食器をお得に処分するコツは? 処分方法や買取に出すポイントなども


「まだ使える食器を処分するのはもったいない」「費用をかけずに処分する方法はあるのか?」など、食器の処分で悩んでいる方は多いでしょう。まだ使える食器をそのまま捨てるのはもったいないことですので、まとめて買取に出す方法がおすすめです。お得に食器を処分するためにも、さまざまな方法を把握しておきましょう。

本記事では、食器を処分する方法やポイントなどを解説します。

  1. 食器は何ゴミになるのか?
  2. 食器の処分方法
  3. まだ使える食器を捨てるのはもったいない!
  4. 食器の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、まだ使える食器を手放すコツも分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.食器は何ゴミになるのか?

最初に、食器は何込みになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.素材によってゴミの種類が変わる

食器は一般ゴミとして処分できますが、素材によってゴミの種類が変わるので注意が必要です。ただ、ほとんどの食器は陶器・ガラスでできているため、燃えないゴミになるケースが多いでしょう。念のため、各素材でどのようなゴミに分類されるのか、自治体のホームページで確認してください。なお、陶器・ガラスでできている食器は割れる恐れがあるため、厚紙に包んで「危険物」または「陶器・ガラスが入っている」旨を表示する必要があります。

1-2.金属製の食器

金属でできている食器は、資源ゴミ・燃えないゴミ・金属ゴミに分類されるでしょう。特に、金属製のナイフやフォークは収集員がケガをする恐れがあるため、新聞紙やガムテープなどでしっかりと巻いて処分しなければなりません。

1-3.木製・プラスチック製は燃えるゴミ

木製・プラスチック製の食器は、ほとんどの自治体で燃えるゴミに分類されるでしょう。木製の食器は木片でケガをする恐れがあるため、先がとがっているものや割れているものなどは新聞紙でしっかりとカバーしてください。また、プラスチック製の食器は燃えるゴミに分類されるケースがほとんどですが、自治体の中にはプラスチックゴミに分類されるところもあります。特に、リサイクルを徹底している自治体では、プラスチックゴミに分けて捨てるケースが多いでしょう。

1-4.大きめの食器は粗大ゴミになることも

大皿など大きめの食器は、粗大ゴミに分類される可能性があります。ほとんどの自治体では、一辺が30cm以上のものが粗大ゴミに分類されているようです。大きめの食器を処分する際は、サイズをしっかりと測ってからゴミに分類してください。なお、粗大ゴミとして処分する場合は、事前の申し込みが必要になったり、粗大ゴミ処理券(シール)を購入したりするなどの手続きが必要になります。一般ゴミと同じ方法で処分できない自治体がほとんどですので注意が必要です。

2.食器の処分方法

ここでは、食器の処分方法とポイントを解説します。

2-1.自治体回収を利用する

食器を処分する方法は、自治体回収を利用するのが一般的です。自治体回収で処分するメリットは、費用を最小限に抑えられることでしょう。燃えるゴミや燃えないゴミとして処分する際、実質ゴミ袋の購入費用だけで処分できます。粗大ゴミとして処分する際は数百円かかりますが、ほかの処分方法よりも安く抑えられるのが大きなメリットです。ただし、食器が大量にある場合はゴミの分類に時間と手間がかかってしまいます。割れている食器は新聞紙など巻いて処分しなければならないため、面倒に感じる方はほかの方法で処分するのがおすすめです。

2-2.不用品回収業者に依頼する

すぐに処分したい・大量の食器をまとめて捨てたいと思っている方は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。ほとんどの不用品回収業者では、さまざまなジャンルの回収を受け付けています。食器以外にも処分したい不用品があれば、まとめて回収してもらえるので手間と時間がかかりません。ただし、不用品の量が多くなるほど処分費用がかかってしまうため、事前に見積書を確認する必要があります。何の処分にいくらかかるのかを確認した上で、正式に依頼しましょう。

2-3.食器の処分費用は数百円~

自治体回収で処分する場合の費用は数百円~、不用品回収業者に依頼する際は数千円~数万円が目安になるでしょう。食器の量や大きさなどによって費用が異なるため、事前の確認が必要です。できるだけ、処分費用を抑えたい方は自治体での処分をおすすめしますが、まだ使える食器を処分するのはとてももったいなく感じるでしょう。まだ使える食器はゴミとして処分せずに、再利用してもらえる方法がたくさんあります。

3.まだ使える食器を捨てるのはもったいない!

ここでは、まだ使える食器を手放すコツを解説しましょう。

3-1.処分前に食器の状態をチェックしよう

もう使わなくなったからと不要な食器を処分する前に、状態をチェックしてみてください。問題なく使える状態であれば、食器を買取に出すことができるからです。食器を買い取ってもらうことができれば処分費用を抑えられますし、再利用してもらえるので気楽に手放せるでしょう。特に、新品・未使用の食器や高級メーカーの食器は高く売れる可能性があります。できるだけ、処分費用を抑えたい方は、食器を捨てる前に状態を確認することが大切です。

3-2.買取専門店に査定を依頼する

食器の主な買取先として、買取専門店があります。買取専門店は名前のとおり、買取を専門に行っている業者のことです。中古市場の需要を把握しているため、適正価格で食器を買い取ってもらえる可能性があります。特に、高級メーカーの食器や引き出物などでもらったセットものなどは高価買取が期待できるでしょう。査定は厳しめですが、元値が高い食器ほど買い取ってもらえる可能性があります。

3-3.リサイクルショップを利用する

買取専門店で買い取ってもらえなかった場合は、リサイクルショップを利用するのも選択肢の1つです。リサイクルショップは買取専門店よりも査定は厳しくないので、再利用できる食器であれば買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。買取額が低くても売りたい方は、リサイクルショップに査定を依頼してみてください。

3-4.フリマアプリやオークションを利用する

自分で食器を売りたい場合は、フリマアプリやネットオークションを利用する方法もあります。インターネットを通して全国から買い手を見つけられる点が大きなメリットといえるでしょう。買取専門業者やリサイクルショップで売れなかった食器でも売れる可能性があります。ただし、すぐに買い手がつくとは限りません。また、落札されたとしても、運送中に割れないようにしっかりとこん包する必要があります。手間と時間がかかったり、落札者とトラブルになったりするなどのデメリットも踏まえた上で、フリマアプリやネットオークションを利用しましょう。

3-5.寄付をする

食器を寄付する方法も選択肢の1つです。NPOや民間団体の中には、食器の寄付を受け付けているところがあります。寄付をすることで社会貢献につながりますし、食器を引き取ってもらえるので一石二鳥でしょう。なお、寄付をした食器は発展途上国で再利用されたり、貧困地域への物資として支援を行ったりしています。ただし、寄付は送料が自己負担になっているケースが多いので、いくらぐらいかかるのか確認が必要です。

3-6.不用品回収業者に依頼する方法も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。不用品の回収と買取が同時に利用できるため、買取不可になったとしてもそのまま回収してもらえるでしょう。わざわざ、ほかの業者を探す手間と時間がかかりません。ただし、不用品回収業者の中には、回収したものを不法投棄したり、安く買い取ろうとしたりする悪徳業者が存在しているので注意が必要です。どの不用品回収業者に依頼すればいいのか分からない方は、以下のポイントに注目してください。

  • 不用品回収・買取の実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 質問をしても分かりやすく答えてくれるか
  • 口コミや評判がいいか
  • 古物商や産業廃棄物収集運搬の許可を取得しているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較することも大切なポイントです。複数の業者を比較することで悪徳業者が見極めやすくなるでしょう。

3-7.食器の処分・買取はリサイクルショップ出張買取コールセンターへ

どの業者に依頼すればいいのか分からない方は、ぜひリサイクルショップ出張買取コールセンターへご依頼ください。埼玉・東京を中心にサービスを展開しているリサイクルショップ出張買取コールセンターでは、不用品の買取から回収まで可能です。毎月100件以上の回収・買取実績があるからこそ、他店より高価買取・格安回収ができます。無料相談も受け付けていますので、食器の処分や買取でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

4.食器の処分に関してよくある質問

食器の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.割れている食器の捨て方は?

A.そのまま処分するのは絶対にNGです。割れている食器はケガをする危険性があるため、厚紙または新聞紙などでしっかりと包んでから処分してください。厚紙または新聞紙で包んだ後は指定袋に入れて、「ワレモノ」「キケン」と記載しておきましょう。割れた食器の処分方法について、自治体のホームページ等に記載されていることもあるので、事前の確認が必要です。捨て方で分からないところがあれば、窓口や電話で問い合わせて確認しましょう。

Q.処分費用をかけずに捨てる方法は?

A.人に譲る方法があります。まわりに食器を求めている人がいれば、譲りましょう。再利用してもらえますし、処分費用をかけずに手放すことができます。特に、これから新生活や1人暮らしを始める人は食器を必要としているはずです。引っ越しを検討している方などが近くにいれば、食器をもらってくれないか尋ねてみるといいでしょう。

Q.食器の買取額はいくらぐらいか?

A.食器の種類やメーカーによって異なりますが、元値の約3~5%が買取額になるといわれています。プラスチック製や大量生産されている食器は元値が安く設定されているため、買い取ってもらえなかったり、買取額が数十円~と低くなったりする可能性があるでしょう。逆に、有名メーカーやブランドの食器は、数千円から数万円の買取額がつきます。中古市場で需要がある食器であるほど、高価買取が期待できるでしょう。

Q.食器を高く売るコツは?

A.セットで販売されていた食器は、そのまままとめて売ることです。たとえば、ディナーセット・限定セットなど、発売当時はセットとして販売されていた食器があるでしょう。セットとして販売されていたものは、別々で売るよりもまとめて査定を依頼したほうが高く売れます。また、ブランドものや有名メーカーの食器は元箱も買取額アップにつながるでしょう。できるだけ、販売当時そのままの状態で売ったほうが高く売れます。そのほか、汚れやホコリをキレイに取り除くことも大切なポイントです。

Q.気をつけたほうがいい買取業者の特徴は?

A.きちんと説明してくれなかったり、スタッフの対応が悪かったりする業者には注意が必要です。「今なら安く処分できます」「サービスが利用できるのは今だけ」など、契約を急かすような文句ばかり並べる業者にも注意してください。不正を働く悪徳業者は、回収した不用品を不法投棄したり、相場よりも安く買い取って高く売りつけたりする可能性があります。悪徳業者とトラブルにならないためにも、複数の業者を比較することが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 割れていたり壊れていて使えなかったりする食器は、自治体のゴミとして捨てることができます。けれども、まだ使える食器は買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。特に、ブランドものやセットものは高く売れる傾向があります。買い取ってもらえれば、食器をお得に手放すことができるでしょう。なお、リサイクル埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の処分と買取が可能です。食器の処分でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター