引っ越しの不用品を処分する方法は? 不用品回収業者に依頼するポイント


引っ越しでは大量の不用品が出てくるので処分しなければなりませんが、時間がなくてそのまま放置してしまうという方が多いでしょう。できれば、引っ越し当日までに処分しておきたいものです。時間がない方でもスピーディーに処分する方法があります。

本記事では、引っ越しで出る不用品を処分するコツについて解説しましょう。

  1. 引っ越しで出る不用品にはどんなものがあるのか?
  2. 引っ越しで出た不用品を処分する方法
  3. 不用品回収業者の料金相場と選び方
  4. まだ使えるものは買取に出そう!
  5. 引っ越しで出る不用品の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、引っ越しで出る不用品を処分するコツや不用品回収業者選びのコツなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.引っ越しで出る不用品にはどんなものがあるのか?

最初に、引っ越しで出る不用品にはどんなものがあるのか、チェックしておきましょう。

1-1.家電・家具製品

引っ越しは大掃除と同じで、要らないものをまとめて処分できる絶好の機会です。そのため、引っ越しを機に大型家電や家具製品を処分しようと考えている方が多いでしょう。ベッド・ソファー・テーブル・冷蔵庫・洗濯機・テレビなど、まとめて新しいものに買い換えたり処分したりするケースが多いようです。ただし、家電を処分する際に気をつけておきたいことがあります。エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収での処分ができません。また、消費者はリサイクル料金の支払いが義務付けられているので、その点は注意しておきましょう。

1-2.衣類・小物類

クローゼットや押し入れの中に眠っていた衣類・小物類も、引っ越しを機会に処分することが多いアイテムです。引っ越しの荷造りをしているときに、昔使っていた小物やいつの間にか着なくなった衣類がどんどん出てくると思います。中には、ブランドもの・ジュエリーなど高価なものもあるので、それらはゴミとして処分ではなく買取に出して手放すのがおすすめです。価値があるものは捨てずに取っておいて、後でまとめて査定を依頼するといいでしょう。

1-3.使わなくなった書籍や自転車なども

引っ越しで出る不用品はたくさんありますが、書籍や自転車もよく引っ越しで処分されるものです。特に、読まなくなった漫画・小説などの書籍は、そのまま新居に持っていく必要性がありません。今後読まないと判断した書籍は古本書やフリマアプリなどで売却するといいでしょう。そして、自転車は運搬費用がかかってしまうので、引っ越しを機会に処分してしまうことがよくあります。引っ越しは、要らなくなったものを処分してスッキリさせる絶好のタイミングです。

2.引っ越しで出た不用品を処分する方法

ここでは、引っ越しで出た不用品を処分する方法について解説します。

2-1.自治体回収のゴミとして処分する

引っ越しで出た不用品を処分する方法としては、自治体回収を利用するのが一般的です。不用品を可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミといった種類に分類していかなければなりません。ゴミの分類はお住まいの地域で異なるため、事前にホームページや掲示板等で確認しておきましょう。また、粗大ゴミとして処分する場合は、事前の申し込みが必要だったり、粗大ゴミ処理券を購入したりするなど手続きが必要です。自分で指定回収場所に運ばなければならないので、その点も考慮してください。なお、不用品が大量にあると近所迷惑になってしまう恐れがあるため、自治体に相談することをおすすめします。

2-2.家電リサイクル法と小型家電リサイクル法

前述したように、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目は家電リサイクル法に基づいて処分しなければなりません。自治体回収での処分ができないため、メーカーに回収依頼をすることになります。間違えてゴミ捨て場に持っていかないようにしてください。家電リサイクル法に基づいた処分方法に関しては、経済産業省のページを要チェックです。また、自治体の中には、小型家電リサイクル法に基づいた処分を推奨しているところもあります。小型家電リサイクル法の対象になるものは、電子辞書・携帯電話・スマートフォン・ゲーム機などです。家電量販店や公共施設に設置されている小型家電回収ボックスへ投かんする形で処分することになるでしょう。

2-3.不用品回収業者に依頼する

引っ越しでは大量の不用品が出るので、まとめて処分したい方は不用品回収業者がおすすめです。不用品回収業者のほとんどが、出張回収を行っています。出張回収はスタッフが家にやってきて回収してくれるため、自分たちでゴミに分類したり運搬したりする必要がありません。また、即日対応が可能な回収業者に依頼すれば、引っ越し当日に出た不用品も処分してくれるでしょう。まとめて依頼したほうが処分費用を安く抑えられるメリットがあります。

2-4.引っ越し業者に依頼する

不用品回収業者よりも処分費用が割高になりがちですが、引っ越し業者に依頼するのも方法の1つです。引っ越し業者の中には、不用品回収サービスを行っているところがあります。引っ越し当日まで処分が間に合わなかった不用品があれば、当日に処分してもらえるのが大きなメリットです。ただし、すべての引っ越し業者が対応しているわけではありませんので注意してください。

3.不用品回収業者の料金相場と選び方

ここでは、不用品回収業者の料金相場と選び方のポイントを解説します。

3-1.1点あたり3,000~6,000円

不用品回収業者に依頼する場合、処分費用は1点あたり3,000~6,000円が目安になるでしょう。不用品の大きさや種類などによって処分費用が異なるため、一概にいくらになるのかは断言できません。あくまで目安なので、具体的な処分費用が知りたい方は無料見積もりを依頼してください。また、処分費用のほかに、基本料金を3,000円ほど請求する回収業者があります。基本料金だけでなく、出張回収を利用する際は収集・運搬費用が数千円かかるでしょう。そのため、全体でいくらぐらいになるのか、見積書の内容を入念に確認する必要があります。

3-2.業者選びのポイントをチェック!

どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 格安回収を行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • サービス内容についてホームページ等に具体的に記載されているか
  • 実際に利用した人の口コミや評判がいいか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商の許可を取得しているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較するといいでしょう。最低でも3~4社の不用品回収業者を比較してください。比較することで悪徳業者と優良業者が見極めやすくなります。

4.まだ使えるものは買取に出そう!

ここでは、不用品を買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.正常に使えるものは買取対象になる

自分にとってゴミと思えるものでも、買取対象になるものがあります。一般的に、問題なく正常に再利用できる状態であれば、買取専門店やリサイクルショップなどで買い取ってもらえるでしょう。引っ越しで出た不用品から買い取ってもらうことができれば、処分費用の節約につながります。特に、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジといった生活家電は中古市場で需要があるため、高値で売れる可能性があるでしょう。ゴミとして処分する前に、問題なく稼働できるか確認してみてください。そして、正常に使えるものは一度査定を依頼してみるといいでしょう。

4-2.年式が新しいものほど高く売れる

さまざまな不用品がある中で、発売されたばかりの新製品や未使用品であるほど高価買取が期待できます。たとえば、家電は寿命が短めなので、発売年式が5年以内のものが買取対象になるでしょう。5年以上経過しているものは買取不可になるか、査定額が下がってしまいます。また、テーブルやソファーといった家具はブランドもの・デザイナーズ家具のほうが高値で買い取ってもらいやすい傾向があるでしょう。セットになっているものは、なるべくそろえてから査定に出すことをおすすめします。

4-3.買取サービスを行っている不用品回収業者も

主な買取先としては、買取専門店やリサイクルショップがありますが、買取サービスを行っている不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。買取と処分が同時に利用できるため、たとえ買取不可になったとしても処分してもらうことができます。引っ越しでバタバタしている中、わざわざほかの回収業者を見つけるのも面倒で手間がかかるものです。けれども、買取と回収の両方を行っている不用品回収業者に依頼すれば、スピーディーに不用品を片付けることができるでしょう。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品買取から回収・処分まで対応しています。引っ越しの不用品処分で悩んでいる方はぜひ一度お問い合わせください。

5.引っ越しで出る不用品の処分に関してよくある質問

引っ越しで出る不用品に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.処分費用をかけずに不用品を片付けるコツは?

A.買取に出す方法はもちろんのこと、不用品を使ってくれる友人や知人に譲る方法があります。自分にとっては必要ないものでも、求めている人が近くにいることもあるでしょう。周囲に欲しがっている人がいないか探してみてください。譲り先が見つかれば、処分費用をかけることなく片付けることができます。ただし、大きな家具や家電は気軽に運ぶことができません。どのようにして運ぶのか、事前にきちんと考えておいたほうがいいでしょう。

Q.パソコンを処分する際の注意点は?

A.引っ越しを機会にパソコンを処分する場合は、PCリサイクル法に基づいて処分しなければなりません。パソコンには鋼・鉄・レアメタルなどの貴重な資源が含まれているため、それらのリサイクルが法律で定められています。不要なパソコンはメーカーに回収を依頼しましょう。なお、PCリサイクルマークがついているパソコンは無料回収が可能ですが、PCリサイクルマークがついていないパソコンはリサイクル費用がかかります。

Q.高く売るポイントは?

A.不用品をできるだけ高く売りたい方は、査定を依頼する前に掃除をしてください。ホコリがついていたり汚れていたりするものは、古い印象を査定員に与えてしまいます。できるだけ、きれいな状態にしたほうが良い印象を与えることができ、査定額アップにつながるでしょう。また、取扱説明書や予備の部品・元箱など、付属品をすべてそろえることも大切です。ブランドものなど価値があるものは、保証書と一緒に査定を依頼しましょう。

Q.フリマアプリやネットオークションでも売れるのか?

A.自分で不用品を売りたい方は、フリマアプリやネットオークションを利用する方法もあります。自分の希望額で出品できるため、納得できる値段で売ることができるでしょう。ただし、必ずしも買い手が見つかるとは限りません。また、落札されたとしても、自分でこん包して相手へ送らなければならないという手間がかかります。その点も踏まえた上で利用してください。

Q.無料回収業者に依頼するのは危険か?

A.なるべく費用をかけずに処分したい気持ちは分かりますが、無料回収業者に依頼するのはリスクが高いでしょう。実際に、無料回収業者を利用した結果、後で高額な追加費用を請求されたり、回収したものを不法投棄したりというトラブルが起きています。無料回収業者に依頼するよりも、適切な値段で回収してくれる業者のほうが安心です。

まとめ

引っ越しで出る不用品としては、家具・家電・衣類・書籍・自転車などさまざまです。たくさんの不用品が出てくるからこそ、自治体回収のゴミとして処分するのは大変でしょう。ゴミを分類しなければなりませんし、粗大ゴミだと回収日が限られているので時間がかかってしまいます。スピーディーかつまとめて処分したい方は、不用品回収業者に依頼してください。買取サービスを行っているところもあるので、買取と回収が同時に利用できるでしょう。