終活をおひとりさまが行う方法は? 主なポイントや注意点を詳しく!


おひとりさまの終活

「おひとりさまなので終活を早めに始めたいけど、どんな方法があるのだろう」「おひとりさまが終活を行うときの注意点を知りたい」とお考えではありませんか? おひとりさまでやっていくのなら、終活についてもきちんと考えておくことが大切です。しかし、実際にどんなことをやるべきか、どんなタイミングで始めるとよいかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、おひとりさまの終活について詳しく解説します。

  1. おひとりさまの老後リスクについて
  2. おひとりさまが終活するメリット
  3. おひとりさまが終活でやるべきこと
  4. おひとりさまが終活を始めるタイミング
  5. おひとりさまの終活の流れ
  6. 終活で出た不用品を処分する方法
  7. 不用品の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ
  8. おひとりさまの終活に関するよくある質問

この記事を読むことで、おひとりさまが終活を行うポイントがよく分かります。おひとりさまで終活を考えている人は、記事を読んでみてください。

1.おひとりさまの老後リスクについて

最初に、おひとりさまの老後リスクにはどんなものがあるか見ていきましょう。

1-1.病気やケガをしたときに困る

おひとりさまの老後リスクの一つに、病気やケガをしたときに困ることが挙げられます。家族がいれば、看病してもらったり日常生活を助けてもらったりすることが可能です。しかし、おひとりさまは、頼るべき家族がいないので、自分ですべて行う必要があります。特に、大きな病気やケガでは、日常生活を送るのが困難になるでしょう。場合によっては、そのまま衰弱して死亡するリスクもあります。

1-2.悪質業者のターゲットになりやすい

悪質業者のターゲットになりやすいのも、おひとりさまの老後リスクといえるでしょう。悪質業者は、おひとりさまの高齢者を主なターゲットにしています。おひとりさまの高齢者は、相談する家族がいないため、強気で営業できるからです。中には、おひとりさまのさみしさを利用し、よい人の振りをして近づいてくることもあります。いつの間にか不用品をたくさん買わされていた、財産の多くを取られてしまったということもあるので、注意が必要です。

1-3.日常生活に不便が出やすい

おひとりさまは、日常生活に不便が出やすいのもポイントです。たとえば、毎日の家事などは、自分だけでこなす必要があります。高所の荷物の上げ下ろしや、古い電球の交換、ゴミ出しなども、手伝ってもらえる人がいなければ、自分でやることになるでしょう。高齢になり、体が思うように動かなくなれば、買いものや散歩に出かけづらくなるなど、さらに不便なことが増えて困るものです。ゴミ屋敷にしてしまう人におひとりさまの高齢者が多いのも、納得できます。

1-4.賃貸物件の契約が難しくなる

おひとりさまは、賃貸物件の契約が難しくなるのも老後のリスクといえます。賃貸物件の契約では、多くの場合で連帯保証人か保証会社との契約が必要です。しかし、おひとりさまが老後を迎えると、頼りになる親族がいない、安定した収入がなくて保証会社の審査を通過できないといったケースが増えてきます。貸し主としても、高齢のおひとりさまに物件を貸すのは、大きなリスクとなるため、敬遠されやすいのです。現在賃貸物件に住んでいるおひとりさまは、老後の住居についてもきちんと考えておきましょう。

1-5.災害時に孤立しやすい

災害時に孤立しやすいのも、おひとりさまのリスクといえます。家族などと同居していれば、災害時でも孤立することはありません。必要な救助や援助を受けることができ、被害を最小限に食い止めることができます。一方、おひとりさまは、援助や救助の手が届かないことがあり、残念な結果になるケースも多いのです。特に、普段から知人や近隣住民などと交流がない人は、命取りになる可能性があります。

1-6.孤独死する可能性がある

おひとりさまの老後リスクとして、孤独死する可能性があることも挙げられます。体調不良になっても、家族に救急車を呼んでもらったり病院に連れて行ってもらったりすることができません。そのため、本来なら軽症で済んだり、治療可能だったりする場合でも、手遅れになってしまうことがあります。場合によっては、誰の助けも得られないまま、孤独死してしまうこともあるでしょう。おひとりさまで老後を過ごすつもりなら、孤独死を予防する対策が必要です。

2.おひとりさまが終活するメリット

おひとりさまが終活するとどんなメリットがあるか、詳しく見ていきましょう。

2-1.老後を安心して過ごせる

おひとりさまが終活すると、老後を安心して過ごすことができます。スッキリと片付いた環境で安全に暮らすことができ、ケガのリスクも大きく減ることでしょう。また、生活動線や家事動線が改善され、移動するのが楽になったり家事効率が高まったりするので、日常生活の負担も減ります。おひとりさまが老後を安心して暮らすためには、終活が必要不可欠といえるでしょう。

2-2.現実を認識して有意義に過ごせる

現実を認識して有意義に過ごせるようになるのも、おひとりさまが終活を行うメリットといえます。おひとりさまは、若いうちなら自分の思いどおりに暮らせるため、老後のリスクまで考えがおよばないものです。しかし、終活を行うことで、おひとりさまの老後にどんなリスクがあるか、現実を認識できます。すると、生活習慣や生活態度を見直すきっかけとなり、老後に向けて有意義に過ごすことができるでしょう。

2-3.気持ちが前向きになる

おひとりさまが終活すると、気持ちが前向きになります。老後への漠然とした不安がなくなり、さまざまなことを前向きに考えられるようになるからです。すると、気力が充実して趣味などを心から楽しめるようになります。老後をはつらつと生きるためにも、自分らしい生活を楽しむためにも、終活を行うことがおすすめです。

2-4.親族や知人などにかかる負担を軽減できる

親族や知人などにかかる負担を軽減できるのも、おひとりさまが終活をするメリットです。おひとりさまが突然入院したり介護が必要になったりした場合でも、終活しておくことで必要なものや手続きを進めやすくなります。また、万が一突然亡くなることがあっても、終活が済んでいれば、親族や知人などにかかる負担が最小限になることでしょう。おひとりさまであっても、いずれは親族や知人などに助けてもらうことが多いものです。いざというときに、親族や知人などに迷惑をかけたくないのなら、終活を行っておきましょう。

3.おひとりさまが終活でやるべきこと

おひとりさまが終活でやるべきことについて、詳しく見ていきましょう。

3-1.不用品を処分する

まずは、不用品を処分して身の回りを片付けましょう。不用品を仕分けして処分し、必要なものだけを残すことで、スッキリと片付いた環境に整えることができます。たとえば、以下のようなものを不用品として処分するとよいでしょう。

  • 汚れや傷みがひどい
  • 不具合や故障などで正常に使えない
  • 特に思い入れがない
  • サイズアウトした
  • 趣味が変わった
  • 今後使う予定がない
  • 同じようなものが必要以上にある

併せて、この記事の「6.終活で出た不用品を処分する方法」を参考にし、不用品の処分方法についても考えておきましょう。

3-2.葬儀や埋葬の方法などを決めておく

葬儀や埋葬の方法を決めておくことも、おひとりさまの終活で大切なステップです。どんな形式・規模で葬儀を行いたいか、誰を呼んでほしいかなどを決めておきましょう。また、墓地がある場合は墓地の位置や埋葬方法について、墓地がない場合は共同供養にしてもらうことなども考えてみてください。今は、葬儀や埋葬を生前予約できるので、早めに問い合わせておくとよいでしょう。

3-3.後見人や保証人を決めておく

おひとりさまの終活では、老後のために後見人や保証人を決めておくことも忘れないでください。老後は、何らかの契約を行う際に、後見人や保証人を要求されることがあります。たとえば、賃貸物件や介護サービスの契約などは、後見人や保証人がいない場合、大変厳しいものです。老後に必要な各種手続きについて問題なく行えるよう、今のうちに知人や親族などの中から、後見人や保証人になってくれる人を探しておきましょう。

3-4.必要に応じてリフォームや住み替えを検討する

現在の住居が老後を過ごすのに適切でない場合は、必要に応じてリフォームや住み替えを検討してみてください。特に、古い日本家屋は、段差が大きい、浴室やトイレが寒いなど、老後に負担となることが多いものです。持ち家なら、バリアフリーリフォームなどで老後を安心して暮らせるようにするとよいでしょう。賃貸物件の場合は、リフォームで対応できないことが多いため、今のうちに住み替えて老後でも安心して暮らせる環境にしておくことがおすすめです。

3-5.エンディングノートを作成する

エンディングノートを作成しておくことも、おひとりさまの終活で行っておきたいことです。エンディングノートを作成しておけば、自分に何かあったときに、後の面倒を見てくれる人の負担を軽くすることができます。エンディングノートの形式に決まりはないので、市販品を活用したりお気に入りのノートを利用したりしてもよいでしょう。また、エンディングノートの内容も自由ですが、以下のようなことをまとめておくと安心です。

  • 預金通帳など貴重品の収納場所
  • 年金手帳や健康保険証などの収納場所
  • クレジットカードの暗証番号
  • 契約中の各種保険の会社名や保険番号
  • そのほか個人的に契約しているサービス名・サービス内容など
  • 葬儀・埋葬の希望や連絡してほしい人のリスト
  • 財産の処分方法に関する希望
  • 知人などに対するメッセージ

3-6.遺言書を作成する

土地や家屋などの財産がある人は、遺言書を作成しておくこともおすすめです。おひとりさまが亡くなった場合、遺言書がない、相続人がいないといったケースになると、国に所有権が移ってしまいます。たとえば、特定の人に財産を受け継いでもらいたい、福祉施設に寄付したいなどの希望があるのなら、公証役場に出向き、遺言書を公正証書として作成しておくとよいでしょう。遺言書を公正証書として作成する方法については、日本公証人連合会のホームページを参考にしてください。

4.おひとりさまが終活を始めるタイミング

おひとりさまが終活を始める場合、どんなタイミングがよいのでしょうか。

4-1.定年退職を迎えた

おひとりさまが終活を始めるなら、定年退職を迎えたタイミングがおすすめです。定年退職した後は、時間がたっぷりあるので、余裕を持って作業できます。また、年齢的にも本格的な老後となり、終活が現実的なものとなるからです。第二の人生を自分らしく生きるためにも、定年退職を迎えたタイミングで終活を始めましょう。

4-2.年金受給者になった

年金受給者になったときも、おひとりさまの終活に絶好のタイミングです。年金受給者は、年金と自分が持っている資産で今後の生活をやりくりすることになります。使えるお金が限られている以上、計画的に家計をやりくりしていくことが必要です。判断力があるうちに、不動産などの資産を現金化しておくのもよい方法といえます。亡くなるときまでできるだけ豊かに暮らすためにも、今後の生活を見据えて終活を行いましょう。

4-3.老後に不安を感じた

老後に不安を感じたら、今何歳であっても終活を始めましょう。たとえば、大きな病気やケガをした、同年齢の知人や親族が亡くなった後などは、老後に大きな不安を覚えるものです。しかし、終活を行うことで自分自身と向き合うことができ、老後を安心して迎えることができるようになります。老後を安心して暮らすためにも、不安を感じた時点で終活を行っておきましょう。

4-4.一生おひとりさまでいると決めた

一生おひとりさまでいると決めたのなら、今すぐ終活を行っておいても問題ありません。今は、ライフスタイルの多様化により、一生おひとりさまでいる人も多くいます。おひとりさまでいると決めたときに終活を行っておけば、いつ何があっても安心です。また、早いうちからおひとりさまに快適な環境が整い、有意義に過ごしやすくなります。

5.おひとりさまの終活の流れ

おひとりさまの終活の流れを、具体的に見ていきましょう。

5-1.やるべきことをすべて洗い出して優先順位を決める

おひとりさまの終活では、最初にやるべきことをすべて洗い出すことから始めましょう。具体的にやるべきことは、この記事の「3.おひとりさまが終活でやるべきこと」を参考にしてください。実際に、やるべきことを洗い出してみると、一筋縄ではいかないことが理解できるはずです。終活を確実に進めるためにも、優先順位を決めて、重要なことから手を付けるようにしましょう。

5-2.終活の作業スケジュールを考える

次に、終活の作業スケジュールを考えましょう。自分だけで作業する場合は、なるべく無理のない作業スケジュールを考えることが、挫折を防ぐことにつながります。1日の作業時間を決め、適宜休憩を入れながら作業を割り振ってみてください。また、作業遅れが発生した場合に備えて、予備日を設定しておくことも大切です。作業スケジュールが完成したら、全体をチェックし、作業もれがないか確認してください。

5-3.必要な道具や準備を整える

実際に作業を始める前に、必要な道具や準備を整えておきましょう。具体的には、以下を参考にしてください。

服装

  • マスク
  • 三角巾
  • ゴム手袋(使い捨てタイプでも可能)
  • 汚れてもよい洋服(長袖・長ズボンがおすすめ)
  • 室内用シューズ

掃除道具

  • 雑巾
  • バケツ
  • 家庭用中性洗剤
  • はたき
  • コロコロタイプのクリーナー
  • ハンディーワイパー
  • 使い捨てタイプの掃除用シート(ウェットタイプ・ドライタイプの両方)
  • 掃除機

仕分け道具

  • ゴミ袋
  • ダンボール箱
  • 油性マジック
  • ビニールテープ
  • 紙ひも
  • はさみ・カッター

効率よく作業するためにも、必要な道具をすべて揃えてまとめておくとよいでしょう。

5-4.作業スケジュールに沿って進めていく

すべての準備が整ったら、作業スケジュールに沿って進めていきましょう。途中で進み具合を確認し、遅れているようなら意識して追い付くようにしてください。想定より作業の難易度が高いなどの理由で時間がかかる場合は、予備日などを利用してもかまいません。作業スケジュールに沿ってすべて終えることができたら、最後に全体を確認してください。特に問題がなければ、終活は完了です。

6.終活で出た不用品を処分する方法

終活で出た不用品を処分する方法について、詳しく見ていきましょう。

6-1.自治体回収にゴミとして出す

終活で出た不用品は、素材の種類ごとに自治体回収にゴミとして出すことができます。具体的には、以下を参考にしてください。

事前予約が不要で指定曜日・時間・場所での無料収集が基本

  • 可燃ゴミ:紙・布・革・木など焼却処分可能な素材のもの
  • 不燃ゴミ:ガラス・陶器・金属など焼却処分できない素材のもの
  • 資源ゴミ:金属ゴミ・プラスチックゴミなど自治体が回収後リサイクルしているもの

事前予約が必要で指定場所・日時での有料回収が基本

  • 粗大ゴミ:大きさや重さが一定以上あり、個別に回収する必要があるもの

なお、自治体によってゴミの分別基準や収集ルールが異なります。より詳しい内容は、自治体のホームページなどで確認してください。

6-2.関連法律に沿って処分する

不用品の中には、関連法律に沿って処分できるものもあります。

6-2-1.家電リサイクル法の対象品目

エアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫の4家電は、家電リサイクル法の対象品目として処分できます。家電リサイクル法とは、対象品目に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。家電リサイクル法に沿って対象品目を処分する場合は、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2つがあります。おひとりさまには、販売店に回収してもらえる点で、料金販売店回収方式がおすすめです。それぞれの方法や処分の流れ、家電リサイクル料金の金額などについては、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページを参考にしてください。

6-2-2.パソコンリサイクル法の対象品目

パソコンやパソコン用モニターは、パソコンリサイクル法の対象品目として処分できます。パソコンリサイクル法とは、パソコンやパソコン用モニターに含まれる資源を有効活用することなどを目的とした法律です。パソコンリサイクル法に沿ってパソコンやパソコン用モニターを処分する場合は、メーカーのリサイクル受付窓口に連絡して回収を依頼してください。PCリサイクルマークが付いている機種なら、処分費用・配送費用共に無料で処分できます。PCリサイクルマークが付いていない機種は、処分費用・配送費用の合計で1台に付き数千円程度の支払いが必要です。より詳しい内容については、一般社団法人パソコン3R推進協会のホームページをご覧ください。

6-2-3.小型家電リサイクル法の対象品目

スマホや電気シェーバーなどの小型家電は、小型家電リサイクル法の対象品目として処分することができます。小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる資源の有効活用などを目的とした法律です。小型家電リサイクル法に沿って処分する場合は、役所や商業施設などに設置してある小型家電専用回収ボックスに投入してください。無料で処分できるだけでなく、自治体によって回収後はリサイクルしてもらうことができます。なお、対象品目は自治体によって異なるので、処分する前に確認が必要です。

6-3.知人や福祉施設などに譲る

不用品でもまだキレイで十分に使えるものは、知人や福祉施設に譲ることもできます。たとえば、年式が新しい家電、セットものの家具、未使用の贈答品セットなどは、譲り受けてもらえることが多いので、心当たりがある知人や福祉施設に確認してみてください。譲り先が決まったら、先方と配送手段や配送日程について打ち合わせましょう。なお、福祉施設に譲る場合は寄付という形になるため、一般的に配送手段を譲る側が手配し、配送費用を負担することになります。

6-4.不用品回収業者に処分してもらう

おひとりさまの終活で出た不用品は、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。不用品回収業者では、回収後の不用品を再資源化や再販などにより、有効活用してもらうことが可能です。そのほかにも、不用品回収業者に処分を依頼すると、都合のよい日時と場所で回収してもらえる、処分にかかる労力や時間を節約できるなどメリットが多くあります。まずは、回収費用がどれぐらいになるか見積もりを依頼して検討してみるとよいでしょう。

6-5.買取に出す

不用品でもまだキレイで十分に使えるものは、買取してもらうことも可能です。不用品を買取に出すには、以下のような方法があります。

  • 種類ごとの買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に買取してもらう
  • ネットオークションやフリマアプリに出品する

いずれの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分にとって一番メリットが大きな方法で買取に出すとよいでしょう。なお、不用品回収業者に買取を依頼すると、指定日時と場所で回収してもらえる、買取不可になってもそのまま引取処分を依頼できるなど、多くのメリットがあります。

7.不用品の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ

おひとりさまの終活で出た不用品は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ処分を依頼すると便利です。

7-1.不用品の処分実績が豊富にある

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターには、不用品の処分実績が豊富です。あらゆる不用品の処分実績があるので、臨機応変に対応しています。スタッフも豊富な経験と知識を持っており、質問にも分かりやすく丁寧に回答することが可能です。また、多くの人から支持され続けている点でも、信頼できる業者と判断できるでしょう。おひとりさまの終活で出た不用品は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに処分を依頼するのが安心です。

7-2.見積もりは無料

見積もりは無料なことも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターがおすすめの理由です。不用品回収の見積もりを出すには、不用品の内容・物量・状態・回収場所の条件などを総合的に考えて判断する必要があります。見積もりだけでもスタッフの手間と時間を取られるため、本来なら有料であってもおかしくありません。しかし、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは無料で依頼できるので、助かります。

7-3.分かりやすくてリーズナブルな料金システム

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターには、分かりやすくてリーズナブルな料金システムがあります。不用品の処分費用は、不用品の種類や物量・状態・回収場所の条件などを総合して計算されるものです。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、明確な基準に基づいて計算し、分かりやすく提示しています。悪質業者のように、不透明な料金システムで特別な理由もなく法外に高い費用を請求されることは皆無です。

7-4.都合のよい日時と場所で回収している

都合のよい日時と場所で回収しているのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに不用品の処分を依頼するメリットです。おひとりさまの終活では、多くの不用品が出ます。不用品を種類ごとに分けてそれぞれ処分すると、膨大な時間や手間がかかってしまい、とても大変です。しかし、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、都合のよい日時と場所を指定してまとめて回収しているので、処分にかかる手間や時間を大幅に節約できます。

7-5.可能なものは買取している

可能なものは買取しているのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに不用品の処分を依頼するのがおすすめの理由です。不用品の中には、まだキレイで十分に使えるものが含まれていることがあります。買取可能であれば、ほかの不用品の処分費用と相殺でき、安く抑えることが可能です。買取を希望するものがあったら、ぜひ、ご連絡ください。

7-6.回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしている

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、回収後の不用品を適切な方法でリサイクルしています。回収した不用品のうち、汚れや傷みなどで中古品として使用できないものは、再生資源や再生燃料として活用可能です。また、まだ十分に使えるものは中古品として再販し、新たな持ち主を探しています。ものを大切にし、限られた資源を有効活用できるのは、大変有意義といえるでしょう。

7-7.回収後の不用品を不法投棄されることなどがない

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、回収後の不用品を法律に沿ってきちんと処分しているのも特徴です。廃棄する場合でも、決まった方法や場所を守っているので、信頼できます。たとえば、悪質業者のように、山林や空き地などに不用品を不当投棄されることがありません。また、適当な方法で処分されることにより個人情報が流出することもなく、安心です。

8.おひとりさまの終活に関するよくある質問

最後に、おひとりさまの終活に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.終活をすると寿命が短くなる気がするのですが?

A.迷信です。終活は、老後を見据えて身辺整理を行うことであり、とてもポジティブな意味があります。特に、おひとりさまにとって、終活は老後を安心して過ごすために必要不可欠です。

Q.ポストに「終活のお手伝いが格安で可能」というチラシが入っていたのですが?

A.信頼してはいけません。甘い言葉を記載したチラシを配付するのは、悪質業者によくある手口です。うっかり契約してしまうと、想定外に高い費用を請求される、依頼していないものまで無理やり回収されるなど、思わぬトラブルに遭うことがあります。

Q.終活で何回考えても処分できないものがあるのですが?

A.処分するのに迷うものは、不用品ではありません。無理に処分すると後悔する可能性が高いので、残しておきましょう。いったん保留にしておき、数か月後に再度処分するか考えるのもおすすめです。

Q.終活を自分だけで行うのが心細いのですが?

A.知人や親族で作業を手伝ってもらえる人がいないか、考えてみてください。ほかの人に手伝ってもらうことができれば、随分と気持ちが楽になるものです。もしくは、専門業者に依頼する方法もあります。

Q.終活で挫折してしまったらどうする?

A.途中からでも、ほかの人や業者の手を借りるとよいでしょう。ほかの人の手を借りることで、中断した部分を含め、スムーズに終えることができます。

まとめ

今回は、おひとりさまの終活について詳しく解説しました。おひとりさまは、老後を安心して暮らすためにも、早めの終活がおすすめです。終活を早めに行うことで、安全で暮らしやすい環境を実現できる、気持ちに余裕ができる、亡くなった後の知人や親族の負担を軽減できるなど、多くのメリットがあります。なお、おひとりさまの終活で出た不用品は、不用品回収業者に処分を依頼すると何かと便利です。この記事を参考にして、信頼できる業者によく相談してみるとよいでしょう。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター