遺品整理がつらい理由や乗り越え方は? 業者への依頼も検討を!


遺品整理

「遺品整理がつらいと感じるとき、どうすればよいのかわからない」「つらくても遺品整理を進められる方法はないのか?」とお悩みではありませんか?

遺品整理とは、故人の身の回りのものを片付けることです。この作業を「つらい」と感じることが多い理由は何なのでしょうか。

この記事では、遺品整理がつらい理由やつらいときの乗り越え方などを詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理がつらい理由
  2. 遺品整理がつらいときの乗り越え方は?
  3. 遺品整理の進め方を紹介
  4. 遺品整理業者を利用する方法も
  5. 遺品整理のつらさに関するよくある質問

この記事を読むことで、大切な人が亡くなった悲しみを乗り越える方法や、遺品整理業者に依頼するメリットなどがわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理がつらい理由

まずは、遺品整理をつらいと感じる理由についてご紹介しましょう。

1-1.大切な人の死と向き合う気持ちになれない

遺品整理では故人が生前愛用していたものや故人の身の回りにあったものを整理するため、遺品を見るたびに悲しい気持ちになります。大切な人の死をまだ受け入れられていない状態で遺品整理をすると大きな喪失感にさいなまれ、作業どころではなくなってしまう可能性もあるでしょう。その結果、遺品整理が長引き、いつまでもつらい気持ちを引きずることになってしまいます。

1-2.時間と手間がかかる

遺品整理には時間と手間がかかることも、つらいと感じる理由の一つです。特に、遠方から通いながら作業する場合や、手伝ってくれる人がいない場合は余計につらいでしょう。大型の家具や家電を処分しなければならないこともあるため、家から運び出すために肉体的なつらさも感じるはずです。

1-3.仕分けが難しい

遺品整理では、遺品を「残すもの」「処分するもの」というように仕分けする必要があります。この作業が特に難しいのです。故人との思い出の品であっても、残しておくことができずに処分しなければならない場合もあります。また、遺品の量が多いと仕分け作業にも時間がかかるため、その点もつらいと感じる理由になるでしょう。

2.遺品整理がつらいときの乗り越え方は?

遺品整理がつらいと感じるときの乗り越え方をご紹介しましょう。

2-1.死を受け入れる

大切な人の死がつらくて遺品整理に取りかかる気持ちになれないときは、まず、故人の死を受け入れることから始めましょう。無理をして気丈に振る舞うよりも、思う存分悲しみに浸るほうが死を受け入れやすくなります。涙が枯れるまで泣き尽くしてしまうのもよいでしょう。

2-2.親族に協力してもらう

時間や労力の問題で遺品整理をつらいと感じる場合は、親族に協力してもらうよう依頼してみましょう。一人で遺品整理をするのは大変なことです。大型の家具や家電などを家から運び出すときも、手伝ってくれる人が必要でしょう。

複数人で協力すれば一人一人の負担が軽くなり、故人の思い出を共有しながら作業できるので心も楽になるはずです。法事などで親族が集まるタイミングで遺品整理を進めてしまうのもよいのではないでしょうか。

2-3.遺品に優先順位をつける

遺品整理では遺品の仕分けに意外と時間がかかります。一つ一つどうすべきか迷っていると時間がかかりすぎてしまうため、遺品に優先順位をつけましょう。残すべきか処分すべきか迷ったものは、いったん保留にしておくのがおすすめです。1か月ほどたってから再び考えてみると冷静に判断できる可能性があります。

3.遺品整理の進め方を紹介

遺品整理がつらいときでもできるだけスムーズに作業を進められるよう、手順を確認しておきましょう。

3-1.まずは貴重品を取り出す

まずは、遺品の中から現金や通帳・土地の権利書・有価証券・貴金属などの貴重品を探して取り出しましょう。特に、故人が急に亡くなった場合はこういった貴重品がまとめて保管されていない可能性が高いので注意して探してください。生命保険など、解約が必要な書類関係も探しておくとよいでしょう。

3-2.仕分けする

貴重品を取り出した後は、残った遺品を仕分けしていきます。形見分けするものと手元に残したいもの以外は処分することを考えたほうがよいでしょう。故人の思い出が詰まったものを処分するのはつらいですが、家を片付けるためにいつかはやらなければならないことです。

3-3.不要なものを処分する

最後に、手元に残さないと決めたものを処分しましょう。処分方法には、分別して自治体が回収するゴミとして出すか、業者に依頼する方法があります。処分する遺品の量が多いときは、不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。分別から回収・処分までしてもらえるため、手間や時間をかけずに済みます。

4.遺品整理業者を利用する方法も

遺品整理のつらさをできるだけ感じないようにするため、遺品整理業者に依頼する方法もおすすめです。依頼した場合のメリットをご紹介しましょう。

4-1.遺品整理が短時間で終わる

遺品整理業者に依頼すれば遺品整理に関する詳しい知識を持つスタッフが作業してくれるため、短時間で終わるのがメリットです。

特に、故人が賃貸物件に住んでいた場合は物件の明け渡し期限までに遺品整理を終えなければならないため、自分でやろうとすると間に合わない可能性があります。遺品整理業者に依頼すれば数時間で作業が完了するケースがほとんどなので安心です。

4-2.死と向き合わずに済む

故人の死を受け入れられずにいる人にとっても、遺品整理業者に依頼することはメリットが大きいでしょう。死と向き合うことで前向きな気持ちになれる人ばかりではありません。

気持ちの整理がつく前に遺品整理をしなければならない事情がある人もいます。そんなときは、無理をせず業者に依頼したほうがよいでしょう。

4-3.手間がかからない

特に、一人で遺品整理をしなければならない場合や、遺品の量が多い場合、遺品整理は大変手間のかかる作業です。遺品整理業者に依頼すれば、大型の遺品も家から運び出してもらえます。

また、遺品をどうやって処分するかも自分で考えずに済むのです。「手間をかけずに遺品整理を済ませたい」という人は、遺品整理業者への依頼を検討してみてください。

5.遺品整理のつらさに関するよくある質問

「遺品整理をするのがつらい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はいつごろするものなのでしょうか?
A.遺品整理のタイミングに決まりはありません。それぞれの事情を考慮し、適切なタイミングで取りかかりましょう。四十九日法要など親族が集まったタイミングでおこなうケースも多くなっています。

Q.遺品整理をするのがつらいのですが、空き家のまま放置するとどうなるのでしょうか?
A.家の老朽化が進んで近隣住民の迷惑をかけることはもちろん、特定空き家に指定されて固定資産税が高くなる可能性があります。

Q.処分しづらい遺品がある場合はどうすればよいでしょうか?
A.お寺や神社などに供養を依頼するのがおすすめです。

Q.遺品整理業者に依頼した場合の料金はどうやって決まるのでしょうか?
A.遺品の量と質によって作業時間と作業人数・車両台数が割り出され、料金が決まる場合が多くなっています。

Q.悪質な遺品整理業者に多い特徴を教えてください。
A.ホームページがない・所在地を明らかにしていない・電話やメールだけで見積もりをとる・見積書に不明確な項目が多いなどの特徴があります。

まとめ

遺品整理がつらいときの乗り越え方や遺品整理業者に依頼するメリットなどを詳しくご紹介しました。遺品整理がつらいときは、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターへの依頼がおすすめです。

遺品の回収だけでなく買取にも対応しているため、価値のある遺品を間違えて処分してしまう心配がありません。まずは、ホームページから無料相談や無料見積もりを利用してみるとよいでしょう。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター