プリンターの処分方法でおすすめなのは? データ消去も忘れずに!


プリンター

「プリンターの処分方法が分からない」とお悩みではありませんか? 不要になったプリンターを処分する際、リサイクルの対象になるのか疑問に思う人も多いでしょう。ゴミとして捨てる以外にも処分方法はあるため、自分に合った方法を見つけることが大切です。

この記事では、プリンターのゴミ分類や自治体で処分する方法・そのほかの方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. プリンターのゴミ分類は?
  2. プリンターを自治体に依頼して処分する場合
  3. プリンターをそのほかの方法で処分するには?
  4. プリンターを買取に出す際のポイント3つ
  5. 処分前にデータの消去を忘れずに
  6. プリンターの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、プリンターのお得な処分方法や、処分する前にやっておくべきことなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.プリンターのゴミ分類は?

まずは、プリンターが何ゴミに分類されるのかを解説しましょう。

1-1.ゴミ分類は自治体によって異なる

プリンターが何ゴミに分類されるかは、自治体によって異なります。大きさによって粗大ゴミになる自治体や、分解して可燃ゴミ・不燃ゴミとして捨てられる自治体もあるのです。まずは、自分が住んでいる地域ではどのような分類方法になっているのか確認しましょう。

1-2.小型家電として回収される場合も

プリンターは小型家電に該当するため、自治体によっては一般ゴミとは別に無料回収しているところもあります。小型家電リサイクル法に従い、適切にリサイクルされることが望ましいのです。小型家電の回収方法は自治体によって異なるため、事前に調べておく必要があります。

1-3.インクカードリッジはリサイクルへ

インクカードリッジはプリンターから取り外し、別に処分しましょう。純正品であれば、家電量販店などに設置されているリサイクルボックスに投かんしてください。純正品以外のインクカードリッジは、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分可能です。何ゴミに分類されるかは、各自治体のルールに従ってください。

2.プリンターを自治体に依頼して処分する場合

自治体回収でプリンターを処分する方法についてご紹介しましょう。

2-1.電話かインターネットで申し込みを

粗大ゴミとして処分する場合は、事前に電話かインターネットで申し込みをする必要があります。その際、回収日時と回収場所・料金を確認しましょう。回収日までに料金分の粗大ゴミ処理券を購入しておき、プリンターの目立つ場所に貼ってください。回収日の朝、指定された回収場所まで持っていくと回収してもらえます。

2-2.小型家電として処分する場合

小型家電リサイクルの取り組みを行っている自治体では、公共施設や大型スーパーなどに回収ボックスを設置していることが多くなっています。プリンターを投かんするだけで無料回収してもらえるため、回収ボックスの設置場所を調べる必要があるでしょう。

3.プリンターをそのほかの方法で処分するには?

プリンターの処分方法には、自治体を利用するほかに以下のようなものがあります。

3-1.家電量販店に下取りしてもらう

プリンターを新しく買い替える場合に限り、メーカーや家電量販店に下取りしてもらえることもあります。ただし、それぞれ下取りの条件が決まっているため、必ず事前に確認が必要です。場合によっては、下取りではなく回収費用を支払って引き取りになることもあります。

3-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼して回収してもらう方法もあります。ただし、プリンター1台だけを依頼するのは現実的ではないため、ほかにも処分したい不用品が多数ある場合に利用するとよいでしょう。出張回収や宅配回収に対応している業者も多くなっています。

3-3.買取に出す

比較的状態のよいプリンターは、廃棄するのではなく買取に出しましょう。不要なものを処分してお金に換えられるのは大きなメリットですよね。買取先には、リサイクルショップや家電専門の買取業者などがあります。埼玉出張買取コールセンターは、不用品の高価買取を行っている業者です。状態が悪い場合は格安回収という形で引き取ることも可能なので、確実にプリンターを処分できるでしょう。

4.プリンターを買取に出す際のポイント3つ

買取対象になるプリンターの条件や買取業者の選び方などをまとめました。

4-1.どんなプリンターが買取対象になるのか?

基本的に、買取対象になりやすいプリンターは以下のようなものです。

  • 動作に問題がないもの
  • 目立つ汚れや傷がないもの
  • 購入から5年以内のもの
  • 有名メーカーのもの

4-2.悪徳業者を選ばないよう注意が必要

買取業者の中には、買取した不用品を不法投棄するような悪徳業者も存在します。そのような業者を選んでしまわないよう、業者選びは以下のポイントを参考にしっかり行いましょう。

  • 豊富な買取実績があるか
  • 古物商の許可を得ているか
  • 業者の所在地を明らかにしているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか

4-3.高額買取のポイントを把握しておこう

少しでも高くプリンターを買取してもらうために、査定前にきちんと掃除しておきましょう。すき間に入り込んだホコリなどもきれいに掃除しておくことをおすすめします。また、保証書や説明書などの付属品・外箱などをそろえておくと査定額アップにつながりやすいでしょう。

5.処分前にデータの消去を忘れずに

プリンターを処分する際の注意点として、データを消去しておくことを忘れないようにしましょう。データ消去の必要性や消去方法をまとめました。

5-1.個人情報の流出を防ぐ

ハードディスクを内蔵しているタイプのプリンターだと、名前や生年月日・住所などの個人情報が残っている可能性があります。そのままプリンターを処分すると重要な個人情報が漏えいし、第三者によって悪用されてしまう可能性があるのです。そのため、必ずデータを完全消去してから処分するようにしましょう。

5-2.データを消去するには?

プリンターのデータを消去するには、専用ソフトを使う方法とハードディスクを破壊する方法の2種類があります。プリンターが壊れていてソフトを読み込むことができない状態であれば、ハードディスクの破壊が望ましいでしょう。しかし、自分で破壊するにはケガをする恐れもあるため、心配な場合は業者に依頼するのがおすすめです。専門業者に依頼すれば特殊な機械を使ってデータを読み込めなくすることができるため、安心して処分できます。

6.プリンターの処分に関するよくある質問

「プリンターを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.プリンターの寿命は何年ぐらいですか?

A.一般的には3~5年といわれています。印刷ができなくなる・異音がする・用紙の目詰まりが頻繁に起こるなどの症状が出たら、寿命が近いサインでしょう。

Q.中古市場でも人気が高いのはどこのメーカーのプリンターですか?

A.キャノン・エプソン・ブラザーのプリンターは中古でも人気があります。

Q.粗大ゴミとしてプリンターを処分する場合、費用はいくらぐらいですか?

A.プリンターの大きさにもよりますが、300~1,000円程度の自治体が多くなっています。

Q.リサイクルショップと家電専門の買取業者では、どちらが高くプリンターを買取してくれるでしょうか?

A.一般的なリサイクルショップはプリンターの買取に特化しているわけではないため、買取金額は期待できません。家電専門の買取業者にはプリンターの価値に詳しい査定員がいるため、高く買取してもらえる可能性があるでしょう。

Q.  悪質な不用品買取業者とのトラブルは、どこに相談すればよいですか?

A.国民生活センターの窓口に相談することをおすすめします。適切なアドバイスをもらえるでしょう。

まとめ

プリンターを処分する方法や買取に出す際の注意点などを詳しくご紹介しました。プリンターは自治体の回収を利用して処分できますが、手間なくお得に処分する方法もあります。ぜひこの記事を参考に、最適な処分方法を見つけてください。