古道具は買取がベスト? 家具・茶道具・骨董品など中古品処分方法まとめ


断捨離や片付けなどで、部屋からさまざまな古道具が出てきて、その処分方法に悩んでいる方も多いでしょう。古道具を捨てるのはもったいないと思っている方や、買取に出す方法がわからず、手つかずのままになってしまっている方もいらっしゃるはずです。そこで今回は、古道具の各処分方法や、買取処分の方法についてご紹介します。

  1. 古道具を捨てるのはもったいない?
  2. 古道具の処分方法
  3. 古道具の買取について
  4. 古道具の買取についてよくある質問
  5. まとめ

古道具を処分したり買取に出したりする前に知っておきたい情報が満載です。古道具の買取について知りたい方・買取処分を検討している方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてください。

1.古道具を捨てるのはもったいない?

まずは、古道具について、概要や需要についてまとめました。

1-1.古道具とは?

古道具とは、一度だれかが使ったことのある道具のことを言います。つまり、新品ではない中古品のことです。古道具の種類には、主に以下のようなものがあります。

  • 家具
  • 家電
  • 茶道具
  • 骨董(こっとう)品
  • アンティーク品
  • ビンテージ品
  • 絵画・美術品など

1-2.古道具の中古需要は?

古道具は、市場の状況や商品の状態によって、中古需要が異なります。たとえば、家具・家電類なら、新しいもののほうが人気があるでしょう。一方、骨董(こっとう)品やアンティーク品は、古かったり壊れていたりしても、レアものを求める客層があれば、中古需要が高くなります。詳しくは、「3-2.買取可能な古道具の特徴」でもご紹介しますのでご参照ください。

2.古道具の処分方法

次に、古道具を処分する方法について、それぞれ見ていきましょう。

2-1.自治体処分する方法

古道具を自治体のゴミ回収に出す方法です。不燃ゴミ・可燃ゴミなど、もしくは粗大ゴミとして処分する必要があります。粗大ゴミの処分方法の流れは、以下のとおりです。

  1. HPや電話で、粗大ゴミの申請をする(回収日・料金を確認)
  2. スーパーやコンビニなどで、粗大ゴミ処理券を購入し、古道具に貼(は)る
  3. 回収日になったら、古道具を回収場所まで運ぶ

詳しい方法や古道具のゴミ分類については、各自治体に確認してください。

2-2.人に譲る

古道具は、ネットオークションやフリマアプリなどで、人に譲ることができるのです。各サービスに古道具の写真や説明文を掲載して、買い手が現れるのを待ちます。落札最低価格や販売価格を自分で決めることも可能です。そのため、買い手が付けば、古道具をお金に変えることができますが、買い手が現れなかったり、落札・購入後にトラブルになったりする可能性もあることを覚えておきましょう。また、こん包や郵送の手間も発生します。

2-3.不用品回収業者に頼む

古道具の処分は、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。料金を支払って、古道具を持って行ってもらう(出張回収)という仕組みです。普通は出張費用が発生するため、古道具をまとめて複数点を回収してもらうことをおすすめします。粗大ゴミ料金と比較してみてもよいでしょう。ただし、悪質な業者も存在するため、業者選びには注意する必要があります。

3.古道具の買取について

古道具は、買取回収がおすすめです。その根拠や方法をこの項でご紹介します。

3-1.どこが買取してくれるか

古道具は、買取回収業者に依頼するのがおすすめです。買取回収業者とは、回収業と買取業を、並行して行っている業者のことを言います。埼玉・東京エリアへの出張買取回収なら、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターをご利用いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

3-2.買取可能な古道具の特徴

買取可能な古道具には、以下の特徴があります。

  • (家具・家電など)製造年度が新しい
  • 美品である(傷・汚れが少ない)
  • 付属品などがそろっている
  • 歴史的価値がある
  • プレミア価値がある(市場にあまり出回っておらず、人気がある)
  • 定価が高いもの

お手持ちの古道具も、思わぬ価値があるかもしれません。一度買取の見積もりをしてもらうとよいでしょう。

3-3.買取の手順

買取回収業者を利用する流れについて、大まかにご説明します。相談や見積もりだけなら、無料で行っている業者がほとんどです。気軽に問い合わせてみましょう。

  1. 無料相談・見積もり
  2. 訪問日の決定
  3. 訪問
  4. 正式見積もり(査定)
  5. 契約(承諾)
  6. 料金の受け取り
  7. 古道具の引き取り

3-4.業者の選び方

買取回収業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

  • エリアに対応している
  • 出張買取を行っている
  • 買取可能品目が豊富
  • 無料相談・見積もりを行っている
  • 古物商許可など、資格を持っている

4.古道具の買取についてよくある質問

古道具の買取や処分方法について、よくある質問をまとめました。

Q.古道具を少しでも高く売るには?
A.古道具を高く売るには、掃除でなるべくきれいにしておくとよいでしょう。また、付属品や外箱があればそろえておきましょう。アンティーク品やビンテージ品は、パーツ破損などのおそれがあるので、無理にきれいにしなくても大丈夫です。また、複数点をまとめて買取依頼をすれば、買取価格アップにつながります。

Q.買取できない古道具とは?
A.故障・破損している家具家電類、汚れ・傷がひどいもの・市場での需要が著しく低いもの・盗品などは買取に出せません。

Q.買取できない古道具が混ざっている場合は?
A.買取回収業者に依頼する場合、壊れた家具家電などを回収してもらうことが可能です。回収料金は、ほかの古道具の買取価格と相殺されます。家にいながらにして、買取と回収を同時に行えるため、便利な方法でしょう。

Q.悪質な業者を見抜く方法は?
A.回収業者の中には、悪質なところもあるので注意してください。無料廃品回収車などは利用しないようにしましょう。ほとんどが違法で営業しています。たとえば、無料回収と言っておきながら、後から不当に料金を請求したり、回収した古道具を不法投棄されてしまった、といったトラブルも多発しているのです。怪しいな、と思った業者は利用しないようにしましょう。
また、資格・営業所など、身元が不明確な業者もNGです。無料見積もりなどで、料金やサービス内容に関することは、必ず書面やデータなど、形に残るものでもらうようにしてください(口頭や電話はNG)。

Q.店舗や営業所で使っていた古道具の処分方法は?
A.企業から出た不用品は、産業廃棄物として処分する必要があります。そのため、産業廃棄物取扱の資格を持った業者に、処分を依頼する必要があるでしょう。買取に出すことも可能です。

5.まとめ

古道具の処分方法や、買取についてご紹介しました。あなたの家に眠っている古道具にも思わぬ価値があるかもしれません。また、不要な道具を処分することで、家のスペースが広がり、より快適に生活することができ、一石二鳥と言えるでしょう。