古い冷蔵庫を処分する方法を解説! 簡単に捨てるコツや注意点も!


古い冷蔵庫の処分方法

古い冷蔵庫を処分したいとお考えではありませんか? 買い替えなどで古い冷蔵庫を処分したくても、自治体回収に粗大ゴミで出せるのか、それともほかの処分方法を選ぶべきかなど、よく分からないですよね。それに、冷蔵庫は大きさや重さがあるので、なるべく簡単に処分できるのに越したことはないでしょう。

そこで今回は、古い冷蔵庫の処分について詳しく解説します。

  1. 古い冷蔵庫を粗大ゴミで出せない理由
  2. 古い冷蔵庫を処分する方法は?
  3. 古い冷蔵庫の処分を業者に依頼するときの注意点
  4. 古い冷蔵庫の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ
  5. 古い冷蔵庫の処分でよくある質問

この記事を読むことで、古い冷蔵庫を処分するポイントがよく分かります。古い冷蔵庫を処分する予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.古い冷蔵庫を粗大ゴミで出せない理由

最初に、古い冷蔵庫を粗大ゴミで出せないのはなぜか見ていきましょう。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電になる

冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象家電になるため、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。家電リサイクル法とは、対象家電に含まれる資源の有効活用や粗大ゴミの削減などを目的とした法律になります。家電リサイクル法では、メーカーが対象家電を再資源化することになっているため、自治体回収に冷蔵庫を粗大ゴミとして出すことができないのです。

1-2.事業用冷蔵庫は産業廃棄物扱いになる

事業用冷蔵庫も、自治体回収にゴミとして出すことができません。事業用冷蔵庫は家電リサイクル法の対象外ですが、産業廃棄物として処分する必要があるからです。古い事業用冷蔵庫を処分する場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。万が一、産業廃棄物収集運搬許可を未取得の業者に依頼すると、廃棄物処理法違反と見なされて罰金刑が科されることがあるので注意しましょう。

2.古い冷蔵庫を処分する方法は?

古い冷蔵庫を処分する方法を、詳しく解説します。

2-1.家電リサイクル法に沿って処分する

古い冷蔵庫は、家電リサイクル法に沿って処分することが可能です。家電リサイクル法で古い冷蔵庫を処分する場合、以下の2つの方法があります。

料金販売店回収方式

  1. 販売店の店頭で冷蔵庫の家電リサイクルを手続きする
  2. 冷蔵庫の家電リサイクル料金と運搬費用を支払う
  3. 家電リサイクル券の控えを受け取る
  4. 指定日時と場所で運搬業者が冷蔵庫と家電リサイクル券の控えを回収する
  5. 運搬業者がメーカーの再生工場に冷蔵庫を運搬する

料金郵便局振込方式

  • 郵便局の窓口で冷蔵庫の家電リサイクルを手続きする
  • 冷蔵庫の家電リサイクル料金を支払う
  • 家電リサイクル券の控えを受け取る
  • 自治体の指定引取場所へ自分で冷蔵庫を持ち込む
  • 指定引取場所の指示に沿って冷蔵庫と家電リサイクル券の控えを引き渡す

なお、冷蔵庫の家電リサイクル料金は、メーカーや容量によって異なります。冷蔵庫の運搬費用は、1台に付き2,000~6,000円程度が相場です。より詳しい内容は、一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページをご覧ください。

2-2.知人などに譲る

古い冷蔵庫でも、まだ十分に使えるものは、知人などに譲る方法もあります。特に、引っ越しの予定がある人や一人暮らしを始める人などは、冷蔵庫を喜んで譲り受けてもらえる可能性があるので、確認してみるとよいでしょう。譲り先が決まったら、先方と配送手段や配送日程を打ち合わせてください。なお、冷蔵庫の運搬は大変なので、有料であっても業者に依頼することも検討してみるとよいでしょう。

2-3.販売店の下取りに出す

冷蔵庫を買い替える場合は、古い冷蔵庫を販売店の下取りに出して処分する方法もあります。まずは、新規購入を予定している販売店に、古い冷蔵庫を下取りしてもらえるか確認してみましょう。下取りしてもらうことができれば、買い替えと同時に古い冷蔵庫を処分できます。また、下取りによって新規購入費用がお得になることもあるでしょう。ただし、販売店によっては、下取り可能な冷蔵庫に条件がある場合があります。また、単に下取りだけでは利用できないことが多いので、注意してください。

2-4.不用品回収業者に処分してもらう

古い冷蔵庫は、不用品回収業者に処分してもらうことも可能です。古い冷蔵庫の処分を不用品回収業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 指定日時と場所で回収してもらえる
  • 処分にかかる労力や時間を大幅に節約できる
  • そのほかの不用品も同時に処分してもらえる
  • 状態のよいものは買取してもらえることがある

なお、不用品回収業者に冷蔵庫の処分を依頼する場合、冷蔵庫の種類や状態・回収場所の条件などによって回収費用が異なります。まずは、見積もりを依頼して検討してみることがおすすめです。

2-5.買取に出す

古い冷蔵庫でも、まだキレイで十分に使えるものは買取に出すことができます。たとえば、以下のような方法で、買取に出してみるとよいでしょう。

  • 中古家電買取専門業者に売る
  • リサイクルショップに売る
  • 不用品回収業者に売る
  • ネットオークションやフリマアプリで売る

なお、冷蔵庫は大きさや重さがあるため、なるべく指定日時と場所で回収してもらえる方法をおすすめします。上記のうち、不用品回収業者に依頼すれば、指定日時と場所で回収してもらえる、冷蔵庫以外の不用品の買取や引取処分も同時に依頼できるなど何かと便利です。

3.古い冷蔵庫の処分を業者に依頼するときの注意点

古い冷蔵庫の処分を業者に依頼する場合、いくつか注意点があります。

3-1.冷蔵庫の中身をすべて出しておく

冷蔵庫を処分する前に、中身をすべて出しておきましょう。たとえ引取処分を依頼する場合であっても、中身をそのままにしておくのはいけません。生鮮食品などが腐敗すると、悪臭の発生や害虫の繁殖などの原因になります。また、運搬する際に、汚れが流れ出て通路やスタッフの服を汚してしまうこともあるでしょう。最低限のマナーとして、冷蔵庫を処分する前に中身をすべて出し、汚れを簡単にでもクリーニングしておいてください。

3-2.冷蔵庫の種類や回収場所の条件を正確に伝える

古い冷蔵庫の処分を業者に依頼するときは、冷蔵庫の種類や回収場所の条件を正確に伝えましょう。冷蔵庫でも、コンパクトモデルと大容量のファミリー向けモデルでは、大きさや重量が随分違います。また、マンションなどの高層階から出す必要がある、自宅前の道が狭くて業者の車両が入ることができないなどの場合は、別途オプション費用がかかることもあるでしょう。冷蔵庫の種類や回収場所の条件を正確に伝えることで、業者もスタッフや車両の手配を的確にできて助かります。

3-3.回収前にいつまで使えるか確認しておく

買い替えなどで古い冷蔵庫を処分する場合は、回収前にいつまで使えるか業者に確認してください。一般的には、回収前日までには使用を終えておくようにアドバイスされることでしょう。なお、中身を取り出したり掃除したりする時間を考え、余裕を持って回収当日を迎えられるようにしておくことがおすすめです。

3-4.信頼できる業者に依頼する

冷蔵庫の処分は、信頼できると判断した業者に依頼しましょう。適当な業者に依頼すると、雑な運搬により柱や床などを傷付けられることがあります。また、スタッフのマナーが悪い、回収日時を守らないなど、嫌な思いをすることもあるでしょう。悪質な業者では、法外に高い回収費用を請求されることもあります。気分よく冷蔵庫を処分するためにも、この記事の「4.古い冷蔵庫の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ」を参考にし、信頼できる業者に依頼するのが一番です。

4.古い冷蔵庫の処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ

古い冷蔵庫の処分は、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに依頼すると多くのメリットがあります。

4-1.冷蔵庫の処分実績が豊富にある

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターは、古い冷蔵庫の処分実績が豊富です。あらゆるメーカー・機種の冷蔵庫を処分した経験から、スタッフが冷蔵庫の取り扱いに慣れています。また、長年にわたり多くの人から依頼されていることからも、信頼できる業者と判断してよいでしょう。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターなら、古い冷蔵庫の処分を安心して依頼できるといえます。

4-2.見積もりは無料

見積もりは無料なのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターが多くの支持を集める理由です。冷蔵庫の処分費用は、冷蔵庫の種類や状態、回収場所の条件によって異なります。そのため、正確な費用を知るためには、見積もりが必要不可欠です。このとき、たとえ1,000円程度であっても見積もりが有料だと、気軽に依頼できません。そこで、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは無料で見積もりを行い、多くの人から検討してもらえるようにしているのです。

4-3.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターには、リーズナブルで分かりやすい料金システムがあります。長年の実績により、効率よく不用品を回収・リサイクルするノウハウがあり、少量でも大量でも明確な基準に基づいて計算してもらえるので安心です。悪質業者のように、法外に高い費用を請求される心配もありません。また、なるべく安い費用で済むように考えてもらえる点でもおすすめです。

4-4.都合のよい場所と日時で回収してもらえる

都合のよい日時と場所で回収してもらえるのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターに古い冷蔵庫の処分を依頼するメリットになります。冷蔵庫は大きさや重さがあることから、自分で運搬するのが大変です。その点、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは都合のよい日時と場所を指定して回収してもらえるので、手間や労力が大幅に節約できて助かります。

4-5.状態のよいものは買取してもらえる

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、状態のよい冷蔵庫は買取してもらうことができます。古い冷蔵庫でも、買取を希望する場合は、事前に問い合わせてみてください。買取してもらうことができれば、処分費用の支払いが不要になり、買取代金を受け取ることができます。また、冷蔵庫以外の不用品も買取してもらえるので、この機会に検討してみるとよいでしょう。

4-6.回収後の冷蔵庫を適切な方法でリサイクルしてもらえる

回収後の冷蔵庫を適切な方法でリサイクルしてもらえるのも、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターがおすすめの理由です。汚れや不具合などで中古品として使えないものは素材ごとに分類し、再生資源や再生燃料として活用してもらえます。また、中古品としてまだ使えるものは、再販して新たな持ち主を探してもらうことが可能です。貴重な資源を適切な方法でリサイクルしてもらえるのは、環境保護の視点からも有意義といえます。

4-7.事業に必要な各種許可を取得済み

リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、事業に必要な各種許可を取得済みです。冷蔵庫などの不用品の引取処分や買取を事業として行うには、それぞれ必要な許可があります。悪質業者の中には、無許可で不用品を回収し、山林などに不法投棄することがあるので注意が必要です。その点、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターなら、各種許可を取得済みで、法律に沿って正しく処分しているので安心できます。

5.古い冷蔵庫の処分でよくある質問

最後に、古い冷蔵庫の処分でよくある質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.冷蔵庫は何年ごとに買い替えるとよい?

A.冷蔵庫の寿命は、8~12年程度とされています。そのため、購入後約10年経過したら買い替えを検討してみるとよいでしょう。特に不便を感じなくても、部品の劣化は確実に進んでおり、突然不具合が起こることがあります。また、新しい冷蔵庫に買い替えたほうが省エネ効果を期待できるケースもあるでしょう。

Q.高額査定が期待できる冷蔵庫の条件は?

A.以下のような冷蔵庫です。

  • 有名メーカー品(パナソニック・日立・東芝・シャープ・三菱電機など)
  • 年式が新しい
  • 外観に目立つ汚れ・傷・破損がない
  • ひどい臭いがない
  • 購入時の付属品が揃っている
  • 高性能・高機能モデル

なお、業者によって、特定のメーカーや機種の買取を特に強化していることがあります。詳しくは、業者に確認してください。

Q.昭和時代の冷蔵庫でも買取してもらえると聞いたのですが?

A.デザインが優れているものは、マニア向けのインテリアとして買取してもらえることがあります。中でも、汚れや傷みが少ないものは買取してもらえる可能性が高いので、業者に問い合わせてみるとよいでしょう。

Q.冷蔵庫の査定金額が納得できない場合は?

A.まずは、業者に査定理由を聞いてみてください。信頼できる業者なら、査定理由を明確に教えてくれるはずです。正当な理由があって低い査定金額になっているのなら、相場と考えるのもよいでしょう。なお、査定理由を聞いても納得できない、業者がきちんと説明してくれないといった場合は買取依頼を取り下げ、ほかの業者に改めて査定を依頼しても構いません。

Q.30年前に購入した冷蔵庫なら自治体回収に粗大ゴミとして出せる?

A.いいえ。どんなに古い冷蔵庫でも家電リサイクル法の対象家電になるので、粗大ゴミとして自治体回収に出すことはできません。

まとめ

今回は、古い冷蔵庫の処分について詳しく解説しました。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象家電なので、自治体回収に粗大ゴミとして出すことができません。古い冷蔵庫は、家電リサイクル法に沿って手続きする、知人などに譲る、不用品回収業者に依頼するなどの方法で処分しましょう。まだキレイで十分に使える冷蔵庫は、買取に出すこともできます。中でも、不用品回収業者に処分を依頼すると、指定日時と場所で回収してもらえる、そのほかの不用品も同時に買取や引取処分を依頼できるなど、何かと便利でおすすめです。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター