マンションを片付けたい人必見! 主な手順やポイントを詳しく解説!


「マンションが散らかっているので片付けたいけど、どんな手順で進めるとよいのだろう」とお考えではないでしょうか。自分で片付けようとしても、何から始めてよいか、どんな手順で進めるとよいかなど、よく分からないこともありますよね。それに、マンションを片付けた後、大量の不用品を処分する方法についても知りたいことでしょう。

そこで今回は、マンションの片付けについて詳しく解説します。

  1. マンションを片付けられない理由は?
  2. マンションを片付ける前に準備すること
  3. マンションを片付ける手順
  4. マンションの片付けで出た不用品を処分する方法
  5. マンションの片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションを効率よく片付けるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.マンションを片付けられない理由は?

最初に、マンションを片付けられないのにはどんな理由があるか見ていきましょう。

1-1.収納が少ない

マンションを片付けられない理由の一つに、収納が少ないことが挙げられます。一戸建てと比較して収納が少ないことで、部屋にものがあふれてしまうのです。特に、ワンルームや1Kなどの単身者向けマンションでは、収納がほとんどないこともあるでしょう。自分で工夫して収納を作っても限界があり、片付けられなくなりがちです。

1-2.ものを捨てることができない

ものを捨てることができないのも、マンションを片付けられない理由の一つです。もったいない、まだ使えるからなどの理由でものを捨てずにいると、たちまち部屋がゴチャゴチャしてしまいます。特に、ものを捨てることに罪悪感を抱いている人は、ゴミ屋敷状態になりやすいので注意が必要です。

1-3.ものを捨てるのが面倒

ものを捨てることが面倒に感じると、マンションを片付けられなくなりがちです。マンションは、専用のゴミ捨て場があることが多いものの、ゴミを捨てるのにわざわざ階下まで運ぶ必要があり、想像以上に労力がかかることがあります。また、多忙などの理由で疲れてしまい、ものを捨てるのが面倒になることもあるでしょう。

1-4.よく考えずにものを買ってしまう

マンションが片付かない理由の一つに、よく考えずにものを買ってしまうことも挙げられます。バーゲンやセールで安くなると、特に理由もなく買ってしまうという人は注意が必要です。安い価格で手に入っても、結局使わないのでは不用品が増えてしまいます。ものを買う場合は、本当に必要なものかどうかよく考えてからにすることがおすすめです。

1-5.片付け方が分からない

片付けが苦手などの理由で片付け方が分からない場合も、マンションがものであふれてしまう理由といえます。ものを使った後で元の場所に戻さない、適当な場所に収納してしまうといったことにより、部屋が散らかってしまうのです。しかし、正しい片付け方を理解できれば、一気に問題が解決することもあります。

1-6.高齢などの理由で片付けられない

高齢などの理由により、マンションを上手に片付けられないことがあります。高齢になると、気力・体力・判断力が低下するため、片付けが大きな負担になるからです。たとえば、片付ける意思があっても体が思うように動かないケースがあります。また、認知症などの影響で片付けられないこともあるでしょう。

2.マンションを片付ける前に準備すること

マンションを片付ける前には、どんなことを準備すればよいのでしょう。

2-1.片付けに必要な道具を用意する

マンションを片付ける準備として、必要な道具を用意しましょう。具体的には、以下のようなものを用意してください。

掃除道具

  • 掃除機
  • ほうき
  • ちり取り
  • 雑巾
  • バケツ
  • フロアーワイパー
  • 使い捨てタイプの掃除用シート(ウェットタイプ・ドライタイプの両方)
  • コロコロタイプのクリーナー
  • はたき
  • 住宅用中性洗剤

仕分け道具

  • ダンボール箱
  • ゴミ袋
  • 油性マジック
  • ビニールテープ
  • ハサミ・カッター
  • 古新聞紙

服装

  • マスク
  • ゴム手袋(使い捨てがおすすめ)
  • 三角巾
  • 室内用シューズ
  • 汚れてもよい服装

2-2.不用品の仕分け基準や処分方法を決める

不用品の仕分け基準や処分方法を決めておくと、マンションの片付けがスムーズに進みます。具体的な仕分け基準については、以下をご覧ください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障などで正常に使えない
  • サイズが合わない
  • 同じようなものがたくさんある
  • 今後使う予定がない
  • 特に思い入れがない

なお、不用品の処分方法については、この記事の「4.マンションの片付けで出た不用品を処分する方法」を参考にして最もメリットが大きなものを選ぶとよいでしょう。

2-3.片付けのスケジュールを立てる

実際の作業に入る前に、片付けのスケジュールを立てておきましょう。部屋数が多い、部屋が広い、物量が多い、汚れがひどいなどの場合は、想像以上に大変な作業になります。スケジュールを組むときのポイントは、以下のとおりです。

  • 日数に余裕を見ておく
  • 1日の作業時間は長くても6~8時間程度にとどめる
  • 適宜休憩を設定する
  • 作業遅れが発生したときのために予備日を設定する

3.マンションを片付ける手順

マンションを片付ける手順を、詳しく解説します。

3-1.床の上を片付けて仕分け場所を確保する

最初に、床の上を片付けて仕分け場所を確保しましょう。手当たりしだいに片付けていくより、効率よく作業できます。仕分け場所を確保できたら、古新聞紙を敷いておきましょう。ダンボール箱やゴミ袋などの仕分け用具は、1箇所にまとめて置いておくと使いやすくておすすめです。

3-2.ゴミや不用品を仕分けて処分する

部屋のものをすべて出し、明らかにゴミと判断できるものを取り除きましょう。物量が多過ぎるときは、複数回に分けて出しても構いません。さらに、事前に決めておいた仕分け基準に沿って、なるべく短時間で仕分けていきましょう。一つずつ考えていると時間が足りなくなるので、判断に迷うものは最後にもう1回考えるようにし、効率よく仕分けていくことが大切です。すべてのものを仕分け終えたら、事前に決めた方法に沿って不用品を処分しましょう。

3-3.必要なものだけを収納する

不用品を仕分けたら、必要なものだけを収納していきましょう。不用品を仕分けて物量が大きく減った分、格段に収納しやすくなるはずです。ものを収納するときは、以下のポイントに沿って行うとよいでしょう。

  • 定位置を決め、ある程度余裕を持って収納する
  • 出し入れのしやすさを確保する
  • よく使うものを手前側・取り出しやすい位置に収納する
  • 使うものの近くに収納する

このとき、まだスペースに余裕があるからといって、不用品まで収納するのはやめましょう。なお、収納に入りきらない場合は、再度不用品を仕分けして物量を減らしてみてください。最後に、掃除して仕上げましょう。不用品がなくなり、必要なものだけをあるべき場所にきちんと収納した後なので、格段に掃除しやすいはずです。

4.マンションの片付けで出た不用品を処分する方法

マンションの片付けでは、大量の不用品が出ます。ここでは、不用品の処分方法について詳しく見ていきましょう。

4-1.自治体回収にゴミとして出す

マンションの片付けで出た不用品は、自治体回収にゴミとして出すことができます。ゴミの分類については、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:紙・木・革・布など焼却処分可能な素材。回収費用は無料
  • 不燃ゴミ:ガラス・陶器・金属など焼却処分できない素材。回収費用は無料
  • 資源ゴミ・金属ゴミなど:自治体が資源リサイクルを前提として収集する。回収費用は無料
  • 粗大ゴミ:一定以上の大きさや重さがあるもので。有料回収が一般的

なお、ゴミの分類方法や収集ルールは自治体によって異なります。実際には、自治体の指示に沿って出してください。

4-2.関連法律に沿って出す

家電やパソコン・パソコン用モニターは、関連法律に沿って処分することもできます。

4-2-1.家電リサイクル法に沿って処分する方法

エアコン・洗濯機・テレビ・冷蔵庫の4家電は、家電リサイクル法に沿って処分することができます。家電リサイクル法とは、前述した4家電に含まれる資源をリサイクルすることなどを目的とした法律です。家電リサイクル法に沿って処分するには、以下の2つの方法があります。

料金販売店回収方式

  • 販売店の店頭で手続きする
  • 対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  • 指定日時・場所にて運搬業者に回収してもらう

料金郵便局振込方式

  • 郵便局の窓口で手続きする
  • 対象家電の家電リサイクル料金を支払う
  • 自分で自治体の指定引取場所に対象家電を持ち込む

対象家電の家電リサイクル料金は、種類・メーカーなどによって異なります。詳しくは、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページを参考にしてください。なお、料金販売店回収方式で手続きした場合の運搬費用は、対象家電1台に付き1,500~6,000円程度が目安です。

4-2-2.パソコンリサイクル法に沿って処分する方法

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法に沿って処分することができます。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源を有効活用するための法律です。パソコンリサイクル法に沿って処分するには、以下の流れを参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル窓口に連絡してパソコン・パソコン用モニターの回収を申し込む
  2. メーカーから配送用伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってこん包し、配送用伝票を貼り付けて発送する

なお、PCリサイクルマークが付いているものは、無料で回収してもらうことが可能です。古い機種などでPCリサイクルマークが付いていないものは、回収時に1台数千円程度かかります。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

4-2-3.小型家電リサイクル法に沿って処分する方法

ドライヤ―などの小型家電は、小型家電リサイクル法に沿って処分することもできます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源のリサイクルなどを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って処分するには、役所や商業施設などに設置してある小型家電回収専用ボックスに投入してください。処分費用は、無料です。なお、自治体によって対象となる小型家電が異なるため、事前に自治体のホームページなどで確認してください。

4-3.販売店の回収サービスを利用する

マンションの片付けで出た不用品は、販売店の回収サービスを利用して処分することも可能です。たとえば、以下のようなものは、販売店の回収サービスの利用を検討してみるとよいでしょう。

  • 家具
  • 家電(家電リサイクル法の対象品目以外)
  • ピアノ
  • ミシン

なお、指定日時・場所にて回収してもらう場合は、回収費用が1個に付き数千円程度必要になるのが一般的です。大型家具やピアノなどは、ものによって1個数万円程度かかることもあるでしょう。なお、新規購入を伴う場合は、不要になったものの回収費用がサービスになることがあります。

4-4.不用品回収業者に処分してもらう

マンションの片付けで出た不用品は、不用品回収業者に処分を依頼することも可能です。不用品回収業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 都合のよい日時と場所で回収してもらえる
  • 多種多様な不用品をまとめて処分してもらえる
  • 不用品を仕分ける必要がない
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある

なお、当リサイクルショップ埼玉出張コールセンターでも、数多くの不用品の処分をご依頼いただき、ご好評をいただいています。ご希望により、片付けから不用品の処分まで一括してお受けすることも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

4-5.買取に出す

まだキレイで十分に使えるものは、買取に出すことも検討してみましょう。

4-5-1.買取専門業者に売る

マンションの片付けで出た不用品は、買取専門業者に売ることができます。特に以下のような種類で状態のよいものは、高額買取が期待できるでしょう。

  • 製造後3年以内の家電
  • 高級素材を使用した家具
  • 貴金属類
  • 有名ブランド品
  • 骨とう品
  • 趣味のコレクション
  • スポーツ用品
  • ベビー用品

なお、業者によって買取可能な種類が異なるため、複数の不用品をまとめて買取してもらうのは難しい場合があります。また、買取専門となるため、買取不可になった場合は引取処分も依頼できません。

4-5-2.リサイクルショップに売る

リサイクルショップでも、マンションの片付けで出た不用品を買取してもらえます。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどの方法で査定を依頼しましょう。提示金額に納得できる場合は、そのまま不用品を引き渡して代金を受け取ってください。リサイクルショップでは多種多様な不用品の買取を依頼できる、その場で査定から代金受け取りまで済むなどが主なメリットです。一方、査定金額が低い傾向がある、買取主体なので買取不可の場合は引取処分も依頼できないことがあるなどがデメリットになります。

4-5-3.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、マンションの片付けで出た不用品を買取してもらうことができます。買取を希望するときは、業者に連絡して査定を受けましょう。提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。不用品回収業者に買取を依頼する場合、都合のよい日時と場所で回収してもらえるのでとても助かります。また、万が一買取不可になってもそのまま引取処分を依頼できるのも大きなメリットです。なお、引取処分になった場合は別途回収費用がかかることがあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

4-5-4.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品し、不用品を売る方法もあります。売りたい価格を設定できる、タイミングによっては早期落札や高額落札もあり得るなどが主なメリットです。普段からネットを利用していて手続きの流れを理解できる人は、検討してみるとよいでしょう。ただし、出品数が多いと管理が大変になる、タイミングによってはなかなか落札されないなどのデメリットもあります。また、基本的にこん包や発送を自分で行うことになるので、面倒だと感じる場合はそのほかの方法を選ぶとよいでしょう。

5.マンションの片付けに関するよくある質問

最後に、マンションの片付けに関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.マンションを片付けないで放置するとどうなる?

A.ゴミや不用品が増え続け、いずれゴミ屋敷のような状態になってしまいます。中には、悪臭が発生したり害虫が繁殖したりして、近隣に迷惑がかかる可能性もあるでしょう。賃貸物件の場合、近隣からの苦情などにより退去を求められることもあります。持ち家であっても、ご近所とのトラブルを避けることは難しいでしょう。

Q.マンションの片付けで挫折しないコツは?

A.なるべく多くの人に協力してもらうことや、無理をして作業を進めないことなどが挙げられます。また、片付けが苦手な人は、できるだけ簡単に片付けられる方法を選びましょう。

Q.マンションの片付けを行う場合はご近所に挨拶すべきか?

A.振動や騒音などで迷惑がかかる可能性がある場合は、挨拶しておくと安心です。特に、夜間や休日など、ご近所が在宅している時間帯に作業する場合は、挨拶しておいたほうがよいでしょう。

Q.マンションの片付けで業者が家に入るのに気が引けるのですが?

A.業者は、あくまでも仕事として淡々と作業してくれます。そのため、必要以上に気を使う必要はありません。

Q.業者が家に傷を付けたら補償してもらえる?

A.信頼できる業者では損害賠償保険に加入しているため、明らかに業者が傷を付けたと判断できる場合は補償してもらえます。念のため、契約を交わす際に、業者が損害賠償保険に加入しているか、どんな場合にどんな内容で補償してもらえるか説明してもらうとよいでしょう。

まとめ

今回は、マンションの片付けについて詳しく解説しました。マンションを効率よく片付けるには、作業スケジュールをきちんと立てる、必要な道具を用意するなどの準備が必要です。また、不用品を処分して物量を減らすことも重要なポイントになります。なお、マンションの片付けで出た不用品の処分は、不用品回収業者に依頼すると何かと便利です。片付けから不用品の処分・掃除まですべてお任せできる業者もあるので、相談してみるとよいでしょう。