汚部屋はリスクがいっぱい! 掃除する手順や不用品の処分方法を紹介


汚部屋はゴミや不用品が大量にある状態です。放置するとさまざまな弊害が起きることから、掃除をしてきれいな環境に戻すことが求められます。掃除が必要とはいえ、汚部屋の掃除はどうやればいいのか、大量の不用品をどう処分すればいいのかなど、分からない点も多いでしょう。汚部屋の掃除を検討されている方は、掃除の手順や不用品の処分方法を覚えておいてください。

  1. 汚部屋を放置する問題点
  2. 汚部屋の掃除に役立つアイテム
  3. 汚部屋を掃除する手順
  4. 汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法
  5. きれいな部屋を維持するには?
  6. 汚部屋の掃除でよくある質問

汚部屋の掃除は時間がかかります。効率よく掃除が進められるよう、手順をしっかり理解しておきましょう。また、掃除後にリバウンドするのを防ぐため、きれいな環境を維持するコツなどを覚えておくと安心です。

1.汚部屋を放置する問題点

汚部屋をそのまま放置してしまうと、どんなリスクが伴うのでしょうか? 問題点について考えていきます。

1-1.健康被害

汚部屋にはゴミやホコリなどが蓄積されているため、アレルギー疾患や喘息(ぜんそく)など健康被害が起きる可能性があります。原因となっている汚部屋を掃除しなければ、健康状態は慢性化し、症状が長引いてしまうでしょう。

1-2.害虫や害獣の発生

汚部屋にあるゴミなどが腐敗し、害虫や害獣の発生が起きることが懸念されます。害虫や害獣が発生してしまうと、完全に駆除するまでに時間と多額の費用がかかるため、早めに掃除を行い、環境改善をすることが望ましいのです。

1-3.不審火

汚部屋やゴミ屋敷に共通していえるのは、犯罪の温床になる可能性があることです。特に、不審火や放火などの犯罪に巻き込まれやすくなるなど、近隣の治安悪化にもつながる場合もあるでしょう。

1-4.近隣トラブル

汚部屋やゴミ屋敷などは、近隣トラブルが絶えません。腐敗臭・害虫や害獣などの発生・公道まであふれ出たゴミなどが、近隣住民の平穏な暮らしを脅かしてしまうのです。近隣住民によるクレームが続き、退去を迫られる可能性もあります。

1-5.時間とお金の浪費

汚部屋で暮らしていると、時間とお金の浪費が問題となります。探しものに時間がかかり、ものの管理ができないことから、無駄な買い物をしてしまうなど、浪費が続いてしまうのです。ものの管理ができるよう、汚部屋をきれいに掃除しましょう。

2.汚部屋の掃除に役立つアイテム

汚部屋の掃除に便利なアイテムをご紹介します。

2-1.ゴミ袋もしくはダンボール

汚部屋には大量のゴミがあふれているため、掃除の際は大まかな仕分けを要します。ゴミ袋やダンボールを用意しておけば、スムーズに仕分けができるでしょう。

2-2.掃除機

掃除機は、ホコリを取り除くのに便利です。汚部屋には大量のホコリやハウスダストが蓄積しています。換気をしながら、掃除機で徹底的にホコリなどを吸い取ることが大切です。

2-3.雑巾・モップ・フロアワイパー

掃除機だけでは頑固にこびりついた汚れまで取り除くことができません。雑巾・モップ・フロアワイパーなどを準備しておき、拭き掃除を行うといいでしょう。水拭きすることで、よりきれいな状態に近づけることができます。

2-4.住宅用洗剤・重曹など

汚れなどから悪臭が発生している場合が多いため、洗剤を使ってきれいに掃除を行いましょう。掃除には、住宅用洗剤や重曹などを使うと、すっきり汚れを取り除くことができます。洗剤の種類は、汚れの状態や使用場所によって使い分けてください。

3.汚部屋を掃除する手順

汚部屋を効率よく掃除するために、手順をしっかり覚えておきましょう。

3-1.不用品の仕分け

まず、不用品の仕分けを行いましょう。処分するもの・必要品と大まかに仕分けをしてください。汚部屋には不用品があふれています。ある程度不用品を選別することで、掃除が進めやすくなるのです。できるだけものを減らす努力をしましょう。

3-2.ものの処分に迷ったら保留にする

仕分けをしていく際、ものの処分に迷うことがあります。迷ったら、いったん保留にしておき、一定期間保管した後にどうするか考えるといいでしょう。保留ボックスなどを用意しておくと便利です。

3-3.不用品の処分

掃除を進める前に、不用品の処分を終えておきましょう。不用品がなくなるだけで、床面などをしっかり確認でき、掃除がしやすい状態になります。自治体回収に出すまでに時間がかかる場合は、業者などに依頼し、一括回収してもらうと迅速に処理できるでしょう。

3-4.整理整頓して収納する

仕分けと不用品の処分を終えたら、必要品を整理整頓して収納しましょう。整理整頓する際に注意したいのは、ものの定位置を決めることです。定位置を決めておけば、ものの管理がしやすくなります。また、収納の8割程度にものを抑えることを意識することも重要です。

3-5.床面の掃除

床面全体に掃除機をかけ、ホコリやハウスダストを徹底的に吸い取りましょう。必要に応じてほうきを使うと、ホコリを巻き上げずに屋外へ出すことができて便利です。掃除機かけを終えたら、床の拭き掃除を行ってください。洗剤を使ったら、洗剤成分が残らないよう仕上げ拭きもしておきましょう。

3-6.汚部屋を掃除する際の注意点

汚部屋を掃除する際は、一気にいろいろな場所へ手をつけず、1部屋ずつ始めていきましょう。一気に始めてしまうと、ものがあふれて収拾がつかず、掃除が行き詰まってしまいます。最初は一番過ごす時間が長いリビングから始めるなど、順番を決めておくといいでしょう。

4.汚部屋の掃除で出た不用品の処分方法

汚部屋の掃除をすると、大量の不用品が出て困ることがあります。不用品の処分方法を覚えておきましょう。

4-1.自治体回収

自治体回収を利用し、不用品の処分を行う方法があります。自治体回収は、費用負担が軽いのがメリットです。ただし、自治体回収を利用する際は、分別ルールをきちんと守ることが求められます。事前に分別をしっかり行っておき、正しくゴミを出すことが大切です。また、粗大ゴミとして処分する場合は、自治体へ事前申請をし、手数料の支払いなどを終えてから、指定回収日に出してください。

4-2.不用品回収業者

不用品回収業者に依頼し、不用品を引き取ってもらう方法があります。不用品の回収を専門に行う業者であるため、一気に不用品の処分を終えることができるのがメリットです。迅速な対応をモットーとしており、即日対応が可能な業者もあります。ただし、回収費用が割高です。業者を選ぶ際は、複数の業者で見積もりを出してもらい、費用やサービス内容などを比較してください。

4-3.買取に出す

不用品の中にまだ使えるものがあれば、買取に出すという選択肢もあります。買取査定は、リサイクルショップや不用品回収業者に依頼しましょう。とはいえ、汚部屋にあったものは、汚損がひどいものが多く、査定基準に満たない場合があるでしょう。あくまでも、買取対象となるのは、状態が良好なものに限定されるので注意してください。

5.きれいな部屋を維持するには?

汚部屋の掃除を終えたら、きれいな状態を維持できるよう努力しなければなりません。きれいな部屋を維持するコツをご紹介します。

5-1.ものの定位置を決める

ものの定位置を決め、使ったら元に戻す習慣を身につけましょう。きちんと元の位置に戻しておけば、部屋が散らかることがありません。

5-2.ものを増やさない

掃除でものを大幅に減らすことができたなら、ものを増やさない努力を続けましょう。衝動買いの癖がある方は、特に注意が必要です。1つ買ったら、1つ処分するなど、ものの量を一定にするよう意識してみてください。

5-3.収納に目一杯詰め込まない

ものを整理整頓しても、ものを詰め込んだ状態になっていては意味がありません。収納には目一杯詰め込まず、ゆとりがある状態を維持しましょう。定期的に断捨離を実践し、ものの見直しをする方法も有効です。

5-4.床やテーブルにものを置かない

部屋をきれいな状態で維持するためには、床にものを置かないよう意識することが大切です。床にものを置く癖がついてしまうと、あっという間に汚部屋へ戻ってしまいます。テーブルの上も常に片付け、すっきりした印象を維持できるよう努力しましょう。

6.汚部屋の掃除でよくある質問

汚部屋の掃除に関する質問を集めました。

Q.一人暮らしの汚部屋も同じ手順で掃除をすればいいのか?

A.はい、手順は同じです。部屋数も限られている場合が多いため、コツをつかんでおけば、1日程度で掃除を終えることができます。集中して片付けや掃除をしましょう。

Q.掃除が苦手な場合はどうすべきか?

A.掃除が苦手でなかなか進まない場合は、業者に掃除や片付けを依頼する方法があります。不用品回収業者では、ゴミ屋敷や汚部屋の片付けを手がけており、不用品の処分やハウスクリーニングまで終えてくれるのです。短期間で確実に掃除を終えることができるのがメリットでしょう。

Q.汚部屋の掃除をする際、カーペットも処分したほうがいいのか?

A.はい、処分したほうがいいでしょう。汚部屋のカーペットにはホコリやゴミが詰まっており、ダニなどの害虫が発生している可能性があります。掃除する際に廃棄し、新しいものに買い替えたほうが衛生面でも安心です。

Q.ものの仕分けをする際のコツは?

A.ものへの執着心を捨てて、仕分けをすることです。ものへの執着心があると、いつまでもものを抱え込んでしまい、汚部屋から脱却することができません。使っていないもの・使う予定がないものは、潔く処分しましょう。

Q.汚部屋の頑固な汚れが落ちない場合はどうすべきか?

A.メラミンスポンジなどを使ってみましょう。メラミンスポンジは、水に浸(ひた)すだけで使える便利な掃除道具です。ただし、使用場所には注意してください。こすることで傷などがつく恐れがあります。

まとめ

汚部屋を放置すると、健康被害だけでなく、近隣トラブルなどを招く恐れがあります。汚部屋の掃除に関する手順やコツなどを覚えておきましょう。また、汚部屋の掃除を終えると、大量の不用品が出ます。不用品の処分方法なども参考にしてください。掃除をして終わりではなく、きれいな部屋を維持できるよう努力することも大切です。