パソコンを捨てる前にやるべきことは? 安全で適切に処分する方法!


「パソコンを捨てる前にやるべきことを詳しく知りたい」という人は多いでしょう。パソコンには個人情報を含む重要なデータが大量に入っているため、そのまま捨ててしまうと大変危険です。また、処分方法についても、ゴミとして捨てられないので注意が必要になります。

この記事では、パソコンを捨てる前にやるべきことや、不要になったパソコンの処分方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. パソコンをそのまま捨てるとどうなるのか?
  2. パソコンを捨てる前にやるべきこと
  3. パソコンのデータを消去する方法は?
  4. パソコンの処分方法を紹介
  5. パソコンの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンのデータを自分で消去する場合の手順や、お得に処分する方法などが分かるはずです。

1.パソコンをそのまま捨てるとどうなるのか?

まずは、パソコンをそのまま捨てることで起こり得る問題点についてご紹介しましょう。

1-1.ゴミとして捨てると不法投棄になる

パソコンには金や銀・パラジウムなどのレアメタルが使われているため、そうした希少資源を再利用する必要があるのです。そのため、燃えないゴミや粗大ゴミとして出しても回収してもらえません。不法投棄として罪に問われる可能性もあるので十分注意してください。

1-2.データが流出して悪用される

パソコンには、メールアドレスや住所・クレジットカード情報など、重要なデータが大量に入っています。そのデータを残したままパソコンを処分すると、重要なデータが流出して第三者に悪用されてしまう可能性があるのです。自分だけでなく、家族や友人のデータが流出してしまう恐れもあるということを覚えておきましょう。

2.パソコンを捨てる前にやるべきこと

パソコンを捨てる前にやるべきことをまとめました。

2-1.データを移行する

データを消去する前に、重要なデータを忘れずに移行しておきましょう。すでに新しいパソコンを購入している場合は、2台のパソコンをUSBケーブルで接続して必要なデータを移行してください。また、専用ソフトを使ってデータを丸ごと移行することも可能です。

2-2.バックアップをとる

外付けハードディスクやUSBメモリーなどにデータのバックアップをとる方法もあります。新しいパソコンを購入してからデータを移すことが可能です。バックアップの手順はWindowsの場合とMacの場合で異なるため、必ず事前に確認してください。

2-3.データを消去する

データの移行やバックアップが完了したら、データを消去しましょう。データの消去方法には、専用ソフトを使うかハードディスクを物理的に破壊するかの2種類があります。自分で消去する自信がない人は業者に依頼することも可能です。詳しい消去方法については次項でご紹介します。

3.パソコンのデータを消去する方法は?

パソコンのデータ消去について、方法ごとに詳しくご紹介しましょう。

3-1.専用ソフトを使った方法

パソコンが正常に動作する場合は、専用ソフトを使うのがおすすめです。データ消去ソフトには無料のものと有料のものがあるのでチェックしてみるとよいでしょう。こうしたソフトを使って無意味なデータを上書きすることで、もともとのデータを読み込めなくします。

3-2.ハードディスクを破壊する方法

パソコンが故障していて電源が入らない場合などは、ハードディスクを物理的に破壊するとよいでしょう。ドリルやハンマーで破壊してしまえば、データを読み込むことはできなくなります。

3-3.業者に依頼する場合

自分でデータ消去する自信がない場合は、業者への依頼を検討するのもおすすめです。パソコン専門店や回収業者の中には、データ消去の代行サービスを行っているところもたくさんあります。専用の装置を使って確実にデータを消去してもらえるので安心です。

4.パソコンの処分方法を紹介

パソコンを処分する方法には、以下のようなものがあります。

4-1.回収可能な自治体もある

小型家電リサイクルの取り組みを行っている自治体では、パソコンを小型家電として回収しているところもあります。公共施設や家電量販店などに設置されている回収ボックスに投かんするなど、回収方法は自治体によって決められているので確認してください。

4-2.メーカーの回収サービスを利用する

各パソコンメーカーが行っている回収サービスを利用する方法もあります。この場合、リサイクルマークがついているパソコンは無料で回収してもらうことが可能です。メーカーのホームページから申し込みが可能なので流れをチェックしておきましょう。

4-3.販売店に引き取りを依頼する

新しいパソコンの購入と引き換えに古いパソコンを引き取ってくれる販売店もあります。購入と処分が同時にできるのは大きなメリットでしょう。ただし、引き取りサービスを行っていない販売店もあるため、事前に確認してください。

4-4.不用品回収業者に回収してもらう

パソコンのほかにも処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。希望の日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえるため、手間をかけずに済みます。

4-5.買取に出す

状態のよいパソコンは買取に出すことをおすすめします。故障や不具合・目立つ汚れなどがなく、有名メーカーのパソコンであれば買取対象になる可能性が高いでしょう。リサイクルショップやパソコン専門の買取業者・中古パソコンショップなどに依頼できます。また、買取も同時に行っている不用品回収業者を利用するのもよいでしょう。

5.パソコンの処分に関するよくある質問

「パソコンを処分したい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.パソコンの寿命は何年ぐらいでしょうか?

A.使用頻度や使い方にもよりますが、平均すると5年前後といわれています。

Q.無料で使えるおすすめのデータ消去ソフトを教えてください。

A.DESTROYwipe-outなどがおすすめです。

Q.パソコン周辺機器はゴミとして捨てられますか?

A.キーボードやマウス・プリンターなどの周辺機器は、不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることが可能です。何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるので確認してください。

Q.パソコンをできるだけ高く買取してもらうコツは何ですか?

A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。正常に動作するか確認すること・なるべく早く買取に出すこともポイントです。

Q.不用品回収業者を選ぶ際は、どんなポイントをチェックすべきでしょうか?

A.豊富な実績があるか・料金体系が分かりやすいか・無料見積もりを受け付けているかなどをチェックしてください。

まとめ

パソコンをそのまま捨てることの問題点や捨てる前にやるべきこと・処分方法などを詳しくご紹介しました。パソコンが不要になった際は必ずデータを消去し、適切な方法で処分しなければなりません。ぜひこの記事を参考に、パソコンをスムーズに処分してください。