孤独死を防ぐ対策を知りたい! 主な原因や予防法を詳しく解説します!


孤独死を防ぐ対策を知りたいとお考えではありませんか? 孤独死は、今大きな社会問題となっており、何らかの対策が急務とされていますよね。超高齢化社会や核家族化が進んだ結果、誰でも孤独死と背中合わせにあるのも事実です。しかし、孤独死を防ぐためには、実際にどんな対策が有効なのかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、孤独死の対策について詳しく解説します。

  1. 孤独死とは?
  2. 孤独死が起こる原因は?
  3. 孤独死を防ぐ対策方法は?
  4. 孤独死の対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、孤独死を防ぐポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.孤独死とは?

最初に、孤独死とはどんな状態のことか詳しく見ていきましょう。

1-1.誰にも看取(みと)られることなく死亡する

孤独死とは、誰にも看取られることなく一人で死亡することです。一人暮らしの高齢者が増加したことなどから、孤独死を向かえる人が急増しています。孤独死にはさまざまな問題が付きまとい、大きな社会問題となっているのが現状です。たとえば、葬儀や遺品整理などは誰がどんな方法でやるべきかなどで、トラブルに発展することも少なくありません。また、孤独死による悪臭や害虫の発生などにより、近隣住民にも大きな迷惑をかけてしまいます。

1-2.孤独死と認められる条件

孤独死と認められるのは、故人が死亡した際、以下の条件に当てはまる状態を指します。

  • 一人暮らしで同居人がいない
  • 発見された際、すでに死亡していた
  • 発見されるまで数日以上経過している
  • 自宅敷地内などでの死亡
  • 他殺以外の死因

2.孤独死が起こる原因は?

孤独死が起こる原因には、どんなものがあるでしょうか。

2-1.少子高齢化社会

孤独死が起こる原因の一つに、少子高齢化社会が挙げられます。平均寿命が80歳を超え、長生きする人が増えた一方で、子どもがいないために家族全員が高齢者というケースも急増しているのです。高齢になると、身体能力や判断能力が低下するほか、認知症を発症することが多くなります。夫婦もしくは親子で暮らしていても、それぞれが高齢では、孤独死がいつ起きてもおかしくありません。

2-2.核家族化

核家族化も、孤独死が起こる原因です。高齢の親がいる場合でも、子どもが一緒に暮らすケースが減少しています。たとえば、就職や進学のために子どもが離れて暮らすようになり、そのまま実家に戻らないなどです。中でも、子どもが結婚するなどにより家を購入した場合は、親世帯と暮らすことはほぼないでしょう。こうして親世帯と子ども世帯が別々に暮らすようになれば、親と子どもが疎遠になりやすく、気が付いたら親が孤独死していたという事例もあります。

2-3.引きこもりの増加

孤独死が起こる背景には、引きこもりの増加も挙げられます。必要最低限の外出にとどめ、ほかの人と交流をほとんどしないため、何かあったときに手遅れになってしまうのです。実際に、体調が悪くなっても助けてもらう人がいないため、深刻な状況になりやすいといえます。また、自ら助けを求めることをしないのも、孤独死の増加を後押ししているといえるでしょう。

2-4.経済的に困っている

経済的に困っていることも、孤独死が起こる原因の一つです。収入や資産が少なく生活するのがやっとという状態では、日常生活に十分なお金をかけることができなくなります。すると、体調不良などもそのまま放置しがちになり、気が付いたときには重症化していることも少なくありません。経済的に余裕がある人より、孤独死に至る可能性が高いのも納得できます。

2-5.他人との交流の希薄化

孤独死が起こる原因として、他人との交流が希薄化していることも挙げられます。地域や趣味の活動に参加しない、親族や知人との連絡もほとんどないとなれば、孤立してしまうのも当然でしょう。以前は交流があった人でも、特に知らせがないから大丈夫だろうと思い込んでいるケースもあります。すると、誰とも交流しない日々が続き、結果的に孤独死に至りやすくなるのです。

3.孤独死を防ぐ対策方法は?

孤独死を防ぐ対策方法にはどんなものがあるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.親族や知人との積極的な交流

孤独死を防ぐには、親族や知人との積極的な交流が有効です。実際に、一人暮らしで何らかの持病を抱えている人でも、親族や知人と積極的な交流を欠かさない人は、万が一の際、早期に助けてもらえる可能性が高くなります。また、何か困ったことがあったら気軽に相談しやすいことも、孤立を防いで孤独死と無縁になれる理由といえるでしょう。なお、遠方で気軽に訪問できない場合は、見守り家電を利用してコミュニケーションを図る方法もあります。

3-2.適切な食事管理・健康管理・生活管理

適切な食事管理・健康管理・生活管理も、孤独死の予防に重要なポイントです。食事管理・健康管理・生活管理がしっかりしていれば、心身共に健康できちんとした生活を送ることができます。病気になりづらく意欲的に生活できるので、孤独死とは縁遠くなることでしょう。ただし、一人暮らしの人は、側で管理してくれる人がいないため、いずれも中途半端に終わってしまいがちです。そのため、自ら強い意志を持って実行する必要があります。

3-3.近隣住民による声かけや見守り

一人暮らしの高齢者などは、近隣住民で声かけしたり見守りしたりすることも孤独死の予防につながります。たとえ親族と疎遠になっていても、近隣住民との交流が盛んな場合は、孤独死のリスクが大きく減少するものです。毎日の声かけが難しくても、回覧板を回したときに話をする、新聞や郵便物を放置したりゴミ屋敷状態になっていたりしないかチェックすることなどはできます。実際に、近隣住民による声かけや見守りにより、大事に至らなかったケースもあるのです。

3-4.民間の見守りサービスを利用する

民間の見守りサービスを利用することも、孤独死の予防になります。たとえば、警備会社が行っている、24時間見守りサービスなどです。契約者の家に緊急警報装置を設置し、何かあったらいつでもすぐに頼ることができるサービスになります。また、ホームヘルパーや宅配弁当の契約により、定期的に訪問してもらうことで異変を気付いてもらいやすく、見守りサービスと同様に効果的です。

3-5.行政の力を借りる

孤独死を防ぐには、行政の力を借りることも大切です。たとえば、身寄りがいない人の場合は、近隣住民の見守りだけでは限界があることでしょう。特に、ゴミ屋敷状態になっている場合などは、行政の力がものをいいます。近隣住民から促しても腰を上げなかった人が、行政からの要請にはスムーズに対応したというケースもあるのです。また、いったん行政が入ると、定期健康診断や介護サービスの利用などにも結び付きやすく、孤独死の予防につながります。

3-6.高齢者施設への入居

一人暮らしの高齢者に、高齢者施設への入居を促すのも、孤独死を予防する対策になります。高齢者施設に入居すれば、適切な食事管理・健康管理・生活管理を受けることができ、一人暮らしよりも充実した毎日を送ることが可能です。何かあったときにも、すぐ対応してもらうことができるのもメリットでしょう。特に、体が不自由だったり認知症の疑いがあったりする場合は、高齢者施設への入居が大きな意味を持ちます。

4.孤独死の対策に関するよくある質問

最後に、孤独死の対策に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.女性と男性ではどちらが孤独死しやすい?

A.男性のほうが圧倒的に多く、女性の4倍以上になっています。男性の一人暮らしでは、健康管理や生活管理が適当になるケースが目立ち、また、女性よりも周囲との交流が少ない傾向があるのも理由といえるでしょう。

Q.一人暮らしの高齢者に声かけや見守りを嫌がられるのですが?

A.プライドが高い人は、あからさまな声かけや見守りを嫌がることもあるでしょう。拒否反応が見られる場合は、いったん距離を置きながら、徐々に心を開いてもらうように努力する必要があります。最初は嫌がっていた人でも、長く付き合っていくうちに心を開いてくれることもあるでしょう。

Q.ゴミ屋敷の片付けはどんな業者に依頼すればよい?

A.以下の条件を満たす業者に依頼するとよいでしょう。

  • ゴミ屋敷の片付けで豊富な実績がある
  • 回収後の不用品を適切な方法で再販・再資源化している
  • 現場視察や見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時と場所で作業してもらえる
  • 可能なものは買取もしている
  • スタッフの対応が親切で感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 業務に必要な許可を取得済み

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、ゴミ屋敷の片付けをお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

Q.貯金や財産があれば孤独死とは無縁なのでは?

A.いいえ。貯金や財産があっても、実際に孤独死してしまう人もいます。確かに、お金や財産があれば、日常生活を送るのに物質的な問題はありません。しかし、周囲との交流が断絶している状態では、孤独死に至ってもおかしくないでしょう。

Q.近隣に家族が住んでいる場合でも一人暮らしの高齢者に声をかけたほうがよい?

A.はい。近隣に家族が住んでいても、必ずしもこまめに様子を窺(うかが)っているとは限らないからです。なるべく声かけを行い、高齢者が孤立しないよう気を配りましょう。

まとめ

今回は、孤独死の対策について詳しく解説しました。少子高齢化社会や核家族化が進んだ今、孤独死は深刻な社会問題になっています。特に、一人暮らしの高齢者は、孤独死に至りやすいので注意しましょう。たとえば、親族や知人と盛んに交流する、近隣住民が声かけや見守りを行うなどの対策により、孤立化させないことが大切です。孤独死を他人ごとと考えず、何かあったときにお互いが助けを求められるような体制に整えていきましょう。