生前整理の流れを紹介! タイミングや不用品の処分方法も!


「生前整理をしたいがどのような流れなのか?」「不用品がたくさん出た場合はどう処分すればよいのかわからない」とお悩みではありませんか? 「終活」という言葉を当たり前のように耳にするようになった今の時代、「元気なうちに生前整理をしておきたい」と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には何から手をつけたらよいのかわからず、途方に暮れてしまうこともあるはずです。

この記事では、生前整理の内容やメリット・タイミングなどについて詳しくご紹介しましょう。

  1. 生前整理とは?
  2. 生前整理をする3つのメリット
  3. 生前整理を行うタイミングは?
  4. 生前整理の流れを紹介
  5. 生前整理で出た不用品の処分方法
  6. 生前整理でお困りなら埼玉出張買取コールセンターへご相談を
  7. 生前整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、生前整理をする目的や、大量の不用品をお得に処分する方法などがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.生前整理とは?

まずは、生前整理とはどのようなものなのかを詳しく解説します。

1-1.生きているうちに身の回りを整理すること

生前整理とは、生きているうちに自分が住んでいる家や持ちものなどを整理することをいいます。終活の一つとして、若く元気なうちに取り掛かる人も増えているのが現状です。長く生きていると身の回りにはいつの間にかものが増えています。生前整理では不要なものを処分し、本当に必要なものだけを残す作業をするため、手間や時間がかかることが考えられるでしょう。早いうちから少しずつ取り掛かるか、思いきって業者に依頼することも検討すべきです。

1-2.なぜ必要なのか?

生前整理を行う主な目的は、自分の死後、家族が相続や遺品整理などで苦労を掛けないようにして、今後の人生をより過ごしやすいものにすることです。この先年齢を重ねていくにつれ、体が思うように動かなくなっていくことや、判断力が低下していくことも考えられます。そうなったときに、少しでも安心して暮らすことができる環境を作り出すために、生前整理が必要なのです。

1-3.遺品整理や老前整理との違いを明確に

生前整理と似ていて混乱しやすいのが、「遺品整理」や「老前整理」です。遺品整理は自分が亡くなったあとで家族が遺品を片付けることをいい、タイミングや目的には大きな違いがあります。老前整理は生前整理とよく似ていますが、老後の生活をよりよいものにすることを目的としているため、生前整理とは区別して使われている言葉です。

2.生前整理をする3つのメリット

生前整理をすることで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

2-1.安全で快適な環境を作り出すことができる

ものが増えていくと、何がどこにあるのかわからなくなることや、自分で片付けをするのが難しくなることが多くなります。部屋がものであふれ返り、ものにつまずいて転んだり、ものが上から落ちてきてケガをしたりする可能性も出てくるでしょう。高齢になって体力や判断力が低下すると安全を確保することも難しくなります。元気なうちに身の回りを整理し、安全で快適な環境を作り出しておくのは大切なことです。

2-2.自分の人生を振り返ることができる

生前整理には、自分の人生を振り返る意味もあります。持ちものを整理していくことで自分が今まで送ってきた人生を思い出し、今後どう暮らしていきたいのかを考えるきっかけにもなるはずです。やり残したことはないか、人生の最後をどう迎えたいかなどを考えるための、前向きな整理といえます。

2-3.家族の負担を減らすことができる

生前整理は基本的に自分のために行うものですが、家族の負担を減らすことを目的としている人も少なくないはずです。自分の死後、大量の遺品を整理する家族の負担を考えると、できるだけ迷惑をかけたくないと思う人は多いでしょう。生前整理をして持ちものを減らしておけば、家族の負担は確実に少なくなるはずです。

3.生前整理を行うタイミングは?

生前整理をいつ始めたらよいのか、そのタイミングについてご紹介します。

3-1.ライフスタイルが変化したとき

生前整理について考えるタイミングとしては、ライフスタイルが大きく変化したことをきっかけとするケースが多くなっています。たとえば、定年を迎えたときや子どもが独立して家を出ていったとき・家を住み替えたときなどに、今後の人生について考え直すことがあるのではないでしょうか。また、大きな病気をしたあとや、身近な人が亡くなったことをきっかけに、生前整理を始めるケースも少なくありません。

3-2.施設への入居が決まったとき

介護施設などへの入居が決まったタイミングで生前整理を始める人も多いはずです。施設に持っていくものを用意する際、家の中をすっきりと片付けるために不要なものを処分しておくとよいでしょう。

3-3.必要性を感じたとき

生前整理を行うタイミングには、基本的に決まりはありません。本人がその必要性を感じたときが、取り掛かるチャンスといえるでしょう。身の回りを効率的に整理するためには、十分な体力と判断力が必要です。できるだけ若くて元気なうちに取り掛かったほうがスムーズに行うことができるのではないでしょうか。

4.生前整理の流れを紹介

生前整理の大まかな流れをまとめたので参考にするとよいでしょう。

4-1.エンディングノートや財産目録を作成する

自分の持ちものや財産を把握するためにも、エンディングノートや財産目録を作成しておくと安心です。ローンや借金などマイナスの財産についてもリスト化しておいてください。

4-2.ものを仕分けする

家の中にあるものを「いるもの」と「いらないもの」に仕分けしていきましょう。このとき、「もったいないから」「高かったから」という理由でものを手元に残すのはおすすめできません。判断基準にすべきなのは、「使っているか」「使っていないか」ということです。1年以上使っていないものは今後も使うことがないと考え、潔く処分したほうがよいでしょう。

4-3.不要なものを処分する

次に、「いらないもの」の処分方法を決めて処分します。量が多いと自分で処分するのが難しいため、効率的に処分できる方法を検討すべきです。不用品の処分方法には次項で詳しくご紹介しているので参考にしてください。

4-4.残すものを整理してしまう

不要なものを処分したら、手元に残すものを整理・収納していきましょう。このとき、使用頻度に合わせて収納場所を決めていくのがおすすめです。よく使うものは出し入れしやすい場所を選んで収納してください。また、重いものは高い場所に収納しないよう注意しましょう。

5.生前整理で出た不用品の処分方法

生前整理ではたくさんの不用品が出るため、その処分方法についても検討しておきましょう。

5-1.自治体のゴミ回収を利用して捨てる

不用品の量がそこまで多くなければ、自分で仕分けをして自治体が回収するゴミとして捨てる方法もあります。ただし、どのようなものが何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前に確認しておかなければなりません。粗大ゴミの場合は事前の申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要になるので注意してください。

5-2.業者に依頼する

自分で生前整理をするのが難しい場合は、不用品の片付けや遺品整理などを行っている専門業者に依頼するのがおすすめです。分別から運搬まですべて任せることができるため、手間や時間をかけることなく生前整理を行うことができます。ただし、業者選びには注意が必要になるため、必要な許可を取得しているかどうかなどしっかりとチェックしてください。

5-3.買取に出す

不用品の中でも比較的状態のよいものは、買取に出すことも検討しましょう。使用年数が短いものや有名メーカー品・汚れや傷などが目立たないものであれば買取対象になる可能性があります。不用品の回収と買取を同時に受け付けている業者もあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

6.生前整理でお困りなら埼玉出張買取コールセンターへご相談を

生前整理で出た不用品の処分は、埼玉出張買取コールセンターへご依頼ください。

6-1.毎月100件以上の実績で年中無休

埼玉出張買取コールセンターは、毎月100件を超える豊富な実績を誇る業者です。他店で断られた不用品も回収・買取が可能なのでぜひご相談ください。365日、年中無休で営業しているため、仕事が忙しくて平日なかなか時間を作ることができない方でも安心です。

6-2.他店より高価買取・格安回収が可能

埼玉出張買取コールセンターでは、インターネット販売や業者間取引・海外リユースなどの幅広い販売ルートを持っているため、他店より高価買取と格安回収が可能です。特に、液晶テレビやデザイナーズ家具・大型冷蔵庫・ドラム式洗濯機などは高価買取が可能なケースが多いのでぜひ査定をご依頼ください。

6-3.気軽に無料見積もりを依頼できる

埼玉出張買取コールセンターは、ホームページの専用フォームから気軽に無料見積もりの申し込みが可能です。必要事項を入力して送信すればあとは返信がくるのを待つだけなのでぜひチェックしてみてください。

7.生前整理に関するよくある質問

「生前整理について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ものの仕分けに時間がかかります。どうすればスムーズに進めることができるでしょうか?

A.捨てるか残すか迷ったものがあればいったん保留にして取っておいてください。1か月ほどたって捨てる決心がついていれば、処分するようにしましょう。

Q.思い出の品をなかなか処分できないのですが、何かよい方法はありませんか?

A.「段ボール2箱まで」などというように、残しておいてもよい量の基準を決めておくとよいでしょう。あふれてしまいそうになったら、写真に撮ってから思いきって処分するのがおすすめです。

Q.エンディングノートの書き方には決まりがありますか?

A.特に決まりはありません。自分が書きやすいように書くとよいでしょう。なお、書店や文具店などで販売されているエンディングノートを利用することもおすすめです。

Q.生前整理を業者に依頼すべきなのはどんなときでしょうか?

A.整理するものの量が多すぎる場合や急いで片付けなければならない場合などは、業者に依頼することをおすすめします。

Q.生前整理をスムーズに進めるコツを教えてください。

A.前向きな気持ちで取り組むこと・一気にやろうとしないこと・周りの人に相談することなどのコツがあります。

まとめ

生前整理のメリットや流れ・不用品の処分方法などを詳しくご紹介しました。生前整理は今後の自分や大切な家族のために、しっかりと計画を立てて取り掛かるべきものです。たくさんの不用品が出る可能性があるため、その処分方法も含めて考えておくとよいでしょう。ぜひこの記事を参考に、生前整理をスムーズに進めてください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター