ふじみ野市で粗大ゴミを捨てる方法は? 不用品回収業者に依頼するコツも


ふじみ野市ではどのようなものが粗大ゴミになるのか、どういう方法で処分すればいいのかなど、粗大ゴミの捨て方で悩んでいる方は多いでしょう。粗大ゴミの分類や処分方法は、自治体によって異なります。ふじみ野市でも処分ルールが決まっているので、しっかりと確認した上で粗大ゴミを捨てなければなりません。

そこで、本記事では、ふじみ野市で粗大ゴミを処分する方法について詳しく説明します。

  1. ふじみ野市で粗大ゴミに該当するものは?
  2. ふじみ野市で粗大ゴミを出す方法
  3. 自治体回収に間に合わないときの対処法は?
  4. 不用品回収業者に依頼する際の注意点
  5. ふじみ野市の粗大ゴミ処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ふじみ野市で粗大ゴミに該当するものや不用品回収業者に依頼する際の注意点も分かります。ふじみ野市にお住まいで粗大ゴミを捨てる予定がある方はぜひ参考にしてください。

1.ふじみ野市で粗大ゴミに該当するものは?

最初に、ふじみ野市でどのようなものが粗大ゴミになるのか、チェックしておきましょう。

1-1.最長辺が30cm以上の燃える素材・50cm以上の燃えない素材

ふじみ野市における粗大ゴミは、最長辺が30cm以上の燃える素材のもの・50cm以上の燃えない素材のものです。まずは、処分したいものが該当する大きさかどうか、確認する必要があります。また、粗大ゴミに該当するものは、きちんと手続きを踏まえた上で処分しなければなりません。「解体・分解すれば粗大ゴミにならないのでは?」と思われがちですが、もともとの大きさで粗大ゴミに該当するものは、粗大ゴミとして処分する必要があります。

1-2.一部の粗大ゴミは有料

ふじみ野市では、令和2年4月1日から一部の粗大ゴミが有料になりました。下記に記載されている粗大ゴミは、それぞれ処分費用がかかるので注意が必要です。

  • マットレス(スプリング入りに限る):1,500円
  • 折りたたみベッド:1,000円
  • マッサージチェア:1,500円
  • 座椅子(不燃素材を使用しているものに限る):500円
  • ソファー(スプリング入り)3人以上用:1,500円
  • ソファー(スプリング入り)2人用:1,000円
  • ソファー(スプリングなし):500円
  • オルガン:1,500円
  • 電子ピアノ:1,500円
  • 電動機つき健康器具:1,000円
  • 自動車用キャリアボックス:500円
  • 自転車:500円
  • 畳(スタロイ畳は排出不可):500円

上記以外の粗大ゴミは、これまでどおり無料で処分できます。

2.ふじみ野市で粗大ゴミを出す方法

ここでは、ふじみ野市で粗大ゴミを出す方法について解説します。

2-1.ゴミ集積所に出す

自治体回収で処分する場合、ゴミ集積所に出す方法があります。ふじみ野市では、令和3年4月1日から有料粗大ゴミの収集申し込みが不要になりました。そのため、有料粗大ゴミを出す際は、粗大ゴミ処理手数料納付券(シール券)を貼りつけ、粗大ゴミの回収日朝8時まで普段使っているゴミ集積所へ持ち運ぶことになります。なお、粗大ゴミ処理手数料納付券は、地元のスーパーやコンビニ等で販売されているので、ぜひチェックしてみてください。また、粗大ゴミ処理手数料納付券に「収集日」と「受付番号」を記入する必要はありません。そのまま、粗大ゴミに貼り付けるだけでOKです。

2-2.自分で環境センターに持ち込む

ゴミ集積所へ出す以外にも、自分で環境センターに持ち込む方法があります。自分で持ち込む際の大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 粗大ゴミ処理手数料納付券を購入する
  2. 粗大ゴミにシール券を貼りつける
  3. ふじみ野市・三芳町環境センターに持ち込む

自分で環境センターに持ち込む場合は、事前の申し込みが不要で、処分費用が半額になります。できるだけ、処分費用を抑えたい方は、自分で持ち込んだほうがお得といえるでしょう。ただし、環境センターの受付時間は月~金曜日の午前8時30分~午後4時、土曜日は午前8時30分~正午までとなっているので注意してください。

2-3.市が許可する廃棄物処理業者に依頼する

自分での持ち込みが難しい場合、ふじみ野市が許可している廃棄物処理業者に収集運搬を依頼する方法があります。廃棄物処理業者に依頼する際の大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 粗大ゴミ処理手数料納付券を購入する
  2. 粗大ゴミに粗大ゴミ処理手数料納付券を貼り付ける
  3. 市が許可する廃棄物処理業者に収集を依頼する

なお、市が許可する廃棄物処理業者は以下のとおりです。

  • 株式会社協和清掃運輸(ふじみ野市駒林1101):TEL 049-264-2415
  • 片山商事株式会社(ふじみ野市駒林1101-2):TEL 049-266-5440
  • 株式会社ウチダ(ふじみ野市駒林18):TEL 049-263-9777
  • 株式会社フクヤマ(ふじみ野市旭1-13-26-102):TEL 049-265-1155

廃棄物処理業者に収集運搬を依頼する際、粗大ゴミ処理手数料納付券は持ち込みと同じく半額になりますが、収集運搬費用がかかります。各業者によって収集運搬費用が変わるため、事前の確認が必要です。

3.自治体回収に間に合わないときの対処法は?

ここでは、自治体回収に間に合わないときの対処法をいくつか紹介します。

3-1.不用品回収業者に依頼する

粗大ゴミの回収日まで待てない・すぐに処分したいと思っている方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者の中には、即日対応が可能なところもあります。また、回収業者の出張回収を利用すれば、自分で不用品を持ち運んだり、ゴミを分類したりする必要もないので、手間と時間をかけずに処分できるでしょう。まさに、引っ越しなど不用品を手っ取り早く処分したい方にはぴったりの方法です。ただし、不用品の量が増えるほど処分費用が高くなるため、見積書を確認する必要があります。

3-2.買取に出す

不用品の中には、買い取ってもらえるものもあるので、買取専門業者やリサイクルショップに査定を依頼するのも選択肢の1つです。問題なく正常に使えるものなら、ほとんどの買取業者で買い取ってもらえるでしょう。捨てようと思っていたものが買取対象になれば、処分費用が節約できます。不用品回収業者の中には、買取サービスを受け付けているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。買取と処分が同時に利用できれば、買取不可になったとしてもほかの業者を探す手間が省けるでしょう。

3-3.引っ越し業者の不用品回収サービスを利用する

引っ越し当日に不用品が出てしまったり、退去日まで時間がなかったりする場合は、引っ越し業者のサービスを利用するのも選択肢の1つです。大手引っ越し業者では、不用品回収サービスを行っているところがあります。引っ越し当日に発生した不用品をそのまま回収してもらえるので、自治体の回収日まで待つ必要はありません。ただし、引っ越し業者の不用品回収にかかる費用は、不用品回収業者よりも割高に設定されています。費用がかかってもすぐに処分したい方は、検討してみるといいでしょう。

4.不用品回収業者に依頼する際の注意点

ここでは、不用品回収業者に依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を得ているか

不用品回収業者に依頼する際は、産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を得ているか確認が必要です。不用品回収や買取業を行うためには、事務所を構えている都道府県から許可を取得しなければなりません。きちんと許可を取得している回収業者は、ホームページ等に許可番号を掲載しています。つまり、許可番号が掲載されていない回収業者は悪徳業者と考えていいでしょう。産業廃棄物収集運搬や古物商の許可番号がホームページに記載されているか、必ず確認してください。

4-2.サービス内容が充実しているか

不用品回収業者を選ぶ際は、サービス内容が充実しているか、ホームページ等にその内容がきちんと明記されているかを確認する必要があります。不用品回収業者といっても、不用品回収だけを行っているところもあれば、買取などさまざまなサービスを展開している回収業者など多種多様です。そのため、自分が求めているサービスを行っているのか、回収業者のホームページを確認する必要があります。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応が悪く、具体的な説明をしてくれない回収業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意してください。説明を求めてもはぐらかしたり、早く契約を交わそうと急かしたりする業者は気をつけたほうがいいでしょう。優良業者の多くは、依頼者に対する接し方がとても丁寧です。分からないところがあれば具体的に説明し、親身になって話を聞いてくれます。丁寧かつスピーディーな対応をしてくれる回収業者なら、安心して依頼できるでしょう。

4-4.見積書の内容も要チェック!

「見積書とは違う金額を請求された」「話にはなかった追加費用を求められた」など、不用品回収業者との間で金銭トラブルが多発しています。このようなトラブルにならないためにも、見積書を細部まで確認することが大切です。特に、見積書を書面で提示せず、口だけで説明してくる回収業者には注意してください。口約束だと後でトラブルになる恐れがあります。見積書を書面で提示してくれるか、どんな作業にいくらかかるのか、具体的に記載されているかなど確認が必要です。

4-5.粗大ゴミの処分はリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへ

ふじみ野市で粗大ゴミの処分に悩んでいる方は、ぜひリサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターにご相談ください。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取サービスを行っています。毎月100件以上の実績があるからこそ、高価買取と格安回収が可能です。個人だけでなく法人向けのサービスも展開しているため、会社や工場などで使っていた粗大ゴミも回収・買取しています。無料相談・無料見積もりも受け付けているので、ぜひ一度お問い合わせください。

5.ふじみ野市の粗大ゴミ処分に関してよくある質問

ふじみ野市の粗大ゴミ処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.ふじみ野市で回収してもらえない粗大ゴミはあるのか?

A.粗大ゴミとして出せないものは、以下のとおりです。

  • 有害性・危険性のあるもの
  • 著しく悪臭を発するもの
  • ガソリン・軽油・シンナー・塗料など特殊なもの
  • 工業製品
  • タイヤ
  • ピアノ
  • バッテリー
  • オートバイ(二輪車)
  • 消化器
  • 花火
  • マッチ
  • 耐火金(土・砂など)

また、家電リサイクル法の対象品目(テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機)とパソコン・パソコンディスプレイも粗大ゴミとして処分できません。

Q.粗大ゴミ処理手数料納付券の種類は?

A.ふじみ野市の粗大ゴミ処理手数料納付券は、500円券と250円券の2種類があります。処分したい粗大ゴミの手数料に応じて、必要な枚数を購入してください。たとえば、1,500円の手数料がかかる場合、500円券を3枚購入することになります。

Q.ゴミ集積所に持ち運ぶ際の注意点は?

A.回収日の朝8時までに出すことです。粗大ゴミが残っているからと、午前8時以降にゴミ集積所へ持って行ってはいけません。また、粗大ゴミの処分は、1度につき1世帯2点までとなっています。2点以上を処分したい場合は、ふじみ野市の環境課 廃棄物対策係(TEL:049-262-9022)に問い合わせてください。

Q.どんなものが買い取ってもらえるのか?

A.一般的に、問題なく使える状態なら、ほとんどの買取業者で買い取ってもらえるでしょう。特に、発売されたばかりの家電や大型家具は高価買取が期待できます。まだ使えると判断できる粗大ゴミなら、一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

Q.無料回収業者に依頼するのは危険か?

A.トラブルが続出しているので、無料回収業者には依頼しないほうがいいでしょう。無料という言葉に惑わされてしまいがちですが、適正な費用を支払い、正しく処分してもらったほうが安心です。

まとめ

いかがでしたか? ふじみ野市で粗大ゴミを処分する場合、ゴミ集積所に出す方法と直接環境センターに持ち込む方法があります。どちらも処分費用を抑えられますが、時間と手間がかかるのがデメリットです。すぐに処分したい・大量の粗大ゴミがある方は、不用品回収業者に依頼したほうがいいでしょう。不用品回収業者の中には、買取サービスも行っているところがあります。リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の処分と回収を受け付けておりますので、粗大ゴミの処分でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター