プリンターの寿命は何年? 寿命が近い症状や長持ちさせるコツも紹介


「プリンターの寿命はどのくらいなのか?」「どうすれば寿命を延ばすことができるのか知りたい」とお悩みではありませんか? パソコンやスマートフォンと接続して写真を印刷したり年賀状のあて名を印刷したりするのに便利なプリンターは、いつか必ず寿命がきます。突然壊れて慌ててしまわないよう、寿命が近いサインを知っておくとよいでしょう。

この記事では、プリンターの寿命や寿命を延ばす方法・寿命を迎えたプリンターの処分方法などを詳しくご紹介します。

  1. プリンターの寿命は何年なのか?
  2. プリンターの寿命が近いときに起こる症状
  3. プリンターの寿命を延ばすコツ3つ
  4. 寿命を迎えたプリンターの処分方法を紹介
  5. プリンターの寿命に関するよくある質問

この記事を読むことで、プリンターの寿命を延ばすためのメンテナンス方法や、処分する際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.プリンターの寿命は何年なのか?

まずは、プリンターの寿命について解説しましょう。

1-1.寿命は3~5年

メーカーが想定するプリンターの寿命は3~5年です。そのため、サポート期間を5年と定めているメーカーも多くなっています。プリンターの製造打ち切り後、多くのメーカーは5年を過ぎると部品を保有しなくなるため、プリンターが故障しても修理できなくなるのです。故障した場合は必然的に買い替えを検討せざるを得なくなるでしょう。

1-2.ヘッドの消耗が主な原因

プリンターが寿命を迎える主な原因は、ヘッド部分の消耗によるものです。プリンターを使用するたびにヘッド部分が消耗していくため、当然、印刷枚数が多いほど寿命を迎えるのが早くなります。逆に、プリンターの使用頻度が低い場合は、5年以上問題なく使い続けられるケースもあるのです。

1-3.ドライバーがOSに対応できなくなるという問題も

物理的に故障していなくても、プリンターが使えなくなることがあります。プリンターをパソコンと接続して使用する場合には、パソコンにドライバーがインストールされていなければなりません。しかし、パソコンのOSがアップデートされたことでプリンターの古いドライバーが対応できなくなることもあるのです。こうなると、プリンターで印刷することは不可能になります。この場合も、プリンターの買い替えを検討すべきタイミングになるでしょう。

2.プリンターの寿命が近いときに起こる症状

プリンターの寿命が近づくと以下のような症状が起こることがあります。

2-1.正常に印刷できない

プリンターの寿命が近いと正常に印刷できないことが多くなります。印刷がかすれる・横スジが入る・色がおかしいなどの印刷不良が起こったときは、まずヘッドクリーニングの操作をしてみましょう。ヘッドクリーニングをしても改善されない場合は、プリンターの買い替えを検討すべきです。また、まったく印刷されない・用紙がスムーズに出てこないなどの症状が頻繁に起こる場合も、寿命が近いと考えたほうがよいでしょう。

2-2.異音がする

印刷中の異音も、寿命のサインである可能性が高いでしょう。紙詰まりが原因の場合もありますが、毎回異音がするようならプリンターの買い替えを検討すべきです。いつ故障して動かなくなってもおかしくありません。

2-3.電源が入らない

スイッチを押しても電源が入らないことが多くなると特に要注意です。いずれ、ほかの操作ボタンも効かなくなることが増えてくるでしょう。同じ症状が何度も起こることが予想されるため、早めにプリンターの買い替えを検討すべきです。

3.プリンターの寿命を延ばすコツ3つ

プリンターを少しでも長持ちさせるためのコツをご紹介しましょう。

3-1.純正インクを使用する

基本的に、インクはメーカーが推奨している純正のものを使うようにしてください。100円ショップなどでも補充用のインクが販売されていますが、そういった安いものを使うとプリンターに負担をかけることになってしまいます。最も適合する純正インクを使うことが、プリンターの寿命を延ばすことにつながるでしょう。

3-2.定期的にヘッドクリーニングをする

ヘッドクリーニングは定期的に行うようにしましょう。ヘッド部分はインクが詰まりやすいため、そのまま放置するとプリンターに余分な負担をかけてしまいます。こまめにヘッドクリーニングをして詰まりを取り除いてあげてください。

3-3.使用する環境に気をつける

プリンターは精密機械なので使用する環境にも注意が必要です。高温の環境やホコリの多い部屋で使用を続けると故障の原因になってしまいます。直射日光やエアコンの風が当たらない場所に置き、使用しているとき以外は布やシートをかぶせてホコリから守ってあげましょう。

4.寿命を迎えたプリンターの処分方法を紹介

寿命を迎えたプリンターの処分方法には、以下のようなものがあります。

4-1.自治体の回収を利用する

自治体によるゴミ回収を利用して処分する場合、自分の住んでいる地域ではプリンターが何ゴミに分類されるのか事前に確認が必要です。多くの自治体では、不燃ゴミか粗大ゴミとして回収しています。粗大ゴミの場合は事前に申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるため、手順を確認しておきましょう。

4-2.不用品回収業者に依頼する

プリンター以外にも処分したい不用品が多数ある場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。出張回収を依頼すれば自宅まで不用品の回収に来てもらえるため、手間をかけることなく処分できます。埼玉出張買取コールセンターは、不用品の格安回収と高価買取を行っている業者です。ぜひチェックしてみてください。

4-3.家電量販店に引き取り・下取りしてもらう

家電量販店によっては、新しいプリンターの購入を条件に古いプリンターを引き取ってくれるところもあります。状態がよければ下取りという形で新規購入代金を割引してくれる可能性もあるでしょう。ただし、このようなサービスを行っていない店舗もあるため、事前に確認してください。

4-4.買取に出す

まだ使えるプリンターはリサイクルショップや買取業者などに買取してもらうとよいでしょう。製造から5年以内で動作に不具合がないもの・目立つ汚れや傷がないものだと買取対象になる可能性があります。有名メーカーの多機能モデルなら高価買取も十分期待できるでしょう。

5.プリンターの寿命に関するよくある質問

「プリンターの寿命について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.プリンターの使用頻度が低すぎるのも故障の原因になるというのは本当ですか?

A.はい。ヘッド部分にインクが付着したままの状態で長期間放置すると故障の原因になります。定期的に数枚印刷するとよいでしょう。

Q.プリンターのヘッド部分だけ交換することは可能ですか?

A.ヘッド交換に対応しているプリンターとそうでないものがあります。取扱説明書で確認してください。

Q.プリンターを廃棄する前にやるべきことは何ですか?

A.プリンター内に保存されたデータを削除することとインクを抜くことを忘れないでください。インクカートリッジは家電量販店などに設置されている回収ボックスに入れて処分できます。

Q.プリンターを高く売るためのコツを教えてください。

A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。なるべく早く買取に出すこと・買取先を比較して選ぶことも大切です。

Q.悪質な不用品回収業者にはどのような特徴がありますか?

A.ホームページがない・所在地を明らかにしない・見積書に不明確な項目が多いなどの特徴があるでしょう。

まとめ

プリンターの寿命について詳しくご紹介しました。プリンターの寿命が近くなると不具合が起こりやすくなります。症状をしっかり見極め、早めに買い替えを検討することも必要でしょう。また、プリンターの処分方法についても知っておくとスムーズに買い替えができるはずです。