引っ越しで出たゴミの処分方法や業者選びのポイントなどを詳しく紹介


引っ越しでは、大量のゴミや不用品が出ます。引っ越しは日程が限られているため、効率よくゴミの処分を進めなければなりません。とはいえ、どのように処分すればいいのか、どんな方法があるのかなど、分からない点も多くあるでしょう。引っ越しの予定がある方は、引っ越しゴミの処分について知っておくと安心です。

そこで、本記事では、引っ越しで出たゴミの処分方法について解説します。

  1. 引っ越しで出たゴミの処分方法
  2. 引っ越しゴミを処分する時期やポイントは?
  3. 引っ越し当日にゴミが出てしまったら?
  4. 業者に依頼したほうがいいケースは?
  5. 不用品回収業者を選ぶポイント
  6. 引っ越しのゴミに関してよくある質問

引っ越しゴミは量が多いのに加え、分別などの手間がかかるものです。速やかにゴミを処分し、効率よく進めることを重視しましょう。

1.引っ越しで出たゴミの処分方法

引っ越しで出たゴミの処分方法についてご紹介します。

1-1.自治体回収

自治体回収で引っ越しゴミを処分する方法があります。可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどに分類されるのが一般的です。自治体によって分類が異なるため、事前に確認しておきましょう。分類後、定められた日にゴミ出しをしてください。

1-2.不用品回収業者

不用品回収業者に依頼し、引っ越しゴミを回収してもらう方法があります。不用品回収業者は自宅訪問が基本で、引っ越しゴミをまとめて回収してくれるのがメリットです。分別不要で、気軽に回収を依頼することができます。とはいえ、費用が割高であるため、複数の業者で見積もりを出してもらい、費用を比較しましょう。

1-3.引っ越し業者

引っ越し業者に依頼し、ゴミを回収してもらう方法があります。引っ越しの見積時にゴミの回収を申し出ておくと、トータルでの費用を算出してもらえるのです。ただし、引っ越し業者ではゴミの回収はオプションであるため、引っ越し費用が割高になるので注意してください。また、見積時に回収日を相談しておけば、引っ越し日当日の回収も可能です。

2.引っ越しゴミを処分する時期やポイントは?

引っ越しゴミを処分する時期やポイントについてご紹介します。

2-1.早めに計画を立てておく

引っ越しゴミの処分は、早めに計画を立てておくことが大切です。慌てることがないよう、引っ越し日当日までに終えるよう意識してください。

2-2.粗大ゴミはゆとりを持って申し込む

粗大ゴミとして引っ越しゴミを処分する場合は、ゆとりを持って申し込みましょう。粗大ゴミの回収日は、月に2回程度です。早めに申し込みを終えておけば、引っ越し日が近づいても慌てることがありません。

2-3.一度に大量のゴミを出さない

引っ越しゴミを処分する場合、一度に大量のゴミを出さないように注意してください。大量のゴミを一気に出してしまうと、回収されずに残ってしまい、近隣住民に迷惑をかけてしまうのです。

3.引っ越し当日にゴミが出てしまったら?

引っ越し当日にゴミが出てしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか?

3-1.引っ越し業者に相談する

引っ越し当日にゴミが出た場合、まずは引っ越し業者に相談してみましょう。トラックのスペースにゆとりがあれば、引っ越し当日の不用品回収が可能です。ただし、ゴミの処分や回収にかかる費用は別途発生するので注意してください。

3-2.即日対応可能な業者を探す

引っ越し当日にゴミが出たら、即日対応可能な業者を探すといいでしょう。不用品回収業者などに依頼すれば、迅速に対応してもらえます。急いでいる場合は、ホームページにあるメールフォームを利用するより、電話で問い合わせをしたほうがいいでしょう。

3-3.新居に持ち込む

引っ越し当日にゴミが出てしまったら、新居に持ち込んでから処分することも考えてみましょう。ゴミの回収業者が見つからない場合も、いったん新居に持ち込むことで、ゆっくり業者探しができます。落ち着いて処分方法を考えたい場合にもおすすめです。

4.業者に依頼したほうがいいケースは?

引っ越しゴミを業者に依頼したほうがいいのは、どんなケースなのでしょうか? 具体例を見ていきます。

4-1.ゴミの量が多い

ゴミの量が多い場合は、処分に手間がかかります。分別や運搬などの手間を省きたいなら、業者を利用しましょう。業者に依頼すれば、短時間で大量のゴミを処分してくれるのがメリットです。

4-2.自治体回収が難しいものが含まれている

自治体での回収が難しいものが含まれている場合も、業者に依頼したほうがいいでしょう。たとえば、危険物・薬品・家電リサイクル法対象品目などです。法律に触れるものが含まれていれば、自分で処分するより、業者にまとめて依頼したほうが手間を省くことができます。

4-3.分別が面倒なとき

ゴミの種類が多岐に亘(わた)るため、分別が面倒に感じるときも、業者を利用するといいでしょう。1つずつ仕分ける作業がいらなくなり、ゴミの処分にかける時間を大幅に短縮できるのがメリットです。時短と肉体的負担の軽減につながります。

5.不用品回収業者を選ぶポイント

不用品回収業者を選ぶポイントについてご紹介します。

5-1.誠実な対応

不用品回収業者を選ぶ際は、誠実な対応をしてくれることを確かめましょう。電話やメールでの問い合わせにも丁寧に答えてくれて、質問にもスムーズに対応してくれるのであれば、信頼できる業者だと判断できます。

5-2.料金体系が明確

料金体系が明確であることも、業者選びでは重要なポイントです。ホームページに料金プランがきちんと掲載されており、見積もりに詳しい内訳が書かれている業者を選びましょう。追加料金の発生など、想定外の事態を防ぐことができます。

5-3.事業所をきちんと構えている

事業所をきちんと構え、地域に根ざした営業をしている業者であれば、安心して依頼できるでしょう。一方、トラックだけで営業している廃品回収業者などは危険です。法外な料金請求など、思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

6.引っ越しのゴミに関してよくある質問

引っ越しのゴミに関する質問を集めました。

Q.引っ越しゴミの処分費用を最も安くする方法は?

A.自治体回収に出す方法です。自治体の回収費用は低めに設定してあります。コストダウンにつながる方法でしょう。とはいえ、1つずつ分別しなければならないため、手間がかかるのがデメリットです。

Q.不用品回収業者を選ぶ際は、どうやって比較するべきか?

A.複数の業者から出してもらい、見積もりを比べることが大切です。見積もりは熟読し、内訳などを細かくチェックしてください。不明点は、契約する前に確認しておきましょう。

Q.引っ越し時は、どのくらいものを処分すればいいのか?

A.できるだけ不用品は多く処分しましょう。新居に持って行くものを最小限にしておけば、身軽に引っ越しができます。引っ越しは断捨離のチャンスと考え、思いきってものを処分するといいでしょう。

Q.引っ越しで出たゴミを買取に出すことはできるのか?

A.はい、買取に出すことができます。ただし、買取対象となるものは限られているので注意してください。複数の業者で査定を受け、買取価格を比較することも大切です。

Q.処分や買取に出す方法以外で、引っ越しゴミを手放す方法はあるのか?

A.はい、あります。知人に譲ったり、寄付したりする方法です。ただし、寄付の場合、事前に募集しているか確認することが大切なポイントとなります。寄付可能な時期や団体をチェックしておきましょう。

まとめ

引っ越しでは大量のゴミが出ます。ゴミの処分に困らないよう、処分方法や処分時のポイントなどを知っておくと安心です。自分で処分するのが難しい場合は、業者に依頼することも考えてみてください。業者選びのポイントも覚えておきましょう。