不用品回収業者の選び方を紹介! 悪質業者を見極めるポイントも!


「不用品回収業者を利用したいが選び方が分からない」「どんな業者を選ぶと危険なのか?」とお悩みではありませんか? 家庭から出た不用品をまとめて回収してもらえる不用品回収業者は、引っ越しや遺品整理などのシーンでも活用できます。しかし、全国に数多くの業者があるため、業者選びに迷う人は多いでしょう。悪質業者を選んでしまわないためにも、業者選びで重視すべきポイントを知っておくと安心です。

この記事では、不用品回収業者の見極め方や悪質業者の特徴などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 悪質な不用品回収業者に多い特徴は?
  2. 悪質業者とのトラブル例を紹介
  3. 優良な不用品回収業者を見極める4つのポイント
  4. 不用品回収の種類をチェック
  5. 目的に合った不用品回収サービスの選び方は?
  6. 不用品回収業者の選び方に関するよくある質問

この記事を読むことで、悪質業者とのトラブルに巻き込まれないための方法や、業者選びで重視すべきポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.悪質な不用品回収業者に多い特徴は?

まずは、悪質な不用品回収業者に多い特徴をまとめました。以下のような特徴の業者は利用を避けるのがおすすめです。

1-1.トラック1台で地域を回っている

トラックで地域を巡回しながら不用品回収の宣伝をしている業者を見かけたことがあると思います。「格安回収」「無料回収」という言葉を使って宣伝して客を呼び込もうとしていますが、このような業者は必要な許可を取得していない悪質業者である可能性が高いのです。不用品を自分で運ぶのが難しい人にとって、トラックに積んで持っていってくれる業者は魅力的に見えます。その心理を利用して高額な料金をだまし取ろうとする業者も多いので十分注意してください。

1-2.ポストにチラシを投かんして無料回収を宣伝している

ポストに「無料回収」と書かれた折り込みチラシが投かんされている場合も注意が必要です。チラシに書かれている過剰な宣伝文句は基本的に信用しないほうがよいでしょう。実際には高額な交通費や運搬費用を請求されたという例も少なくありません。優良な業者の多くはホームページや電話帳で集客しているため、チラシだけで宣伝している場合は悪質業者である可能性が高いと考えるべきです。

1-3.所在地を明らかにしていない

ホームページやチラシに所在地が記載されていない業者も危険です。悪質業者であることに気づかれても逃げられるように、所在地を明かさないようにしている可能性があります。名刺にも業者の住所が書かれていない場合や、聞いても答えてもらえない場合などは、利用を避けたほうがよいでしょう。

1-4.きちんと見積もりをとろうとしない

優良な業者であれば無料見積もりを受け付けています。見積もりが有料だったり、メールや電話だけで見積もりをとったりする業者はおすすめできません。回収当日になって「思ったより不用品が多い」という理由をつけ、高額な料金を請求される可能性が高いでしょう。

2.悪質業者とのトラブル例を紹介

悪質業者を利用した結果、実際に起きたトラブル例をいくつかご紹介しましょう。このようなトラブルに巻き込まれないよう、十分気をつけなければなりません。

2-1.「無料」だったはずが高額な追加料金を請求された

「無料回収」を宣伝していたはずの業者を利用したところ、何かと理由をつけて結局は高額な追加料金を請求された例は特に多いです。「出張費がかかる」「不用品の中に処分しにくいものが含まれていた」など、事前には何の説明もなく、作業後に料金を請求してきます。「回収費は無料だが、そのほかにお金がかからないとはいっていない」というのが相手のいい分なのです。

2-2.回収した不用品を不法投棄された

格安の不用品回収業者を利用したところ、回収した不用品が不法投棄されていたというトラブルもよく報告されています。「回収してもらったはずの不用品が近くの道端に捨ててあった」「行政から連絡があって不法投棄のことを聞かされた」という例も多いです。この場合、不用品回収を依頼したほうも罰則の対象になるため、大変悔しい思いをすることになってしまいます。

2-3.断ったら高額なキャンセル料を請求された

トラックに不用品を積み終えてから高額な料金を請求され、断ったら法外な金額のキャンセル料を支払うようにいわれた人もいます。この場合、利用しても断っても高額な料金がかかるため、納得のいかない依頼者との間でトラブルになることが多いです。業者が高圧的な態度で脅してきて、泣く泣くキャンセル料を支払ってしまう人もいます。

3.優良な不用品回収業者を見極める4つのポイント

優良な不用品回収業者を見極めるために、チェックすべきポイントをご紹介しましょう。業者選びの際、参考にしてください。

3-1.必要な許可を取得しているか

不用品回収業者は「一般廃棄物収集運搬業」「産業廃棄物収集運搬業」などの許可を取得していなければなりません。また、不用品の買取をおこなう場合は「古物商」の許可が必要です。しかし、実際にはこうした許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。そのため、必ず許可の有無を確認してから依頼するようにしましょう。許可を取得しているかどうかは、業者のホームページに記載されている場合がほとんどです。もしホームページに記載がない場合は、直接業者に問い合わせてみてください。

3-2.料金体系は明確か

料金体系についても必ずチェックしましょう。不用品回収業者の料金体系には、品目ごとに基本料金が設定されているもののほかに、パックプランが用意されている場合が多いです。回収してほしい不用品が多数ある場合は、パックプランのほうがお得になります。こうした料金体系の説明がホームページにきちんと記載されているかを確認してください。料金体系があいまいだと何かと理由をつけて高額な料金をだまし取られてしまいます。

3-3.料金は相場の範囲内か

不用品回収業者を選ぶときは、必ず複数の業者を比較しましょう。少なくても3社には無料見積もりを依頼し、その内容を比較することで大まかな費用相場を把握してください。費用相場を把握していれば、業者から提示された金額が妥当なのかが分かるはずです。極端に安い業者や高い業者は利用しないようにしましょう。

3-4.口コミの評判はよいか

実際にその業者を利用したことがある人の口コミもチェックしておきましょう。インターネットで口コミサイトを検索すれば、よい口コミだけでなく悪い口コミも確認できるはずです。

4.不用品回収の種類を紹介

不用品を回収してもらいたいとき、依頼先にはさまざまな種類があります。それぞれのメリットとデメリットも合わせてご紹介しましょう。

4-1.不用品回収業者

不用品回収業者に依頼するメリットは、手間がかからないということです。出張回収を利用すれば指定した日時に自宅まで回収に来てもらえるため、自分で分別したり運搬したりせずに済みます。また、回収できる不用品の品目も多いことから、ゴミ屋敷の片付けや遺品整理の際に利用するのもおすすめです。ただし、粗大ゴミとして処分するより費用が高額なこと・業者選びに注意が必要なことなどのデメリットもあります。

4-2.自治体の粗大ゴミ回収

自治体による粗大ゴミ回収を利用して不用品を処分することもできます。相手が自治体ということで安心して利用できること・処分費用が安く済むことがメリットです。その反面、事前に申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要なので手間がかかるというデメリットもあります。また、回収日を自分で決めることができないため、引っ越しなどで急いで処分したいときには不向きです。

4-3.引っ越し業者

引っ越しを機に不用品を処分したいなら、引っ越し業者に依頼する方法もあります。引っ越しと同時に不用品を処分できるため、手間を最小限に抑えることができるのです。ただし、引っ越し業者によっては不用品回収サービスをおこなっていない場合や、回収できる不用品の品目が限られている場合もあるので注意してください。

4-4.リサイクルショップや買取業者

リサイクルショップや買取業者を利用して不用品を処分することも可能です。使用年数が短く不具合がないもの・状態がきれいなもの・有名メーカーやブランド品などは買取対象になる可能性が高いでしょう。不用品を処分してお金に換えることができるのは大きなメリットです。ただし、買取価格は買取先によって大きく差が出る場合もあるため、しっかり比較してから依頼することをおすすめします。

5.目的に合った不用品回収サービスの選び方は?

自分の目的に合わせて不用品回収サービスを選ぶことが大切です。どんなときにどのサービスを利用すべきかご紹介しましょう。

5-1.不用品の量と種類が多いときは不用品回収業者

不用品の量が多い場合や、さまざまな種類の不用品を処分したい場合などは、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。粗大ゴミだと1回に出すことができる量に限りがある場合が多く、短期間で一気に不用品を処分したいときには向いていません。その点、不用品回収業者はトラック数台分の不用品でも素早く回収してくれるため、時間と手間をかけることなく済むのです。

5-2.状態がよいものは買取へ

状態がよい不用品は捨てることに抵抗を感じるものです。しかし、買取に出してお金に換えると思えば抵抗なく処分できるのではないでしょうか。どの不用品が買取対象になるのか判断できないときは、買取サービスもおこなっている不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。状態がよいものは買取・状態が悪いものは回収してくれるため、確実に処分できます。

5-3.量が少なく再利用できない場合は粗大ゴミへ

不用品の量が少なめで再利用できるような状態でないものは、粗大ゴミに出して処分しましょう。ただし、指定された回収場所まで自分で運ぶ必要があるため、大型の不用品がある場合は不用品回収業者に依頼したほうが安心です。粗大ゴミの回収を申し込む前に、自分で運ぶことが可能か考えてみるとよいでしょう。

6.不用品回収業者の選び方に関するよくある質問

「不用品回収業者の選び方について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.無料の不用品回収業者はすべて悪質業者だと思ったほうがよいですか?

A.必ずしもそうというわけではありません。なぜ無料で回収が可能なのか、その理由をきちんと説明できる業者であれば問題ないでしょう。

Q.突然訪問してきて不用品を回収しようとするのは悪質業者の手口ですか?

A.断ってもしつこく居座るようであれば悪質業者で間違いありません。絶対に利用しないようにしてください。

Q.不用品回収業者の見積書はどこをチェックすればよいですか?

A.どのような作業にいくらかかるのか、内訳がしっかり記載されているか確認してください。「作業一式」というようなあいまいな書き方をしている場合は注意が必要です。

Q.複数の不用品回収業者にまとめて無料見積もりを依頼する方法はありますか?

A.一括見積もりサイトを利用するとよいでしょう。手間や時間をかけることなく複数の業者を比較できます。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?

A.暴力を振るわれたり脅されたりした場合は警察に通報してください。また、国民生活センターに相談すると適切なアドバイスをもらえます。

まとめ

悪質な不用品回収業者の特徴やトラブル例・不用品回収業者の見極め方などを詳しくご紹介しました。不用品回収業者は大量の不用品を処分したいときに利用すると大変便利ですが、悪質業者の存在には注意しなければなりません。ぜひこの記事を参考に信頼できる業者を探し、スムーズに不用品を処分してください。