不用品を捨てるコツを知りたい!安く簡単に処分する方法を詳しく!


「不用品がたくさんあって困っているので、上手に捨てるコツを知りたい」とお考えではないでしょうか。不用品の量が多く、内容も多種多様にわたっていると、どんな方法で捨てることができるのか分かりづらいですよね。それに、なるべく安く簡単な方法で効率よく処分したいことでしょう。

そこで今回は、不用品を捨てるコツについて詳しく解説します。

  1. 不用品を捨てるコツは?
  2. 不用品を捨てるときの注意点
  3. 不用品を処分する方法は?
  4. 不用品を捨てるコツに関するよくある質問

この記事を読むことで、不用品を捨てるポイントや注意点などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.不用品を捨てるコツは?

最初に、不用品を捨てるコツについて見ていきましょう。

1-1.捨てる基準を決めておく

不用品を捨てるときは、捨てる基準を決めておくと効率よく仕分けできます。たとえば、以下のような基準で不用品を仕分けるとよいでしょう。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 故障などで正常に使えない
  • 同じようなものがたくさんある
  • 過去1年間程度使うことがなかった
  • 機能・性能が古過ぎて使いづらい
  • サイズや趣味が変わって必要がなくなった
  • 今後使う予定がない
  • 特に思い入れがない

1-2.短時間で仕分ける

不用品は、なるべく短時間で仕分けるようにしましょう。ものには、一つずつ思い出があるものです。しかし、仕分ける際、思い出に浸っているようでは時間が足りなくなってしまいます。効率よく進めるためにも、この記事の「1-1.捨てる基準を決めておく」で決めた基準に沿って、どんどん作業していきましょう。また、いったん仕分けた不用品は、捨てることを徹底し、見直さないようにすることも大切です。

1-3.いつか使うと考えて残さない

不用品をため込んでしまう人の特徴に、いつか使うと考えてしまうことが挙げられます。特に高齢者に多く、なかなかものを捨てることができません。たとえ未使用品であっても、まだ十分に使えるものであっても、今後使う予定がないものは、潔く手放しましょう。リサイクルして再資源化したり、中古品として使ってもらったりすることでも、ものを大切にすることができます。

1-4.捨てることに罪悪感を持たない

捨てることに罪悪感を持たないことも、不用品を捨てるのに大切です。まだ使える、もったいないと考えると、不用品をなかなか捨てることができなくなります。すると、部屋が不用品であふれてしまいがちです。すでに使わなくなったものは、ものとしての使命を終えたと判断し、思いきって捨てることが一番といえます。ものを捨てるのに罪悪感を持ってしまう人は、捨てる前に簡単にでも感謝の言葉をかけることで、気持ちに区切りができ、スムーズに捨てることができるでしょう。

2.不用品を捨てるときの注意点

不用品を捨てるときには、どんな点に注意すればよいのでしょう。

2-1.最初に作業計画を立てる

不用品を捨てるときは、最初に作業計画を立てて進めると効率がよく、挫折を防ぐことができます。特に、物量が多い、部屋数が多い、汚れがひどいといった場合は、無計画に手を付け始めると挫折しやすいので注意しましょう。まずは、簡単に片付けられる場所から作業し始め、小さな達成感を積み上げていくことをおすすめします。また、不用品を仕分けするだけでも相当な時間がかかるので、余裕を持って計画を立てましょう。

2-2.ルールを守って捨てる

ルールを守って捨てることも、忘れてはいけないポイントです。たとえば、不用品を自治体回収に出す場合、収集場所・日時・出し方などのルールを守らないと、収集対象外になることがあります。また、収集場所近隣の住民に迷惑がかかるのも問題です。そのほかの方法でも、決められたルールを守って捨ててください。どんなルールがあるかよく分からないときは、事前に確認することが大切です。

2-3.個人情報の流出に気を付ける

不用品を処分するときは、個人情報の流出に気を付けてください。内部データを消去せずに処分した場合、悪意ある第三者の手に渡ると悪用され、思わぬ被害を受けることがあります。特に以下のようなものは、内部データをきちんと消去してから処分することが大切です。

  • スマホ・携帯電話
  • タブレット
  • パソコン
  • 外付けハードディスク
  • メモリーカード類
  • 内部録画可能なテレビやDVDデッキなど
  • 個人的に作成したDVDソフトなど

また、プリンターなどの情報家電も内部データが記録されていることがあるので、確実に消去しておきましょう。

2-4.無理をして自分一人で処分しない

不用品を捨てるときは、無理をして自分一人で処分しようとしないことも大切です。なるべく多くの人に手伝ってもらえば、効率よく作業でき、短時間で捨てることができます。また、労力も少なくて済み、とても楽です。もしも、家族や知人などに手伝ってもらえそうな人がいない場合は、不用品回収業者などに依頼する方法もあります。プロの経験とノウハウにより、あっという間に大量の不用品を仕分け・回収してもらえるので、検討してみるとよいでしょう。

3.不用品を処分する方法は?

不用品を処分する主な方法について見ていきましょう。

3-1.自治体回収にゴミとして出す

不用品の多くは、自治体回収にゴミとして出すことができます。主な分類や出し方については、以下を参考にしてください。

可燃ゴミ

  • 紙・木・布・革など焼却処分可能な素材
  • 自治体ごとに決まった曜日・時間・収集場所に出す
  • 収集費用は無料
  • 自治体が収集した後は廃棄処分になる

不燃ゴミ

  • 陶器・ガラス・金属など焼却処分できない素材
  • 自治体ごとに決まった曜日・時間・収集場所に出す
  • 収集費用は無料
  • 自治体が収集した後は廃棄処分になる

資源ゴミ

  • プラマークのあるもの・空き缶・ペットボトル・ガラス瓶など再生可能な素材
  • 自治体ごとに決まった曜日・時間・収集場所に出す
  • 収集費用は無料
  • 自治体が収集した後は再生資源などで有効活用される

粗大ゴミ

  • 可燃ゴミや不燃ゴミなどのうち一定の大きさや重さがあるもの
  • 多くの場合事前予約が必要で有料回収になる
  • 自治体が指定した日時・場所で収集してもらえる
  • 自治体のゴミ収集施設に自分で持ち込んで処分してもらうこともできる
  • 自治体が収集した後は廃棄処分になるのが一般的

なお、自治体によってゴミの種類・分類基準・収集ルールなどが異なります。詳しくは、お住まいの自治体に確認してみてください。

3-2.関連法律に沿って処分する

不用品でも、以下のようなものは関連法律に沿って処分する方法があります。

3-2-1.家電リサイクル法の対象家電

テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫の4家電は、家電リサイクル法に沿って処分することができます。家電リサイクル法とは、対象家電に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。家電リサイクル法に沿って処分するには、以下の2つの方法から選ぶことができます。

料金販売店回収方式

  1. 販売店の店頭で家電リサイクルの手続きを申し込む
  2. 対象家電の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  3. 指定日時に運搬業者が対象家電を回収し、メーカーの再生工場に搬入する

料金郵便局振込方式

  1. 郵便局の窓口で家電リサイクルの手続きを申し込む
  2. 対象家電の家電リサイクル料金を支払う
  3. 自治体の指定引取場所に自分で対象家電を運ぶ

なお、家電リサイクル法に基づく処分方法については、一般財団法人家電製品協会のホームページも参考にしてください。

3-2-2.小型家電リサイクル法の対象家電

ドライヤーやシェーバーなどの小型家電は、小型家電リサイクル法に沿って処分することができます。小型家電リサイクル法とは、対象家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って対象家電を処分するには、以下の流れを参考にしてください。

  1. 自治体のホームページなどで小型家電リサイクル法の対象家電か確認する
  2. 役所や商業施設に設置してある小型家電専用回収ボックスの投入口に投入して完了

なお、小型家電として処分する場合は、無料で処分できます。

3-2-3.パソコンリサイクル法の対象品目

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の対象品目として処分することが可能です。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源の有効活用などを目的とした法律になります。パソコンリサイクル法に沿って処分する流れは、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡してパソコンやパソコン用モニターの回収を申し込む
  2. メーカーから配送用伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってこん包し、配送用伝票を貼り付けて発送する

なお、PCリサイクルマークが付いているパソコンは、処分費用・回収費用共に無料で処分できます。古いパソコンなどでPCリサイクルマークが付いていない、PCリサイクルマークを紛失してしまったなどの場合は、処分費用・回収費用を合わせ、1台数千円程度必要です。パソコンリサイクル法に基づく処分方法については、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページもご覧ください。

3-3.知人や福祉施設に譲る

不用品でもまだキレイで十分に再利用できるものは、知人や福祉施設に譲ることを考えてみましょう。特に喜ばれるのは、大型テレビなどの家電で年式が新しいもの、ダイニングセットなどの家具、未使用のギフト品です。まずは、不用品を譲る受けてもらえそうな知人や福祉施設をリストアップして、聞いてみるとよいでしょう。譲り先が決まれば、まだ使えるものを捨てずに済み、有効活用してもらえます。なお、福祉施設に譲る場合は寄付という形になるため、譲る側が配送手段を手配し、配送費用を負担するのが一般的です。

3-4.販売店の回収サービスを利用する

新しく買い替えることによって不用品が出る場合は、販売店の回収サービスを利用するのもよいでしょう。販売店では、新規購入を促すことや自社の環境活動の一つとして、不用品の回収サービスを行っていることがあるからです。たとえば、以下のようなものは販売店の回収サービスを利用できることが多いでしょう。

  • 家電(家電リサイクル法の対象家電以外)
  • 家具
  • ミシン
  • ピアノ
  • 仏壇・仏具

販売店の回収サービスを利用できれば、買い替えと同時に不用品を処分できて便利です。なお、買い替えを伴う場合でも有料回収となったり、単に回収だけを利用したりすることができない場合もあるので、販売店に確認してみてください。

3-5.不用品回収業者に処分してもらう

不用品は、不用品回収業者に処分を依頼すると何かと多くのメリットがあります。主なメリットは、以下のとおりです。

  • 大量の不用品を1回で回収してもらえる
  • 汚れていても問題なく回収してもらえる
  • 時間と労力の大幅な節約になる
  • 都合のよい日時・場所を指定できる
  • 自分で作業するより仕上がりがキレイ
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある

なお、当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、不用品の処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

3-6.買取に出す

まだキレイで十分に使える不用品は、買取に出すことも考えてみましょう。不用品を買取に出す方法には、以下のようなものがあります。

  • 中古品買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

上記の方法のうち、最もおすすめなのは不用品回収業者に買取してもらう方法になります。都合のよい日時・場所で回収してもらえる、万が一買取不可になってもそのまま引取処分を依頼できるなど、何かとメリットが多いからです。当リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでも、不用品の買取を積極的に行っていますので、お気軽にご相談ください。

4.不用品を捨てるコツに関するよくある質問

最後に、不用品を捨てるコツに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.購入時に高価だったため捨てる決心が付かないのですが?

A.購入時の価格に関係なく、現時点で不用品なら捨てることがおすすめです。高価であることだけで残しておいても結局使わないことが多く、保管スペースの無駄につながります。

Q.捨てるのに迷うものは残しておくべきか?

A.たとえば、以下のようなものは捨てると後悔する可能性が高いので、残しておいてもよいでしょう。

  • 趣味のコレクション
  • 写真やアルバム
  • 形見の品
  • 記念品など個人的な思い入れが強いもの

なお、上記のようなものにあてはまる場合でも、なるべく厳選して少量を残すようにするとよいでしょう。

Q.不用品を捨てても収納に入りきらない場合は?

A.再度仕分けして、物量を減らしましょう。新たに収納道具を買い足すのは、おすすめしません。なお、どうしても捨てたくないものが多いのなら、トランクルームなどを借りて収納する方法もあります。

Q.不用品の処分費用を安く収める方法は?

A.買取してもらえるものがあると、不用品の処分費用と相殺できて安くなります。また、良心的な金額で不用品を回収している業者に依頼することも大切です。

Q.「キャンペーンで不用品を安く回収できる」と電話がかかってきたのですが?

A.信用してはいけません。根拠のない甘い言葉で勧誘電話をかけてくるのは、悪質業者によくある手口です。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、不用品の処分は、この記事を参考にして信頼できると判断した業者に依頼してください。

まとめ

今回は、不用品を捨てるコツについて詳しく解説しました。長く暮らしていると、いつの間にか大量の不用品がたまるものです。不用品は保管し続けてもデメリットばかりなので、なるべく早く処分することをおすすめします。まだ十分に使えるものは、譲ったり買取に出したりすることも考えてみましょう。なお、不用品の処分は、信頼できる不用品回収業者に依頼すると多くのメリットがあります。この記事を参考にして信頼できる業者によく相談してみてください。