遺品を分類する際の準備やポイントを紹介! 処分方法も覚えておこう!


遺品は、分類して整理や処分を行わなければなりません。分類が必要とはいえ、膨大な遺品をどのように分類すればいいのか、分類する前にどんな準備をすればいいのかなど、分からない点も多いでしょう。効率よく遺品を分類するポイントなどを知っておけば、スムーズに作業を進めることができます。遺品整理や生前整理を検討されている方は、遺品を分類するポイントや遺品の処分方法などを覚えておきましょう。

  1. 遺品を分類する際の準備
  2. 遺品を分類するポイント
  3. 遺品を処分する方法
  4. 遺品を形見分けや寄付する方法
  5. 遺品の分類や処分でよくある質問

遺品は、故人が愛用していた大切な品です。遺品整理後に譲ることができるように、形見分けなどの方法も覚えておきましょう。

1.遺品を分類する際の準備

遺品を分類する際は、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?

1-1.計画を立てる

遺品整理は、計画を立てて行うことが大切です。終える時期などを踏まえ、スケジュールを組んでおきましょう。同時に、遺品の分類をするのにかける日数なども、あらかじめ決めておけば、目標を持って取り組むことができます。

1-2.リストを作る

遺品整理をする際は、分類する遺品のリストを作りましょう。大まかに遺品の分類を決めてリスト化しておくことで、作業効率を上げることができます。

1-3.作業用具を準備しておく

遺品の分類を行う際に必要な作業用具を準備しておきましょう。ダンボール・ゴミ袋・ガムテープ・軍手などがあると、作業を進めやすくなります。

2.遺品を分類するポイント

遺品はどのように分類していけばいいのでしょうか? 分類する際のポイントをご紹介します。

2-1.大まかに仕分けていく

遺品を分類する際は、いきなり細かな分類をするのではなく、最初は大まかな仕分けをしていくことが大切です。必要品・不用品・保留にする品などに分けていきましょう。保留にする品は、必要品と不用品に分けるのに迷うもののことです。

2-2.金品や金銭価値があるものは別にしておく

遺品の分類をする際は、まず金品や金銭価値があるものを別にしておくと、紛失などのトラブルを防ぐことができます。現金・有価証券・貴金属・不動産権利書・預金通帳などです。

2-3.買取に出すものを決めておく

家具や家電など、買取に出すものを決めておくといいでしょう。買取先などもいくつかピックアップしておき、スムーズに査定を受けられるようにしておくと安心です。

3.遺品を処分する方法

遺品を分類した後、不用品が出た場合、どのように処分すればいいのでしょうか? 遺品の処分方法についてご紹介します。

3-1.自治体回収

自治体回収で遺品を処分する方法があります。自治体のルールに沿って、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミなどに分けて出しましょう。粗大ゴミの場合、自治体への事前申請が必要です。手続きや手数料の支払いを終えてから、指定された日に粗大ゴミとして出してください。

3-2.不用品回収業者

不用品回収業者に依頼し、遺品を引き取ってもらう方法があります。不用品回収業者は、遺品の分別や運搬などの手間がいらず、まとめて回収してくれるのがメリットです。スピーディーに対応してくれるため、遺品の処分を急ぐ方に適しています。ただし、回収費用が割高です。できるだけ不要な遺品をまとめて回収してもらい、お得に処分できる料金プランを利用することが、コストダウンするためのポイントとなります。

3-3.遺品整理業者

遺品整理業者は、遺品をまとめて引き取り、供養して処分する業者です。遺品を不用品として扱うことなく、丁寧に供養してもらえるため、遺族は安心感を抱くことができます。遺品の処分だけでなく、分類や仕分けなどを依頼したい場合にもおすすめです。費用はかかりますが、短期間で遺品整理を終えることができるのがメリットでしょう。

3-4.買取に出す

遺品は処分するだけでなく、価値あるものは買取に出す方法も検討してみましょう。買取先は、リサイクルショップ・不用品回収業者・遺品整理業者などです。

3-4-1.リサイクルショップ

リサイクルショップは査定時に持ち込みを要するため、家具や家電などの家財道具は重量があり、運搬時の肉体的負担が懸念されるでしょう。また、リサイクルショップの査定基準は厳しく、基準に満たないものは買取不可となるのです。

3-4-2.不用品回収業者は買取にも対応している

不用品回収業者は、買取にも対応しているのが特徴です。遺品の回収を不用品回収業者に依頼する方は、遺品の買取が可能か、見積時に相談しておくといいでしょう。業者ごとに買取価格が異なるため、複数の業者で見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。

3-4-3.遺品整理業者でも買取してもらえる

不用品回収業者と同様に、遺品整理業者も遺品の回収以外に、買取してもらえる場合があります。遺品整理業者に問い合わせをし、買取に応じてもらえるか確かめておきましょう。遺品を実際に見てもらい、買取価格を提示してもらいます。買取価格は業者によって差があるため、少なくとも3〜4社の買取価格を比較し、相場を知ってから買取に出すことが大切です。

4.遺品を形見分けや寄付する方法

遺品は、形見分けをする場合があります。また、不要になった遺品を寄付するケースもあるでしょう。形見分けや寄付をする場合の方法をご紹介します。

4-1.故人の意思を尊重する

遺品の形見分けや寄付は、故人の意思を尊重して行うことが大切です。エンディングノートや遺言書がある場合、誰に何を譲るという内容の記載がないか確認してください。

4-2.四十九日法要を目安に行う

遺品の形見分けや寄付は、四十九日法要を目安に行いましょう。四十九日法要では、親族一同が集まります。遺産相続協議などを執り行う場でもあるのです。遺品の形見分けや寄付について、法定相続人全員で話し合い、譲り先などを考えましょう。

4-3.寄付先なども話し合って決める

寄付先は、遺品の種類によって異なります。NPO団体に寄付する場合もあれば、共通の趣味を持つコレクターなどに譲る場合もあるでしょう。寄付先だけでなく、誰が送料を負担するのかなども、法定相続人全員で納得できる話し合いをしてください。

5.遺品の分類や処分でよくある質問

遺品の分類や処分に関する質問を集めました。

Q.遺品の分類で保留にしたものは、どのくらいの期間保管しておいたほうがいいのか?

A.保留にしたものは、1年を目安に保管しておきましょう。気持ちの整理ができたら、1年を待たずに処分しても構いません。

Q.遺品整理業者に遺品の処分を依頼した場合、供養してもらうのに費用は別途かかるのか?

A.いいえ、かからない場合がほとんどです。遺品の処分費用だけで、供養は無償で行ってもらえるでしょう。とはいえ、料金体系は業者によって異なります。遺品整理業者に見積もりを出してもらう際、供養や処分にかかる費用を確かめてください。

Q.遺品の形見分けや寄付をする際、譲る相手に意思確認をしたほうがいいのか?

A.はい、相手の意思確認をしてください。故人が大切にしたものとはいえ、形見分けや寄付を無理強いしてはいけないからです。

Q.遺品の分類を行うスケジュールを組む際、部屋ごとに日程を組んだほうがいいのか?

A.はい、部屋ごとに予定を組んでください。一度に複数の部屋に手をつけてしまうと、ものがあふれて収拾がつかなくなってしまうためです。部屋ごとに日程を組んでいれば、効率よく遺品の分類を進めることができます。

Q.遺品の分類で資産価値があるものが出てきた場合はどうすべきか?

A.資産価値があるものは、相続対象となる可能性が高いでしょう。そのため、遺産相続協議の際に法定相続人全員で話し合い、誰が何を相続するのかを決めることが大切です。

まとめ

遺品の分類を行う際は、事前にスケジュールを組んでおくことで、効率よく作業を進めることができます。遺品のリストを作っておくと便利です。金銭価値があるものなどは相続対象となるため、別に保管しておくことをおすすめします。不用品として仕分けた遺品は、処分しなければなりません。遺品の処分に困らないよう、具体的な処分方法や形見分けなどについても覚えておきましょう。