冷蔵庫を売ろうと思っている人は必見! 高い値段で売る方法


新しい冷蔵庫を買って今まで使っていたものが不要になったり、邪魔になってしまった場合、ほとんどの人が冷蔵庫をリサイクルショップに持っていくでしょう。
電化製品を買い取っている買取店もありますが、冷蔵庫の場合は買い取ってもらえないケースが多いです。
リサイクルショップは古い冷蔵庫も買い取ってくれるので安心して利用することができます。
せっかく持っていくのであればできるだけ高い値段で売りたいものです。
どんなに古い冷蔵庫でも自分が思ってもいない値段で高く売れたら嬉しいですよね。
どのような冷蔵庫でも通常買取価格よりも高い値段で売ることができる方法を3つ紹介します。
これから冷蔵庫を売ろうかなと考えている方は必見です。

ポイント1:キレイに掃除する

ちょっとした工夫なのですが、リサイクルショップに持っていくまえに冷蔵庫の中身から外側までキレイに掃除をすることが1つ目のポイントです。
汚れや臭いが残っているままだとそれだけで買取価格が低くなってしまいます。
立場を逆にしてみると簡単です。
あなたがリサイクルショップの店員だとして、冷蔵庫をもってお客様がやってきました。その冷蔵庫が汚いと扱うのは嫌ですし、わざわざ店員がキレイにしなければならないので面倒ごとが増えてしまいます。
逆に新品同様のキレイな状態だと積極的に扱うことができます。
買取価格を提示するのも取り扱うのも人間なので汚い・キレイは影響するものです。

ポイント2:説明書を持参する

冷蔵庫を購入したとき一緒に説明書がつきます。
説明書を冷蔵庫と一緒にもっていくと買取価格に+αとして値段がアップするのでお勧めの方法です。
説明書を捨てないようにきちんと棚の中に保管しておいてください。
説明書があるだけでも大きなポイントになります。このことを知らない所為で説明書を捨ててしまい、買取価格が低くなってしまった…、捨てなければよかったと後悔する方が多いのです。リサイクルショップに持っていく前に説明書を必ず用意してください。
説明書すべてが揃っているとなおさら買取価格がアップできるでしょう。

ポイント3:メーカー・年式を把握する

自分が売りたいと思っているメーカーや年式を把握しておくと交渉によっては買取価格が高くなる可能性があります。
リサイクルショップは中古販売相場に照らし合わせながら買取価格を決める傾向がありますが、メーカーや年式、需要はあるのかどうかも判断材料に入ります。
今でも人気(需要)のある冷蔵庫であればあるほど高く売ることができるでしょう。
人気がある分、中古でも購入したいという方が多いのです。
年式が新しいものも高く売れます。
年々、さまざまなメーカーが次々と新しいモデルを発売しているため年式が新しいほど需要が高いからです。
メーカー・年式を把握しておくとどのくらいの値段が妥当なのか自分で把握することができます。
リサイクルショップの中にはできるだけ安い値段で買い取ろうと考えているところもあるので注意しておかなければなりません。

まとめ

以上、冷蔵庫をリサイクルショップで高く売るための3つの方法は、「キレイな状態にすること」「説明書を持っていくこと」「メーカー・年式を把握すること」です。
リサイクルショップに持っていくまえに必ず確認してもらいたい項目となっています。
メモ用紙に記載しておくと忘れずにすむのでお勧めです。