片付けで捨てる基準をご紹介! 捨ててはいけないものや捨てる方法は?


片付けの際に悩むのは、「要らないもの」と「必要なもの」の分別ですよね。毎回、「いつか使うから残しておこう」「必要になるときがやってくるかも……」と捨てられずに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。きれいな部屋を維持し続けるためには、本当に必要なものだけに囲まれる環境をキープしなければなりません。

本記事では、片付けで捨てる基準などを詳しく説明します。

  1. 片付けで捨てる基準を紹介
  2. 捨ててはいけないものは?
  3. 不要になったものを捨てる方法
  4. 捨てる基準などに関する質問

この記事を読むことで、片付けで捨ててはいけないものや不用品を捨てる方法などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.片付けで捨てる基準を紹介

最初に、片付けで捨てる基準をいくつか紹介します。

1-1.1年以上使っていないものは捨てる

捨てるべきか残すべきか悩んでしまうときは、1年以上使っているかどうかで判断してください。1年以上使っていないものは、これから先も使わない可能性が高めです。「いつか使うときがやってくるかもしれない……」と思えるものでも、1年以上使っていないものは処分しようと決めておきましょう。いざ必要となったときには、ほとんどのものが100円均一ショップでも購入できるので、必要になったときに購入すれば大丈夫です。1年以上使っていないものは「今」必要ないものである証拠になるため、迷ったときには思いきって処分してください。

1-2.壊れているもの・サイズが合わない衣類

壊れていて使えないものやサイズが合わない衣類は処分しましょう。たとえ、思い出のあるものだとしても、ずっと残しておくわけにもいきません。壊れているものは使えないので、思いきって処分することをおすすめします。また、サイズが合わない衣類もこの機会に捨ててください。譲り先があれば譲って処分費用を抑えることができますが、譲り先がない場合は処分の対象です。残しておいても使い道がないので処分して整理整頓しましょう。どうしても残しておきたい思い出のものがあれば、写真に撮ってデータ化する方法がおすすめです。

1-3.「今」必要なものか考える

捨てるか残すか悩んだときは、「今」自分に必要なものかを考えてみてください。ライフスタイルはそのときの状況によって刻々と変化するものです。基本的に、今のライフスタイルに合っていないものは処分します。大切なのは、自分の今のライフスタイルに必要なものかどうかです。必要ない・使わないと割り切れるものは処分していきましょう。たとえ、以前によく使っていたものだとしても、今の生活に必要ないものは処分してください。極力、ものを減らしておけば整理整頓しやすい環境になります。

1-4.ほかに代用できるものがあるか

「家にないと思って買ったら同じものだった」という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。いつの間にか同じものを購入していたり、代用できるものがたくさんあったり……そういうものは処分してください。捨てるか持っておくべきか悩んだときは、ほかに代用できるものがあるか考えることが大切です。代用できるものがあれば使う機会が少ないので、処分するようにしましょう。同じものを複数持っていても意味がないので、数を減らすことを心がけてください。

1-5.デジタル化できるものは処分する

前述したように、思い出の品を写真に撮って残す方法を活用します。捨てる基準として、デジタル化できるものは処分するといいでしょう。たとえば、学校のプリント・DM・子どもが描いた絵など、捨てられずにため込んでしまうものはデジタル化します。紙類はいつの間にか増えてしまうものですので、デジタル化しておけばものがあふれる心配もありません。また、目をとおして必要のないものはすぐに捨てる・期限があるものは手帳やカレンダーに書き写すなどのルールを決めておくと、紙類の管理がしやすくなるでしょう。

2.捨ててはいけないものは?

ここでは、捨ててはいけないものを紹介します。

2-1.手放すことで生活の質が下がるもの

できるだけ、ものを少なくしたほうが整理整頓しやすくなりますが、捨てることで生活の質が落ちてしまうものもあります。たとえば、自分のモチベーションを上げてくれるアイテムなどです。断捨離したい気持ちが加速してしまうと、必要なものまで要らないものに見えてしまうことがあります。生活に必要なものまで捨ててしまい、捨ててから後悔してしまう人も多いので注意しなければなりません。せっかく断捨離をしたのに生活の質が下がったりしてしまうと、逆に余計な出費がかかったり、生活が不便になったりしてしまいます。そのような失敗をしないためにも、断捨離する前に、それがない生活について想像を膨らませることも大切です。

2-2.先祖代々受け継がれてきたもの

先祖代々受け継がれてきたものは、簡単に処分してはいけないものです。1年以上使っていないものは処分したほうがいいと最初にお話しましたが、先祖代々受け継がれてきたものは別だと考えてください。日常で使わないものだとしても、受け継がれてきたものはとても大切で重要なものです。安易に捨ててしまうと二度と手元に戻ってこないのはもちろん、先祖の気持ちを踏みにじってしまう恐れがあります。最悪なケースでは、親族とトラブルに発展する可能性もあるでしょう。歴史的に価値がある可能性もあるため、その場のノリで処分しないように気をつけてください。

2-3.共有しているものや自分以外の所有物

誰かと共有して使っているものや、自分以外の所有物を捨てるのはNGです。勝手に捨ててしまうと、人間関係のトラブルに発展してしまう恐れがあります。たとえ、気心がしれている家族の所有物だとしても、本人に聞いてから処分するようにしてください。断捨離で気をつけておきたいのは、自分のものを処分する勢いで家族のものも処分してしまうことです。ものを捨てる基準は、あくまで人それぞれだと認識し、注意しておきましょう。

2-4.緊急時に必要なものも

非常食・防災用品・喪服など、緊急時に必要なものも処分してはいけません。今必要ないものだとしても、緊急時に要するものは急に必要になったときに役立ちます。特に、防災用品は地震大国である日本にとっては必要不可欠なものです。予測できない自然災害がいつどこで発生するか分からないので、防災用品は処分しないようにしましょう。「自然災害はやってこないから大丈夫だろう」という憶測で捨ててしまうと、いざというときに命を落とすようなことにもつながりかねません。

2-5.買い取ってもらえるもの

買取専門店やリサイクルショップで買い取ってもらえるものも、捨ててはいけないものです。断捨離で出てくる不用品の中には、ゴミではなく価値があるものも含まれているでしょう。買い取ってもらえるものを処分するのはとてももったいないことです。処分するにもお金がかかってしまうため、売れるものはなるべく売却したほうが効率的といえます。特に、ブランド品などは高く売れるでしょう。

3.不要になったものを捨てる方法

ここでは、不要になったものを捨てる方法とポイントを解説します。

3-1.自治体回収のゴミとして処分する

一般的な処分方法としては、自治体回収のゴミとして捨てる方法があります。自治体回収を利用する大きなメリットは、低費用で処分できる点です。燃えるゴミや燃えないゴミは指定袋に入れて処分するだけなので、お金がかかるのは袋代だけとなります。一片が30cm以上になるものは粗大ゴミになるケースが多く、約200~500円で処分できるでしょう。ただし、大量の不用品を処分するには手間と時間がかかってしまいます。また、家電リサイクル法の対象品目やパソコンは自治体で処分できないので注意が必要です。

3-2.不用品回収業者に依頼する

不用品をまとめて一気に処分したい方は、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者に依頼すると処分費用は自治体回収よりも高額になりますが、手間と時間が省けるのが大きなメリットです。特に、即日対応が可能な回収業者に依頼すれば、回収日を待たずにすぐ捨てることができるのも大きなメリットでしょう。自治体回収で粗大ゴミを処分する場合、月に1~2回が回収日になるため、すぐに処分できないケースがあります。その分、不用品回収業者はすぐに処分でき、要らないものがまとめて捨てられるのです。

3-3.買取専門店やリサイクルショップで売却する

売れるものは、買取専門店やリサイクルショップなどで売却するといいでしょう。特に、中古市場で人気があるものほど、買取専門店で売却すれば高価買取が期待できます。買取専門店で売れなかったものはリサイクルショップに依頼すると、買い取ってもらえるケースもあるのです。また、不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。買取と回収が同時に利用できるため、買取不可になっても処分してもらうことが可能です。

3-4.欲しがっている人に譲る

「捨てるのがもったいないけれど売れない……」と悩んでいる方は、まわりに欲しがっている人がいないか探してみるといいでしょう。譲り先が見つかれば、処分費用はかかりませんし、捨てるのがもったいないものでも気楽な気持ちで手放すことができます。自分にとって必要ないものだとしても、まわりにいる人の中には欲しがっている人がいるケースもあるのです。ぜひ近くに求めている人がいないか探してみてはいかがでしょうか。

4.捨てる基準などに関する質問

捨てる基準などについてよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.どうしても捨てられない人はどうすべきか?

A.無理をせずに、1日1個と決めてものを処分していきましょう。無理をして捨ててしまうとモチベーションが下がってしまうので、1日に1個を目標に少しずつ処分するのが大切です。引き出しの中から要らないものを1つずつ処分していけば、自然とスペースに余裕が生まれるでしょう。少しずつ慣れてきたら、1日に捨てる数を増やします。そうすれば、捨てることに対して苦手意識を持っている方でも気持ちが楽になるでしょう。

Q.人からもらったものは捨ててもいいのか?

A.人からもらったものは捨てづらいところがありますが、自分にとって必要ないものであれば処分すべきです。そのまま持っていても意味がないので、処分することに躊躇(ちゅうちょ)してしまうなら売却してください。未使用品や新品は、高値で売れる可能性があります。

Q.サクサク捨てることができるコツは?

A.家の中で1箇所、捨てる場所を決めることです。一気にすべてを片付けようとしてしまえば、モチベーションが続かず、途中で諦めてしまいます。また、最初から場所が広すぎるとやる気が失せてしまうため、引き出し1段分から始めるなど気楽にできる箇所から片付けるのがコツです。さらに、タイマーを15分に設定してみてください。15分と短い時間であれば、集中してサクサクと捨てることができるでしょう。

Q.フリマアプリやネットオークションでも売れるのか?

A.不用品を自分で処分したい場合、フリマアプリやネットオークションを利用する方法もあります。インターネットを介してものを売ることができるため、全国から買い手を探し出せる可能性もあるでしょう。ただし、必ずしも売れるわけではないため、時間がかかってしまうこともあります。

Q.不用品回収業者選びのポイントは?

A.どのような不用品回収業者に依頼すべきか分からない方は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 不用品回収の実績があるか
  • 回収だけでなく買取サービスを行っているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取を行っています。不用品の処分や片付けでお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

片付けで捨てる基準は、1年以上使っていないか・今のライフスタイルに合っているかなどさまざまです。捨てるか残すべきか悩んでしまうときは、ゆっくりと時間をかけて考えてみてください。考える時間を作ることで、冷静に的確な判断ができます。また、片付けで出た不用品の中には、買い取ってもらえるものも含まれているものです。買取と処分が同時に利用できる不用品回収業者に依頼すれば、スピーディーに片付けることができるでしょう。