ごちゃごちゃしたキッチンもこれでスッキリ! キッチン収納のコツ


大きさがまちまちなキッチングッズ。
うまく片付けるのは難しいですよね。
鍋など大きいものをうまく片付けないと、細かいものがみつからない。
気が付くと期限切れの食材が出てくるなんていうことも…。
そこで今回は、シンクと一体型のキッチン収納を整理する方法を考えます。
鍋やボウルなど大きなものから先に、細かいものをわかりやすく収納するのがコツ。
100均のグッズなどをうまく使って、使いやく片付けられているいキッチンを目指しましょう。

使っていないものを処分する

そして、まずすることは…
持っているものを全部出す!
ここ一年使っていないものは基本的に処分しましょう。
使えない引き出物などが溜まってしまっていませんか?
これらの「断捨離」ですね。

調理道具の片付け方

大きいものの片付け場所を考えましょう。
鍋や大きなボールなどは、シンク下の一番大きい収納に片付けます。
この時に考えるのは「フタ」の扱い方。
調理台がごちゃごちゃする原因の一つです。
収納扉の裏側にフックをつけて、蓋をひっかけるのも一つの方法。
鍋は一見サイズがいろいろに見えますが、実は家庭用では5cm・18cm・21cm、24cmとだいたい決まっています。
この大きさに合わせたフタが一つずつあればよいのでは?
そして、フタの直径にあわせてフックを取付けてひっかけておきましょう。

引き出しを制覇しよう

 シンクについている引き出しで困るのは、

  • 引き出しの高さがあまりなく、場所をとる割には入るスペースが少ないこと。
  • 細かいものを入れにくいこと。(知らないうちに引き出しから落ちたりやっかいです。)

ここでは100均グッズをうまく使いましょう。
引き出しの高さにあった箱を100均で調達します。
高さは揃えて大・中・小のボックスを選んでください。
プラスチック製にこだわることはありません。
お菓子用の型も意外と丈夫です。

1段目

小さなものを入れます。
同時に使うもの同士を同じ箱にいれましょう。
手前は小さな箱を使って、小さいびんに入っている調味料をいれます。
フタに名前を書いておくといいですよ。

2段目

普段使っているもので、パンやシリアル・「ダシの素」など冷蔵庫に入れなくても大丈夫なものを、深さに合わせた瓶に入れておきます。
ふたに品名を書いておいてくださいね。

3段目

出しやすく見やすい収納の極意(?)をご紹介します。
よく待合室においてある「新聞ラック」。
この原理を使って収納するのです。
引き出しの奥と手前につっぱり棒を渡します。
ジップロックと割り箸を一緒にダブルクリップでとめ、この割り箸を突っ張り棒にひっかけて使います。
ダブルクリップに、入れたものの名前を書いておきましょう。
残りのスペースは、高さのある密閉容器に粉類と米を入れてしまいます。

いかがでしょうか。
引き出しの深さをうまく使うことが、キッチン片付けのポイントの一つです。
今回ご紹介した方法を参考にして快適なキッチン環境を実現してくださいね。