業務用冷蔵庫の処分方法は? 正しい廃棄方法や買取についてご紹介


業務用冷蔵庫は、適切な処分方法が求められます。とはいえ、どこへ依頼すればいいのか、費用はいくらぐらいかかるのかなど、分からないことが多いでしょう。また、業務用冷蔵庫は中古ニーズがあるため、リサイクルも視野に入れておくことが大切です。買取に関する知識も身につけておきましょう。

  1. 業務用冷蔵庫の処分に関する基本
  2. 業務用冷蔵庫の処分方法
  3. 業務用冷蔵庫の買取について
  4. 業務用冷蔵庫の処分や買取でよくある質問

業務用冷蔵庫の処分を検討している方は、処分方法とそれぞれのメリット・デメリットを把握しておきましょう。高額買取のポイントも覚えておいてください。

1.業務用冷蔵庫の処分に関する基本

業務用冷蔵庫の処分は、決まりごとがあります。法律などについて見ていきましょう。

1-1.業務用冷蔵庫は家電リサイクル法の適応外

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは、家電リサイクル法の対象品目となっています。しかし、業務用冷蔵庫は家庭用とは異なり、家電リサイクル法の適応外となってしまうのです。産業廃棄物収集運搬業の許可を持った業者へ引き取りを依頼する必要があります。

1-2.フロン回収・破壊法について

フロン回収・破壊法は、環境保護を目的に施行された法律です。業務用冷蔵庫に使われているフロンを回収し、安全な状態にしてからスクラップにして廃棄することを目的にしています。フロンが大気中に漏れてしまうと、オゾン層が破壊されてしまうからです。しかし、業務用冷蔵庫でも、ノンフロン冷媒のものは法律の対象外となります。逆に、家庭で使用していてもフロンが使用された業務用冷蔵庫は、フロン回収を含めた適切な処置が必要なので注意しましょう。

1-3.産業廃棄物として廃棄すること

事業所や飲食店などで使用している冷蔵庫は、事業系ゴミに該当します。そのため、業務用冷蔵庫は、産業廃棄物として処理する必要があるのです。産業廃棄物収集運搬業の許可を持った業者に依頼し、適切に廃棄してもらいましょう。

2.業務用冷蔵庫の処分方法

業務用冷蔵庫の処分を依頼できる業者と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

2-1.専門業者なら安心して依頼できる

業務用冷蔵庫の廃棄を専門に扱う業者なら、フロンの回収もきちんと行ってくれるため、安心して依頼できるでしょう。産業廃棄物として処理する場合、依頼時に委託証明書が発行されます。フロン回収後に解体する場合、産業廃棄物管理表を受け取る必要があるのです。業務用冷蔵庫の廃棄で重要な手続きなので、しっかり覚えておきましょう。サイズによって回収費用に差はあります。業務用冷蔵庫1台あたり、1万〜2万円ほどかかるでしょう。

2-2.ホームページのメールフォームや電話で問い合わせること

専門業者に依頼する場合、業者のホームページにあるメールフォームや電話を利用しましょう。業務用冷蔵庫の引き取りを行う業者は限られていますが、複数の業者を比較することが大切です。

2-3.無料回収業者

厨房機器専門の無料回収業者があります。無料回収業者は、業務用冷蔵庫の金属部品などをリユース・再販することで収益を得る仕組みを構築しているのが特徴です。厨房機器の場合、回収費用0円~出張回収という業者が多くなっています。無料で回収してもらえるのがメリットです。ただし、不法投棄などが起こらないよう、業者の質を確かめることが大切なポイントになります。

2-4.不用品回収業者

不用品回収業者は、出張訪問して回収するケースがほとんどです。業務用冷蔵庫だけでなく、幅広い品目を取り扱っているため、ほかにも不用品がある場合は同時引き取りをしてもらえます。ただし、出張費用がかかる場合があり、回収費用は1点あたり数千円〜数万円と高額なので、ほかの方法より割高になる可能性があるでしょう。定額料金プランを利用すればお得に処分できます。

2-5.業者は複数を比較してから決めること

専門業者・無料回収業者・不用品回収業者と3つの選択肢があります。それぞれメリットや回収にかかる費用が異なるため、複数の業者を比較し、信頼できる業者を探すことが大切です。少なくとも3社の見積もりを比較してください。

3.業務用冷蔵庫の買取について

業務用冷蔵庫は中古需要が見込めるため、買取を利用することも可能です。買取対象となるものの特徴や高額査定のポイントなどを覚えておきましょう。

3-1.業務用冷蔵庫は買取してもらえる

業務用冷蔵庫は、新規購入すると高額になる品です。そのため、中古需要が高く、買取も積極的に行われています。とはいえ、すべての業務用冷蔵庫が買取対象となるわけではありません。買取対象となるもの・ならないものの見極めが大切です。

3-2.動作不良がないものは買取対象となりやすい

業務用冷蔵庫の買取で重視されるのは、正常な動作ができるかどうかです。動作不良がなければ、買取してもらえる可能性が高いでしょう。ただし、年式やサイズによっては、買取が難しい場合もあります。

3-3.傷や汚れがひどい・年式が古いものは買取対象外

業務用冷蔵庫は衛生状態が重要視されるため、傷や汚れがひどいものは買取対象外となります。製造から10年以上経過しているものは、不具合が起きやすいものです。また、メーカーでの部品保有期間を過ぎていることから、買取不可となる可能性が高いでしょう。

3-4.買取で人気がある業務冷蔵庫のメーカーや種類

業務用冷蔵庫で人気があるのは、ホシザキ・大和冷機工業・福島工業・パナソニックなど大手メーカーのものです。大型サイズより、コンパクトサイズのほうが需要があります。冷凍庫と一体型になっているタイプも、買取では好まれるでしょう。

3-5.メーカーや機種によって買取価格に差が生じる

業務用冷蔵庫の買取価格は、メーカーや機種によって差が生じます。2万円〜18万円前後が相場です。省エネ・静音設計など、付加価値があるものは値段がつきやすいでしょう。業者の査定基準によっても変動があります。

3-6.メンテナンスをしておくと高額査定につながる

業務用冷蔵庫は食品を保管するものであるため、買取に出す前にメンテナンスをしておくことが大切です。細かな部分まで汚れやゴミを取り除き、なるべくきれいな状態に見えるようにしておきましょう。庫内だけでなく、外側も拭き取り掃除をしておいてください。

3-7.買取先はリサイクルショップか不用品回収業者

主な買取先は、リサイクルショップか不用品回収業者となります。一般的なリサイクルショップの場合、業務用厨房機器の取り扱いが少なく、買取価格が相場より低くなってしまうものです。また、持ち込み査定となるため、業務用冷蔵庫の運搬方法を考えなければなりません。不用品回収業者の場合、再販ルートを確保しているケースが多く、高額買取も期待できるでしょう。出張訪問による買取も利用できます。業務用冷蔵庫の買取は、不用品回収と買取を行う、リサイクルショップ埼玉出張買取コールセンターまでお問い合わせください。

3-8.買取査定前にネットで買取価格相場を調べておくこと

適正価格で買取をしてもらうためには、事前に相場をリサーチしておくことが大切です。「業務用冷蔵庫 メーカー名 型番 買取」などのキーワードでネット検索しましょう。業者の買取価格が出てきます。中間値にある価格が相場です。買取相場を知っていると、値段交渉をする際にも役立ちます。

4.業務用冷蔵庫の処分や買取でよくある質問

業務用冷蔵庫の処分に関する質問を集めました。

Q.フロンの処理をせずに廃棄した場合はどうなるのか?

A.フロンの有無を確認せずに廃棄した場合、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が、フロンを放出した業者に科せられます。業者にフロンの残量を調べてもらい、適切な処理をしましょう。

Q.サイズが小さい業務用冷蔵庫でも、粗大ゴミとして出すことはできないのか?

A.はい、できません。業務用冷蔵庫は、産業廃棄物として処分しなければならないからです。また、家庭用冷蔵庫でも、家電リサイクル法に従い、メーカーによるリサイクル回収が推進されています。そもそも冷蔵庫は、粗大ゴミとして扱われないのです。

Q.冷蔵庫の表面に黄ばみがある場合、買取価格は下がるのか?

A.黄ばみは、買取価格に影響します。劣化が進んでいるように見えるためです。そもそも黄ばみが起きるのは、直射日光にあたっていることが原因となっています。なるべく暗所で保管し、ダメージが起こらないように注意しましょう。

Q.業務用冷蔵庫の買取や処分を検討する前に確認すべきこととは?

A.搬出ルートを確認してください。スペースが十分に確保され、スムーズに搬出できることが、買取や処分時には大切です。冷蔵庫の幅に対し、20cm程度のゆとりは見ておきましょう。

Q.個人所有の業務用冷蔵庫を処分する場合、マニフェストは作成しなくてもいいのか?

A.はい、作成の必要はありません。ただし、個人で業務用冷蔵庫を処分する場合でも、処分費用は高額になります。不用品回収業者に引き取りを依頼するか、買取に出すことを検討しましょう。

まとめ

業務用冷蔵庫は、産業廃棄物として処分することが求められます。専門業者や無料回収業者などを利用し、フロンを処理してから、適切に廃棄をすることが大切です。また、業務用冷蔵庫は中古需要があるため、買取が利用できます。買取対象となるメーカーや種類を覚えておきましょう。事前にメンテナンスをしておくと、高額査定につながります。