きれいな部屋にするコツを紹介! メリットを知れば掃除したくなる?


きれいな部屋にしたいけれどどうすればいいのか……など、片付けのコツについて悩んでいる方は多いでしょう。たくさんのものが散らかっている状態ではきれいな部屋になれないので、まずは不用品を処分する必要があります。

本記事では、きれいな部屋の定義をしっかり踏まえながら、部屋をきれいにするコツなどを解説しましょう。

  1. きれいな部屋とはどんな部屋?
  2. いつも部屋がきれいな人の特徴
  3. きれいな部屋で暮らすメリット
  4. きれいな部屋を実現するコツ
  5. 不用品の処分買取なら埼玉出張買取コールセンターへ
  6. きれいな部屋に関してよくある質問

この記事を読むことで、きれいな部屋で暮らすメリットなども分かります。簡単に部屋をきれいにしたい・コツを知りたい方はぜひ参考にしてください。

1.きれいな部屋とはどんな部屋?

一体、きれいな部屋とはどのような状態のことでしょうか。ここでは、きれいな部屋について詳しく説明しましょう。

1-1.全体的にスッキリとしている

きれいな部屋は、部屋全体がスッキリしている状態になっています。たとえば、ものが少なくスタイリッシュさを感じさせる部屋・ものがきちんと整理整頓されている部屋です。ものが乱雑に置かれていない状態が、きれいな部屋といえるでしょう。

1-2.無駄なものがない

スッキリと片付けられた部屋は、無駄なものがありません。不要な家具がないシンプルな空間だったり、ものが収納スペースに収まったりしています。

1-3.見えない場所まで片付いている

見える場所だけスッキリと片付けているだけでなく、きれいな部屋はクローゼットやベッドの下なども整理整頓されています。たとえ、使っていない部屋だとしても、ものがゴチャゴチャになっている状態はきれいな部屋だとはいえません。

1-4.色が統一されている

きれいな部屋は色が統一されている傾向があります。たくさんの色が使われている部屋だと、目線があちこちに向いてしまい、ゴチャゴチャとした印象を抱きがちです。コンセプトに合わせて色を統一していたり、シンプルな色にしていたりと、きれいな部屋は家主の趣向が明確になっています。

2.いつも部屋がきれいな人の特徴

いつも部屋がきれいな人の共通点をいくつかご紹介しましょう。

2-1.心に余裕がある

部屋をきれいにできる人は、心に余裕があります。たとえば、仕事のストレスがたまり、疲れて自宅に帰ってきたとき、すぐに「さあ、掃除しよう」とはきっとならないはずです。疲れていることでやる気も起きず、何もしたくなくなり、いつの間にか部屋が汚れることもあるでしょう。

しかし、心に余裕がある人は少し思考が違います。掃除をすることで、自分のストレスをリセットし、心をフラットな状態にしているのです。ここで重要なのは、ストレスなどの負の感情を発想の転換でいかにプラスの方向に変えられるかでしょう。

2-2.生活習慣が整っている

生活習慣が乱れてしまえば、部屋も徐々に荒れてしまいます。部屋と生活習慣は、一心同体の関係なのです。生活習慣が乱れないようにするには、自分の中で一定のルーティンをつけましょう。たとえば、仕事から帰ってきたらすぐに洗濯・掃除をする・やるべきことを終えたらリビングでくつろぐなどです。後は、このルーティンが継続できるように意識づけてみてください。継続することによって習慣化されるでしょう。慣れるまで大変だと思いますが、意識して行動することが大切です。

2-3.時間やお金の管理が上手

時間やお金の管理が上手な人は、部屋がきれいな人が多いです。時間にきっちりしていると、自分のスケジュールに合わせて行動できるからでしょう。1日のスケジュールも無駄がないよう動き、時間をコントロールできています。ですから、怠ける時間がなく、きれいな部屋も維持できるというわけです。また、お金の管理ができる人は余計なものを買わないので、部屋がものであふれることがありません。

2-4.人間関係がスッキリしている

部屋をきれいにしている人は、人間関係がスッキリしている方が多いです。それは、部屋では使えるものと使えないものをしっかり区別していることと関係があるでしょう。部屋を汚い人は乱れている私生活を送っている人が多く、要らないものを捨てることができず、中途半端に残してしまう傾向があります。一般的に、人間関係がスッキリしている人には決断力があり、後に引きずることがありません。部屋が汚いと心に余裕がなくなり、人間関係にも悪影響を及ぼしがちです。

2-5.やるべきことを後回しにしない

部屋がきれいにできない人は、面倒なことを後回ししてしまう傾向があります。疲れてるときなどは面倒くさいと思ってしまい、なかなか重い腰が上がらないことがあるでしょう。しかし、部屋がきれいな人はやるべきことを後回しにしません。それは、やることを後回しにすればするほど、きつくなることが分かっているからです。やるべきことを後回しにせず、先に終わらせる行動を習慣化してください。習慣化さえできれば、きれいな部屋が保てるでしょう。

3.きれいな部屋で暮らすメリット

衣服や雑貨・家具で散らかった部屋で過ごしていると、余計に片付けをする気がなくなり、何事にも無気力になってしまうという悪循環が生まれます。汚い部屋で過ごすと単に片付けをする気だけではなく、仕事・勉強・考え事など、さまざまな作業のやる気が起きないでしょう。そこで、きれいな部屋で過ごすメリットについて、それぞれ詳しく説明してみましょう。

3-1.家での探しものが減る

整理整頓されたきれいな部屋では、どこに何があるかが分かります。その状態を保つと、家の中での探しもの時間がなくなるでしょう。時間を無駄にしない点でいうと、大きなメリットになります。

3-2.無駄な出費・買いものがなくなる

きれいな部屋は、クローゼットに家に衣服が何着あるかを把握したり、ストックしているものの管理ができていたり、必要に応じて買い足す習慣がつきます。部屋を片付けてものの定位置を決めることで、無駄な買いものによる出費を抑えられるというわけです。

3-3.空気がきれいになり、健康的になる

片付いている部屋は空気がきれいになり、健康的な生活を送ることができます。逆に、片付いていない部屋は、掃除機をかけたり床拭きしたりできず、ホコリやハウスダストの温床になっている可能性が高めです。カビ・ダニ・ノミなどが発生することになるので、アトピーや喘息(ぜんそく)・気管支炎を引き起こす要因になります。部屋が汚くて体にいいことは1つもありませんので、部屋をきれいにしてください。

3-4.ストレスが解消される

きれいな部屋は、ストレスの蓄積を避けることができます。片付け・掃除をする動作がストレスの解消につながり、要らないものやたまったゴミを捨てるだけでも自然と気持ちがスッキリするでしょう。窓を開けたり換気扇を回したりするなど、空気の入れ替えと同時に気持ちもリセットできます。少しでもストレスが和らぐはずです。

3-5.作業・仕事に集中しやすくなる

部屋をきれいにして無駄なものを減らすことで、集中しやすい環境を作ることができます。汚れた部屋では、ものがあちこちに散乱しているため、集中力を失ってしまいがちです。作業効率を上げるためにも、ぜひ部屋をきれいにしてみてください。

4.きれいな部屋を実現するコツ

「部屋をきれいにしたいけれど、やっぱり苦手」という方に、部屋をきれいにするためのコツをご紹介します。これだけを押さえておけば、今日からきれいな部屋が実現するでしょう。

4-1.こまめに掃除をする

掃除は基本的なことですが、意外とできない人は多いです。最初はゴミの量が少なくとも、そこから少しずつゴミがたまっていき、気づけば部屋全体が汚くなっていたというケースがあります。掃除が苦手な人でも、毎日少しずつ掃除をしていけばそこまで負担にはなりません。たとえば、今日はテーブルの上を片付ける・床に落ちているものを拾って片付けるだけでもOKです。自分で簡単にできることから始めてみてください。

4-2.床にものを置かない

一度、床にものを置いてしまうと、それに続くように次々とものを置いてしまいがちです。床面積が見えなくなるほど部屋が圧迫されたように感じるので、できるだけ床にものを置かないようにしてください。どうしても床にものを置きたいのであれば、棚やラックなどを使って工夫するといいでしょう。

4-3.余計なものは買わない

部屋が汚くなってしまう原因の1つとして、ものが多すぎることが挙げられます。ものが多いと掃除が大変になりますし、ホコリがたまりやすくなるでしょう。そのため、不用品を処分するのはもちろんのこと、余計なものは買わない努力をしてください。ものが少ないだけで、部屋全体がスッキリするでしょう。

4-4.出したらすぐに元の場所に戻す

使ったものをそのまま出しっぱなしにしてしまうことはありませんか? 片付けが苦手な人ほど、出したものをそのまま放置しています。きれいな部屋にするためにも、出したものはすぐに元の場所に戻すように意識してください。

5.不用品の処分買取なら埼玉出張買取コールセンターへ

きれいな部屋にしたいけれど、長年掃除をしていなかったり、ものが多すぎてどこから手をつけていいのか分からなくなったりするケースもあるでしょう。その場合は、不用品の回収や片付けを行っている業者に依頼してみてください。ここでは、東京・埼玉でサービスを展開している埼玉出張買取コールセンターを紹介します。

5-1.部屋の片付け依頼もOK!

埼玉出張買取コールセンターは、不用品の回収だけでなく、部屋の片付けサービスも行っています。なかなか自分で部屋をきれいにすることができない……と悩んでいる方は、ぜひご依頼ください。

5-2.買取サービスにも対応

不用品の回収や部屋の片付けサービスはもちろんのこと、不用品買取にも対応しています。まだ使えるものを処分するのはもったいないことですので、一度査定をご依頼ください。たとえ、買取不可になったとしてもそのまま回収できるため、手間と時間がかかりません。

5-3.年中無休で早朝・深夜にも対応

年中無休で早朝・深夜にも対応しているので、お急ぎの方や時間がない方も調整が可能です。

6.きれいな部屋に関してよくある質問

きれいな部屋に関してよくある質問を5つピックアップしました。

Q.どうしても決めた場所にものを戻せないときの対処法は?

A.せっかくきれいな部屋になっても、汚くなってしてしまう理由で考えられるのは以下の点が考えられます。

  • 片付ける場所と決めた位置がそもそも使いにくい場所
  • 元の場所に戻す習慣が身についていない

解決法としては、使いやすく、出し入れしやすい場所にものの定位置を変えてみてください。

Q.長年片付けをしていないが、相当散らかっている部屋の片付けも依頼できるのか?

A.片付けサービスを行っている不用品回収業者は、掃除のプロです。どんな部屋もきれいにしてくれますし、もちろん秘密は守ってくれますので、安心して依頼できます。

Q.簡単な掃除のコツは?

A.まず、5分だけ掃除するところから始めてみましょう。初めの5分間さえ集中できれば、少しずつ掃除時間を増やしていけますし、モチベーションも高まります。

Q.掃除して出るゴミの処分が面倒なときは、どうすべきか?

A.自治体回収は回収日や回収場所が決まっているため、面倒と感じる方は不用品回収業者に依頼しましょう。自分で分別をすることもなく、スピーディーにまとめて処分できます。

Q.ものを捨てられないとき、どうしたらいいのか?

A.「もったいない」「いつか使うから」と今必要ないものをそのまま持っていても意味がありません。ものを捨てることができないときは、持ち続けるメリットとデメリットについて考えてみてください。基本的に、今必要ないものや1年以上使っていないものは今後も使う可能性が低いので、処分することをおすすめします。

まとめ

きれいな部屋のメリットや片付けのコツについて説明しましたが、いえるでしょう? 掃除が苦手な方は、無理せずに気軽に始められる場所から片付けてみてください。片付けや掃除を習慣づけることで、自然ときれいな部屋が維持できます。また、不用品が大量に出てきた場合は、不用品回収業者に依頼するといいですよ。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター