ベッドを処分する方法は? 一番簡単&安く捨てるポイントと注意点!


「不要になったベッドを処分したいけど、粗大ゴミに出すことができるのだろうか」「ベッドを簡単に処分できる方法を知りたい」とお考えではないでしょうか? 傷んだり買い替えたりなどでベッドが不要になっても、実際にどんな方法で処分すればよいか、よく分からないですよね。それに、ベッドは大きさや重さがあって運ぶだけでも大変なので、なるべく簡単で楽な方法で処分できるのに越したことはないでしょう。

そこで今回は、ベッドの処分について詳しく解説します。

  1. ベッドは何ゴミに分類される?
  2. 不要になったベッドを処分する方法
  3. ベッドを処分するときの注意点
  4. ベッドの処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ
  5. ベッドの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ベッドを簡単に処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ベッドは何ゴミに分類される?

最初に、ベッドは自治体回収で何ゴミに分類されるか見ていきましょう。

1-1.解体せずに出す場合は粗大ゴミ扱いになる

ベッドを解体せずに出す場合は、多くの自治体で粗大ゴミ扱いになります。粗大ゴミは、有料収集が一般的で、事前予約が必要なことが多いでしょう。ベッドを粗大ゴミとして出す場合の流れは、以下を参考にしてください。

  1. 自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡してベッドの収集を依頼する
  2. 自治体から受付番号・収集日時・収集場所・料金などの指示を受ける
  3. コンビニなどで料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、受付番号などの必要事項を記入する
  4. 記入済みの粗大ゴミ処理券を、ベッドの分かりやすい場所に貼り付ける
  5. 収集当日になったら指定時間より前にベッドを収集場所に運んでおく
  6. 指定時間以降に自治体がベッドを収集して完了

なお、自治体によっては、ベッドの種類によって料金が異なることがあります。また、自分でベッドを運ぶことができる場合は、自治体のゴミ処理場に直接持ち込んで処分してもらうことも可能です。より詳しい内容は、自治体のホームページなどで確認してください。

1-2.分解すれば素材ごとに可燃ゴミや不燃ゴミなどで出せる

ベッドを分解して素材ごとに分ければ、可燃ゴミや不燃ゴミなどで出すこともできます。可燃ゴミや不燃ゴミとして出せば、無料で収集してもらうことが可能です。ただし、ベッドを分解するのは、手間と時間が膨大にかかり、大きな疲労を伴います。また、なかなか分解できない、分解時に硬いパーツでケガをする可能性があることなどもデメリットです。分解するのが無理だと感じるのなら、粗大ゴミに出すか、そのほかの方法で処分しましょう。

1-3.業務用ベッドは産業廃棄物として処分する

業務用ベッドは、産業廃棄物として処分する必要があるため、自治体回収にゴミとして出すことができません。業務用ベッドを処分する場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。万が一、一般家庭用と偽ってゴミに出すと、廃棄物処理法違反と見なされることがあります。産業廃棄物集種運搬許可を未取得の業者に業務用ベッドの処分を依頼することも、同様です。

2.不要になったベッドを処分する方法

不要になったベッドを処分するにはどんな方法があるか、具体的に見ていきましょう。

2-1.知人などに譲る

不要になったベッドでも、まだ新しくてキレイな状態なら、知人などに譲ることを考えてみてください。特に、これから引っ越ししたり1人暮らしを始めたりする予定がある人は、譲り受けてもらえる可能性が高いでしょう。譲り先が見つかったら、配送手段や配送費用の負担について話し合ってください。譲る場合は、譲り先の希望を優先することが大切です。

2-2.販売店の回収サービスを利用する

新しいベッドに買い替える場合は、販売店の回収サービスを利用すると便利です。多くの販売店では、ベッドの新規購入者向けのサービスとして、買い替えに伴って不要になったベッドを引取処分しています。有料でのサービスが基本で、ベッド1台に付き数千円程度が相場です。なお、販売店によっては、回収サービス単体で利用できないこともあるでしょう。

2-3.不用品回収業者に処分してもらう

不要になったベッドは、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。不用品回収業者では、回収後のベッドを再生資源や再生燃料として有効活用したり、再販したりしています。また、都合のよい日時と場所で回収してもらえるのも、便利なポイントです。不用品回収業者では、そのほかの不用品の処分も同時に依頼できる、状態のよいものは買取してもらえることがあるなど、メリットが多くあります。なお、ベッドだけを引取処分してもらう場合の費用目安は、1台に付き数千円程度~です。

2-4.買取に出す

まだキレイで十分に使えるベッドは、買取してもらえることがあります。たとえば、以下のような条件を満たすベッドは、高く買取してもらえる可能性があるでしょう。

  • 有名メーカー品(シモンズ・サータ・フランスベッド・シーリーなど)
  • 使用感が少ない
  • 不具合や故障がない
  • 目立つ汚れ・傷・破損・ひどい臭いがない
  • 購入時の付属品がそろっている

なお、ベッドを買取に出す場合は、中古家具買取専門業者や不用品回収業者など、指定日時と場所で回収してもらえる方法がおすすめです。ベッドは大きさや重さがあるため、買取のために自分で運搬するのは現実的ではありません。

3.ベッドを処分するときの注意点

ベッドを処分するときには、いくつか注意点があります。

3-1.処分するタイミングを考える

処分する理由によっては、タイミングを考えることが大切です。たとえば、買い替えで不要になったベッドを処分したい場合は、新しいベッドの購入と同時か、搬入前に処分する必要があります。また、引っ越しに伴って処分する場合、何らかの理由で新しいベッドの購入が遅れてることで、引っ越し先にいったん運んでから処分したいケースもあるでしょう。ベッドを処分するタイミングを間違うと大変不便なので、注意してください。

3-2.収集場所に運搬する場合はほかの人に手伝ってもらう

ベッドを粗大ゴミに出す場合など、収集場所に運搬する必要があるのなら、ほかの人に手伝ってもらうとよいでしょう。ベッドは、折り畳み式で比較的軽量なものでも、10~20kg程度になります。また、分解せずに処分する場合は大きさもあるため、1人で運搬するのは大変です。無理をせず、家族や知人などにお願いして、運搬を手伝ってもらいましょう。

3-3.分解する場合は慎重に作業する

ベッドを分解して処分する場合は、慎重に作業してください。ベッドフレームは壊れにくくできているので、分解するのが想像以上に大変です。むやみに力を入れて分解しようとした結果、工具がすべってケガをすることがあります。また、分解後の部品の鋭利な部分に体が当たってケガをする可能性もあるでしょう。ベッドを分解するなら、広い作業場所と十分な時間を確保し、慎重に作業してください。

4.ベッドの処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ

不要になったベッドは、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに処分を依頼すると便利です。

4-1.ベッドの処分実績が豊富にある

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、ベッドの処分実績が豊富にあります。さまざまな種類や大きさ・回収条件の依頼をこなしているので、顧客の要望にも柔軟に対応してもらえるのがメリットです。また、ベッドの運搬に慣れているので、家に傷を付けるなどの心配も不要になります。処分実績の多さは、そのまま業者の信頼度につながると考えれば、リサイクルショップ埼玉買取コールセンターに依頼して間違いないといえるでしょう。

4-2.見積もりは無料

見積もりは無料であることも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターの特徴の一つです。無料なので、回収費用がどれぐらいかかるか気軽に知ることができます。業者にとっては、見積もりだけでも手間や時間がかかるため、有料にしたいところでしょう。しかし、目先の数千円程度の利益より、多くの顧客から気軽に検討してもらえることで、正式な契約に結び付けているのです。こうした判断ができるのは、信頼できる業者の特徴といえます。

4-3.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、リーズナブルで分かりやすい料金システムがあります。日時と場所を指定してベッドを回収してもらう場合、1台に付き数千円程度かかるのが一般的です。とはいえ、ベッドの大きさや種類、回収場所の条件などにより、金額が異なるため、一概にいくらと提示しづらいことがあります。しかし、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、リーズナブルで分かりやすい料金システムがあるため、不安を感じることはありません。

4-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

都合のよい日時と場所で回収してもらえるのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターを利用する大きなメリットになります。ベッドは大きさや重さがあるため、運搬するだけでも大変です。また、粗大ゴミに出す場合などは、日時と場所を指定されることから、多忙な人には特に困ることでしょう。その点、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、都合のよい日時と場所で回収してもらえるので助かります。

4-5.回収後のベッドを適切な方法でリサイクルしてもらえる

回収後のベッドを適切な方法でリサイクルしてもらえるのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターにベッドの処分を依頼するメリットです。汚れや傷み・不具合などで再販できないものは、再生資源や再生燃料として可能な限りリサイクルしています。また、まだ使えるのものは再販して、新たな持ち主を探してもらうことが可能です。なお、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、業務に必要な許可を取得済みな点でも安心してベッドの処分を依頼できます。

4-6.状態のよいものは買取もしてもらえる

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、状態のよいものは買取もしてもらえます。不要になったベッドでも、まだ中古品として使えるものは、再販する価値があるからです。ベッド以外の不用品の買取も、同時に依頼できるので検討してみるとよいでしょう。買取してもらうことで買取代金が手に入り、そのほかの不用品の処分費用と相殺することが可能です。万が一ベッドやそのほかの不用品が買取不可になっても、そのまま引取処分を依頼できる点でもおすすめします。

5.ベッドの処分に関するよくある質問

最後に、ベッドの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.購入後10年経過したベッドは処分すべきか?

A.特に不満がない、正常に使えるといった場合は、無理に処分する必要はありません。ただし、隅々までチェックしてみると意外な部分が劣化していたり、思わぬ不具合が出ていたりすることがあるので、必要に応じて処分を検討してください。

Q.ベッドとマットレスはまとめて処分したほうがよい?

A.両方とも不要であれば、まとめて処分することがおすすめです。なお、まとめて処分したほうが、処分方法によっては安くなることもあります。

Q.破損したベッドを処分するときの注意点は?

A.破損した部分でケガをしないよう、ダンボール紙や不要な布などで覆ってビニールテープで固定しておきましょう。さらに、覆った上から「破損あり危険」と書いておくと、運搬時や収集時に思わぬケガをするのを避けることができます。

Q.マンションの高層階からでもベッドを回収してもらえる?

A.搬出経路が確保できれば、問題ありません。大きなベッドの場合で、ドアや窓などからそのまま出せない場合でも、現場でできる限り分解して回収してもらえます。ただし、オプション費用がかかることがあるので、業者に確認が必要です。

Q.将来買取に出すことを考えてベッドを購入すべきか?

A.確かに、買取に出すことを考えてベッドを購入するのも一つの方法です。しかし、買取に出すことだけを重視して選ぶと、寝心地が悪い、デザインが気に入らないなど、何かと不満が出やすいので気を付けましょう。

まとめ

今回は、ベッドの処分について詳しく解説しました。ベッドは大きさや重さがあることから、自治体回収に出す場合は粗大ゴミなることが多くなります。ただし、一定以上の大きさや重さがある場合などは、自治体によっては回収してもらえないことがあるので注意しましょう。不要になったベッドは、知人などに譲る、販売店の回収サービスを利用する、不用品回収業者に依頼するなどの方法でも処分できます。まだキレイで十分に使えるものは、買取に出すことも可能です。なお、信頼できる不用品回収業者なら、ベッドを含め、あらゆる不用品の引取処分と買取を同時に依頼できます。都合のよい日時と場所で回収してもらえるなど、何かとメリットも多いので検討してみるとよいでしょう。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター