正しく捨てないと危険!? スプレー缶の正しい捨て方3ステップ


制汗剤や整髪料、殺虫剤など、スプレー缶を使うことは多くあります。
ですが、正しい捨て方を知っている人というのは少ないのです。
捨て方を知らないままスプレー缶を捨ててしまうと、事故や怪我に繋がってしまうこともあります。
なので、スプレー缶を捨てるときには、正しい捨て方を知っておくことが必要です。
では、スプレー缶の捨て方3ステップを紹介したいと思います。

1.中身を使い切る

まず、中身が残っているスプレー缶を捨てることは危ないので避けるようにしてください。
スプレー缶の中には、ガスが入っていて、ガスの力で中身の整髪料などが噴出するようになっています。
このガスは可燃性なので、中身が残っている状態で捨ててしまうと、ちょっとした熱で引火して爆発してしまう可能性もあります。
ですから、スプレー缶の捨て方としては、まず中身を使い切ってから処理をすることが大切になります。
中身が残ったままのスプレー缶を捨てていた人も多いと思いますが、ゴミ回収車の爆発事故などの原因は、中身が残っていたスプレー缶が原因の場合が多いので、しっかり使い切ってから捨てるようにしましょう。

2.ガスを抜く

スプレー缶の場合、中身を使い切ってもガスが残っている場合があります。
その状態で捨ててしまうと事故の原因となってしまうので、スプレー缶の捨て方としては、中身のガスをしっかり抜いてから捨てるようにしてください。
スプレー缶のガスを抜くときには、キャップなどを利用して抜くことが出来る場合があります。
ガス抜きの方法はスプレー缶に書いてある場合がほとんどです。
キャップをさかさまにはめることでガス抜きが出来たり、爪楊枝などを差し込んで固定することでガス抜きをすることが出来ます。
スプレー缶のガス抜きをするときには、屋内ではなく、風通しの良い屋外で行うようにしましょう。

3.穴を開ける場合には

スプレー缶にガス抜きの方法などが記載していない場合にも、ガス抜きの必要はあります。
そのときには、実際に缶に穴を開けてから捨てるという捨て方になるので、より注意が必要です。
スプレー缶の中にあるガスというのは、少しの火花でも引火してしまうので、釘とかなづちで穴を開けようとしてはいけません。
屋外の風通しのいいところで、ホームセンターなどに売っている専用の道具を使ってガス抜きをします。
ガス抜きをするときには、道具についている針がゆっくりと缶に刺さるようにして、火花が散らないようにすることが大切なのです。

まとめ

  1. 中身を使い切る
  2. スプレー缶のガスを抜く
  3. 穴を開けるときには、専用の道具でゆっくり行う

スプレー缶の捨て方を知ることは、その後、安全に処理をするために必要なことです。
爆発事故などが起こらないように、細心の注意を払いながらガス抜きをして、捨てるようにしてください。