楽器を手放すなら! 高値で買取してもらうための4つのテクニック


ギター

  • 音楽の趣味が変わった
  • 昔のように使わなくなった
  • 自宅の押し入れから出てきた

もう不要になった楽器を手放したいと思う理由は人それぞれですが、愛着のある楽器を手放すとなると、ちょっと考えてしまうものですよね。
楽器は高価なものですし、捨ててしまうのはもったいない…。
そんな時は、買取を依頼するという方法があります。
ギターや電子ピアノ、ドラムなどの中古楽器の買取は、一体どこに依頼すればよいのでしょうか。
買取価格の相場を知り、少しでも高く買い取ってもらえる方法を探しましょう。

目次

  1. 楽器を買い取ってもらう方法
  2. 売れやすい楽器と高く売るためのコツ
  3. リサイクル買取業者に依頼するメリット
  4. 業者を選ぶ際の注意点

1.楽器を買い取ってもらう方法

ネットオークションで売る

ネットオークションで中古楽器を売る人は少なくありません。
店頭ではなかなか販売されていないような珍しい楽器が手に入る可能性が高いので、ネットオークションで中古楽器を探そうとします。
さらに、楽器の価値が分かる人が落札しようとするので、お店に売るよりも高額で売れる可能性があります。
場合によっては購入金額と同額で売れることもありますので、ぜひ試してみてください。

委託販売で売る

もっと手軽に、そして確実に楽器を売りたいという人におすすめなのが、委託販売という方法です。
委託販売というのは売りたい楽器をお店に預けて、その楽器が売れたら販売金額から委託手数料を引いた金額をもらう、というものです。
専門業者が売買の仲介に入るので、ネットオークションのように「商品を送ったのに入金されない」、「相手と連絡が取れなくなってしまった」というトラブルの心配はありません。

リサイクル買取業者に依頼する

短期間で楽器を売る方法を探しているなら、リサイクル買取業者を依頼するのが一番です。
店頭に持ち込まなくても出張査定をしてくれる業者もありますので、最も簡単に楽器を売ることができます。
また、状態が悪い楽器でも大抵は買い取ってもらえますので、廃棄を考えている楽器でも、一度買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

2.売れやすい楽器と高く売るためのコツ

エレキギターは高額で売れやすい

数ある中古楽器の中でも、比較的売れやすいのがエレキギターです。
エレキギターは「音楽に興味があるけれどお金があまりない」という若者にも人気が高いので、中古で手に入れようとする人が多いのです。
また、エレキギターは種類が豊富でマニアが多いため、店頭では見かけることのないようなギターも中古でなら見つけることができる可能性が高く、「あえて中古で探している」というファンも少なくありません。

高く売るためにはメンテナンスを

楽器を1円でも高く買い取ってもらいたいなら、まずは綺麗に磨いておきましょう。
特に光沢部分をクロスで丁寧に磨いておくと見栄えが良くなるので、高値が付きやすくなります。
ギターやベース等の楽器の場合はケースの状態も査定に影響してきますので、クリーニングして綺麗な状態にしておくことをおすすめします。
管楽器の場合は動きの悪い部分にオイルを差すなどして、メンテナンスしておくことが重要なポイントになります。
また、付属品や説明書がある場合は、一緒に売却すると高額査定につながります。

高額で売れるタイミングがある

中古楽器には高く売れるタイミングというものがありますので、それを知っておきましょう。
買取業者の中には時期によって特定の楽器の買取を強化しているところがあります。
ホームページ等をチェックしてその時期を知ることができれば、通常より高く楽器を買い取ってもらうことが可能でしょう。
特にデジタル楽器は次から次へと新製品が登場するので、売るのが早ければ早いほど高く買取してもらえるということを覚えておいてください。

3.リサイクル買取業者に依頼するメリット

高額で売れる可能性が高い

リサイクル買取業者の中には、独自の販売ルートを持っている業者が多数あります。
中には楽器のジャンルごとに複数の販売ルートを持っている業者もあるため、他の売却方法よりも高く売れる可能性が高いのです。
マイナーな楽器でも買取してもらえる理由はその豊富な販売ルートにある、ということになります。

自宅まで引取りに来てもらえる

ネットオークションで楽器を売る場合は売れたら自分で配送の手配をする必要がありますし、楽器屋さんに持ち込むのは大型の楽器だと大変な作業になります。
その点、リサイクル買取業者なら出張買取を行っているので、売りたい楽器を自宅まで引取りに来てもらうことが可能です。
電子ピアノやドラムのような大きな楽器だと、出張買取を利用しないとなかなか売る気になれないものですよね。
無理に運ぼうとして楽器に傷をつけてしまったら、査定金額にも影響して損をすることになってしまいます。
慎重に扱う必要のあるものだからこそ、買取業者に依頼するのが一番なのかもしれません。

売れなかったものも買い取ってもらえる

買取業者なら余程のものでない限り買取してもらうことが可能なので、ネットオークションや楽器屋さんでも売れなかったような楽器でも安心してお任せすることができます。

同時に不要品の処分もしてもらえる

リサイクル買取業者に不要になった楽器の買取を依頼する際、同時に不要品の処分も頼める場合があります。
ホームページを見れば不用品の処分を行ってるかどうか載っているはずですので、ぜひチェックしてみてください。
楽器も売って不用品の処分も済ませてしまえれば、大きく手間を省くことができますよね。

4.業者を選ぶ際の注意点

中古楽器専門の買取業者に依頼する

不要になった楽器の買取をしてくれる業者には、リサイクル業者と中古楽器業者があります。
確かにリサイクル業者でも中古楽器の買取は行っていますが、楽器に関する知識を持っているスタッフが査定を行うのと、そうでないのとでは査定金額が大きく変わってきます。
適正に楽器の査定をしてくれる専門知識を持ったスタッフがいる、中古楽器業者を選ぶようにしましょう。

その楽器の相場を知っておく

その楽器がいくらで売れるのか、相場価格を知っておくことは大切です。
中には専門の知識がないまま査定されてしまう場合もありますので、一般的にはいくらで売れるものなのか、必ず調べておきましょう。
そして、複数の業者に査定を依頼し、比較してから楽器を買い取ってもらうようにしてください。

悪徳業者でないかどうかチェック

全国には複数の買取業者が存在していますので、選んだ業者が良心的な業者であるかどうか確認することを忘れないでください。
中にはだまして査定金額を低くするような悪徳業者もありますので、そのような業者だけは選ばないように注意しましょう。
電話対応は丁寧であるか、事務所の所在地を明らかにしているかをチェックし、実際にその業者を利用したことのある人たちの口コミを参考にしてみるのもおすすめです。

まとめ

不要になった楽器の買取に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 楽器を買い取ってもらう方法
  • 売れやすい楽器と高く売るためのコツ
  • リサイクル買取業者に依頼するメリット
  • 業者を選ぶ際の注意点

大切にしていた楽器を手放すことを検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。