遺品整理を進める際の注意点
  5. 遺品整理に関してよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理をスムーズに進めるコツや注意点などが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.遺品整理とは?

最初に、遺品整理とはどのようなことをするものなのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.故人の持ち物や家屋を整理すること

簡単に説明すると、亡くなった人の持ち物や家屋を整理することを遺品整理といいます。たとえば、家族が亡くなった場合、その故人の持ち物や家屋は使わなくなるので片付けなければなりません。ちなみに、遺品整理で行う具体的な内容は以下のとおりです。

  • 貴重品・金品類を把握し財産分与を行う
  • 大切な思い出がつまった品の形見分けを行う
  • その他の不要なものを処分する

価値があるものは遺産になるので相続者同士で財産分与を行うことになります。故人との思い出がつまっているものはそれぞれ人によって異なるため、形見分けも大切な作業の1つです。そして、最後に要らないものを処分することになります。

1-2.遺品整理のベストタイミングは「四十九日」

どのタイミングで遺品整理を行えばいいのか分からない方は多いと思いますが、理想のタイミングは「四十九日」だといわれています。通夜や葬式の直後ではバタバタしていますし、気持ちの整理もつかないまま片付けてしまうと、逆に作業が進められなくなる恐れがあるでしょう。また、遺族同士でのトラブルを未然に防ぐという意味でも、ある程度時間が経過し、親族が集まりやすい法事がベストタイミングです。

2.遺品整理で押さえるべきポイント

それでは、遺品整理で押さえるべきポイントをいくつか紹介します。

2-1.遺品整理はできるだけ早めに行う

遺品整理のポイントとしては、早めに片付けを始めることです。前述したように、遺品整理を行うタイミングは「四十九日」といった法事がベストタイミングではありますが、早めに行ったほうが吉でしょう。特に、賃貸物件の場合は、遺品整理を始めなければいつまでも家賃を支払い続けなければなりません。また、遺品整理を放置すればするほど、ホコリやゴミがたまってしまう恐れがあります。最悪な状況にならないためにも、早めに遺品整理を行うことが大切なポイントです。四十九日のほかには、状況が落ち着いて手続きを済ませた後や葬儀後すぐに遺品整理を行うケースもあります。

2-2.遺品整理でやるべきことをチェックする

やるべきことをきちんと把握することも、遺品整理の大切なポイントとなります。遺品整理で行うことはケースバイケースなので、状況をきちんと理解した上で優先順位をつけてください。不用品の片付け・遺品供養・遺産分割・不動産の売却など、遺品整理でやるべきことリストを作るといいでしょう。また、孤独死の場合などは原状回復工事や特殊清掃も必要となります。遺品整理を始める前に、何から始めるべきなのかリストにピックアップし、済ませたらチェックを入れていくと分かりやすくなるのでおすすめです。

2-3.不用品の処分にかかる費用を確認する

遺品整理でお金がかかる項目といえば、不用品の処分です。遺産や形見分け以外に残った不用品をすべて処分しなければならないため、遺品の量がたくさんあるほど処分費用もかかることになります。自分たちで分類したり処分したりできる量なら、自治体回収を利用するのも選択肢の1つです。ただし、不用品の量が多い場合は、専門業者へ処分を依頼したほうがいいでしょう。業者に処分を依頼する場合、いくらぐらい費用がかるのか大まかな料金をチェックしてください。あくまで目安となりますが、1点あたり3,000~5,000円が処分費用となります。

3.遺品整理を成功させるコツ

ここでは、遺品整理を成功させるコツをいくつか紹介します。

3-1.まずは気持ちの整理をつけることが大事

気持ちの整理がつかないまま遺品整理を始めても、途中で順調に進められなくなってしまう恐れがあります。「遺品整理しないと」「早く片付けなくては」と焦って遺品整理を始めるのはNGです。大切な人が亡くなった後は、誰でも何もする気が起こりませんし、動きたくない気持ちになるでしょう。その場合は、まずは気持ちの整理をつけることから始めてみてください。確かに、遺品整理は早めに作業したほうが良いとされていますが、自分の気持ちに逆らってするまででもありません。どうしても気持ちの整理ができない場合は、遺品整理業者に依頼するのも選択肢の1つです。

3-2.形見分けの意味を理解する

形見分けの意味をきちんと理解することも、遺品整理を成功させるポイントの1つです。形見分けとは、故人の遺品を親しい人で分け合うことを意味しています。絶対に必要ではありませんが、相続者全員が集まって行うことで身内同士のトラブルが回避できるでしょう。相続者だけでなく、故人と縁が深かった人も遺品を欲しがっている可能性があります。基本的には身内や親族で形見分けをすることになりますが、縁のあった人にも声をかけてください。

3-3.先に貴重品や大事な書類を探す

遺品整理を始める場合、どこから手をつけるべきか悩んでいる方が多いのですが、いきなり不用品から仕分けるのではなく、貴重品や大事な書類を見つけ出すところから始めるのがポイントです。たとえば、遺品の中には通帳・印鑑・年金手帳・保険関係や不動産関係の書類など、これからの手続きに必要なものもたくさん含まれています。さらに貴金属やジュエリーといった高価なものもあるでしょう。これらの貴重品はとても大切なものなので、絶対になくさないように間違って処分してしまわないように注意しなければなりません。

3-4.貴重品以外のものを3つに分類する

貴重品や書類関係を見つけ出した後は、貴重品以外のものを「残す・捨てる・保留」の3つに分類していくことになります。この3つに分類することも、遺品整理をスムーズに進めるための大切なポイントです。ただ、勝手に自分だけで判断してしまうと後で親族間のトラブルに発展してしまう恐れがあります。トラブルを未然に防ぐためにも、家族や親族の間でよく話し合いましょう。そして、このようなものは捨てる・残すという判断基準を明確にすることが大切です。どうしても判断に迷ってしまうものは後でじっくり考えるために、保留しておくと作業が進めやすくなります。

3-5.売れるものは売る

遺品の量が多いほど処分費用がかかるものですが、遺品の中でも売れるものがあります。処分費用を最小限に抑えるためにも、売れるものは売るのがポイントです。遺品整理業者や不用品回収業者・リサイクルショップ・質屋・ネットオークション・フリマアプリなどで遺品は売却できます。アクセサリーやブランドものはもちろんのこと、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・テーブルといった大型家電や家具も買取対象です。ただし、正常に使えるかどうかが買取のポイントとなります。

4.遺品整理を進める際の注意点

ここでは、遺品整理を進める際の注意点を紹介します。

4-1.故人の意思を尊重する

遺品整理を始める前に、遺言書やエンディングノートが遺(のこ)されていないか、必ずチェックしておかなければなりません。特に、遺言書は法的効力があるものなので、形見分けや遺品整理に関する内容が記載されているのなら、その内容どおりに行う必要があります。エンディングノートは法的効力はありませんが、故人の意思を尊重する意味でも重要なものです。貴重品を捜索するときに、エンディングノートや遺言書らしきものがないか、よく探してください。

4-2.自分1人で遺品整理を進めるのはNG

家族や親族に連絡をせず、自分勝手に遺品整理を行わないように注意してください。自分勝手に遺品整理を進めてしまうと、後で親族間でのトラブルに発展してしまう恐れがあります。たとえば、「これは残してほしかったのに」「貴重品やアクセサリーを自分のものにするつもりだったのでは」といった疑いを向けられてしまうこともあるでしょう。身内だからこそトラブルになってしまうと後々面倒なことになってしまいます。トラブルを未然に防ぐためにも、いつどこで遺品整理を行うのか話し合って決めたり、きちんと連絡したりすることを心がけてください。

4-3.業者選びにも要注意!

遺品整理や不用品の処分を業者に依頼する場合、依頼する業者選びにも注意しておかなければなりません。業者の中には、後で高額な費用を請求したり、きちんと作業してくれなかったりするなど悪徳業者が存在しています。特に、最近では、遺品整理や不用品の処分を業者に依頼するケースが増えてきたため、悪徳業者とのトラブルも増加しているのです。悪徳業者に引っかからないようにするために、以下のポイントを踏まえた上で信用できる業者を選んでください。

  • 不用品の処分や買取に力を入れているか
  • どのようなサービスを行っているかホームページ等に記載されているか
  • 古物商や産業廃棄物運搬など必要な許可を取得しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

5.遺品整理に関してよくある質問

遺品整理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不用品処分と遺品整理の違いは?

A.亡くなった人がどのようなものを持っていたのか把握し、必要なものとそうでないものを振り分けることが遺品整理です。遺品整理は故人の思い出と向き合うという意味も含まれています。一方、不用品処分はすべてをゴミとして処分することです。ただのゴミを処分する不用品処分と、故人のものと向き合いながら必要なものと必要でないものを振り分ける遺品整理には大きな違いがあります。

Q.形見分けでは何を分けるのか?

A.人それぞれで異なりますが、形見分けで分けるものは衣類や所持品などです。基本的に、現金・株券といった資産価値があるものは遺産となるので形見分けで分けることにはなりません。故人が持っていた日用品から形見分けをすることになりますが、カメラや着物といった高価なものは慎重に分ける必要があります。

Q.貴重品以外で残しておいたほうがいいものは?

A.日記・手紙・住所録・仕事の書類関係は手元に残しておいたほうがいいでしょう。ここで結構問題になるのがアルバムやビデオ映像といった思い出の品です。すべての思い出の品を残すことはなかなか難しいことなので、厳選してください。どうしても選びきれない場合は、すべて写真に残してデータ化する方法もあります。

Q.業者に依頼する際の注意点は?

A.事前にどこからどこまで作業をしてくれるのか・費用は全体でいくらぐらいなのか確認することです。きちんと自分で確認せずに、すべて業者へ任せるという方がいますが、後でトラブルになりやすいので注意してください。特に、遺品整理業者へ依頼する際は、業者によってどこからどこまで作業をしてくれるのか範囲が異なります。また、追加費用が発生するケースもあるため、事前の確認が必要です。

Q.おすすめの回収業者は?

A.不用品の回収と買取を行っている業者がおすすめです。たとえば、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターの場合、買取と回収が同時に利用できるため、たとえ買取不可になったとしても処分できます。わざわざほかの業者を探したり依頼したりする必要がないため、スピーディーな処分が可能です。無料相談や無料見積もりも行っているので、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

気持ちを整理すること・きちんと手順を把握することが、遺品整理を順調に進めるポイントとなります。スピーディーに片付けるためにも、まずは遺品の量を把握してください。そして、自分での作業が無理な場合は、専門業者に依頼するといいでしょう。遺品の量が多いほど処分費用もかかってしまうため、売れるものは売るのもポイントの1つです。回収業者の中には、買取サービスも行っているところがあるのでぜひチェックしてみてください。