断捨離のコツを徹底解説! 挫折しないコツや注意点を詳しく教えます!


「家を断捨離したいので、挫折しないコツを知りたい」「断捨離を効率よく進めるポイントや注意点を知りたい」とお考えではありませんか? 断捨離して必要なものだけに囲まれた暮らしはとてもすてきで、憧れてしまいますよね。しかし、実際に断捨離をするにはどんな方法で進めるとよいか、挫折しないためにはどんな点に注意すべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、断捨離のコツについて詳しく解説します。

  1. 断捨離とは?
  2. 断捨離の効果は?
  3. 上手に断捨離するコツ
  4. 断捨離する際の注意点
  5. 断捨離で出た不用品の処分方法
  6. 不用品の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ
  7. 断捨離のコツに関するよくある質問

この記事を読むことで、断捨離を上手に進めるポイントがよく分かります。断捨離の予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.断捨離とは?

最初に、断捨離とはどんなことか見ていきましょう。

1-1.不要なものを処分してスッキリすること

断捨離は、以下の3つの言葉が合体した造語で、不要なものを処分してスッキリすることを意味しています。

  • 断:不要なものをもらったり買ったりすることを断つ
  • 捨:今ある不要なものを処分する
  • 離:ものに対する執着から離れる

1-2.断捨離と生前整理・遺品整理の違い

生前整理や遺品整理も不用品を処分する点では同じですが、以下のような点で断捨離と異なります。

  • 生前整理:老後の暮らしを向上させ、自分が亡くなった後の遺族の負担を少なくするために行う
  • 遺品整理:故人の持ちものを整理・処分することで、遺族などが作業する

1-3.断捨離が広まった背景

断捨離が広まった背景には、ミニマリストが流行したことがあります。ミニマリストとは、必要最低限のものだけで、シンプルに暮らすことや人のことです。実際に、ミニマリストを目指して断捨離がブームとなり、不用品を仕分け・処分する人が急増しました。現在ではブームが落ち着いているものの、シンプルでスッキリとした暮らしを好み、断捨離を引き続き行っている人も多くいます。

2.断捨離の効果は?

断捨離の主な効果について、詳しく見ていきましょう。

2-1.部屋を広く使える

断捨離を行うと、部屋を広く使うことができます。不用品を処分することで、部屋がスッキリとするからです。特に、ワンルームなどでもともと狭い場合には、大きな効果を実感することでしょう。また、視界がスッキリするので、実際の広さ以上に余裕があるように見えるのもメリットです。

2-2.収納スペースに余裕ができる

収納スペースに余裕ができるのも、断捨離を行う効果になります。収納スペースには、もう使う予定がないものや、何となく保管してあるものなどが多いものです。しかし、断捨離によって不用品を処分すれば、収納スペースに余裕ができます。ものの出し入れも楽になり、収納中にものが傷みにくくなるのもうれしい点です。

2-3.掃除が楽になる

断捨離を行うと、掃除が楽になります。ものが少ないので、掃除用具を使って短時間でキレイに仕上げることが可能です。死角も少なくなるので、いつの間にかホコリがたまってしまうことも減るでしょう。簡単な掃除で衛生的な環境に整えることができ、快適に過ごせるようになります。

2-4.必要なものがすぐに見つかる

断捨離を行うと、必要なものがすぐに見つかるので助かるでしょう。不用品が多いと、必要なものが埋もれてしまい、なかなか見つからないことがあります。探す手間や時間を考えると、大変無駄です。その点、断捨離して必要なものだけになった状態なら、必要なものがすぐに見つかるのでストレスにならないほか、時短にもつながります。また、ものを失くすこともなくなり、不要な出費を防ぐことも可能です。

2-5.生活動線や家事動線が改善される

断捨離を行うと、生活動線や家事動線が改善される効果が期待できます。不用品が多い状況では、移動するだけでも一苦労なケースもあるでしょう。生活動線が悪ければ、体を動かすのが面倒になって運動量が減ってしまうことがあります。家事動線が悪ければ、必要以上に家事の時間や手間がかかり、大きなストレスを感じることでしょう。生活動線や家事動線に不満がある人ほど、断捨離で不用品を処分することがおすすめです。

2-6.気持ちにゆとりができる

気持ちにゆとりができるのも、断捨離を行う効果の一つです。不用品を処分してスッキリした部屋になると、余計な情報が視界から入ることがありません。すると、気持ちにゆとりができて、リラックスして過ごせます。また、集中力が高まるので、さまざまな作業が効率よく進むようになるでしょう。ものが多い部屋にいてイライラすることが多かった人ほど、断捨離のメリットを大きく感じるはずです。

2-7.家計の節約につながる

断捨離すると、家計の節約につながるのもメリットになります。断捨離してスッキリと片付いた状態を維持したくなるため、無駄な買いものが自然と減るからです。また、どんなものがどれぐらいあるか把握しやすくなり、不要なものを買ったりもらったりせずに済みます。結果的に、無理をしなくても家計の節約ができるのです。

3.上手に断捨離するコツ

上手に断捨離するには、いくつかのコツがあります。

3-1.余裕のある日程とスケジュールで行う

上手に断捨離するには、余裕のあるスケジュールで作業することが大切です。断捨離は、実際に作業すると、想像以上にハードな作業になります。特に、普段から片付けに慣れていない人は、やることの多さや大変さに挫折してしまいがちです。断捨離を無事に終えるためには、無理なく作業を進められるよう、十分な日程を確保して余裕のあるスケジュールを組んでください。

3-2.不用品の仕分け基準を決めておく

不用品の仕分け基準を決めておくことも、上手に断捨離するコツです。事前に仕分け基準を決めておくと、不用品を短時間で効率よく仕分けることができます。具体的な仕分け基準については、以下を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 今後使う予定がない
  • 同じようなものがたくさんある
  • 特に思い入れがない
  • 不具合や故障などで正常に使えない
  • 好みやサイズが合わなくなった

まだ使える、処分するのはもったいないなどと考えず、現時点で必要のないものは、処分するようにしてください。

3-3.仕分けに時間をかけない

断捨離での挫折を防ぐには、仕分けに時間をかけないことも大切なポイントです。断捨離では、大量のものを必要なものと不用品に仕分ける作業を行います。このとき、一つずつ時間をかけて仕分けしていると、日が暮れてしまうことでしょう。効率よく作業するためには、この記事の「3-2.不用品の仕分け基準を決めておく」を参考にし、時間をかけずどんどん仕分けることがコツです。

3-4.簡単な処分方法にする

簡単な処分方法にすることも、断捨離を成功させるコツの一つです。不用品を仕分けるだけでも大変な作業なのに、さらに種類ごとに細かく処分していたのでは、手間や時間が膨大にかかってしまいます。普段から片付けに慣れていない人にとっても、大きなストレスになることでしょう。せっかく仕分けした不用品がそのままになることがないよう、まとめて処分できるなど、簡単な処分方法にすることが大切です。

3-5.なるべく人の手を借りる

断捨離で挫折しないためには、なるべく人の手を借りることも大切です。親族や知人などに、断捨離を手伝ってもらえるか尋ねてみるとよいでしょう。作業を手伝ってもらえる人がいれば、一人で作業するより効率よく進むため、断捨離で挫折しづらくなるのもメリットです。また、精神的な支えにもなり、気負わず作業することができます。

3-6.普段使わない場所から作業する

普段使わない場所から作業することも、断捨離で挫折しないコツです。たとえば、クローゼットの中や普段使わない部屋などから始めるとよいでしょう。作業を中断しても、日常生活に影響しにくいので、挫折を防ぐことができます。日常生活と平行して作業すれば、無理なく断捨離を完了させることが可能です。それに、普段使わない場所のほうが、不用品が多く眠っていることからも、効率がよいといえるでしょう。

4.断捨離する際の注意点

断捨離する際の注意点を、具体的に解説します。

4-1.生活必需品まで処分しない

断捨離では、生活必需品まで処分しないようにしましょう。断捨離を始めたばかりの頃は、とにかく不用品をたくさん処分したくなるものです。しかし、よく考えずにあれもこれもと処分した結果、生活必需品までなくなり、途端に不便な生活になります。断捨離し過ぎると、明日着る服がないなど日常生活に支障が出るようになるので注意してください。

4-2.処分に迷うものは保留してもよい

不用品を仕分けする際、処分に迷うものは保留しても構いません。たとえば、以下のようなものは、生活必需品ではなくても、処分すると後悔する可能性が高いといえます。

  • 記念品・思い出の品
  • 形見
  • 特に気に入っているもの
  • 写真・アルバム類

処分に迷う場合は保留にしておき、日にちがたってから再度考えてみるとよいでしょう、

4-3.計画を前倒しに進めるような無理をしない

当初の計画を前倒しに進めるような無理をしないでください。張りきって作業した結果、疲れ果ててしまい、かえって後の作業に影響が出ることがあります。場合によっては、やる気が大きくダウンして、挫折してしまうこともあるでしょう。断捨離を最後までやり抜くには、計画に沿って無理なく進めることが一番です。

4-4.マナーやルールに沿って処分する

断捨離で出た不用品は、処分方法ごとのマナーやルールを守ってください。不用品の処分方法には、それぞれにマナーやルールがあります。自分だけならいいだろうと考えて進めると、多くの人に迷惑がかかるのでやめましょう。不用品を気持ちよく処分し、スッキリとした気分を手に入れるためにも、マナーやルールを守ることが大切です。

5.断捨離で出た不用品の処分方法

断捨離で出た不用品は、以下のような方法で処分できます。

5-1.自治体回収にゴミとして出す

断捨離で出た不用品は、自治体回収にゴミとして出すことができます。ゴミの一般的な分類などについては、以下を参考にしてください。

  • 可燃ゴミ:紙・木・革・布など焼却処分可能な素材のもの
  • 不燃ゴミ:陶器・ガラス・金属など焼却処分できない素材のもの
  • 資源ゴミ:金属ゴミ・プラスチックゴミなどが該当し、自治体が回収後、再生資源などでリサイクルしているもの
  • 粗大ゴミ:可燃ゴミや不燃ゴミのうち、大きさや重さが自治体の基準を超えるもの

なお、ゴミの分類基準や収集ルールなどは、自治体ごとに異なります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

5-2.知人や福祉施設に譲る

断捨離で出た不用品でも、まだ十分に使えるものは知人や福祉施設に譲る方法も検討してみましょう。特に、以下のようなものは、喜んで譲り受けてもらえる可能性があります。

  • 比較的新しくて問題なく使える家電
  • 傷みや汚れが目立たない家具
  • 未使用の贈答用セット(食器・タオルなど)

まずは、不用品を譲り受けてもらえそうな知人や福祉施設をピックアップし、連絡してみましょう。譲り先が決まったら、配送手段や配送日程を打ち合わせてください。なお、福祉施設に譲る場合は寄付という形になるため、譲る側が配送手段を手配し、配送費用を負担することが一般的です。

5-3.関連法律に沿って処分する

不用品の中には、関連法律に沿って処分できるものもあります。

5-3-1.家電リサイクル法の対象品目

洗濯機・冷蔵庫・テレビ・エアコンの4家電は、家電リサイクル法の対象品目として処分できます。家電リサイクル法とは、対象4家電に含まれる資源のリサイクルなどを目的とした法律です。家電リサイクル法では、販売店に回収してもらう方法と、自分で自治体の指定引取場所に持ち込む方法のどちらかを都合に合わせて選ぶことができます。なお、家電一つごとに家電リサイクル料金の支払いが必要です。また、販売店に回収してもらう場合は、運搬費用も必要になります。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。

5-3-2.パソコンリサイクル法の対象品目

パソコン・パソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の対象品目として処分することができます。パソコンリサイクル法とは、パソコン・パソコン用モニターに含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。パソコンリサイクル法に沿って処分する流れは、以下を参考にしてください。

  1. メーカーのリサイクル受付窓口に連絡し、パソコン・パソコン用モニターの回収を依頼する
  2. メーカーから配送伝票が送られてくる
  3. メーカーの指示に沿ってパソコン・パソコン用モニターをこん包する
  4. こん包した上から配送伝票を貼り付けて発送する

なお、上記はPCリサイクルマークがあるパソコン・パソコン用モニターを処分する流れです。PCリサイクルマークがあるパソコン・パソコン用モニターは、無料で処分できます。年式が古いものなどでPCリサイクルマークがないものは、メーカーにパソコンリサイクル費用と配送費用の合計で、1台数千円程度支払うことが必要です。より詳しい内容は、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページを参考にしてください。

5-3-3.小型家電リサイクル法の対象品目

ドライヤーやシェーバーなどの小型家電は、小型家電リサイクル法に沿って処分することができます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って処分する場合は、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入すると、無料で処分してもらえます。回収された小型家電は自治体によって適切な方法でリサイクルされ、有効活用してもらうことが可能です。

5-4.販売店の回収サービスを利用する

断捨離で出た不用品の中には、販売店の回収サービスを利用して処分できるものもあります。たとえば、以下のようなものです。

  • 家電
  • 家具
  • 古タイヤ
  • ピアノ
  • 仏壇・仏具
  • ミシン
  • ベッド・マットレス
  • バイク
  • 自転車

一般的に販売店の回収サービスは有料であり、ものによって1個数百~数万円までまちまちです。特に、大きさや重さがあるものは高額な費用がかかることがあるので、販売店に確認してみるとよいでしょう。

5-5.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者でも、断捨離で出た不用品の処分を依頼できます。不用品回収業者に不用品の処分を依頼するメリットは、以下をご覧ください。

  • 大量の不用品をまとめて処分できる
  • 不用品を種類別に仕分ける必要がない
  • 日時と場所を指定して回収してもらえる
  • 処分にかかる労力や時間を大幅に節約できる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある

なお、不用品回収業者に不用品の処分を依頼する場合は、回収場所の条件や不用品の種類・物量によって、料金が異なります。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。

5-6.買取に出す

断捨離で出た不用品でも、まだキレイで十分に使えるものは買取に出すこともできます。不用品を買取してもらえるところは、主に以下のとおりです。

  • 種類ごとの買取専門業者
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者
  • ネットオークション・フリマアプリ

それぞれの買取先に、メリット・デメリットがあるので、しっかり比較して選ぶとよいでしょう。上記のうち、不用品回収業者では不用品の買取と引取処分の両方を行っているため、万が一買取不可になってもそのまま引取処分を依頼できて便利です。

6.不用品の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ

断捨離で出た不用品は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに処分を依頼すると多くのメリットがあります。

6-1.不用品の処分実績が豊富

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターは、不用品の処分実績が豊富です。あらゆる種類の不用品を回収し、正当な方法で再資源化や再販などに活用しています。豊富な実績があることは、多くの人から支持され続けてきた証拠でもあるので、安心して不用品回収を依頼できると判断してよいでしょう。実際に、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品回収に関するあらゆる質問や要望に対し、的確に対応してもらうことができます。

6-2.見積もりは無料

見積もりは無料なのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに不用品の処分を依頼するメリットです。不用品の処分費用を正確に知るためには、業者による見積もりが必要不可欠になります。見積もりだけでも、スタッフの手間と時間を取られるため、1回数千円程度の費用がかかることもあるのです。しかし、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、あえて無料にすることで多くの人から気軽に依頼できるよう配慮しています。実際に、無料の見積もりから正式な依頼に多くつながっていることからも、賢い判断ができる業者といえるでしょう。

6-3.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターには分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあり、安心して不用品の処分を依頼できます。依頼内容によって最安になるプランを提案してもらえるので、とても助かることでしょう。もちろん、安くても感じが悪い、雑に作業されるといった心配は不要です。

6-4.都合のよい日時と場所で回収してもらえる

都合のよい日時と場所で回収してもらえるのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターを利用するメリットです。断捨離では、想像以上にたくさんの不用品が出るため、種類ごとに分けて処分したり、運搬したりするのが大変な作業になります。しかし、都合のよい場所と日時を指定できれば、苦労して運搬する必要がなく、忙しい人は特に助かることでしょう。

6-5.可能なものは買取もしている

可能なものは買取しているのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターの特徴です。たとえば、年式が新しい家電など、買取を強化しているものも多いので、確認してみるとよいでしょう。買取してもらえるものがあれば、そのほかの不用品の処分費用と相殺できて安くできます。また、買取になったものは基本的に中古品として再販されるため、新たな持ち主に使ってもらえるのもメリットです。

6-6.回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしてもらえる

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしています。まだ中古品として使えるものは、再販して新たな持ち主を探してもらうことが可能です。また、再販できないものは、素材ごとに分解して再生資源や再生燃料として活用してもらえます。自分にとっては不用品でも、リサイクルして有効活用してもらうことができれば、断捨離が有意義なものだと実感できるでしょう。

6-7.事業に必要な各種許可を取得済み

事業に必要な各種許可を取得済みな点も、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに不用品の処分を依頼するのがおすすめな理由です。取得済みの許可については、ホームページで確認できます。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターなら、不用品を適切な方法で確実に処分してもらえるので、安心です。悪質業者と違い、山林などに不用品を不法投棄される心配もありません。

7.断捨離のコツに関するよくある質問

最後に、断捨離のコツに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.断捨離が上手な人はスタイルもよいと聞いたのですが?

A.断捨離が上手なこととスタイルのよさには、直接の関係はありません。しかし、断捨離が上手な人は、行動力がありフットワークが軽い傾向があることから、スタイルがよい人が多い印象を与えることもあるでしょう。

Q.数か月前に断捨離したのにまた散らかってきたのですが?

A.1回断捨離しても、数か月すると散らかってしまう人もいます。断捨離は何回行っても構わないので、再度実行してみてください。なお、散らかってしまうのには、必ず理由があるものです。次回再び断捨離しなくて済むよう、原因や改善策を考えてみることをおすすめします。

Q.ほかの人に断捨離を手伝ってもらうときの注意点は?

A.やってほしいこととやらなくてよいことを決めておき、明確に指示することが大切です。適当な指示で手伝ってもらうと、断捨離する必要のないものまで仕分け・処分されてしまうことがあるので注意してください。また、作業量や作業時間に配慮し、適度に休憩を取ってもらうことも忘れないようにしましょう。

Q.断捨離に適した季節はある?

A.春や秋などの過ごしやすい季節に行うとよいでしょう。中でも、晴れた日に行うと、湿気が部屋にこもりにくく、快適に作業が進んでおすすめです。

Q.断捨離で挫折してしまった場合はどうすればよい?

A.途中からでも、プロの業者に相談してみるとよいでしょう。断捨離で豊富な実績がある業者なら、作業途中からでも問題なく対応してもらえます。

まとめ

今回は、断捨離のコツについて詳しく解説しました。断捨離を上手に行うには、最初に余裕を持った作業計画を立て無理なく進めることが重要になります。また、不用品の仕分け基準を決めておく、なるべく簡単な方法で処分することなども重要なポイントです。実際に断捨離すると、驚くほどたくさんの不用品が出ます。断捨離で出た不用品は、信頼できる不用品回収業者に処分を依頼すると、何かと便利でおすすめです。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター