テレビを高く売るにはどうすればいい? 買取相場や処分方法もチェック!


「テレビを高く売るにはどうすればいいのか」「どのようなテレビが高く売れるのか?」など、テレビの買取で悩んでいる方は多いでしょう。せっかく売るのなら、できるだけ高値で売りたいところですよね。テレビを高く売るには、高価買取のポイントをしっかりとつかんでおかなければなりません。

本記事では、テレビを高く売る方法や買取相場などを解説します。

  1. テレビを買取に出す方法は?
  2. テレビの買取相場と買取対象にならないもの
  3. テレビを高く売るポイントは?
  4. 買い取ってもらえないテレビを処分するには?
  5. テレビの買取と処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、テレビを買取に出す方法や買い取ってもらえなかったテレビの処分方法も分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.テレビを買取に出す方法は?

最初に、テレビを買取に出す方法をいくつか紹介します。

1-1.家電を中心に買取を行っている専門店

代表的な買取先としては、家電を中心に買取を行っている専門店があります。多くの買取専門店でテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジといった生活家電の買取を行っているでしょう。買取専門店は、中古市場の需要を把握しているので需要がある家電ほど高価買取が期待できます。その分、査定は厳しめですが、発売されたばかりの新製品や未使用品などは高値で買い取ってもらえるでしょう。

1-2.リサイクルショップ

買取専門店とは違って、さまざまなジャンルの買取を行ったり再販したりしているのがリサイクルショップです。家電だけでなく、おもちゃ・CD・本・楽器・衣類・アクセサリー類・ゲーム機など、あらゆるものを取り扱っています。リサイクルショップは買取専門店よりも査定はあまめな傾向がありますが、買取額は低くなりがちです。そのため、買取専門店で買い取ってもらえなかったものの査定をリサイクルショップに依頼するといいでしょう。

1-3.不用品回収業者

不用品の回収を行っている業者の中には、買取サービスも実施しているところがあります。買取と回収が同時に利用できるため、買取不可になったものでも回収してもらうことができるでしょう。買取不可になったからといって、わざわざほかの業者を探す手間と時間がかかりません。また、さまざまな不用品を回収してくれるのも大きなメリットといえるでしょう。

2.テレビの買取相場と買取対象にならないもの

ここでは、テレビの買取相場と買取対象にならないものを解説します。

2-1.買取相場はインチ数と年式で変わる

テレビの買取相場jは、インチ数と年式で大きく異なるのが特徴です。一般的に、家電の買取は正常に稼働できるかどうかがポイントとなりますが、テレビはインチ数が大きければ大きいほど買取相場も高くなります。そして、年式が新しいものだとさらに高価買取につながるというわけです。目立った故障や不具合がなければ、1インチ約500円の買取価格がつくでしょう。つまり、14インチの小型テレビなら約7,000円、50インチの大型テレビで約25,000円が買取相場となります。

2-2.国産メーカーの液晶テレビが高く売れる

どんなテレビが高く売れるのか気になっている方は多いと思いますが、国産メーカーかつ液晶テレビが高値で売れる傾向があります。現在、一般的な薄型テレビは液晶テレビと有機ELテレビの2種類となっており、液晶テレビのほうが種類が豊富なため、中古市場でも需要は高めです。買取業者にとっては、液晶テレビのほうが買い取りやすい傾向があります。また、さまざまなメーカーがありますが、シャープ・ソニー・パナソニック・東芝といった国産メーカーが高く売れるでしょう。

2-3.ブラウン管テレビや年式が古いテレビは売れない

薄型テレビが進んで地デジ化が当たり前になっている今、ブラウン管テレビの中古需要はほとんどありません。ブラウン管テレビは買い取ってもらえないか、買い取ってもらえたとしても査定額が低くなるでしょう。また、年式が古いテレビも買い取ってもらえない可能性があります。テレビの寿命は種類によって異なりますが、およそ5~10年が平均寿命です。そのため、発売年月から5年以上経過したテレビは買取額が下がったり、買い取ってもらえなかったりするでしょう。売却を考えている方は早めに査定を依頼することをおすすめします。

3.テレビを高く売るポイントは?

ここでは、テレビを高く売るポイントを解説します。

3-1.査定を依頼する前に掃除する

テレビといった家電は、新品状態に近ければ近いほど高く売れる傾向があります。そのため、査定を依頼する前にテレビをきれいに掃除してください。テレビを掃除しないまま査定依頼するのはNGです。つもっているホコリや画面についている手垢(てあか)などを掃除してきれいにすることで、査定額がアップする可能性があります。ただし、テレビは繊細なので乾いたやわらかいタオルを使うのが掃除のポイントです。しつこい汚れがついている場合は、メラニンスポンジでやさしく拭き取りましょう。

3-2.取扱説明書やリモコンなど付属品をそろえる

取扱説明書や保証書・リモコン・スタンド組み立て用の呼びネジなど、購入時についてきた付属品をそろえることも高価買取のポイントです。査定が厳しい買取専門店の中には、付属品がそろっていないと買取不可になるところもあります。付属品をそろえて査定が依頼できるということは、丁寧な保管をしていたというアピールにもつながるのです。買取業者も付属品がそろっているものは中古販売がしやすくなるため、査定額に金額を上乗せする傾向があります。査定を依頼する前に、付属品がすべてそろっているか確認してください。

3-3.早めに売却する

できるだけ、テレビを高く売りたい方は早めに売却することも大切なポイントです。新生活が始まる3~4月にテレビを売却することで高価買取が期待できますが、新商品が登場するほど型落ち品になってしまい、価値が低くなります。高く売れる時期まで待つよりも、早めに売ったほうが高く買い取ってもらえるでしょう。また、複数の買取業者を比較することも大切です。無料査定を行っているところが多いので、複数の業者に依頼し査定額を比較してみてください。そうすれば、最も高値で売れた業者に買い取ってもらうことができます。

3-4.買取相場をチェックする

買取業者を比較するのはもちろんのこと、あらかじめ買取相場をチェックするのも大切なポイントです。事前に買取相場をチェックしておかなければ、自分が売りたいテレビがどのくらい価値があるのか分かりません。きちんと買取相場を把握することで、安値で売却してしまう心配はないでしょう。テレビがいくらで売れるのか知りたい方は、無料査定を依頼するか、買取業者の買取実績をホームページ等でチェックしてみてください。

4.買い取ってもらえないテレビを処分するには?

ここでは、買い取ってもらえなかったテレビの処分方法を解説します。

4-1.テレビは家電リサイクル法の対象品目

テレビは家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。基本的に、メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられています。メーカーにテレビの回収を依頼し、リサイクル料金を郵便局で支払うことになるでしょう。郵便局の窓口でリサイクル料金を支払うと、家電リサイクル券の控えを受け取ってください。その後、自分で直接指定場所に持ち運ぶか、回収してもらうことになります。家電リサイクル法に基づいた処分方法に関しては、経済産業省のページをご覧ください。

4-2.新しいテレビへの買い換えは購入店に依頼する

新しいテレビへの買い換えを検討している方は、購入店に古いテレビの回収を依頼するといいでしょう。ほとんどの販売店や家電量販店では、テレビといった家電リサイクル法対象品目の回収を行っています。新しいテレビの購入と古いテレビの処分が同時に利用できるため、手間と時間がかからないスピーディーな方法といえるでしょう。買い換えを検討していない方でも、購入したお店に依頼すれば回収してもらうことができます。ただし、リサイクル料金に加えて収集・運搬料金がかかるので、費用は必ずチェックしてください。

4-3.不用品回収業者に依頼する

買い取ってもらえなかったテレビを処分する方法として、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者の多くは、自治体回収で処分できないものも回収可能です。処分費用はかかりますが、テレビ以外にも処分したいものがあればまとめて回収してもらうことができるでしょう。また、ほとんどの不用品回収業者では、出張回収を行っています。出張回収を利用すれば、スタッフが家にやってきて回収してくれるので自分たちで運搬する必要がありません。テレビが重くて運べない方や大量の不用品を処分したい方は、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。

4-4.業者選びのポイントをチェック!

テレビの回収や買取を行っている業者がたくさん存在しているので、どこに依頼すればいいのか悩んでしまう方は多いでしょう。そんなときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 高価買取・格安回収を行っているか
  • 不用品の回収と買取に実績があるか
  • サービス内容についてホームページ等に記載されているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較してください。比較することで、悪徳業者を見極めることができるでしょう。なお、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品買取から回収・処分まで対応しています。テレビの買取と処分でお悩みの方は、一度ご相談ください。

5.テレビの買取と処分に関してよくある質問

テレビの買取と処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.フリマアプリやネットオークションでも売れるのか?

A.テレビを自分で売りたい方は、フリマアプリやネットオークションを利用するのも方法の1つです。実際にチェックしてみると、たくさんのテレビが出品されてるのが分かります。ただし、買い手がつきやすいのは、新品または未使用品の薄型テレビです。ブラウン管テレビの買い手はほとんどいませんし、年式が古いテレビは落札されない可能性があります。

Q.買取を依頼する際の注意点は?

A.B-CASカードの取り扱いです。B-CASカードとは、デジタル放送を受信するために必要なカードのことで、挿さっていないテレビは地上デジタル放送を見ることができません。B-CASカードは転売が認められていないため、これを知らずにテレビを売却してしまうと規定違反とみなされる恐れがあります。B-CASカードと一緒に売りたい場合は、B-CASカードの解約申請を行わなければなりません。

Q.リサイクル料金はいくらぐらいかかるのか?

A.薄型・プラズマ式15V型以下で約1,870円、薄型・プラズマ式16V型以上で約2,970円となります。メーカーやサイズによって異なるため、詳細はメーカーに問い合わせて確認してください。なお、購入店や家電量販店に依頼する場合は、収集・運搬費用として1,000~3,000円かかる可能性があります。その点も要チェックです。

Q.不用品処分の費用を安く抑えるコツは?

A.要らないものをまとめて処分したほうが安くなるケースがあります。不用品が大量にある場合、1点ずつ処分するよりも一気に処分を依頼すると手間がかからないからです。テレビ以外にも処分したいものがあれば、まとめて依頼するといいでしょう。また、買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼するのもコツの1つです。

Q.悪徳業者の特徴は?

A.悪徳業者はスタッフの対応が悪く、「今なら安く処分できます」など謳(うた)い文句ばかりをアピールしてくる傾向があります。また、見積書の内容や料金について説明がないところも悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

まとめ

テレビを高く売るためには、なるべく早めに査定を依頼するのが1番です。新しいモデルが登場するたびに型落ち品になってしまい、査定額が低くなります。また、リモコンや取扱説明書といった付属品をそろえたり、きれいに掃除したりするのも大切なポイントです。不用品買取だけでなく回収を行っているところもあるので、テレビの買取を考えている方はぜひチェックしてみてください。