上尾市で粗大ゴミを処分する方法は? 不用品回収業者に依頼するコツも


粗大ゴミ

上尾市で粗大ゴミはどのように処分すればいいのか、どのようなものが粗大ゴミに分類されるのかなどと、粗大ゴミの処分で悩んでいる方は多いでしょう。

粗大ゴミの分類や処分方法は自治体によって異なるため、上尾市のルールをしっかりと把握しておかなければなりません。また、自治体以外にも、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。

そこで、本記事では、上尾市で粗大ゴミを処分する方法や不用品回収業者に依頼するコツなどを解説します。

  1. 上尾市で粗大ゴミに該当するものは?
  2. 上尾市で粗大ゴミを出す方法
  3. 自治体回収に間に合わない場合は?
  4. 不用品回収業者に依頼する際の注意点
  5. まだ使えるものは買取に出すという選択肢も
  6. 粗大ゴミの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、不用品回収業者に依頼する際の注意点や買取に出す方法も分かります。上尾市で粗大ゴミの処分を検討している方はぜひチェックしてください。

1.上尾市で粗大ゴミに該当するものは?

まずは、上尾市で粗大ゴミに該当するものをチェックしておきましょう。

1-1.60cm×30cmを超えるゴミ

上尾市の場合、60cm×30cmのゴミが粗大ゴミに該当します。自治体によって粗大ゴミの大きさは異なるため、上尾市で処分する場合はゴミの長さを測定してください。たとえ、燃える素材でできていたとしても、60cm×30cmを超えるゴミは粗大ゴミになるので、ほかのゴミと一緒に捨てることはできません。

なお、粗大ゴミに該当するものは処分方法も異なるため、いつものゴミ捨て場に持っていかないようにしてください。

1-2.発火装置の付いた石油ストーブなど

大型家具や大型家電だけでなく、発火装置の付いた石油ストーブも粗大ゴミ扱いとなります。石油ストーブを処分する際は、必ず中身の石油を抜いた状態にしなければなりません。

石油を入れたまま処分すると爆発・発火の恐れがあるので注意が必要です。また、ガスコンロも粗大ゴミに分類されます。自分で粗大ゴミかどうか判断できない場合は、西貝塚環境センター(048-781-9141)に問い合わせて確認してください。

2.上尾市で粗大ゴミを出す方法

ここでは、上尾市で粗大ゴミを出す方法について詳しく説明します。

2-1.戸別回収

上尾市の場合、粗大ゴミを戸別回収で捨てることができます。戸別回収は、指定された場所に出すと市の収集業者が回収しにきてくれる方法です。戸建住宅の場合は外へ、集合住宅の場合は階下へ粗大ゴミを出すことになります。

戸別回収は、電話で事前の申し込み(048-781-9141)が必要です。申し込みをしなければ回収不可になるので注意してください。主な流れは下記のとおりとなります。

  1. 電話で事前に申し込む(受付時間は年末年始を除く平日の午前8時30分~午後5時15分)
  2. 戸別収集日の当日に、指定された場所に出す
  3. 回収の際は立会が必要になり、手数料(10kgにつき230円)を支払う

2-2.持ち込み回収

戸別回収のほかに、粗大ゴミを持ち込み回収で捨てることも可能です。持ち込み回収は、西貝塚環境センターへ直接粗大ゴミを持ち運ぶ方法となります。事前の申し込みは不要で、運転免許証など本人確認ができるものを受付窓口に提示するだけでOKです。

ただし、本人に代わって親族が持ち込む際は、受付窓口で本人との続柄が分かる戸籍謄本などの提示が必要になります。なお、上尾市の持ち込み先や受付時間などは以下のとおりです。

  • 持込先:西貝塚環境センター(上尾市西貝塚35-1)
  • 持込日:平日
  • 持込時間:午前8時45分~11時30分、午後1時~4時15分(祝日は午前8時45分~11時30分)
  • 対象品目:市内の一般家庭から出る粗大ゴミ
  • 個数:1回につき15個まで
  • 手数料:10kgにつき80円

3.自治体回収に間に合わない場合は?

ここでは、自治体回収に間に合わない場合の対処法を解説します。

3-1.不用品回収業者に依頼する

自治体回収に間に合わない場合は、不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者の多くは、さまざまなジャンルの回収が可能です。家電リサイクル法の対象品目やPCリサイクル法で処分方法が定められているパソコンなど、自治体収集で処分できないものの回収もできます。

そのため、不用品をまとめて処分できる点が大きなメリットといえるでしょう。ただし、不用品の量が多くなるほど処分費用が高くなるため、見積書を確認しておかなければなりません。

3-2.引っ越し業者の不用品回収サービスを利用する

引っ越しで粗大ゴミが発生した場合、引っ越し業者の不用品回収サービスを利用する方法があります。大手の引っ越し業者はほとんどが不用品回収サービスを行っているでしょう。

引っ越し当日に不用品が出たとしても、そのまま回収してもらえるのでスピーディーに片付けることができます。けれども、引っ越し業者のサービスは回収できる不用品の量が限られていたり、費用が割高になったりしがちです。その点を踏まえた上で利用しましょう。

3-3.買取サービスを活用する

まだ使えるのにもったいない……と思っている方は、買取に出すことをおすすめします。粗大ゴミの中には買い取ってもらえるものもあるので、買取専門業者やリサイクルショップに査定を依頼するといいでしょう。

買い取ってもらうことができれば、処分費用が節約できますし、再利用してもらえるので気楽な気持ちで手放せます。自分にとってはゴミと思えるものでも価値があったり、高値が付いたりすることもあるので、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

買取のポイントに関しては、後ほど【5.まだ使えるものは買取に出すという選択肢も】で詳しく説明します。

4.不用品回収業者に依頼する際の注意点

ここでは、不用品回収業者に依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.悪徳業者とのトラブルに要注意!

不用品回収業者へ依頼する際に気をつけてほしいのは、悪徳業者とのトラブルです。

よくあるトラブルとしては、回収後に高額な追加費用を請求された・回収してもらったものが不法投棄されていたなどがあります。不用品回収業者が不法投棄したとしても、その不用品の所有者である依頼主に責任が問われ罰則が科せられることもあるのです。

不正を働く悪徳業者とのトラブルを防ぐためには、慎重に業者を選ぶことが大切なポイントとなります。

4-2.見積書を確認しよう

処分費用はいくらぐらいかかるのか、追加費用が発生するケースはどのようなケースなのかなど、見積書で詳細を確認することが大切です。不用品回収業者にすべてを任せてしまった結果、思いもよらない額の費用を請求されたというトラブルもあります。

特に、見積書に具体的な数字が記載されていない不用品回収業者には注意が必要です。具体的に金額が記載されているか、きちんとスタッフが説明してくれるかどうかもチェックしてください。

4-3.不明点や疑問点をそのままにしない

不用品回収業者へ依頼する際、分からないところをそのままにするのはNGです。サービス内容や見積書など、いろいろな点を確認して疑問点や不安要素が出てきた際は、必ず業者に尋ねてください。

その際にしっかりと分かりやすく説明してくれる業者なら安心して依頼できるでしょう。逆に、適当な言い訳をしたり、きちんと説明してくれなかったりする業者には注意が必要です。不明点や疑問点は必ず解消してから正式に依頼してください。

5.まだ使えるものは買取に出すという選択肢も

ここでは、粗大ゴミを買取に出す方法とポイントを解説します。

5-1.状態のいいものが買取対象に

どんなものが買い取ってもらえるか疑問を感じると思いますが、一般的に状態がいいものが買取対象となります。稼働に問題なく、正常に使うことができるものは、ほとんどの買取業者で買い取ってもらえるでしょう。

そのため、買取に出す前に、売りたい品物の状態をチェックしてください。不具合が出ている場合は、その旨をしっかりと買取業者へ伝えましょう。

5-2.発売年月と型番もチェック

査定を依頼する前に、発売年月と型番もチェックしておくといいでしょう。特に、家電は発売されたばかりであればあるほど高価買取が期待できます。冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン・電子レンジなど生活家電は中古市場でも需要があるため、人気メーカーで発売されたばかりの新製品であるほど高く買い取ってもらえるはずです。

また、発売年月・型番・メーカーなどをあらかじめチェックしておけば、買取がスムーズに進みます。

5-3.ネットオークションやフリマアプリを利用する

自分で売りたい場合はネットオークションやフリマアプリを利用するのも方法の1つです。買取専門業者やリサイクルショップで買い取ってもらえなかったものも買い取ってもらえる可能性があります。

けれども、粗大ゴミのような大きめのサイズは、送料が高額になるので注意しなければなりません。こん包する手間などを踏まえた上で、ネットオークション・フリマアプリを利用してください。

5-4.粗大ゴミの処分・買取ならリサイクル買取サービスへ

粗大ゴミの処分や買取を検討している方は、ぜひリサイクル買取サービスへご依頼ください。京都と滋賀を中心にサービスを提供しているリサイクル買取サービスでは、不用品の回収と買取が可能です。買取不可になったとしても回収ができるので、時間と手間が省けます。

また、年中無休・24時間受付中で、好きなときにご依頼いただけるのも大きなメリットです。無料相談も受け付けていますので、粗大ゴミの処分でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

6.粗大ゴミの処分に関してよくある質問

粗大ゴミの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.粗大ゴミとして出せないものは?
A.上尾市で捨てられないゴミは以下のとおりです。

  • 家電リサイクル法の対象品目(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)
  • 産業廃棄物
  • 有害性のあるもの(薬品・農薬等)
  • 危険性・引火性があるもの(消火器・ガソリン等)
  • 処理が困難なもの(タイヤ・バッテリー・コンクリート製品等)
  • 家屋の解体等に伴うゴミ(廃材・洗面台等)
  • 医療系の廃棄物(注射針・注射器等)

Q.分解すれば燃えるゴミまたは燃えないゴミとして処分できるのでは?
A.粗大ゴミに該当するサイズを超えなければ、燃えるゴミもしくは燃えないゴミとして処分可能です。けれども、大型ゴミを自分で分解する作業はとても難しく、ケガをする恐れがあります。処分費用をかけたくないからと、自分で無理に分解しないようにしてください。

Q.自分で指定回収場所へ持ち運べないときの対処法は?
A.上尾市では、一般産業廃棄物収集運搬業許可業者が回収しにきてくれます。別途個別に粗大ゴミを処分したいと思っている方は、一般産業廃棄物収集運搬許可業者に依頼してください。ただし、有料となるので注意が必要です。いくらぐらいかかるのか、事前に確認した上で依頼しましょう。

Q.不用品を高く売るポイントは?
A.できるだけ、高く売りたい方は購入時の状態に近づけてください。たとえば、汚れやホコリをキレイに取り除いたり、取扱説明書や元箱など購入時に付いてきた付属品をそろえたりするなどです。購入時の状態に近づけるほど、高価買取が期待できます。また、粗大ゴミをまとめて処分するのも高価買取のポイントです。特に、テーブル+イスなどセットで売られたものはセットとして売ったほうが高値が付きやすくなります。

Q.下取りサービスは利用できるのか?
A.新しい家電の買い換えを検討している方は、家電量販店の下取りサービスが利用できる可能性はあります。すべての家電量販店が下取りサービスを提供しているわけではないため、事前の確認が必要です。また、下取り条件が決まっているので、そこもしっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

上尾市で粗大ゴミに該当するものは、60cm×30cmを超えるものです。粗大ゴミに該当するか、まずは処分したいものの長さを測定してください。また、上尾市における粗大ゴミの処分方法は、戸別回収と持ち込み回収があります。

粗大ゴミの量が多く、すぐに処分したいと思っている方は、不用品回収業者に依頼するのも選択肢の1つです。リサイクル買取サービスでは不用品の回収だけでなく、買取サービスも行っているので、ぜひ一度お問い合わせください。


リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンター

不用品のお悩み全てお任せください!高価買取&格安回収!