マッサージチェアの処分方法3選! 買取に出してお得に処分も!


「マッサージチェアを処分するにはどうしたらよいのか?」「買取に出したいがどこに依頼すればよいのかわからない」とお困りではありませんか? マッサージチェアは大きさと重さがあるため、不要になった際にどうやって処分すればよいのか迷う人も多いでしょう。

この記事では、マッサージチェアの処分方法について、処分する際の注意点や買取に出す方法なども合わせてご紹介します。

  1. マッサージチェアの処分方法3つ
  2. 状態がよければ買取に出すことも可能
  3. マッサージチェアを処分する際の注意点
  4. 埼玉出張買取コールセンターへ依頼を
  5. マッサージチェアの処分方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、マッサージチェアのゴミ区分や買取対象になる条件などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.マッサージチェアの処分方法3つ

まずは、マッサージチェアを処分する方法にはどのようなものがあるのかをご紹介しましょう。

1-1.粗大ゴミとして捨てる

マッサージチェアの処分方法としてまず思いつくのが、自治体が回収するゴミとして捨てる方法でしょう。マッサージチェアは基本的に粗大ゴミに該当しますが、自治体によって回収可能な大きさや重さなどが異なるため、必ず事前に確認してください。「作業員2人で運べる重さであれば回収可」という自治体もあります。粗大ゴミの回収を依頼するには電話やインターネットで事前申し込みが必要になるため、その際に大きさや重さを伝えられるよう、きちんと調べておきましょう。

1-2.家電量販店に回収してもらう

家電量販店によっては、不要なマッサージチェアを回収・下取りしてくれるところもあります。その家電量販店で購入したものに限り一部回収可能である場合や、下取り対象になるものだけ回収可能な場合など、店舗によって条件が異なるので注意してください。また、新しいマッサージチェアの購入と引き換えに、古いマッサージチェアを回収してくれるところもあります。その場合、処分だけの依頼は受け付けていない可能性があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

1-3.不用品回収業者に依頼する

マッサージチェアの大きさや重さによっては、自分で自宅から搬出するのが難しいこともあるでしょう。その場合は、出張回収に対応している不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。指定した日時に自宅まで回収に来て、マッサージチェアを運び出してくれます。引っ越しなどでほかにも処分したい不用品が多数ある場合にも、利用を検討してみるとよいでしょう。

2.状態がよければ買取に出すことも可能

状態がよいマッサージチェアは買取対象になる可能性があるため、以下のような方法で依頼するとよいでしょう。

2-1.リサイクルショップに売る

総合的なリサイクルショップなら豊富な種類の商品を取り扱っているため、マッサージチェアも買取してもらえる可能性があります。自分でショップまで運ぶのは難しいので出張買取に対応しているところを選ぶとよいでしょう。ただし、専門性はないので買取価格は安めの傾向があります。

2-2.不用品回収・買取業者に依頼する

不用品の回収や買取をおこなっている業者に依頼するのもおすすめです。状態が悪くて買取対象にならなかったものは回収してもらえるため、確実に処分できます。持ち込み以外にも出張買取や宅配買取に対応している業者が多く、大型のマッサージチェアでも安心して依頼できるでしょう。

2-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションやフリマアプリに出品して売る方法もあります。うまくいけば高値で売れる可能性はありますが、売れるまで時間がかかることも多いので急いで処分したい人にはおすすめできません。また、売れた場合は送料が高額になるため、その分も考えた金額で出品するとよいでしょう。

3.マッサージチェアを処分する際の注意点

マッサージチェアを処分する際には、以下のことに注意が必要です。

3-1.分解しない

マッサージチェアを分解して燃えるゴミや燃えないゴミとして出すと無料で処分可能ですが、分解作業は非常に危険なのでおすすめできません。重さがあるので無理に分解しようとするとケガをしてしまう可能性があります。また、分解して捨てると回収してもらえない自治体もあるので注意が必要です。

3-2.無理に運搬しようとしない

処分方法によっては自分でマッサージチェアを自宅から運び出す必要がありますが、100kg近い重さがあるものは無理に運搬しようとしないほうがよいでしょう。特に、階段を下りなければならない場合は重さに耐えられず、落としてしまう可能性があります。大ケガをする危険もあるので注意してください。

3-3.業者選びは慎重におこなう

マッサージチェアの回収や買取を業者に依頼する場合、業者選びは慎重におこなってください。廃棄物収集運搬業や古物商の許可を持たずに営業している違法業者も存在します。そういった悪質な業者を利用するとトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、十分注意が必要です。

4.埼玉出張買取コールセンターへ依頼を

埼玉出張買取コールセンターは、不用品の高価買取と格安回収をおこなっている業者です。マッサージチェアの処分方法にお悩みなら、ぜひチェックしてみてください。

4-1.月100件以上の豊富な実績

埼玉県全域で不用品の回収・買取に対応している埼玉出張買取コールセンターは、月100件以上の実績を誇る業者です。複数の販売ルートを持っているので他店で断られたものでも回収・買取できる可能性があります。ホームページから無料相談や無料見積もりを申し込みできるため、ぜひ利用してみてください。

4-2.廃棄物収集運搬と古物商の許可を両方取得している

廃棄物収集運搬と古物商の許可を両方取得しているため、不用品の回収と買取が同時に可能です。買取対象にならなかったものの処分方法を別途探さずに済むため、手間をかけることなくマッサージチェアを処分できるでしょう。

4-3.大量の不用品も依頼できる

引っ越しや空き家の片付けなどで大量の不用品が出たときにも、まとめて回収・買取が可能です。不用品が多数あると分別するのも大変ですが、埼玉出張買取コールセンターなら家一軒丸ごとの片付けも短時間で完了します。年中無休で即日対応も可能なのでぜひご相談ください。

5.マッサージチェアの処分方法に関するよくある質問

「マッサージチェアを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.マッサージチェアの寿命は何年ぐらいでしょうか?

A.使用頻度にもよりますが、6~7年が平均寿命といわれています。

Q.マッサージチェアを粗大ゴミとして処分する際の費用はいくらですか?

A.自治体によって異なりますが、1,000円前後の場合が多くなっています。

Q.買取対象になるのはどのような条件のマッサージチェアでしょうか?

A.購入から5年以内で正常に動作するもの・目立つ傷や汚れがないもの・有名メーカー品などが買取対象になります。

Q.マッサージチェアを高価買取してもらうためのコツを教えてください。

A.きれいに掃除をし、購入時の付属品をすべてそろえておきましょう。買取先を比較して選ぶことや、不要になったらなるべく早く買取に出すことも大切です。

Q.悪質な不用品回収業者の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

A.ホームページがない・所在地を明らかにしない・見積書に詳細が記載されていないなどの特徴があります。

まとめ

マッサージチェアの処分方法や買取に出す方法などを詳しくご紹介しました。マッサージチェアは大きくて場所を取るため、不要になったら早めに処分すべきです。状態によっては買取に出すことも検討してみるとよいでしよう。ぜひこの記事を参考に、ベストな処分方法を探してください。