遺品を買取に出すメリット・注意点・高額買取のコツなどを詳しく紹介


遺品にはさまざまなものがあります。遺品の中には価値が認められるものも含まれており、買取対象となる可能性があるのです。どんなものが買取対象となるのか、買取に出すとどんなメリットがあるのかなど、分からない点も多くあるでしょう。遺品の買取を希望される方は、買取対象となるものの特徴や高額買取のポイントなどを知っておくと安心です。

そこで、本記事では、遺品を買取に出す際の注意点や買取業者選びのポイントなどをご紹介します。

  1. 遺品を買取に出すメリット
  2. 買取対象となる遺品とは?
  3. 遺品を高額買取に結びつけるコツ
  4. 遺品を買取に出す際の注意点
  5. 遺品買取業者選びのポイント
  6. 遺品の買取でよくある質問

遺品を買取に出す際は、トラブルなどを防ぐためにも、注意点をきちんと理解しておくことが大切です。遺品の買取を検討されている方は、本記事を参考にしてみてください。

1.遺品を買取に出すメリット

遺品を買取に出すとどんなメリットが得られるのでしょうか?

1-1.処分費用を削減できる

遺品の処分には、多額の費用がかかります。処分だけでなく、遺品整理自体にも費用や時間をかけなければなりません。遺品を買取に出すことで、処分費用を大幅に削減することができます。コストダウンを意識する場合は、買取に出すことを考えてみてください。

1-2.ゴミの削減に貢献できる

遺品を買取に出すと、ゴミの削減に貢献できるのがメリットです。近年は、地球温暖化防止の観点から、不用品を処分せず、資源として再利用することが推奨されています。遺品を買取に出すことで、資源としてリサイクルにつなげましょう。

1-3.わずかでも利益になる

遺品を買取に出すことで、わずかでも収益を得ることができるのがメリットです。利益を遺産として分け合うこともできます。買取業者で査定を受け、価値を判断してもらいましょう。

2.買取対象となる遺品とは?

どんな遺品が買取対象となるのでしょうか?

2-1.貴金属

指輪・イヤリング・ネックレスなどの貴金属に純金やプラチナなどが使われている場合は、買取対象となります。壊れているものでも、純金やプラチナの価値が認められれば、買取してもらえるのです。

2-2.ハイブランドもの

ハイブランドのものは、買取対象となりやすいでしょう。バッグ・財布・時計などです。ただし、バッグや財布は流行(りゅうこう)の変化が早いため、できるだけ早く買取に出すことが大切なポイントとなります。一方、時計はアンティーク品としての価値が認められる場合があるので、年式が古いものでも買取してもらいやすいでしょう。

2-3.仏壇・仏具

仏壇や仏具も買取対象となる可能性が高い品です。ただし、買取に出す際は、魂抜きをしておく必要があります。魂抜きをする際は、菩提(ぼだい)寺に相談しましょう。

2-4.着物

着物は洋服と異なり、アンティーク品として価値を認めてもらえる場合があります。西陣織・友禅・大島紬などは、中古需要が高いでしょう。とはいえ、状態が良好なものだけが買取対象となります。普段から保管の仕方に十分注意することが大切です。

2-5.美術品

美術品など骨董(こっとう)価値が認められるものは、高額買取の対象となる可能性が高いでしょう。とはいえ、美術品の価値を一般の人が判断するのは難しいものです。専門業者で査定を受け、きちんと鑑定してもらいましょう。

2-6.製造年数が浅い家電

製造年数が浅い家電は、買取対象となります。特に、製造から3年以内と高年式で、有名メーカーのものです。ただし、汚れ・傷・臭いなどがなく、正常に動作する状態がいいものに限定されるので注意してください。

2-7.洋酒

洋酒も買取対象となります。洋酒は高値で取引されるケースもあり、バカラでできた空(あ)きボトルも、コレクターズアイテムとして中古需要があるのです。洋酒はまとめて買取に出すと、買取価格がつきやすいでしょう。

3.遺品を高額買取に結びつけるコツ

遺品は、どうしたら高額買取に結びつけることができるのでしょうか? 具体的なポイントをご紹介します。

3-1.手入れをしておく

買取に出す際は、事前に手入れをしておきましょう。汚れやホコリを取り除き、見栄えをよくしておくことが、査定時で好印象を得るためのポイントです。掃除だけでなく、動作確認もしっかりしておきましょう。

3-2.付属品をそろえる

付属品はできるだけそろえてから買取に出しましょう。付属品の有無で、買取価格が大きく変わります。高額買取を目指すなら、付属品をすべてそろえておくのが理想です。貴金属やブランド品は、ギャランティーカードなどを用意しておきましょう。

3-3.まとめて買取に出す

1つずつ買取に出すより、まとめて買取に出したほうが、買取価格がつきやすいでしょう。出張買取などを利用する場合は、まとめて買取に出すことで、出張費用を削減できるのもメリットです。

4.遺品を買取に出す際の注意点

遺品を買取に出す際は、いくつか注意すべきことがあります。トラブルを回避するためにも、注意点を覚えておきましょう。

4-1.法定相続人全員の同意を得る

不要な遺品とはいえ、無断で買取に出すとトラブルにつながります。必ず法定相続人全員の同意を得てから、買取に出しましょう。

4-2.売却利益をどうするか話し合っておく

遺品の買取が成立したら、売却利益が出ます。売却利益が出た場合、誰がどうするのかを法定相続人全員で話し合っておくことが大切です。遺品整理の費用を補うのに使うのか、相続財産として分け合うのかなど、具体的に話し合っておくと、トラブルになりにくいでしょう。

5.遺品買取業者選びのポイント

遺品買取業者は、どのように選べばいいのでしょうか? 業者選びのポイントをご紹介します。

5-1.遺品の買取実績が豊富であること

業者を選ぶ際は、遺品の買取実績が豊富であることを確認しておきましょう。遺品は不用品とは異なります。故人が大切にしていた品です。遺品整理なども手がけている業者であれば、遺品の扱いにも慣れており、安心して依頼することができるでしょう。

5-2.親身に対応してくれる

業者選びでは、担当者の対応なども重要なポイントです。気持ちのいい取引にするためには、親身に対応してくれる業者を選ばなくてはいけません。見積もりや査定時の対応などをチェックしておきましょう。

5-3.訪問営業の業者は利用しない

訪問営業の業者は、トラブルが多発しているため、利用しないことが大切です。極端に安い価格で買取されてしまう・居座り行為で強引に買取するなど、悪質なトラブルが目立ちます。遺品の買取を依頼する業者は、必ず自分で探しましょう。

5-4.業者のホームページから依頼する

遺品の買取を依頼する際は、業者のホームページからアクセスしてください。業者のホームページには、無料見積もりなどのメールフォームが用意されています。必要事項を記入し、業者に連絡しましょう。買取を急いでいる場合は、電話で依頼することもできます。

6.遺品の買取でよくある質問

遺品の買取に関する質問を集めました。

Q.遺品の買取価格はだいたいいくらになるのか?

A.遺品の種類や状態によって変わります。貴金属や美術品などは高額買取の対象となるため、複数の業者で査定を受け、買取価格の相場を探ることが大切です。

Q.遺品を買取に出すことで、遺品整理にかかる費用を全額カバーすることはできるのか?

A.いいえ、断言できません。高額買取の対象となるものでない限り、遺品整理にかかる費用をカバーすることができないからです。

Q.遺品整理業者に遺品の買取を依頼するメリットは?

A.遺品整理と遺品の買取を同時にできることです。時間と労力の削減につながります。ただし、骨董価値があるものなどは、専門業者へ買取を依頼したほうが、高額買取が期待できるでしょう。買取を依頼する業者は、遺品の種類によって使い分けることも大切なポイントです。

Q.遺品の買取業者では、出張費用や査定料が無料のところもあるのか?

A.はい、あります。業者によってサービス内容や料金体系が異なるため、複数の業者を比較することが大切です。1社だけで判断せず、少なくとも3〜4社を比較してください。

Q.オンラインで遺品の査定を受けることはできるのか?

A.はい、できます。しかし、正確な買取価格は、実物を見てから決まるため、オンライン査定での買取価格は目安としておきましょう。

まとめ

遺品は、買取に出すことができます。買取を希望される方は、買取対象となる遺品を知っておくと安心です。買取に出すことで、遺品整理にかかる費用負担を補うことができます。もののリサイクルやゴミの削減に貢献できるのもメリットです。高額買取のコツや買取に出す際の注意点なども併せて覚えておいてください。