仏壇を処分する方法は? 依頼できる場所や処分前に行うことと共に解説


今、仏壇の処分方法に悩む方が増えています。仏壇は先祖を祀(まつ)る大切なものです。不用意に処分することはできません。しかし、不要になった仏壇をいつまでもそのままにしておくこともできないでしょう。仏壇を処分するには一定の作法があります。また、菩提寺(ぼだいじ)がある場合はそこに相談することも大切です。

今回は、仏壇を処分する方法や処分する際の注意点を解説しましょう。

  1. 仏壇の処分が必要になるときとは?
  2. 仏壇を処分する前に確認すること
  3. 仏壇を処分する方法
  4. 位牌や仏具の処分方法
  5. 仏壇の処分に関するよくある質問

この記事を読めば、仏壇の処分に迷うことはありません。仏壇の処分を考えている方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

1.仏壇の処分が必要になるときとは?

仏壇の処分方法を紹介する前にどのようなときに仏壇の処分が必要になるか、その一例を紹介します。

1-1.仏壇を引き継ぐ人がいない

仏壇は、親から子へと受け継いでいくものです。しかし、何らかの事情があって受け継ぐ人がいなくなった仏壇は、処分しなければなりません。

1-2.仏壇を持って行けない場所へ引っ越す

仏壇はいろいろなサイズがあります。大きな仏壇の場合は引っ越す際に持って行けないこともあるでしょう。仏壇を買い替える場合も、古い仏壇の処分が必要です。

1-3.仏壇の持ち主が亡くなった

仏壇の持ち主が亡くなり、遺品を片付ける必要がでてくる場合も処分が必要です。仏壇を引き継げればいいのですが、事情によって引き継げないこともあります。

2.仏壇を処分する前に確認すること

仏壇を処分する前に仏壇の内部をよく確認しましょう。高齢者の中には、仏壇の中に現金や預金通帳など貴重品をしまってあるケースがあります。そのまま処分してしまっては大変です。また、菩提寺とどのくらいお付き合いがあるかも確認してください。菩提寺と密な付き合いがある場合は、仏壇を勝手に処分すると思わぬトラブルになることもあります。

3.仏壇を処分する方法

この項では、仏壇を処分する方法の一例を解説します。どのような方法があるのでしょうか?

3-1.菩提寺に処分を依頼する

菩提寺がある場合は、そこに仏壇の処分を依頼することができます。この場合、仏壇の魂を抜く「御霊(みたま)抜き」という法要を行う費用と、仏壇を処分する費用が必要です。しかし、どのお寺でも仏壇の処分を引き受けてくれる分けではありません。お寺によっては処分を断られることもあります。また、お寺によっては高額な費用を請求されることもあるので、事前にしっかりと話し合いをすることが大切です。

3-2.仏具店に依頼する

仏壇を購入した仏具店に処分を依頼することもできます。ただし、仏具店によっては処分を請け負っていないところもありますので、事前に問い合わせてから依頼しましょう。仏具店に依頼するメリットは料金が明確なことです。また、菩提寺とのお付き合いがない場合も、仏具店が依頼した僧侶が御霊抜きの供養を行ってくれます。

3-3.不用品回収業者に依頼する

不用品回収会社の中には、遺品整理も行っているところもあります。そのような業者に依頼すれば、作法にのっとって仏壇を処分してもらうことが可能です。不用品回収と遺品整理を行っている業者はたくさんありますが、仏壇を引き取った経験がある業者に依頼しましょう。ただし、どのような業者も供養をしたうえで回収してもらえるとは限りません。「回収は可能だが、供養は行っていない」という業者もあります。その確認もしっかりと行ったうえで依頼してください。

4.位牌や仏具の処分方法

仏壇には仏具や位牌(いはい)があります。この項では、それらの処分方法を紹介しましょう。ぜひ、参考にしてください。

4-1.菩提寺がある場合は位牌を引き取ってもらえる

位牌は、故人の魂が宿る場所です。ですから、菩提寺がある場合は引き取ってもらえることもあります。引き取られた位牌は供養をしたうえでお焚(た)きあげがされるのが一般的です。

4-2.仏具店や不用品回収業者に仏壇と一緒に処分を依頼する

仏具店や不用品回収業者に仏壇の処分を依頼した場合、仏具や位牌も一緒に処分してもらえます。処分を依頼した場合、改めて供養をした後で廃棄されるのが一般的です。

4-3.自治体のルールに沿って処分する

仏壇のみ処分を依頼し、仏具や位牌を自分で処分する場合は自治体のルールに従ってゴミに出してください。なお、位牌は御霊抜きをしてもらってから処分しましょう。指定のゴミ袋が透明な場合、仏具や位牌をそのまま入れるのは、心理的に抵抗があるかもしれません。その場合は、可能ならばきれいな紙袋などに入れたうえでゴミ袋に入れましょう。なお、位牌や仏具は木製が多いですが、数珠などは一部石やプラスチック製のものもあります。素材をよく確かめたうえで処分してください。

5.仏壇の処分に関するよくある質問

この項では、仏壇の処分に関するよくある質問を紹介します。

Q.仏壇は供養せずに捨てても大丈夫ですか?

A.法律で罰せられることはありませんが、祖先を祀るものですから、心情的におすすめできません。

Q.仏壇の処分費用はどのくらいですか?

A.処分するだけならば、大きさによって変わります。小型の仏壇ならば数千円、大型の仏壇ならば数万円が相場です。御霊抜きの費用は数千円~数万円前後が相場となっています。

Q.仏壇の買い替えで古い仏壇を処分したい場合は、どうしたらいいでしょうか?

A.この場合は、仏具店が処分してくれることが多いので任せるのがおすすめです。

Q.神社で仏壇を処分してもらえませんか?

A.仏壇は仏教の祭具なので、神社では供養も処分も依頼できませんので気をつけましょう。

Q.仏壇の処分と墓じまいを両方したいのですが、可能ですか?

A.はい。大丈夫ですが、菩提寺としっかりと話し合いをして、双方納得したうえで依頼しましょう。

まとめ

今回は、仏壇の処分方法について解説しました。仏壇を処分するのは抵抗がある方も多いですが、放置しておいてはいけません。供養をしっかりとしたうえで処分しましょう。また、不用品回収業者には供養込みで依頼したいのか、処分だけを依頼したいのか事前に伝えておくことが重要です。