物が多い部屋の片付け方を紹介!物が多くなる理由や片付けのコツも!


「物が多い部屋の片付け方が分からなくて困っている」という人は多いでしょう。物が多いと部屋がすぐに散らかり、少し放置すると手がつけられないほどの状態になってしまうことも珍しくありません。物が多い部屋をきれいに片付け、散らかりにくい部屋にするためには、いくつかコツが必要です。

今回は、物が多くなる原因や物が多い部屋を片付けるコツなどを詳しくご紹介しましょう。

  1. 物が多くなってしまう原因は?
  2. 物が多い部屋を片付けるコツ3つ
  3. 物が多い部屋を片付ける手順
  4. 片付けを業者に依頼する方法も
  5. 物が多い部屋の片付け方に関するよくある質問

この記事を読むことで、物が多くなりやすい人の特徴や、片付ける際にまずやるべきことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.物が多くなってしまう原因は?

まずは、部屋に物が多くなってしまう原因について解説しましょう。

1-1.物を捨てられない

物が多くなる一番の原因は、物を捨てられないことにあります。その理由は「高かったから」「プレゼントしてもらった物だから」「まだ使う可能性があるから」など、さまざまです。何かと理由をつけて、使っていない物まで取っておこうとする人は、部屋がすぐ物であふれてしまいます。

1-2.物を捨てる時間がない

部屋に物が増えてきていることに気づいていても、捨てるための時間がないという人も多いでしょう。仕事や育児で時間に追われている人にとって、物を捨てて部屋を片付けるのは簡単なことではありません。この場合は時間さえ作ることができれば部屋は片付きますが、時間ができたときには手のつけられない状態になってしまっている可能性もあります。

1-3.物が多いことで満足感を得る

「身の回りに物がたくさんあることで安心する」というように、「物が多いことこそが人生を豊かにする」と感じている人もいます。物がないと不安なので次から次へと物を買い、持ち物を増やそうとするのです。その結果、部屋の中が物でいっぱいになり、片付けるのが困難になってしまいます。

2.物が多い部屋を片付けるコツ3つ

物が多い部屋を片付けるためのコツをまとめました。

2-1.収納グッズや収納スペースを増やしすぎない

ありがちなのが、物をきれいに収納するために収納グッズを買いすぎてしまう例です。収納する物の種類や数を把握せずに収納グッズを購入してしまい、結局は使わずに場所を取るだけの存在になることもあります。また、物をたくさん収納できるようにスペースを作るのもおすすめできません。収納できる場所があると安心して物を増やしてしまうため、適度なスペースを確保してそこに収納できる量だけの物を持つようにしましょう。

2-2.すべての物の保管場所を決める

部屋にあるすべての物に対して、保管場所を決めていきましょう。「どこにしまったらよいのか分からない」という状態では、使った物をそのまま出しっぱなしにしてしまいがちです。また、毎回違う場所にしまっているとどこにいったのか分からなくなり、似たような物をまた新しく購入することになってしまいます。そうなると、さらに物が増えることになるでしょう。

2-3.捨てるかどうかの判断基準を明確にする

物が多い部屋を片付けるためには、物を減らすことが何よりも重要なポイントです。不要な物をどんどん処分していけるように、捨てるか残すかの判断基準を事前に決めておくとよいでしょう。以下の基準に当てはまる物は処分するようにするのがおすすめです。

  • 1年以上使っていない物・着ていない洋服
  • 持っていることも忘れていた
  • 同じような物が複数個ある
  • 汚れや破損がある

3.物が多い部屋を片付ける手順

物が多い部屋を片付ける方法を、手順ごとにご紹介しましょう。

3-1.持っている物を把握する

まずは、自分が持っている物の内容や量を把握するために、すべての物をいったん出して並べてみましょう。特に、押し入れや引き出しの奥に入っている物は自分でも把握できていない場合が多いため、必ずすみずみまでチェックしてください。

3-2.仕分けする

明らかなゴミは先に捨て、残った物を「いる物」と「いらない物」に仕分けしていきましょう。上記でご紹介した判断基準を参考に仕分けしてください。物の量が多いほどこの作業には時間がかかるため、一気にまとめてではなく、一部屋ずつなど少しずつ取り掛かっていくとよいでしょう。

3-3.いらない物を処分する

次に、「いらない物」に仕分けした物を処分します。燃えるゴミや燃えないゴミ・粗大ゴミなどに分別して捨てる場合は、自治体ごとの分別方法や出し方のルールを事前に必ず確認してください。不用品が大量にあって分別や運搬が難しい場合は、不用品回収会社に依頼するのがおすすめです。業者によっては出張回収や宅配回収も利用できるため、都合のよい方法での回収を依頼するとよいでしょう。状態のよい不用品は買取してくれる業者もあるのでチェックしてみてください。

3-4.残す物を定位置に収納していく

いらない物を処分したら、残す物の定位置を決めて収納していきましょう。収納場所は、物を使う場所の近くにすると出し入れするのが面倒になりにくくて便利です。定着するまでは何がどこに入っているのか一目で分かるように、ラベリングしておくことをおすすめします。

4.片付けを業者に依頼する方法も

物が多い部屋を片付けるには手間と時間がかかるため、自分で片付けるのが難しい場合は、業者に依頼する方法も検討してみましょう。

4-1.短時間で効率的に片付けられるのがメリット

部屋の片付けを業者に依頼するメリットは、プロの技術と経験によって効率的な作業をしてもらえるため、短時間で片付けられるという点です。自分で片付けると何日もかかる可能性がありますが、業者に依頼すれば数時間で完了します。不用品の処分方法を自分で考える必要もないので依頼を検討してみるとよいでしょう。

4-2.業者選びは慎重に

不用品の回収や処分を業者に依頼する場合、業者選びは慎重におこないましょう。特に、廃棄物収集運搬業や古物商などの許可を取得しているか、きちんと確認することが大切です。そのほかにも、以下のポイントをチェックして業者選びをするとよいでしょう。

  • 料金体系が明確か
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書に詳細が記載されているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4-3.悪徳業者を利用しないように注意を

突然家にやってきて強引に不用品の回収を迫るような業者は利用しないようにしましょう。このような業者は無許可の悪徳業者である可能性が高く、無料回収を宣伝しておきながら高額な追加料金をだまし取るようなケースも少なくありません。また、回収した不用品を不法投棄されてしまう可能性も高いです。そのほかにも、ホームページがない業者や所在地を明らかにしない業者などは絶対に利用しないでください。

5.物が多い部屋の片付け方に関するよくある質問

「物が多い部屋を片付けたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.物を捨てられない病気があるのでしょうか?

A.「ためこみ病」と呼ばれる、物を捨てることに抵抗を感じる障害があることが分かっています。また、ADHDやADDなどが原因で部屋を片付けられない例も珍しくありません。

Q.捨てにくい思い出の品はどうすればよいでしょうか?

A.後悔するようなら無理に捨てる必要はありません。手放してもよいと思えるまで残しておくとよいでしょう。

Q.買取してもらえる可能性が高いのは、どのような物ですか?

A.使用年数の短い物や汚れ・傷がない物・有名メーカー品などは買取対象になる可能性があります。

Q.高価買取のコツを教えてください。

A.きれいに掃除をし、説明書や保証書などの付属品や外箱を一緒に売りましょう。複数の買取先を比較して選ぶことも大切なポイントです。

Q.きれいに片付けた部屋を維持するコツは何でしょうか?

A.「使ったら元に戻す」を徹底する・定期的に物を捨てる・床に物を置かないなどのことを徹底してください。

まとめ

物が多くなる理由や物が多い部屋の片付け方などについて詳しくご紹介しました。部屋に物が多くなればなるほど、片付けるのは大変になります。まずは、なぜ物が多くなってしまうのか、その理由を考えてみましょう。理由によっては自分で物を捨てるのが難しい場合もあるため、業者に片付けを依頼することも検討してみてください。