遺品整理の進め方は? トラブルを防ぐための注意点も紹介!


「遺品整理の進め方がわからない」「遺品整理で出た不用品はどうやって処分すればよいのか?」とお悩みではありませんか? 大切な人が亡くなったとき、悲しみに暮れながらも葬儀の手配や各種手続きを進めていく必要があります。そして、同時に遺品整理についても考えなければなりません。遺品整理には手間と時間がかかるため、事前に進め方や注意点などを確認しておくと安心でしょう。

この記事では、遺品整理のタイミングや進め方・遺品整理で出た不用品の処分方法などを詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理を始めるタイミングは?
  2. 遺品整理の進め方を紹介
  3. 遺品整理を進める際の注意点3つ
  4. 遺品整理で出た不用品の処分方法
  5. 遺品整理のご依頼は埼玉出張買取コールセンターへ
  6. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理でトラブルが発生するのを防止する方法や、買取対象になる遺品の特徴などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理を始めるタイミングは?

遺品整理を始めるタイミングに決まりはありませんが、以下のようなタイミングを選ぶ人が多いので参考にするとよいでしょう。

1-1.葬儀が終わったら

葬儀が終わってすぐ、遠方からきている親族がまだいる間に遺品整理を始める人も少なくありません。一息ついてしまうと一気に寂しさが押し寄せてくるため、なかなか遺品整理に取りかかる気になれないものです。そのため、葬儀の直後、まだバタバタしているときに終わらせてしまうのもよいでしょう。

1-2.四十九日を機に

四十九日法要の際には再び親族が集まるため、そのタイミングで遺品整理をするケースも多いでしょう。葬儀後すぐには見つけられなかった遺品なども出てきている可能性があるため、ちょうどよいタイミングといえます。

1-3.心の整理がついたら

心の整理がつくまで待つのも一つの選択肢です。遺品整理をすると故人との思い出がよみがえってくるため、悲しさが押し寄せてきて冷静な判断力を失ってしまうことも考えられます。特に急がなければならない事情がないのであれば、自分の気持ちが落ち着いてから遺品整理に取りかかりましょう。

2.遺品整理の進め方を紹介

遺品整理を進める手順を詳しくご紹介しましょう。

2-1.大まかなスケジュールを立てて道具を用意する

基本的に、遺品整理は大変な作業です。計画も立てずに取りかかると何をどうすればよいのかわからず、効率的に片付けができません。そのため、作業できる日を書き出し、どのくらいまでに遺品整理を終えるかスケジュールを立てておくとよいでしょう。スムーズに作業できるよう、ゴミ袋やダンボール・バケツや雑巾などの必要な道具は事前にそろえておくのがおすすめです。

2-2.残す遺品と処分する遺品に仕分けする

次に、すべての遺品を「残すもの」と「手放すもの」に仕分けしていきましょう。最初に通帳や印鑑・各種契約書などの貴重品を一つにまとめてからおこなってください。残すかどうか迷ったときは無理に捨てる必要はありません。

2-3.処分方法を決める

手放すものを決めたら、処分方法を考えていきましょう。遺品の種類や大きさ・状態などによって適した処分方法は異なります。具体的な処分方法については次項以降でご紹介しているので参考にしてください。

2-4.残す遺品をどうするか決める

処分しないことに決めた遺品をどのようにして残すのかを決めていきましょう。自分で保管しておくなら保管場所を確保できるか確認しておき、形見分けを希望している親族や友人がいれば対応してください。

2-5.部屋を掃除する

すべての遺品を整理できたら、部屋を掃除していきましょう。大型の家具などをよけたあとはホコリがたまっている可能性が高いのでしっかり取り除いてください。人が長年住んでいた部屋は思っていた以上に汚れています。自分で掃除するのが難しければ業者への依頼も検討したほうがよいでしょう。

3.遺品整理を進める際の注意点3つ

遺品整理を進めるにあたって確認すべき注意点をまとめました。

3-1.親族に報告してから取りかかる

遺品整理を進める際には、必ず親族にその旨を報告してください。一緒に作業できれば一番よいのですが、「都合が合わないので任せる」といわれればそのとおりにしましょう。報告せずに遺品を整理してしまうと親族トラブルが発生する可能性があります。「欲しいと思っていた遺品を勝手に処分された」「高価な遺品を独り占めしたのではないか」などと責められ、関係が悪くなってしまうこともあるのです。

3-2.遺言書やエンディングノートがないか確認する

故人が遺言書やエンディングノートを残している可能性があるため、まずは確認しておきましょう。もし残されていれば遺品整理に関する希望などが書かれている可能性があります。エンディングノートには法的効力はありませんが、できるだけ故人の意思を尊重して遺品整理ができるよう、必ず内容を確認してください。

3-3.賃貸なら明け渡し期限を確認しておく

故人が賃貸物件に住んでいた場合は、事前に明け渡し期限を確認してください。期限が迫っている場合は急いで遺品整理をしなければなりません。期限までに終わらなかった場合は翌月の家賃も払うことになってしまうので注意が必要です。

4.遺品整理で出た不用品の処分方法

遺品整理で出た不用品は、以下のような方法で処分できます。

4-1.自治体のゴミ回収を利用して自分で捨てる

燃えるゴミや燃えないゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミというように、自治体が回収するゴミとして捨てる方法です。どの遺品が何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前にホームページなどで確認しておきましょう。粗大ゴミの場合は事前申し込みが必要です。相手が自治体なので安心感が大きく費用も安く済みますが、自分で分別しなければならないことなどのデメリットもあります。

4-2.業者に依頼する

不用品回収や遺品整理をおこなう専門業者に依頼する方法もあります。遺品の仕分けから部屋の掃除までトータルで依頼できる業者を利用すれば楽に遺品整理を終えられるのでおすすめです。遺品整理の実績が豊富な業者なら遺品の取り扱いにも慣れているため、自分で整理する場合にありがちな「大切な遺品を処分してしまった」などの失敗も防げます。

4-3.状態がよければ買取に出す

ほとんど使用していないものや状態がきれいなものなどは、買取に出すことも検討しましょう。思わぬ利益が得られ、遺品整理にかかる費用負担を軽減できる可能性があります。

5.遺品整理のご依頼は埼玉出張買取コールセンターへ

遺品整理の依頼を検討されているなら、埼玉出張買取コールセンターへご相談ください。

5-1.回収と買取が同時にできる

埼玉出張買取コールセンターは廃棄物収集運搬業と古物商の許可を両方取得しているため、遺品の回収と買取がどちらも可能です。買取対象にならなかった遺品はそのまま回収という形で引き取るため、新たに処分方法を探さずに済みます。遺品整理にかかる手間を大幅に軽減できるでしょう。

5-2.他店で断られたものでも格安回収・高価買取が可能

インターネット販売や業者間取引・海外輸出など、独自の販売ルートを持っているため、他店で断られた遺品も格安回収・高価買取いたします。古いものや壊れたものでも回収できるのでご安心ください。

5-3.年中無休で対応

365日年中無休で営業しているため、仕事が忙しくてなかなか時間を作ることができない方も利用しやすいのが魅力です。ご希望であれば即日対応や早朝・深夜の対応も可能なのでぜひご相談ください。

6.遺品整理に関するよくある質問

「遺品整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理の費用は誰が負担するものなのでしょうか?

A.基本的には相続人が遺品整理作業をリードし、費用も負担することになります。

Q.遺品整理を業者に依頼すべきなのはどんなときですか?

A.遺品の量が多い・遠方に住んでいる・身体が不自由・時間がないなどの理由があり、自分で遺品整理するのが難しいときに利用するとよいでしょう。

Q.遺品整理業者に依頼する際の流れを教えてください。

A.まずは無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら正式な見積もりを出してもらいましょう。問題がなければ作業日時を決定し、実際の作業という流れになります。

Q.遺品を少しでも高く買取してもらうには、どうすればよいですか?

A.きれいに掃除をする・付属品をそろえる・できるだけ早く買取に出すなどが高価買取のポイントでしょう。

Q.遺品整理業者の選び方を教えてください。

A.豊富な実績があるか、料金体系が明確かを確認しましょう。必要な許可を取得しているか・見積書に不明確な項目はないかなどもチェックして業者を選んでください。

まとめ

遺品整理のタイミングや進め方・注意点などを詳しくご紹介しました。遺品整理は家族の大切な役目ですが、親族トラブルに発展する可能性もあるので慎重におこなわなければなりません。ぜひこの記事を参考にして遺品の処分方法や業者の選び方などを確認し、後悔のない遺品整理をしてください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター