上尾市で冷蔵庫を処分するコツは? お得に処分する方法や注意点などを解説


上尾市だけでなく、全国の自治体で冷蔵庫は家庭ゴミとして処分できません。なぜなら、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているからです。家電リサイクル法とは何なのか、どうすれば正しく処分できるのか……押さえておきたいポイントを把握しておけば、冷蔵庫を正しくお得に処分できるでしょう。

本記事では、上尾市で冷蔵庫を処分する方法とコツなどについて詳しく説明します。

  1. 上尾市で冷蔵庫は何ゴミに該当するのか?
  2. 上尾市で冷蔵庫を処分する方法
  3. まだ使える冷蔵庫の手放し方
  4. 冷蔵庫を処分する際の注意点
  5. 冷蔵庫の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、まだ使える冷蔵庫の手放し方や処分時の注意点も分かります。上尾市で冷蔵庫を手放そうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.上尾市で冷蔵庫は何ゴミに該当するのか?

まずは、上尾市で冷蔵庫は何ゴミになるのか、基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

最初に説明したとおり、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、上尾市で収集・受け入れを行っていません。家電リサイクル法の対象品目になっているのは、冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・エアコン・テレビの4品目です。これらの家電にはレアメタルといった貴重な資源が含まれているため、資源を再利用するためにリサイクルが推奨されています。貴重な資源のリサイクル・廃棄量の減少を目的として制定されたのが、家電リサイクル法です。消費者はリサイクル料金を支払い、家電小売店は収集・回収を行い、メーカーはリサイクルする義務があります。

1-2.対象になっている冷蔵庫の種類

家電リサイクル法の対象になっている冷蔵庫は以下のとおりです。

  • 冷蔵庫
  • 冷凍冷蔵庫
  • ワイン庫(ワインセラー)
  • 冷凍庫

家電リサイクル法の対象品目になっているものを処分する際は、郵便局で家電リサイクル券を購入する・家電小売店にリサイクル料金を支払う必要があります。リサイクル料金はメーカー・種類などによって異なりますが、170L以下の冷蔵庫で約3,740円~、171L以上で約4,730円~です。

2.上尾市で冷蔵庫を処分する方法

ここでは、上尾市で冷蔵庫を処分する方法について解説します。

2-1.買い換える店舗に引き取りを依頼する

新しい冷蔵庫への買い換えを検討している方は、購入する店舗に古い冷蔵庫を引き取ってもらいましょう。家電リサイクル法に基づき、家電小売店は家電リサイクル法の対象品目を収集する役割を担っています。そのため、ほとんどの家電小売店で対象品目の引き取りを受け付けているはずです。ただし、購入者限定になっているところもあるので、事前に確認しておきましょう。また、家電小売店に引き取りを依頼する際は、リサイクル料金と収集・運搬料金がかかります。

2-2.自分で指定引取場所に直接搬入する

自分で指定引取場所に直接搬入するのも、処分方法の1つです。自分で直接搬入する場合は、事前に郵便局で家電リサイクル券を購入しなければなりません。家電リサイクル券を購入しておかなければ、受付不可になるので注意してください。なお、上尾市近隣の指定引取場所は以下のとおりとなります。

  • SBS即配サポート(株)岩槻デポ:さいたま市岩槻区馬込1529-1/TEL 048-748-5304
  • 日通埼玉運輸(株)岩槻取扱所:さいたま市岩槻区上野5-2-19/TEL  048-796-0846
  • 森田運送(株)首都圏営業所:さいたま市桜区上大久保1012/TEL  048-749-1071
  • 日本通運(株)川越事業所:川越市南大塚6-37-3/TEL  049-249-0201
  • 東上通運(株)川越リサイクルセンター:川越市松郷886-9/TEL  049-272-7750

自分で直接指定引取場所に持ち込む場合は、収集・運搬料金がかかりません。そのため、できるだけ処分費用を抑えようと無理に運搬する方が増えています。冷蔵庫は重量がある大型家電ですので、くれぐれも無理はしないようにしてください。

2-3.民間の収集運搬許可業者に依頼する

上尾市から許可を得ている業者に、冷蔵庫を引き取ってもらうのも方法の1つです。民間の収集運搬許可業者に依頼する際は、郵便局で家電リサイクル券を購入する必要があります。リサイクル料金のほかに収集・運搬料金がかかるため、事前にいくらぐらいになるのか確認しておきましょう。なお、上尾市の収集運搬許可業者はこちら(上尾市のホームページ)をご覧ください。

3.まだ使える冷蔵庫の手放し方

ここでは、まだ使える冷蔵庫の手放し方を紹介しましょう。

3-1.正常に稼働できるか

冷蔵庫の買取ポイントは、正常に稼働できるかです。動作確認に問題がなければ、ほとんどの買取業者で買い取ってもらうことができるでしょう。けれども、不具合が起きていたり、壊れていたりしている場合は、買い取ってもらえません。そのため、査定を依頼する前に、必ず動作確認をしてください。不具合が起きていないか、正常に洗濯できるか、しっかりと自分でチェックしておきましょう。

3-2.製造年月から5年以内か

査定時は、冷蔵庫の製造年月も必ずチェックされます。冷蔵庫は生活に必要不可欠な家電ですので中古市場の需要は大きめですが、次から次へと新しいモデルが登場していることもあり、すぐに型落ち品になってしまうのがデメリットです。そのため、たとえ稼働に問題がない状態だとしても、製造年月から5年以上が経過している場合は買取不可になるか、買取額が大幅に下がる傾向があります。だからこそ、早めに売却することが大切なポイントです。査定を依頼する前に、製造年月もチェックしておくといいでしょう。

3-3.高く売れる冷蔵庫の特徴

比較的、高価買取が期待できるのは、発売されたばかりの冷蔵庫です。製造年月が近い冷蔵庫ほど中古市場における需要が高めなので、高く買い取ってもらえる可能性があります。また、冷蔵庫の場合は容量も買取額が左右する大きなポイントです。容量が大きい冷蔵庫ほど元値が高くなるため、買取額も高額になります。実際に、いくらぐらいで買い取っているのか、買取業者のホームページで買取実績を確認するといいでしょう。

3-4.買取専門業者・リサイクルショップに依頼する

主な買取先として、買取専門業者とリサイクルショップがあります。価値がある冷蔵庫は、買取専門業者に査定を依頼するといいでしょう。買取専門業者は、その名前のとおり、買取を専門としているので中古市場の需要に詳しい傾向があります。どんな冷蔵庫が高く売れるのかを把握しているからこそ、適正な買取額を提示してくれるでしょう。その分、査定が厳しめです。買取専門業者で買い取ってもらえなかったものは、リサイクルショップで売るのも選択肢の1つとなります。

3-5.買取サービスを行っている不用品回収業者も

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。不用品の回収と買取が同時に利用できれば、たとえ買取不可になったとしてもそのまま処分してもらえるのでスピーディーです。また、冷蔵庫以外に処分したい不用品があれば、まとめて回収を依頼できるのも大きなメリットといえるでしょう。なお、埼玉と東京を中心にサービスを展開している埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取が可能です。冷蔵庫の処分・買取でお悩みの方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

4.冷蔵庫を処分する際の注意点

ここでは、冷蔵庫を処分する際の注意点をいくつか説明します。

4-1.当日に電源を切るのはNG

冷蔵庫を処分する当日に、電源を切るのはNGです。冷蔵庫内の氷が溶けるまで丸1日かかる傾向があるため、当日に電源を切ってしまうと庫内から溶けた水があふれ出てきてしまいます。溶けた水を拭くだけも大変な作業になるので、電源は処分する日の前日までに切っておいてください。製氷機機能がついている冷蔵庫の場合、最初に製氷機能を停止させておいたほうがいいでしょう。また、冷蔵庫内が空になったら霜取り作業も行う必要があります。

4-2.無理して運ばない

処分費用を節約するために、無理して自分たちで運搬しようとするのは危ないのでやめてください。冷蔵庫は最低でも2~3人で運搬しなければなりません。また、階段を使って運ばなければならない場合、素人では非常に危険です。足を踏み外すと大ケガをする恐れがあるため、運搬が不安な方は回収業者に依頼することをおすすめします。自分たちで運搬する場合は、搬出経路を入念に確認することが大切です。

4-3.不正を働く悪徳業者に注意しよう!

不用品の回収を行っている業者の中には、不正を働く悪質な業者が存在しています。実際に「回収してもらったものが不法投棄されていた」「回収後に見積書にはない追加費用を請求された」などのトラブルが起きているので注意が必要です。たとえ、友人や知人から紹介された回収業者だとしても、ほかの業者と比較してください。なお、回収業者選びで悩んだ際は、以下のポイントを参考にするといいでしょう。

  • 不用品の回収実績があるか
  • 買取サービスも行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 産業廃棄物収集運搬や古物商の許可を取得しているか

5.冷蔵庫の処分に関してよくある質問

冷蔵庫の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.不法投棄するとどうなるのか?

A.不法投棄は犯罪ですので、懲役または罰金刑に科せられる可能性があります。最近は上尾市でもゴミ集積所・道路・河川などで不法投棄が多く見られ、問題になっているようです。不法投棄は資源の無駄づかいになるだけでなく、環境破壊にもつながることなので正しい方法で処分することを心がけましょう。

Q.不用品回収業者に依頼する際の注意点は?

A.見積書の内容をしっかりと確認することです。悪徳業者の特徴として、見積書を提示しない・見積書の内容が「一式」と大ざっぱになっているなどがあります。不用品ごとの回収費用はいくらぐらいか、追加費用が発生するケースはどんなときなのかなど、事前にしっかりと確認しておきましょう。疑問点や不明点がある場合は、すぐにスタッフへ尋ねることが大切です。

Q.冷蔵庫を高く売るコツは?

A.できるだけ、購入時の状態に近づけることです。取扱説明書などの付属品が手元にあれば、すべてそろえておきましょう。付属品の有無だけで買取額に数千円の差が生まれることもあります。また、冷蔵庫は食品を保存しておく場所ですので、においが染みついていることでしょう。食品のにおいが染みついたままでは減額につながるため、入念に掃除することも高価買取のポイントです。冷蔵庫の外観だけでなく、中身も清潔な状態にしておきましょう。

Q.上尾市で冷蔵庫の引き取りを受け付けている家電量販店は?

A.上尾市では、主に以下の家電量販店で冷蔵庫の引き取りを行っています。

ヤマダデンキ テックランド上尾店

  • 住所:埼玉県上尾市愛宕3丁目1番18号
  • 営業時間:午前10時~午後8時
  • 収集運搬料金:1,650円

コジマ×ビックカメラ上尾春日店

  • 住所:埼玉県上尾市春日2丁目5-3
  • 営業時間:午前10時~午後8時
  • 収集運搬料金:1,650円

ケーズデンキ上尾店

  • 住所:埼玉県上尾市西門前字芝道252-1
  • 営業時間:午前10時~午後8時
  • 収集運搬料金:1,650円

Q.業務用冷蔵庫の処分方法は?

A.業務用として使用した家電は、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物は、産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者に依頼するのが一般的です。ただし、まだ正常に使えるものは買取業者に高く買い取ってもらえる可能性があります。処分する前に、業務用冷蔵庫の状態をチェックしておくといいでしょう。

まとめ

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、上尾市で収集は行っていません。家電リサイクル法に則(のっと)って、家電販売店に引き取りを依頼するか、自分で直接指定引取場所に持ち運ぶことになります。そのほか、不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者の中には買取サービスを行っているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。なお、埼玉出張買取コールセンターでは、不用品の回収と買取が可能です。無料相談も受け付けているので、冷蔵庫の処分でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター