引越しをスムーズにすすめるためのポイント~やることリストを作成しよう~


引越しはやらなければならないことがたくさんあります。
できるだけ、時間に余裕をもって引越しをすすめていかなければなりません。事前にしっかり準備しなければ、引越し当日に慌ててしまいます。
スムーズに引越しをするためにも、やることリストをつくっておきましょう。
これから、引越しの準備や手続き、引越しをする際の注意点、不用品の処分方法について説明します。

目次

  1. 引越しの準備や手続き
  2. 引越しをする際の注意点
  3. 不用品の処分方法
  4. まとめ

1.引越しの準備や手続き

引越しの経験がある人は大まかな段取りがわかるでしょう。
しかし、初めて引越しをする場合は何から始めたらいいのかわからないものです。
スムーズに引越しをすすめるためには引越しの手順や段取りが大切になります。
知識として引越しの準備・手続きを把握しておきましょう。

1‐1.引越しをする「日」と「時間」を決める

引越しの準備といえば、ダンボールに荷物を詰める作業が主になるでしょう。
ダンボールに荷物を詰める前に、引越しをする「日」と「時間」を決めなければなりません。
引越しをする日にちと時間によって引越し費用が異なります。
たとえば、引越し業者にとって繁忙期である2月~4月は費用が高くなるので要注意です。できるだけ費用を抑えたい人は繁忙期を避けておきましょう。
また、引越しをする時間も要チェックポイントです。
基本的に、午前・午後・フリーの3つにわかれています。業者によって異なりますが、フリーにしたほうが費用は抑えることができるでしょう。
自分にとって都合のいい日と時間を決めてくださいね。

1‐2.引越しを依頼する業者を決める

引越しをする「日」と「時間」を決めた後は「業者」を選んでください。
引越し業者によって費用やサービス内容が異なります。
ほとんどの人が引越し費用をできるだけ抑えたいはずです。
費用を安くするためにも、数社に引越しの見積もりを依頼してください。
いくつかの業者から出た見積もりを比較することで、最も安いところに依頼できますよ。
効率的に見積もりを比べるため「一括見積もりサイト」を利用すると良いでしょう。
一括見積もりサイトは、1度に数社の引越し業者から見積もりが出ます。引越しの準備に手間がかかりません。

1‐3.荷物を詰める、部屋の掃除をする

引越しの日取りと業者が決まったら、いよいよ身のまわりにある荷物の整理です。
新居に持ち運ぶもの、処分するものにわけていきましょう。
そして、新居に持ち運ぶものは業者からもらったダンボールに詰めていってください。荷物を詰めながら要らないものの処分もしていかなければなりません。
自治体のゴミに出す場合は、ゴミの収集日を確認しておきましょう。
収集日はゴミの種類によって決まっているため、必ず引越し前にチェックしなければなりません。
そして、部屋の掃除も忘れないでくださいね。
また、転出届など手続きも必要です。窓口の手続きは平日だけしか受けつけていないので、仕事のスケジュールを見ながら余裕を持ってすすめていきましょう。

2.引越しをする際の注意点

2‐1.引越しの段取りを時系列にする

引越しの日と時間が決まったら、当日までにやらなければならないことを“チェックリスト”として書きこみましょう。
チェックリストをしっかり作成しておけば、順調に準備をすすめることができます。
まずは、メモ用紙に引越し当日までやるべきことを書き出してください。
そして、すべて書き出した後「時系列」に並べていきましょう。
早めにやらなければならないことから順番に並べてください。
できるだけ、手続きからすすめることがポイントです。
特に、平日働いている人は余裕をもって手続きをすすめてください。
また、引越し当日までに荷物を整理しなければなりません。
よくありがちなのが、荷物の整理が間に合わないパターンです。
結局、引越し業者の人に依頼することになった人は多いので早めに荷造りを済ませておきましょう。

2‐2.引越しは要らないものを処分するチャンス

引越しは要らないものを処分する大チャンスです。
新居ですがすがしくスタートするためにも、要らないものを荷造りの段階で処分しておきましょう。
荷造りをすすめる際、使っていなかったもの、要らないものがタンスやクローゼットの奥から出てくるものです。
基本的に、1年以上使っていないものは新居でも使いません。
「いつか使うから」と保管しても結局使わないケースが多いのです。
新居に持ち運ぶ荷物が多ければ多いほど、引越し費用も高くなります。新居での荷物も増えてしまうので、できるだけ減らしておきましょう。

3.不用品の処分方法

3‐1.買い取りリサイクルショップを利用する

引越しで困るのは“不用品の処分方法”です。
不用品を処分したくても「費用がかかるのでは…」と悩みますよね。
しかし、処分にかかる費用を抑えるコツがあるのでご紹介しましょう。
“買い取りリサイクルショップ”を利用する方法です。
不用品の中にはまだ使えるものもあるでしょう。使えるものを処分するのは非常にもったいないです。
よって、使えるものは買い取りリサイクルショップに買い取ってもらってください。
基本的に壊れていない、傷がついていないものであれば買い取りOKです。
買い取りリサイクルショップによって異なりますが、買い取ってもらるのなら一石二鳥になります。
処分費用がかからず、効率的に不用品が処分できるでしょう。

3‐2.出張買い取りで効率的に処分する

不用品の処分にも時間がかかるものです。
自治体で処分することになれば、回収指定場所まで運ばなければなりません。
不用品の数が多いほど処分で時間と手間がかかるでしょう。
しかし、出張買い取りを利用すれば自宅まで買い取りにきてくれます。
回収指定場所まで運べない人や不用品の数が多い人はぜひ出張買い取りを利用してください。
買い取りできない不用品でも、回収してくれるところがあります。回収費用はかかりますが、1度に処分できるので効率的です。
また、買い取りリサイクルショップを利用する際は、必ず「見積もり」を確認してくださいね。
ホームページから無料で見積もりの依頼ができます。処分・買い取りにお金はいくらかかるのか、無料見積もりで確認しましょう。
安心して依頼できるリサイクルショップを選んでくださいね。

4.まとめ

引越しの準備や手続き、引越しをする際の注意点、不用品の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
スムーズに引越しをすすめるためには、段取りと準備が大切なポイントになります。
引越し当日までにスケジュールを組み、計画どおりにすすめていきましょう。
引越し当日で慌てないように、時間に余裕を持って計画を立ててくださいね。

  • 引越しをする「日」と「時間」を決める
  • 引越しを依頼する業者を決める
  • 荷物を詰めて部屋を掃除する
  • 手続きは早めにすすめる
  • 引越しの段取りを時系列に書きしるしたチェックリストをつくる
  • 引越しは要らないものを処分するチャンス
  • 買い取りリサイクルショップを利用する
  • 出張買い取りで効率的に処分する

以上のポイントは要チェックです。
引越しで出た不用品は買い取りリサイクルショップに出してください。
そして、使えるものは買い取ってもらいましょう。買い取ってくれないものでも回収してくれるので安心してください。
要らないものは徹底的に処分することが引越しのポイントでもあります。