古い洗濯機の処分の方法は? 処分前に知ってほしい情報満載


古い洗濯機を処分するとき、自治体回収のゴミとして捨てられるのか、いつものゴミ捨て場に持っていっても良いのかなど、洗濯機の処分方法で悩んでいる方は多いでしょう。基本的に、洗濯機は家電リサイクルの対象品目になっているので、粗大ゴミとしては処分できません。では、どのように処分すれば良いのでしょうか。

そこで、本記事では、洗濯機を処分する方法について詳しく説明します。

  1. 古い洗濯機を粗大ゴミで出せない理由
  2. 古い洗濯機の処分方法は?
  3. 洗濯機の処分を業者に依頼する際の注意点
  4. 古い洗濯機の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、古い洗濯機を処分するコツや業者に依頼する際の注意点が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.古い洗濯機を粗大ゴミで出せない理由

洗濯機は、家電リサイクル法の対象品目となっているため、自治体回収の粗大ゴミとして処分できません。その理由について具体的に説明しましょう。

1-1.家電リサイクル法とは?

平成10年6月に家電リサイクル法がスタートしました。正式名は「特定家庭用機器再商品化法」といいます。家電リサイクル法の対象品目になっているものは、リサイクルが徹底されているのでゴミとしての回収は不可です。洗濯機といった家電には貴重な資源が含まれているからこそ、それらの資源を再利用するために、正しい方法で処分しなければなりません。

1-2.家電リサイクルの要件

使用済みの家電製品は一部の金属だけ回収され、そのまま埋め立てられていました。しかし、家電製品にはレアメタルといった貴重な資源が多く含まれています。また、全国の廃棄物の埋立地が減少していることも影響し、家電リサイクル法が施行されたのです。なお、家電リサイクル法では以下の要件が義務づけられています。

  • 小売業者→引き取りの義務:販売した対象家電製品は引き取らなければならない
  • 製造業者→再商品化の義務:資源を取り出し、リサイクルを行う
  • 消費者→料金支払いの義務:リサイクルに必要な費用を支払う

家電リサイクル法によって、小売業者・製造業者・消費者がそれぞれ責任を持って義務を果たさなければなりません。

1-3.家電リサイクル法の対象品目

それでは、家電リサイクル法の対象品目をチェックしておきましょう。

  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・衣類乾燥機
  • エアコン・室外機(一般家庭用・壁掛け型のセパレート型・マルチエアコン・床置き型のセパレート型)

洗濯機の処分では洗濯乾燥機・全自動洗濯機・2槽式洗濯機だけではなく、付属していた洗濯かごなども対象となります。そのほか、脱水機・コインランドリーの洗濯機・乾燥機なども対象です。

2.古い洗濯機の処分方法は?

ここでは、古い洗濯機の処分方法をいくつか紹介します。

2-1.小売業者に引き取りを依頼する

小売業者といっても、どこでも引き取ってくれるではありません。引き取りを依頼できるのは以下のとおりです。

2-1-1.洗濯機を販売している店舗

新しい洗濯機を購入する際は、販売店舗に古い洗濯機を引き取ってもらいましょう。その際に、リサイクル料金を支払い、新しい洗濯機と交換する形になります。店舗まで持ち込めない場合は運搬料金を支払い、回収も依頼することが可能です。購入と処分が同時にできるため、手間と時間がかかりません。

2-1-2.古い洗濯機を購入した店舗

購入予定がない場合、古い洗濯機を購入した店舗に引き取ってもらいます。ただし、どこで購入したのか覚えておかなければなりません。購入した店舗に引き取りを依頼する際は、リサイクル料金と運搬料金が必要になります。

2-1-3.市区町村で紹介された店舗

新しく購入の予定もない・古い洗濯機を購入した店舗が分からない場合は自治体に問い合わせると良いでしょう。市区町村で指定引取場所や引き取り可能な店舗を教えてもらうことができます。

2-2.市区町村のサービスを利用する

自治体の中には、古い洗濯機の引き取りを代行しているところがあります。広報紙やホームページで確認したり、直接問い合わせたりしてみましょう。市区町村のサービス内容は主に以下のとおりです。

2-3.指定引取場所に持ち込む

自治体が指定した引取場所に直接洗濯機を持ち込む方法です。事前の申し込みが必要だったり、洗濯機を運ぶ手間と時間がかかったりする点がデメリットとなります。なお、指定引取場所に持ち込む流れは、以下のとおりです。

2-3-1.指定引取場所を調べる

市区町村に直接聞く、または家電製品協会のホームページで指定引取場所を確認します。

2-3-2.郵便局振込方式で料金を支払う

郵便局の窓口またはATMでリサイクル料金を支払います。郵便局に振替振込書が用意されているので、そこに必要事項を記入し窓口またはATMでリサイクル料金を支払ってください。支払った後、振替払込受付証明書を受け取ります。この振替払込受付証明書は、リサイクル料金を支払った証明書になるので大切に保管しておきましょう。

2-3-3.洗濯機を指定引取場所に持ち込む

指定引取場所に、振替払込受付証明書と一緒に洗濯機を直接持ち込みます。自分で持ち込むメリットは、運搬料金がかからないことでしょう。ただし、洗濯機は重量のある家電ですので無理は禁物です。

2-4.不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に依頼して洗濯機を回収してもらう方法もあります。自分で洗濯機を持ち込むことができなかったり、まとめて要らない家電を処分したかったりする場合は1番ベストな方法といえるでしょう。また、不用品回収業者にもよっては、買取サービスを行っている場合もあります。洗濯機を買い取ってもらえるなら、処分費用が節約できるでしょう。たとえ、買取不可になったとしても、そのまま回収してもらえるので手間と時間はかかりません。

2-5.リサイクルショップに買い取ってもらう

電化製品の買取を行っているリサイクルショップを利用するのも方法の1つです。古い洗濯機だとしても、状態やモデルによっては買い取ってくれる場合があるでしょう。買い取ってもらえれば、リサイクル料金や運搬料金がかからず、お金が手に入ります。出張買取を行っているリサイクルショップなら、家まで来てくれるでしょう。

ただし、ほとんどのリサイクルショップでは状態の良い洗濯機が買取条件です。壊れていたり、状態が悪かったり、製造から10年以上経過していたりすると、買取不可になるでしょう。ですから、査定を依頼する前に、洗濯機の状態をチェックしてください。気になる点があれば、査定時にしっかりと買取業者へ伝えましょう。

2-6.ネットオークションで売却する

ネットオークションを利用して洗濯機を売るのも選択肢の1つです。ただし、全国から買い手を見つけることはできますが、出品してすぐに売れるかは分かりません。また、発売年月からある程度経過している洗濯機は、落札されない傾向があります。人気のものや新品であれば、買い手がつきやすいですが、古い洗濯機としての出品はなかなか売れません。また、売れたとしても運搬・こん包などの手間と送料がかかるなどデメリットもあります。

2-7.地元の掲示板に書き込む

お住まいのエリアで、中古品を無料で譲り合える情報サイトがあるなら、そのサイトを利用して洗濯機を手放す方法もあります。リサイクル料金はかかりませんが、無料で譲ることになるので運搬に関しては話し合いで決めなければなりません。また、壊れていない・正常に動く状態であることが前提です。ネットオークションのような金銭が絡むようなトラブルは少なめですが、やり取りが面倒に感じることがあります。それらの手間や負担を考えた上で利用すると良いでしょう。

3.洗濯機の処分を業者に依頼する際の注意点

ここでは、洗濯機の処分を業者に依頼するときの注意点とポイントを解説します。

3-1.2社以上の見積もりを取る

不用品回収業者を利用する際は、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。回収業者の中には不正を働くところもあり、悪徳業者とのトラブルを避けるためです。また、見積書を比較する際は、細かく説明されているか・料金にはどのようなサービスが含まれているかをチェックしてください。費用が高めでもサービスの内容が充実していたり、逆に安すぎる料金を提示する業者は不法投棄をしたりしている可能性があります。まずは複数の不用品回収業者に見積もりを依頼してください。

3-2.見積もりは無料か確認する

無料で見積もりをしているかどうかも、チェックしておきたいポイントです。不正を働く悪徳業者の中には、見積もり後に依頼を断るとキャンセル費用を請求してくるところがあります。ホームページ等に見積もりは無料と記載されているか確認してから依頼しましょう。

3-3.自治体のホームページから探す

不用品回収業者は自治体から「一般廃棄物収集運搬業の許可」を取得することが必要不可欠とされています。よって、一般廃棄物収集運搬業の許可を取得している業者は安心して依頼できるでしょう。自治体のホームページから一般廃棄物収集運搬業の許可を取得している業者が検索できることもあるので、ぜひチェックしてみてください。ホームページに記載されていない場合は、電話で問い合わせて教えてもらうこともできます。

3-4.事業所の所在地が明記されているか

ホームページに事業所の所在地・電話やFAX番号・メールアドレスが明記されているか確認しましょう。明記していない業者は、事業所そのものが存在していない可能性が高く、トラブルになるリスクがあります。

3-5.サービス内容が充実しているか

サービス内容が充実しているかもホームページ等でチェックしてください。たとえば、早朝や夜間でも回収を行っている業者なら、忙しい方でも安心して依頼できます。サービスの内容はもちろんのこと、スタッフの対応が丁寧でスピーディーかどうかもチェックしておきましょう。

4.古い洗濯機の処分に関してよくある質問

古い洗濯機の処分に関してよくある質問を5つピックアップしました。

Q.不用品回収業者とのトラブルになった際の相談先は?

A.市区町村の消費者センターに相談しましょう。消費者センターが分からないときには、市区町村や国民生活センターに問い合わせてください。早めに相談したほうが、適切なアドバイスをしてもらえます。また、脅されたり、暴力を振るわれたりした場合は、警察に通報してください。

Q.不用品回収業者で見積書がないといわれたら、どうしたらいい?

A.優良不用品回収業者では、必ず見積もりをしてから依頼を受けます。ですから、見積書がない不用品回収業者は優良業者とはいえないでしょう。見積書をきちんと出してくれる回収業者に依頼してください。

Q.洗濯機のお得な処分方法は?

A.洗濯機以外に処分したい不用品があれば、まとめて処分するとお得になります。また、洗濯機が買取不可になっても、ほかの不用品で買取してもらえるものがあれば、処分費用がお得になるでしょう。なお、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターは、古い洗濯機でも回収をしています。洗濯機以外の買取と処分もできますまで、悩んでいる方はぜひ一度お問い合わせください。

Q.無料の不用品回収業者は信用できるか?

A.信用できません。実際に、「無料で回収します」とうたい文句で誘い込み、トラブルになったという事例がいくつかあります。つい「無料」という文字に魅力を感じてしまいがちですが、トラブルを未然に防ぐためにもきちんと適切な料金を支払って処分してください。

Q.古い洗濯機を無料で処分する方法は?

A.古い洗濯機も壊れていなければ、人に譲る方法があります。周囲に洗濯機を求めている人がいないか探してみると良いでしょう。新生活や1人暮らしを始める人の中には、洗濯機をほしがっている可能性があります。

まとめ

洗濯機は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体回収で捨てることができません。家電販売店に回収を依頼したり、直接指定引取場所へ持ち運んだり、不用品回収業者に依頼したりする方法があります。不用品回収業者に処分を依頼する際は、スタッフの対応やサービス内容・見積書などに注目し、悪質業者に引っかからないように注意しましょう。ホームページや口コミを確認することが大切です。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター